フォト
無料ブログはココログ

2017年10月 1日 (日)

ジャイアンツ11年目で初めてクライマックスシリーズ進出を逃す。

Adsc_9968
日、クライマックスシリーズ進出を狙う4位のジャイアンツはタイガースに45で敗れ、その後に3位のベイスターズがカープを相手に勝利したため、ベイスターズの3位が確定。4位に終わるジャイアンツは2006年以来11年ぶりのBクラスが確定し、2007年からスタートしたクライマックスシリーズに初めて進出できなくなった。


(写真:九回裏、1点差まで追い上げたものの陽岱鋼が投ゴロに倒れてジャイアンツ敗退。この後、ベイスターズが勝利してジャイアンツの今季のクライマックスシリーズ進出は消えた。)

続きを読む "ジャイアンツ11年目で初めてクライマックスシリーズ進出を逃す。" »

2017年9月18日 (月)

ファイターズのファーム投手陣が大炎上。二ヶ月ぶりの鎌ケ谷生観戦だったのに…

Adsc_8782
久々に鎌ヶ谷に行ってきた。今日(18)の鎌ヶ谷はまさに台風一過の快晴。何とか予定をやりくりして約二カ月ぶりにファイターズスタジアムに行ってきた。


前エントリーで書いたようにイースタン・リーグでジャイアンツと並ぶ首位のゴールデンイーグルスの打線が凄まじく、パ・リーグで5位の一軍と同じく下から二番目のファイターズ投手陣はものの見事に餌食となった。


(写真:初回先頭打者本塁打を放つゴールデンイーグルスの松井稼頭央)

続きを読む "ファイターズのファーム投手陣が大炎上。二ヶ月ぶりの鎌ケ谷生観戦だったのに…" »

2017年9月16日 (土)

ジャイアンツのファームが直接対決を制してゴールデンイーグルスに並ぶ同率首位に浮上!

Adsc_8278
三連休初日の今日
16日、ジャイアンツ球場に行ってきた。イースタン・リーグの優勝争いはまだ予断を許さない状況。前日15日までの時点で首位のゴールデンイーグルスを1ゲーム差で追う2位のジャイアンツ。今日と明日は直接対決の二連戦。


初戦の今日は中盤の集中打でジャイアンツが快勝。両チームともに6643敗、勝率.606と勝率で並んだ。


(写真:五回裏にライトオーバーの本塁打を放つジャイアンツの吉川尚輝。)

続きを読む "ジャイアンツのファームが直接対決を制してゴールデンイーグルスに並ぶ同率首位に浮上!" »

2017年9月 9日 (土)

これが本当にクライマックスシリーズをかけて戦っているチームなのだろうか!?

Adsc_7660
今日
9日、東京ドームでジャイアンツ対スワローズ戦を観てきた。同じ東京ドームでも二日前に生観戦したファイターズと違い、ジャイアンツはまだクライマックスシリーズに出場できるAクラス入りのチャンスは充分にあり、目下その目標に向かって全力で戦っている…はずだったのだが。


もう結果をご存じの方も多いことだろう。山田哲人2本の本塁打を浴び、打線は小川泰弘の前にろくにチャンスらしいチャンスも作れず、三投手による継投で完封負け。この試合を観る限りでは、とてもAクラス入りをかけて戦っているチームとは思えなかった。


なお、今さらではあるが、今日のジャイアンツの敗戦と、首位のカープの勝利により、ジャイアンツは今季のセ・リーグ優勝の可能性が消滅した。


(写真:八回裏二死一塁で三振に倒れる四番の阿部慎之助)

続きを読む "これが本当にクライマックスシリーズをかけて戦っているチームなのだろうか!?" »

2017年9月 8日 (金)

見納め…

Adsc_7159
ファイターズの今年最後の東京ドーム主催試合が7日、行われた。敗戦処理。も今年二回目のファイターズ休暇を取得して万難を排して東京ドームに駆け付けた。



試合は、残念ながらファイターズが46で敗れた。噂通りであれば、このユニフォーム姿を生で観る機会が最後になるかもしれない二人にせめて最後に一花と期待したが、大谷翔平中田翔も東京ドームでの最後の打席は四球に終わった。


(写真:八回裏、結果としてこの試合最後の打席となった大谷翔平は四球を選び、一塁に歩く。)

続きを読む "見納め…" »

2017年9月 3日 (日)

ジャイアンツの二軍がホークスの二軍に4戦4勝。

Adsc_6665
この土日、ジャイアンツはジャイアンツ球場にホークスの二軍を迎え、ファーム交流戦を実施している。二日間、日テレG+で生中継していたのでテレビ観戦された方も多かったことだろう。タイトルに書いたようにジャイアンツが連勝。
6月にジャイアンツの二軍がホークスのファームの本拠地であるタマホームスタジアム筑後に遠征して二試合戦った際に続いてジャイアンツが再び二連勝。今年のこのカードの対戦成績はジャイアンツの4勝0敗となった。


敗戦処理。は3日、ジャイアンツ球場で生観戦。ファームの試合では普段、そんなに勝敗という結果を重視していない敗戦処理。だが、ファームとはいえ強いホークスに勝つというのは気分が良いものだ。


(写真:ホークスに快勝し、ファンの声援に応えるジャイアンツの内田順三二軍監督)

続きを読む "ジャイアンツの二軍がホークスの二軍に4戦4勝。" »

2017年8月16日 (水)

しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね

Adsc_4949
この時間は本来なら
15日のよるに生観戦するはずだった神宮球場のスワローズ対ジャイアンツ戦の生観戦記を書くはずだったが、残念ながら雨のために試合開始前に中止になってしまった。


そこでちょっと前の話になるが先週
11日にジャイアンツ球場で観てきたジャイアンツの三軍の試合の観戦記を書く。相手は東海地区大学野球連盟の選抜チーム。ジャイアンツの三軍の対戦相手は独立リーグのチームや、社会人のアマチュアチーム。そして大学生だが、NPBのチームと大学生との試合は3月と8月だけに限定されている。


山の日の祝日だったこともあり、暇なのでジャイアンツ球場まで行ってきた。


(写真:試合終了後、ジャイアンツナインに一礼したあと、三塁側のスタンドに一礼する東海地区大学野球連盟選抜の選手達)

続きを読む "しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね" »

2017年8月 6日 (日)

背番号が変わった人と変わらなかった人、そして変わったはずなのに変わっていない人…。

Adsc_3950
NPBでは
7月末日をもってそのシーズンの補強の類いが終了となる。拙blogでも何点か取り上げたが、締め切り間際になってバタバタと動いた印象があった。育成選手から支配下選手登録への昇格も同じく締め切られた。支配下選手登録を勝ち取ることができなかった育成選手は、少なくとも今季は残りの試合で一軍公式戦に出ることは不可能で、その差は大きい。


今日(6)はその締め切り期限後、初めてイースタン・リーグの試合を生観戦してきた。


(写真:支配下選手登録を勝ち取って背番号が変わった田中貴也<>と育成選手に据え置かれて背番号が三桁のままの高木京介<>) 

続きを読む "背番号が変わった人と変わらなかった人、そして変わったはずなのに変わっていない人…。" »

2017年7月30日 (日)

ジャイアンツ球場に井川慶降臨!しかし井川以上にインパクトが大きかったのは…

Adsc_3101
時系列的には前エントリー菅野智之、力でベイスターズ打線を封じて
81失点で11勝目! よりも前になるのだが、同じ29日の昼間にはジャイアンツ球場でジャイアンツの三軍と独立リーグ、ベースボール・ファースト・リーグ選抜チームとの交流試合を観てきた。NPBのタイガース時代にジャイアンツに立ちはだかった井川慶が予告先発されているので、そしてベースボール・ファースト・リーグの選手を見るのは初めてなので、ジャイアンツ球場に出向いた。


井川だけでなく、凄い選手がベースボール・ファースト・リーグにいた。お得感満載な生観戦になった。


(写真:ジャイアンツの三軍相手に力投するベースボール・ファースト・リーグ選抜の先発・井川慶)

続きを読む "ジャイアンツ球場に井川慶降臨!しかし井川以上にインパクトが大きかったのは…" »

菅野智之、力でベイスターズ打線を封じて8回1失点で11勝目!

Adsc_3387
4月1日の開幕第二戦以来、今日(29)は約四か月ぶりにジャイアンツの一軍の試合を生で観た。別に弱いから足が球場に向かわなかった訳ではない。相変わらずチケットが入手困難なのに加え、なかなか予定が取れなかった。結局、いつ行っても観戦できるファームの試合観戦が多くなった。



三塁側内野B指定席といってもほとんどレフト寄り。四方八方をベイスターズファンに囲まれながらの生観戦だったが、先行逃げ切り、菅野智之の熱投、粘投でベイスターズ打線を封じ、51で快勝してくれた。


(写真:8イニングを暴投による1失点に抑える好投をした菅野智之)

続きを読む "菅野智之、力でベイスターズ打線を封じて8回1失点で11勝目!" »

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック