フォト
無料ブログはココログ

2018年1月 3日 (水)

まさに初夢!-NPB、エクスパンション実施で2022年から16球団に!

Adscn3524
新年早々ビッグニュースが飛び込んできた。日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナーと前コミッショナーでコミッショナー顧問を務める熊崎勝彦氏が記者会見を開き、いわゆるエクスパンションを行って
2022年から十六球団にすることを発表した。会見では2022年までの計画なども語られた。


(写真:2022年に実施するエクスパンションに関して記者会見を行う熊崎勝彦コミッショナー顧問)

続きを読む "まさに初夢!-NPB、エクスパンション実施で2022年から16球団に!" »

2017年11月27日 (月)

B☆Bが来季から地域貢献を活動のメインに。

Adsc_0041_bbcb
ファイターズのマスコット、B☆B
26日に行われたファイターズの「ファンフェスティバル2017」で来季から試合が行われるスタジアムではなく、地域貢献活動をメインにすると発表した。現在見習いという立場のフレップが見習いを卒業して球場で活躍するメインのマスコットになるという。


2004年の北海道移転と同時にファンの前に現れたB☆Bのスタジアムでの活躍は14年間で一区切りとなる。


(写真:来季から球場ではなく地域貢献活動をメインにするB☆Bと、それでも一軍に上がれない弟のC☆B。 20098月撮影)

続きを読む "B☆Bが来季から地域貢献を活動のメインに。" »

2017年8月 8日 (火)

これぞプロフェッショナル!

Adscn4530
前エントリー背番号が変わった人と変わらなかった人、そして変わったはずなのに変わっていない人…。では暑さのせいでスコアボードの得点を間違えたと書いたが、同じ6日、空調の効いた東京ドームではこれぞプロフェッショナル!というシーンがあった。



ジャイアンツ対ドラゴンズ戦。ドラゴンズは1点リードの九回裏にこの登板で日本記録更新に当たる950試合登板となる岩瀬仁紀を投入。一死一、二塁のピンチを招き、坂本勇人に右中間の大飛球を打たれるがセンターの大島洋平が好捕。抜ければ逆転サヨナラ勝ちも狙えたジャイアンツはサヨナラの走者となる重信慎之介が二塁を回ってから慌てて帰塁して二死一、二塁で試合再開と思いきや、一度二塁を踏んで三塁方向に走りかけたのに戻るときには二塁ベースを踏まずに一塁に戻ったとしてドラゴンズのアピールプレーでアウトとされ、試合終了となった。


重信はお粗末だったが、きちんと見ていた一塁手のダヤン・ビシエドと二塁塁審の有隅昭二審判員はこれぞプロフェッショナル!と感心した。


(写真:坂本勇人の右中間の大飛球を好捕され、二塁を回っていた一塁走者の重信慎之介が慌てて一塁に戻るも、二塁ベースを踏まずに…。日テレG+の中継映像から)

続きを読む "これぞプロフェッショナル!" »

2017年7月12日 (水)

終わりなき野球場巡りの旅

Aadsc_0089_2
11
日、斉藤振一郎氏と堀治喜氏のトークイベントを聞いてきた。今年3月の『東京野球ブックフェア』で堀治喜氏のブースに置かれた斉藤振一郎氏の『全国野球場巡り』という分厚い本に目が行き、気になって手に取ると斉藤氏が自ら足を運んだ877ヶ所の野球場を辞典風に紹介している。



敗戦処理。も野球場に行くことそのものが好きだが、次元が違う。その著者と、『東京野球ブックフェア』でおなじみの、野球場を作ってしまったり、『広島野球ブックフェア』を開催したり、という野球文化大学広島校校長代理の堀治喜氏のトークイベントが広島でなく東京の池袋で行われるとあれば、行くしかない!と行動した次第。


(写真:トークイベントを行った『全国野球場巡り』著者の斉藤振一郎氏=奥と、堀治喜氏=後頭部 背景は堀氏が建てた野球場『ドリームフィールド』)

続きを読む "終わりなき野球場巡りの旅" »

2017年7月 2日 (日)

続「生」観戦したい野球場-小野路球場

Adsc_0065
2
2日付拙blog「生」観戦したい野球場-小野路球場として、2023年に新しいファームの本拠地が建設されるまでの間の三軍の純本拠地として東京都町田市の小野路球場を使用することにして同市と覚え書きを交わしたと書いたが、その小野路球場のリニューアルが7月に完成するというので観に行ってきた。小野路球場は芝生の養生などを終え、アマチュア野球に使用されていた。



以前は毎月2日に企画ものを連載していて、その中の一つに「生」観戦した野球場という企画があったが、今回も番外編の続編として書いてみる。

続きを読む "続「生」観戦したい野球場-小野路球場" »

2017年6月 5日 (月)

最近プロ野球中継のアナウンサーがお粗末すぎる様に思える…。

Adsc_0479_3
自分はそんなにプロ野球中継を見ている方ではないと思うが、地上波、BS、CS、そしてradikoといろいろと見聞きしていて特にここ最近、実況アナウンサーのレベルに疑問を感じるケースが少なくない。そしてその実況アナの珍発言に対して解説者が補足や修正をしないのも気に入らない。


 写真はイメージです。

続きを読む "最近プロ野球中継のアナウンサーがお粗末すぎる様に思える…。" »

2017年1月27日 (金)

隔月刊誌の「ベースボールマガジン」が月刊誌に。

Adscn3616
奇数月の19日に発売になるベースボール・マガジン社の隔月刊誌「ベースボールマガジン」が次号3月発売号からは月刊誌になるという。


以前は一年間に四回発売される季刊誌だったのが隔月刊誌になり、ついに月刊誌に。

続きを読む "隔月刊誌の「ベースボールマガジン」が月刊誌に。" »

2017年1月26日 (木)

しもしも~北別府!?-平野ノラとプロ野球

Apict0003_2
あまりバラエティ番組を見る方ではないが、比較的この時期はよく見る。そうすると嫌でも目に入ってくるのが旬なお笑いタレント。主に1980年代後半からのバブル期を題材にしてネタにする一人芝居の平野ノラをテレビでよく見かける。


(写真: 平野ノラのネタによく出てくる北別府学。 19924月撮影)

続きを読む "しもしも~北別府!?-平野ノラとプロ野球" »

2016年12月29日 (木)

年末年始の憂鬱。

Adscn2361
こんなことを考えているのは敗戦処理。だけかもしれないが、書いてみる。


普段はサラリーマンである敗戦処理。の年内の仕事は今日(28)で終わった。これから14日までは休みになる。プロ野球の方も、各球団は概ねこの期間は休みになり、契約更改なども一区切り。FA移籍の補償も年が明けてからになるのかな?


この時期、敗戦処理。は野球ファンとして憂鬱になる。毎年のことだが、年末年始の恒例のテレビ番組のせいだ。

続きを読む "年末年始の憂鬱。" »

2016年8月 7日 (日)

超えてはならない一線-“暗黙のルール”。

Adscn1852_2
今週発売中の「週刊ベースボール8月15日号」(ベースボール・マガジン社)石田雄太氏の連載コラム『石田雄太の閃球眼』に久々に引き付けられた。石田雄太氏はイチローの物まねで知られるニッチローがイチローの打席の最中にその試合が行われているスタンドでイチローの物まねをしたことに異議を唱えている。そのシーンを情報番組で見た敗戦処理。も、それはないだろうと思ったが、情報番組は面白おかしく伝え、石田雄太氏のコラムを見るまで特にニッチローの行為を批判する意見を見かけなかった。



 写真はイメージです。本エントリーの内容と直接の関係はありません。

続きを読む "超えてはならない一線-“暗黙のルール”。" »

より以前の記事一覧

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック