フォト
無料ブログはココログ

2018年1月15日 (月)

“人の噂も七十五日”!?原辰徳氏らが野球殿堂入り

Adsc_1274
15
日、野球殿堂博物館にて平成30年度の野球殿堂入りの通知式が行われ、競技者表彰で松井秀喜氏、タイガースの金本知憲監督、ジャイアンツの特別顧問を務める原辰徳氏の三氏、特別表彰ではアマチュア野球で多くの指導者を育てた瀧正男氏が野球殿堂入りしたことが発表された。


原巨人軍前監督に関しては、敗戦処理。としては2012年に正力松太郎賞を受賞した際に拙blog20121115日付で正力松太郎賞が原辰徳監督で本当にいいの? で書いたように“あの件”をうやむやに終わらせたことで、野球界の晴れがましい表彰にはそぐわないのではないかと思う。だが、“人の噂も七十五日”の諺もある。あの騒動から五年半。他にも過去にいろいろあった野球人が殿堂入りした例はある。野球殿堂入りすべき人物と認められたというだろうか。


(写真:競技者表彰、エキスパート部門で野球殿堂入りが決まった原辰徳前ジャイアンツ監督)

続きを読む "“人の噂も七十五日”!?原辰徳氏らが野球殿堂入り" »

2018年1月 3日 (水)

まさに初夢!-NPB、エクスパンション実施で2022年から16球団に!

Adscn3524
新年早々ビッグニュースが飛び込んできた。日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナーと前コミッショナーでコミッショナー顧問を務める熊崎勝彦氏が記者会見を開き、いわゆるエクスパンションを行って
2022年から十六球団にすることを発表した。会見では2022年までの計画なども語られた。


(写真:2022年に実施するエクスパンションに関して記者会見を行う熊崎勝彦コミッショナー顧問)

続きを読む "まさに初夢!-NPB、エクスパンション実施で2022年から16球団に!" »

2018年1月 1日 (月)

他山の石-日本相撲協会の騒動を対岸の火事と思ってはいけない。

Adscn4643
日本のプロ野球界のオフの話題が大谷翔平のポスティング移籍の件など話題が限られた感じだった昨年の年の瀬。スポーツ紙どころかワイドショー番組まで席巻した感じだったのが大相撲の日馬富士の暴力事件に端を発した騒動。



blogは日本のプロ野球を題材に書くblogだが、角界のこの騒動を日本の野球界、特にプロ野球界は対岸の火事と他人事のように見てはいけないと思い、敗戦処理。なりに感じたことを書いてみる。

 

続きを読む "他山の石-日本相撲協会の騒動を対岸の火事と思ってはいけない。" »

2017年5月16日 (火)

オールスターゲームに“大谷翔平ルール”は必要か!?

Adsc_0389
今日16日からマイナビオールスターゲーム2017のファン投票がスタートした。今年は第二戦が土曜日にZOZOマリンスタジアムで開催されるのでチケットを手配して観に行きたいと個人的には考えているが、今年また細かいルール変更があった。


昨年、一部疑問の声が挙がった大谷翔平に関して“大谷翔平ルール”が作られた。


(写真:昨年のマツダオールスターゲーム2016第二戦で本塁打を放つ大谷翔平。 20167月撮影)

続きを読む "オールスターゲームに“大谷翔平ルール”は必要か!?" »

2016年4月12日 (火)

【暴論】神宮球場を機材倉庫に使わせろ等と平気で言うのなら東京五輪などやめてしまえ!

Adsc_0080_2
全く以て腹立たしい話題である。
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が神宮球場を機材倉庫として使用するために、両大会の期間中のみならず、その前後を含め7ヶ月の長期間にわたり、神宮球場を占有する交渉を始めたというのだ。


新国立競技場のデザイン問題、エンブレム問題、聖火台問題と、周到な計画がなされていない点が多々露呈している中、今度は神宮球場を両大会の開催期間前後を含む7ヶ月間(5月から11月まで)使わせろと言う。東京ヤクルトスワローズのプロ野球公式戦は言わずもがな、東京六大学野球や東都大学野球、高校野球等、日本で最も稼働率の高い野球場を7ヶ月間も使用させないつもりらしい。


暴論を承知で言わせてもらえば、東京五輪開催を返上した方がいいのではないか?そのくらい組織委員会の運営能力を疑わざるを得ない。

続きを読む "【暴論】神宮球場を機材倉庫に使わせろ等と平気で言うのなら東京五輪などやめてしまえ!" »

2016年1月 5日 (火)

「名球会ベースボールフェスティバル2016」に思う…

Adscn0118
昨年の大晦日のスポーツニッポン
1面に「伝説の名勝負再び」と謳って、日本プロ野球名球会の行事が紹介されていた。現役選手を含めた名球会の会員によるイベントが111日に福岡 ヤフオク!ドームで行われるのだが、そのなかで名球会会員をセとパに分けた対抗試合を行い、「平成の名勝負」と呼ばれた野茂英雄VS清原和博を始めとする往年の名対決を再現したり、体調次第では長嶋茂雄王貞治も打席に立つプランもあるという。


清原だけでなく、立浪和義も出場予定で、別の意味でも注目を集めそうなこのイベント。さすがは名球会と言いたいところだが

続きを読む "「名球会ベースボールフェスティバル2016」に思う…" »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック