フォト
無料ブログはココログ

2018年5月19日 (土)

元祖“勝利の方程式”がジャイアンツ球場に帰ってきた!

Adsc_7598
勝ちパターンの展開で終盤につぎ込む継投策を“勝利の方程式”と呼ぶようになって久しいが、これは誰が誰のことを“勝利の方程式”と称したのが最初か記憶しているだろうか?


今日(19)はジャイアンツ球場にジャイアンツの三軍とベースボール・ファースト・リーグ(BFL)選抜の交流戦を観に行ってきた。死球による左手甲骨折で戦列を離れていた陽岱鋼が実戦に復帰するとあって陽岱鋼目当ての女性ファンが一塁側に集まった試合だったが、敗戦処理。にとっては懐かしい元祖“勝利の方程式”を観た感慨の深さも印象に残る生観戦となった。


(写真:復帰第一戦でいきなり先頭打者本塁打を放つ陽岱鋼。この後、第二打席にも連続本塁打を放つなど4打数4安打と元気さをアピール。)

続きを読む "元祖“勝利の方程式”がジャイアンツ球場に帰ってきた!" »

2018年1月 2日 (火)

敗戦処理。の知らない世界-独立リーグにいた逸材【回想】敗戦処理。生観戦録-第44回 2017年(平成29年)編

Adsc_3186
敗戦処理。が初めて日本のプロ野球を生観戦した1974年(昭和49年)から、その年の生観戦で最も印象に残った生観戦を選んで書き起こすこのコーナーも、一通り書き上げたので、年に一回、その前年の生観戦を振り返って書くスタイルになっている。今回は昨年2017(平成29)の生観戦の中から最も印象に残っている試合をあらためて振り返る。敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each year



1974(昭和49)に初めてプロ野球を生観戦した敗戦処理。はその後毎年、途切れることなく数試合から十数試合を生観戦しています。そこで一年単位にその年の生観戦で最も印象に残っている試合を選び出し、その試合の感想をあらためて書いていきたいと思います。年齢不詳の敗戦処理。ですが同年代の日本の野球ファンの方に「そういえば、あんな試合があったな」と懐かしんでもらえれば幸いです。


【回想】敗戦処理。生観戦録- my only one game of each year44回 2017(平成29)


(写真:この試合二本目の本塁打を放つBFL選抜の四番、田中耀飛。 2017年7月29日撮影)

続きを読む "敗戦処理。の知らない世界-独立リーグにいた逸材【回想】敗戦処理。生観戦録-第44回 2017年(平成29年)編" »

2017年7月30日 (日)

ジャイアンツ球場に井川慶降臨!しかし井川以上にインパクトが大きかったのは…

Adsc_3101
時系列的には前エントリー菅野智之、力でベイスターズ打線を封じて
81失点で11勝目! よりも前になるのだが、同じ29日の昼間にはジャイアンツ球場でジャイアンツの三軍と独立リーグ、ベースボール・ファースト・リーグ選抜チームとの交流試合を観てきた。NPBのタイガース時代にジャイアンツに立ちはだかった井川慶が予告先発されているので、そしてベースボール・ファースト・リーグの選手を見るのは初めてなので、ジャイアンツ球場に出向いた。


井川だけでなく、凄い選手がベースボール・ファースト・リーグにいた。お得感満載な生観戦になった。


(写真:ジャイアンツの三軍相手に力投するベースボール・ファースト・リーグ選抜の先発・井川慶)

続きを読む "ジャイアンツ球場に井川慶降臨!しかし井川以上にインパクトが大きかったのは…" »

2012年11月11日 (日)

初の韓国開催となったアジアシリーズは“手を抜かない”読売ジャイアンツが制す!-アジアシリーズを考える

Adsc_初めて韓国で開催された今年のアジアシリーズはNPBから出場した読売ジャイアンツが決勝戦で2012台湾シリーズの覇者、Lamigoモンキーズを6対3で下し、読売ジャイアンツの優勝で幕を閉じた。かつては東京ドームで開催されていたこの大会、ファンから「罰ゲーム」と揶揄されたり、今一つ盛り上がらない面があったことも否定できないが、自称「球界の盟主」読売ジャイアンツがこれまでのNPB出場チームにない本気ぶりを見せたことで、来年以降も期待が出来る!?


(写真:第2回大会となった2006年のアジアシリーズでアジアチャンピオンとなってナインに胴上げされた北海道日本ハムファイターズのトレイ・ヒルマン監督=当時。200611月撮影)

続きを読む "初の韓国開催となったアジアシリーズは“手を抜かない”読売ジャイアンツが制す!-アジアシリーズを考える" »

2010年1月 4日 (月)

今年気になる人

01 そろそろ各球団もお仕事を始めるようで。敗戦処理。が今年一年間、特に気になる人をピックアップしてみた。

続きを読む "今年気になる人" »

2009年12月29日 (火)

社会人野球、独立リーグ退団者を一年間受け入れず。

社会人野球を統括する日本野球連盟は、独立リーグを退団した選手を、退団後一年間は登録を認めないことにしたと発表した。

続きを読む "社会人野球、独立リーグ退団者を一年間受け入れず。" »

2009年5月25日 (月)

存続の危機に瀕しているのは関西独立リーグばかりでなく…

先週、日本で三つ目のプロ野球独立リーグ、関西独立リーグに存続の危機が訪れていることが判明した。運営事務局の株式会社ステラから所属四球団への分配金が支払われず、その目途も立っていないことから問題が表面化。運営事務局が撤退し、所属四球団が協力して資金集めに奔走することになったがその前途は明るくない。「ナックル姫」こと、吉田えり が日本プロ野球史上初の女性選手誕生ということで脚光を浴びている関西独立リーグだが、リーグ戦スタートから約二ヶ月で早くも存続の危機を迎えた。

NPB十二球団もほとんどが赤字で、社会人野球では歴史と伝統のある大会の開催を見直す可能性もある惨状。「百年に一度」と言われる世界的大不況下で独立リーグの運営が順調に行かないのは無理もないが…。

そして、もう一つ存続の危機に立たされている野球が…。

続きを読む "存続の危機に瀕しているのは関西独立リーグばかりでなく…" »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック