フォト
無料ブログはココログ

2021年1月 8日 (金)

【悲報】ファイターズ新入団選手歓迎式典&交流会、今年は開催中止。

Adsc_0265
今年は117()に開催予定だったファイターズの新入団選手歓迎式典&交流会の開催が中止になった。鎌ケ谷市のある千葉県を含む一都三県に今日8日から“緊急事態宣言”が発令されたことに伴う開催中止だという。


今季は新型コロナウイルス対策で例年の観客を室内練習場に詰めて座らせるスタイルでなく、スタジアムで行ってファンをスタンドに密にならない様に座席指定して行う念の入れようであったが断念した様だ。


◆ 
1/17()2021ルーキー鎌スタお披露目会〉開催中止のお知らせ


(写真:実現していれば斎藤佑樹入団年にあたる2011年以来、グラウンドでの開催になるはずだった“新入団選手歓迎式典&交流会”。2011年の様子。 20111月撮影)

 

 

 

続きを読む "【悲報】ファイターズ新入団選手歓迎式典&交流会、今年は開催中止。" »

2021年1月 2日 (土)

生観戦出来るありがたさを痛感した試合…。【回想】敗戦処理。生観戦録-第47回 2020年(令和2年)編

Adsc_3325
敗戦処理。が初めて日本のプロ野球を生観戦した1974年(昭和49年)から、その年の生観戦で最も印象に残った生観戦を選んで書き起こすこのコーナーも、一通り書き上げたので年に一回、その前年の生観戦を振り返って書くスタイルになっている。今回は昨年2020(令和2)の生観戦の中から最も印象に残っている試合をあらためて振り返る。敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each year


1974(昭和49)に初めてプロ野球を生観戦した敗戦処理。はその後毎年、途切れることなく数試合から十数試合を生観戦しています。そこで一年単位にその年の生観戦で最も印象に残っている試合を選び出し、その試合の感想をあらためて書いていきたいと思います。


【回想】敗戦処理。生観戦録- my only one game of each year47回 2020(令和2)


(写真:敗戦処理。が昨年ようやく初の生観戦を果たした8月12日のファイターズスタジアム。“ソーシャル・ディスタンス”を配慮して観客を一列おき、一席おきに配置。 2020年8月撮影)

続きを読む "生観戦出来るありがたさを痛感した試合…。【回想】敗戦処理。生観戦録-第47回 2020年(令和2年)編" »

2020年12月31日 (木)

今年の1枚-2020年

一年の最後のエントリーは今年もこの一年の間に敗戦処理。が野球に関して撮影した写真の中から最も思い入れの強い1枚を選ぶエントリーにする。


新型コロナウイルス禍に野球界も振り回された2020年。球場での生観戦もままならなかったが、そんななか、この1枚を今年の1枚に選んだ。

続きを読む "今年の1枚-2020年" »

2020年11月 1日 (日)

ファイターズ、鎌ケ谷最終戦で奥川恭伸に5回無安打。プロ入り初勝利を献上。

Adsc_5914
昨日に続き、今日1日もファイターズスタジアムに行って最終戦を観てきた。昨日をさらに上回る入場者数の前で躍動したのはファイターズナインではなく、スワローズのドラフト1位ルーキー、奥川恭伸の方だった。先発した奥川は5イニングを投げて打者16人、被安打03奪三振、1与四球の好投でファイターズ打線を無失点に抑え、ファームとはいえ公式戦初勝利を挙げた。


ファイターズのファームは最後までファイターズらしい終わり方だった。前日までライオンズと同じ勝敗数で最下位だったが、今日の最終戦に敗れたので二年連続の最下位となった。


(写真:先発して5イニングを好投したスワローズの先発、奥川恭伸。)

 

 

 

続きを読む "ファイターズ、鎌ケ谷最終戦で奥川恭伸に5回無安打。プロ入り初勝利を献上。" »

2020年10月31日 (土)

イースタン・リーグ、最後の週末。

Dsc_5700
イースタン・リーグ公式戦はこの土日で終了する。ファイターズスタジアムも昨日から最後の三連戦だ。今日(31)はスワローズとの対戦を生観戦してきた。


上原健太高橋奎二という、大学卒入団と高校卒入団の違いこそあるものの、ともに2016年入団の二人。ともに能力的にはそれぞれの球団で一軍の先発ローテーションに入っていなければおかしいと思われる両サウスポーの先発。味のある投手戦が展開されるかなと思ったが、ファイターズが上原を三回で降ろし、四回から宮台康平に代えた途端に試合が動き出した。

続きを読む "イースタン・リーグ、最後の週末。" »

2020年10月18日 (日)

戸根千明、二刀流への道険し-どんな“二刀流”を目指しているのだろうか!?

Adsc_4972
ジャイアンツに投手として入団した戸根千明が今季途中から“二刀流”に挑戦している。今週13日からはイースタンの公式戦に打者として出場している。今日(18日)初めて生で観たが、印象としてはまだ時間がかかりそうだ…。

 

(写真:投ゴロに打ち取られる戸根千明)

続きを読む "戸根千明、二刀流への道険し-どんな“二刀流”を目指しているのだろうか!?" »

2020年9月21日 (月)

0対5からの逆転。今季初めてファイターズのファームの勝ち試合を満喫。

 Adsc_3483
といってもまだ生観戦四試合目だが、今日(21日)ようやくファイターズのファームが勝つ試合を生で観ることが出来た。三塁側内野席を埋めたファイターズファンが口々に「今年初めての勝ち試合だよ」等と会話していたから,同じ感想の人が多かったようだ。三回表終了時点で0対5と劣勢の展開をひっくり返すという滅多に無い展開だったことも重なり、ファイターズファンが溜飲を下げた試合だった。


(写真:逆転勝ちし、ベンチ前で祝福し合うファイターズナイン)

 

 

 

続きを読む "0対5からの逆転。今季初めてファイターズのファームの勝ち試合を満喫。" »

2020年9月 5日 (土)

六回を終わって両軍合計で3安打、0対1の試合がその後… 

Adsc_0866
今日(5日)もファイターズスタジアムに行ってきた。タイトルの通り、六回裏を終わった時点ではスコアは0対1。安打数は両軍合計で3安打という静かな試合であったが、七回を境に試合は大きく動いた。


(写真:先発して3イニングを投げた吉田輝星)

 

 

 

続きを読む "六回を終わって両軍合計で3安打、0対1の試合がその後… " »

2020年8月22日 (土)

静かな鎌ケ谷で新旧“栄光のドラフト1位”が共演…

Adsc_1999
12
日の今季初生観戦以来、今日(22)は再びファイターズスタジアムに行ってきた。ジャイアンツ球場が有観客試合を始めるのが25日からなので、頼りは鎌スタになるのだ。ファイターズが吉田輝星、斎藤佑樹、吉川光夫と豪華な“栄光のドラフト1位”による継投を見せれば、相手のスワローズも16日まで一軍で先発ローテーションに加わっていた山中浩史がベテランらしい投球で七回途中まで踏ん張る。九回で決着が付かずに延長十回まで行われるがそれでも3時間足らずで終わる、暑さ対策的にも好都合な試合観戦となった。


(写真:“栄光のドラフト1位”共演の先陣を切る形で先発した吉田輝星)

 

 

 

続きを読む "静かな鎌ケ谷で新旧“栄光のドラフト1位”が共演…" »

2020年8月12日 (水)

遅まきながらようやく今季初の生観戦!

Adsc_1883_594
公式戦開幕から約2ヶ月弱。本来の開幕から遅れること約5ヶ月弱にしてようやく待望の生観戦を果たせた。先月から“有観客試合”を始めているファイターズスタジアムで、ファイターズ対ジャイアンツ戦というひいき球団同士の試合を堪能することが出来た。


炎天下で始まった試合内容はいかにも二軍の試合といったお粗末さが随所に垣間見られたが、何はともあれ球場で生観戦出来たことがこの上なくうれしい。

続きを読む "遅まきながらようやく今季初の生観戦!" »

より以前の記事一覧

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック