フォト
無料ブログはココログ

2019年8月22日 (木)

「ボールくださ~い!!」

Acsc_1855
今年のお盆休みは幸いにも9連休を取れた。その9日間の内、5日間でプロ野球の試合を生観戦した。その生観戦を通じて痛感したことは、スタンドのちびっ子達は本当に元気だなということ。折に触れて発表される各球団の入場者数は球団によって凸凹はあるものの、トータルではまだ伸びているらしい。その一方で長い目で見ると、ちびっ子達が野球に触れる機会が減少していて野球人口(競技者、観覧者)は横ばい、いや減る一方との懸念がある。しかし先行きはともかく、敗戦処理。が観た球場ではちびっ子達が元気に楽しそうに野球を観ていた。


「ボールくださ~い!!という声とともに。

続きを読む "「ボールくださ~い!!」" »

2019年8月19日 (月)

このままではダルビッシュ有が“令和の張本勲”になる…!?

Adsc_0006
ダルビッシュ有
が海の向こうから発する発言が波紋を呼ぶことが多い。最近では岩手県大会の決勝で大船渡高校の國保陽平監督がエースである佐々木朗希を登板させなかったことに言及。登板回避を支持している模様だ。また、開会式の不要論、特に長い挨拶を否定する発言をツイート。これも波紋を呼んだ。


ダルビッシュが何かツイートで意思表示をすると多くのリプライ(ツイートへの直接の反応)が寄せられる。ネットニュースの中にはその具体的な数量を挙げて“ダルビッシュの意見が多くのフォロワーに支持された”とまとめる記事が少なくない。


しかし、当たり前のことだがダルビッシュが常に正しいとは限らない。ダルビッシュの意見はその事柄について考えられるいくつかの意見の中のひとつに過ぎない。だがリプライの多さを目安にしてしまうと、常にダルビッシュの意見に賛成する人が圧倒多数の様に思えてしまう。ダルビッシュの事だからそれで“自分の意見は多くの人に支持されている”等と錯覚することはないと思うが…。


(写真:発言が何かと波紋を呼ぶダルビッシュ有。 ファイターズ時代の2009年9月撮影)

続きを読む "このままではダルビッシュ有が“令和の張本勲”になる…!?" »

2019年7月10日 (水)

高橋由伸前巨人軍監督がCMで稲垣吾郎&香取慎吾と共演

Adsc_9984
昨年までジャイアンツで監督を務めていた高橋由伸前監督が自身17年ぶりとなるCMに出演。サントリーのノンアルコール飲料『オールフリー』のCMで元SMAPの稲垣吾郎香取慎吾と共演している。


何回もテレビで見ているはずなのに気付かず最近になって「あれ、由伸?」と気になって調べたらやっぱり高橋由伸だった。CM出演は17年ぶりとのことだから2002年以来。何のCMだったか思いだせないが現役時代、松井秀喜清原和博らとジャイアンツ打線の中軸を担っていた頃だ。


稲垣吾郎&香取慎吾と!高橋由伸氏、17年ぶりCM出演「緊張…」

 

続きを読む "高橋由伸前巨人軍監督がCMで稲垣吾郎&香取慎吾と共演" »

2019年6月 7日 (金)

漫画『江川と西本』連載終了。

Adsc_1
雑誌『ビッグコミックスペリオール』(小学館)に連載中の漫画『江川と西本』(作/森高夕次 画/星野泰視)が先月24日に発売された同誌12号にて連載が終了となった。江川卓西本聖をライバルと捉え、主に西本聖の視点に立って二人の高校時代から始まるライバル関係を描いていた。


どの時代まで扱うのかな?と毎号楽しみに読んでいたが、江川が20勝、西本聖が18勝してジャイアンツがリーグ優勝した昭和56年(1981年)、日本一に輝いた日本シリーズまで描いたところで終了した。江川にとっては自身最多の20勝を挙げた年で、西本聖にとってもジャイアンツ在籍期間では最多となる18勝を挙げた年なのでその一年を描ききって最終回というのもわからなくはないが、個人的には翌昭和57年(1982年)の互いのライバル意識を垣間見たある試合を振り返って欲しかったのでいささか残念に思う。

 

続きを読む "漫画『江川と西本』連載終了。" »

2019年5月17日 (金)

ディフェンシブ・シフト~令和のファイターズと昭和の“王シフト”

Adscn0813_2
今季のファイターズの二大特徴と言えば、ショートスターターと言われるような、先発投手を従来の概念にとらわれずに短いイニングで降板させて継投に走る手法と、相手打者にプルヒッター等の打球方向に偏りがある場合に極端な守備位置で臨む方策が挙げられよう。


個人的には前者に関しては半信半疑、というか半分以上懐疑的だが、後者の極端な守備位置を敷くことに関して書いてみたい。


(写真:左打者の筒香嘉智に対して三塁手を一、二塁間深めに守らせるファイターズ。 2019年3月撮影)

 

続きを読む "ディフェンシブ・シフト~令和のファイターズと昭和の“王シフト”" »

2018年11月17日 (土)

『□□(次の元号)の根本陸夫』になるのは誰だ!?

Adscn0233
昨日16
日に集英社文庫版『根本陸夫伝』出版記念イベント“20世紀に消えた大陸根本陸夫の地図”というトークイベントが行われた。ライオンズやホークスで、今でいうGM(ゼネラルマネージャー)に相当する役割を務めていた根本陸夫氏を振り返るトークイベントで著者の高橋安幸氏らが出演した。敗戦処理。もチケットを購入していたが、残念ながら仕事が引っかかって参加できなかった。

続きを読む "『□□(次の元号)の根本陸夫』になるのは誰だ!?" »

2018年10月21日 (日)

沢田研二と川崎球場

Adsc0000_20181021150126
今週の
19日はあの『10.19』からちょうど30年後に当たるということで、今は富士通スタジアム川崎と名前を変えた旧川崎球場で当時を懐かしむイベントが開催された。


30年前の1019日に行われたロッテオリオンズ対近鉄バファローズのダブルヘッダーは対戦相手のバファローズが2連勝すればリーグ優勝を決めるということで超満員となり、試合内容も期待以上の大熱戦で30年経った今でも野球ファンに語り継がれる伝説となっているが、普段のオリオンズの主催試合ではお客さんがあまり入らず閑古鳥が鳴いていた。


一方、17日にさいたまスーパーアリーナで行われる公演を『契約上の理由』で開演直前に中止にした歌手の沢田研二が翌18日に報道陣の取材に応じ、公演中止の理由を観客の少なさが理由だったことを明かした。


観客が少ないといえば川崎球場。元タイガースの沢田研二が少ないと怒った7000人という人数。当時の元オリオンズの主催試合では7000人も入ればまずまずだった!?

続きを読む "沢田研二と川崎球場" »

2018年10月16日 (火)

「北の湖は王貞治、輪島は長嶋茂雄」

Acscn0229
ジャイアンツは勝ち上がったが、ファイターズは惜しくも敗れた。そのクライマックスシリーズ、今日はファーストステージとファイナルステージの合間の一日。懐古趣味にお付き合いいただければ幸いである。


8日、大相撲の第54代横綱、輪島大士こと輪島博さんが都内の自宅でなくなられた。70歳だった。


輪島さんは大相撲の第54代横綱として14回の幕内優勝を誇った。5歳年下の第55代横綱北の湖敏満とのライバル関係で“輪湖時代”と呼ばれ、一時代を築いた。



つつしんでご冥福をお祈りします。

続きを読む "「北の湖は王貞治、輪島は長嶋茂雄」" »

2018年7月20日 (金)

“文春野球”への違和感

Adsc_0415
blogにお付き合い下さる方にはご存知の方も多いだろうが、“文春野球”というネット上のコラムがある。ベイスターズファンで関連著書も多いライターの村瀬秀信氏がコミッショナーを務め、十二球団それぞれを担当する書き手がそれぞれの球団や選手に因んだコラムを発表し、読んだ人は「面白い!」と思ったらHITボタンを押し、その押された回数の多さでペナントレースを競うというもの。各球団それぞれにライター、ブロガー、コラムニスト、元選手の親戚、球団広報らが寄稿している。


昨年からスタートし、敗戦処理。も楽しく拝読させていただいている。目を通すのはどうしても贔屓の両チームのコラム主体になるが、こうした企画に出会いでもしない限り贔屓チーム以外に関するコラムを見る機会をなかなか得られない。企画そのものに感謝しているが、いかんせん最近違和感を覚えている。好みの問題なのかもしれないが…。

続きを読む "“文春野球”への違和感" »

2018年6月28日 (木)

漫画『ドカベン』連載終了。-水島新司先生に期待する次回作ともうひとつ…

Adsc_0045_2
本日28日発売の『週刊少年チャンピオン』712日号(秋田書店)を以て水島新司氏の漫画『ドカベン ドリームトーナメント編』の連載が終了した。同時に、長く続いた『ドカベン』シリーズの最後となった。


敗戦処理。も子どもの頃からずっと読み続けてきた作品だけに感慨が深い。


水島新司先生、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。


(写真:登録名“あぶさん”でマスターズリーグに出場する水島新司氏。 20091月撮影)

続きを読む "漫画『ドカベン』連載終了。-水島新司先生に期待する次回作ともうひとつ…" »

より以前の記事一覧

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック