フォト
無料ブログはココログ

2020年10月18日 (日)

戸根千明、二刀流への道険し-どんな“二刀流”を目指しているのだろうか!?

Adsc_4972
ジャイアンツに投手として入団した戸根千明が今季途中から“二刀流”に挑戦している。今週13日からはイースタンの公式戦に打者として出場している。今日(18日)初めて生で観たが、印象としてはまだ時間がかかりそうだ…。

 

(写真:投ゴロに打ち取られる戸根千明)

続きを読む "戸根千明、二刀流への道険し-どんな“二刀流”を目指しているのだろうか!?" »

2020年9月21日 (月)

0対5からの逆転。今季初めてファイターズのファームの勝ち試合を満喫。

 Adsc_3483
といってもまだ生観戦四試合目だが、今日(21日)ようやくファイターズのファームが勝つ試合を生で観ることが出来た。三塁側内野席を埋めたファイターズファンが口々に「今年初めての勝ち試合だよ」等と会話していたから,同じ感想の人が多かったようだ。三回表終了時点で0対5と劣勢の展開をひっくり返すという滅多に無い展開だったことも重なり、ファイターズファンが溜飲を下げた試合だった。


(写真:逆転勝ちし、ベンチ前で祝福し合うファイターズナイン)

 

 

 

続きを読む "0対5からの逆転。今季初めてファイターズのファームの勝ち試合を満喫。" »

2020年9月 5日 (土)

六回を終わって両軍合計で3安打、0対1の試合がその後… 

Adsc_0866
今日(5日)もファイターズスタジアムに行ってきた。タイトルの通り、六回裏を終わった時点ではスコアは0対1。安打数は両軍合計で3安打という静かな試合であったが、七回を境に試合は大きく動いた。


(写真:先発して3イニングを投げた吉田輝星)

 

 

 

続きを読む "六回を終わって両軍合計で3安打、0対1の試合がその後… " »

2020年8月22日 (土)

静かな鎌ケ谷で新旧“栄光のドラフト1位”が共演…

Adsc_1999
12
日の今季初生観戦以来、今日(22)は再びファイターズスタジアムに行ってきた。ジャイアンツ球場が有観客試合を始めるのが25日からなので、頼りは鎌スタになるのだ。ファイターズが吉田輝星、斎藤佑樹、吉川光夫と豪華な“栄光のドラフト1位”による継投を見せれば、相手のスワローズも16日まで一軍で先発ローテーションに加わっていた山中浩史がベテランらしい投球で七回途中まで踏ん張る。九回で決着が付かずに延長十回まで行われるがそれでも3時間足らずで終わる、暑さ対策的にも好都合な試合観戦となった。


(写真:“栄光のドラフト1位”共演の先陣を切る形で先発した吉田輝星)

 

 

 

続きを読む "静かな鎌ケ谷で新旧“栄光のドラフト1位”が共演…" »

2020年8月12日 (水)

遅まきながらようやく今季初の生観戦!

Adsc_1883_594
公式戦開幕から約2ヶ月弱。本来の開幕から遅れること約5ヶ月弱にしてようやく待望の生観戦を果たせた。先月から“有観客試合”を始めているファイターズスタジアムで、ファイターズ対ジャイアンツ戦というひいき球団同士の試合を堪能することが出来た。


炎天下で始まった試合内容はいかにも二軍の試合といったお粗末さが随所に垣間見られたが、何はともあれ球場で生観戦出来たことがこの上なくうれしい。

続きを読む "遅まきながらようやく今季初の生観戦!" »

2020年7月11日 (土)

“有観客試合”が始まったけれど… 

Adsc3170
球場にファンが帰ってきた!NPBでは様々な制限付きながら10日からファンを球場に迎え始めた。入場時に検温を施し、まだ上限5,000人だとか、応援パフォーマンスの規制をはじめ例年とは異なる姿ながら、一歩前進という形だ。敗戦処理。も出来ることなら球場で生観戦したいとこの時をワクワクしながら待っていた。


さし当たっては敗戦処理。も身近なイースタン・リーグの生観戦からと考えていたが、自分自身が球場に足を運べるかというと、もうひと我慢必要なのかもしれない…。


(写真: 726日までは“無観客試合”を続行するジャイアンツのファームの本拠地、ジャイアンツ球場。)

 

 

 

続きを読む "“有観客試合”が始まったけれど… " »

2020年7月10日 (金)

今年のファーム日本選手権は11月7日に開催。

Adsc_0199
NPBでは6日に臨時十二球団代表者会議を開き、イースタン・リーグの優勝チームとウエスタン・リーグの優勝チームとで一試合のファーム日本選手権を11月7日(土)に宮﨑県内で行うことが発表した。二軍も一軍と同じ6月19日に公式戦が開幕。恒例のファーム日本選手権の開催が未定とされていたが正式発表となった。


ファンの間では普段は育成重視で戦っているのに優勝チーム同士を対戦させることにどれほどの意義があるのか?という意見もある。一試合だけの選手権スタイルに対しても。今季は新型コロナウイルス禍があって日程変更もあっただけに見直しの機会かなと思ったが、例年通りに開催されることが決まった。


(写真:2010年のファーム日本選手権を制したイースタン・リーグ優勝の千葉ロッテマリーンズ 2010年10月撮影)

続きを読む "今年のファーム日本選手権は11月7日に開催。" »

2020年1月30日 (木)

“昭和の熱血教師がゆとり世代の子供達に指導”!?-ガッツとファイターズ

Adsc_2878
先日、ファイターズファンの友人と話した。

「このオフ一番の補強が“ビヤヌエバ獲得”で大丈夫かな!?

「いや、一番の補強は“ガッツの復帰”でしょう」


東京時代から応援している身として小笠原道大は特別な存在。ガッツがヘッドコーチ兼打撃コーチとして指導する春季キャンプがもうすぐ始まる。

 

 

 

続きを読む "“昭和の熱血教師がゆとり世代の子供達に指導”!?-ガッツとファイターズ" »

2020年1月13日 (月)

いささかの“マイナーチェンジ”!?-北海道日本ハムファイターズ2020年新入団選手歓迎式典&交流会

Adsc_3005head_north
今年も恒例の、ファイターズ新入団選手歓迎式典&交流会に行ってきた。昨年の吉田輝星、一昨年の清宮幸太郎の様な、書いたサインが10分後にネットオークションに出されるような話題のルーキーが今年はいないので過剰なほどの加熱はなかったが、寒さの中にもかかわらず約1000人のファンが集まった。


(写真:交流会の締めは今年も新入団選手全員の共同作業による人文字。今年の文字は…!?)

続きを読む "いささかの“マイナーチェンジ”!?-北海道日本ハムファイターズ2020年新入団選手歓迎式典&交流会" »

2019年11月10日 (日)

ファイターズのファームが本拠地球場での入場者数の最多記録を達成!

Adsc_0931
今年のファイターズのファームはイースタン・リーグで最下位、2012年から8年連続のBクラス(というより6位か最下位)と低迷したが本拠地ファイターズスタジアムでの入場者数は54試合で83,353人。これはファイターズが2013年に記録したイースタン・リーグ最多記録である73,625人を超える入場者数のリーグ新記録。一試合平均においても1,544人と同年の1,416人を上回った。


これまで鎌ケ谷におけるファンサービスのあり方にいささかの疑問を感じ、入場者数の減少を嘆いてきたが、悪いときだけ指摘し、改善されたら知らんぷりという訳には行くまい。日々の公式戦の入場者数を記録し続けた結果で調べてみた。

続きを読む "ファイターズのファームが本拠地球場での入場者数の最多記録を達成!" »

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック