フォト
無料ブログはココログ

2018年8月14日 (火)

清宮幸太郎が2本のタイムリー~約四ヶ月半ぶりの鎌スタは一つを除いて変わらない鎌スタだった。

Adsc_9908

Acscn0162
今日(14)は久々にファイターズスタジアムに行ってきた。復帰後初の鎌ヶ谷での出場となった清宮幸太郎が2本のタイムリーを放ち、東京大学出身で話題のルーキー宮台康平が先発して5イニングを無失点に抑えるなど、ファイターズファン目線で観れば、珍しく安心して観ることが出来る試合だった。スコールタイムにアイドルタレントの来場と、いかにもこの時期の鎌スタらしかった。諸々あって約四ヶ月半ぶりの鎌スタ観戦となった敗戦処理。だが、充分に堪能できた。


(写真上:第一打席で先制タイムリーを放った清宮幸太郎。写真下:鎌スタ名物“スコールタイム”)

続きを読む "清宮幸太郎が2本のタイムリー~約四ヶ月半ぶりの鎌スタは一つを除いて変わらない鎌スタだった。" »

2018年8月 5日 (日)

まだ残る4/18 8点差大逆転負けのトラウマ。快勝の試合が一転…あわや渡辺美里LIVE中止寸前!?

Adsc_9607
一応、ファイターズが三連勝すれば首位浮上の可能性もあったライオンズとの首位攻防戦。初戦に手痛いミスで逆転負けを喫したファイターズとしては負けられない第二戦。二年ぶりにライオンズの本拠地に観戦に出かけた。


というのは建前で、渡辺美里が国歌独唱をするというので聴きに行ったようなものだ。


試合はファイターズ打線が効果的に得点を重ね、本来なら快勝の試合なのに、418日にこのメットライフドームで8対0とリードした試合を八回裏から逆転されたトラウマがあるからか、一塁側内野席という比較的ファイターズファンが多い場所で観ていても最後までハラハラドキドキの試合となった。


石川直也がいない今、最後までリードを守り切れるかだけでなく、試合が22時を超えたら試合後の渡辺美里LIVEが中止になってしまう恐れがあったからだ…。


(写真:八回表にリードを6点に拡げる本塁打を放つオズワルド・アルシア。普通ならこれでほぼ勝ちが見えてくるのだが…。因みに蒸し暑いからユニフォームを脱いでいる訳ではない…)

続きを読む "まだ残る4/18 8点差大逆転負けのトラウマ。快勝の試合が一転…あわや渡辺美里LIVE中止寸前!?" »

2018年7月23日 (月)

あと九日間、あと三人。ジャイアンツで支配下選手登録目指す松原聖弥が猛アピール!

Adsc_9254
約二ヶ月ぶりに生観戦に行ってきた。ジャイアンツファンとしては一軍の現実逃避を兼ねて
<苦笑>、ファイターズファンとしては首位浮上の可能性のある試合を放り出して二軍の熱戦を選んだ。


ジャイアンツはイースタン・リーグで首位を快走中だが、首位快走はもとより、あと九日間、731日が期限となる今季中の支配下選手登録を目指してアピールする選手のプレーもこの時期は見所。ジャイアンツは現在支配下選手の人数が67人で、上限の70人まであと3人の余裕がある。


日付が変わってしまったが、今日(22)のファイターズ戦では育成選手二年目の松原聖弥が猛アピールした。


(写真:ヒーローインタビューでマイクを向けられるジャイアンツの育成選手、松原聖弥。)

続きを読む "あと九日間、あと三人。ジャイアンツで支配下選手登録目指す松原聖弥が猛アピール!" »

2018年5月26日 (土)

山口鉄也、復活への道険し…!?

Adsc_8621
先週はジャイアンツの三軍戦を観たが、今日
(26)は二軍戦をジャイアンツ球場で観てきた。対ゴールデンイーグルス戦ということで、もはやおなじみとなったゴールデンイーグルスの攻撃時に延々と応援歌を歌い続けるゴールデンイーグルスファンの歌声が響く中、ジャイアンツは一軍経験豊富な投手が失点を重ねて残念な敗北を喫した。


(写真:左対左となる枡田慎太郎にライトオーバーのツーランを打たれ、呆然とライトスタンドに視線を送る山口鉄也。後方は二、三塁間を走る枡田。)

続きを読む "山口鉄也、復活への道険し…!?" »

2018年5月19日 (土)

元祖“勝利の方程式”がジャイアンツ球場に帰ってきた!

Adsc_7598
勝ちパターンの展開で終盤につぎ込む継投策を“勝利の方程式”と呼ぶようになって久しいが、これは誰が誰のことを“勝利の方程式”と称したのが最初か記憶しているだろうか?


今日(19)はジャイアンツ球場にジャイアンツの三軍とベースボール・ファースト・リーグ(BFL)選抜の交流戦を観に行ってきた。死球による左手甲骨折で戦列を離れていた陽岱鋼が実戦に復帰するとあって陽岱鋼目当ての女性ファンが一塁側に集まった試合だったが、敗戦処理。にとっては懐かしい元祖“勝利の方程式”を観た感慨の深さも印象に残る生観戦となった。


(写真:復帰第一戦でいきなり先頭打者本塁打を放つ陽岱鋼。この後、第二打席にも連続本塁打を放つなど4打数4安打と元気さをアピール。)

続きを読む "元祖“勝利の方程式”がジャイアンツ球場に帰ってきた!" »

2018年5月16日 (水)

あのライオンズ打線相手に二日連続完封勝利!

Acsc_7451
最後まで勝てると確信を持てなかった。ライオンズを相手に二日連続で完封勝ち出来る訳ないだろう。もっと点を取れよ。そんな不満と不安を抱きながら終盤の攻防を祈るような思いで今日(16)も現地で生観戦していたが、何とか凌ぎきった。上沢直之、渾身の133球完封勝利。八回から継投か。投球数が100球を超えたから九回はマイケル・トンキンかといろいろな可能性を頭の中で妄想していたが、ファイターズベンチは最後まで上沢に託した。


10でファイターズがライオンズを下した。


(写真:九回二死一、三塁。あと一人となったところで入念な打ち合わせをする上沢直之と清水優心)

続きを読む "あのライオンズ打線相手に二日連続完封勝利!" »

2018年5月15日 (火)

8点あっても勝てないが2点でも勝てた。

Adsc_7082
今日(15)は今年二回目のファイターズ休暇を取得して東京ドームで対ライオンズ戦を生観戦してきた。一時の破壊力と比べるとやや下降気味にも思えるが、何と言っても前回の対戦では8点のリードを八回と九回の2イニングでひっくり返されただけに、今日はどうすれば勝てるのかと思案しながらの球場入りだった。


だが、先発のニック・マルティネスが毎回走者を出しながらも粘り強く0行進を続け、打線がワンチャンスで2点を挙げて逃げ切った。


清宮幸太郎の安打を生で観るのも初めてだったし、良い観戦となった。


(写真:七回裏に先制本塁打を放ち、好例の寿司ポーズを見せながら三塁を回るブランドン・レアード)

続きを読む "8点あっても勝てないが2点でも勝てた。" »

2018年5月 4日 (金)

ヤングマン、ほら見えるだろう君の行く先に楽しめる事があるんだから? 

Adsc_6260
今日(4日)はジャイアンツ球場に行ってきた。敗戦処理。にとってはオイシイ、贔屓の両チームを一度に見ることが出来る対戦。清宮幸太郎が一軍に上がったのでまったり生観戦出来るかと思われたが、そうは言ってもゴールデンウイーク。『GIIキッズデー』と銘打って主に中学生以下の子供たちを対象にしたファンサービスを企画していたこともあって2800人を越す入場者が集まり、スタンドの最上段には立ち見のファンがあふれるほどの賑わいとなった。


試合も内海哲也、テーラー・ヤングマンが好投してジャイアンツファンには見応えのある試合となった。


(写真:二番手で登板したジャイアンツの五人目の外国人選手、テーラー・ヤングマン)

続きを読む "ヤングマン、ほら見えるだろう君の行く先に楽しめる事があるんだから? " »

2018年4月 8日 (日)

敗因ははっきりしている。

Adsc_5977
このタイトルですべてわかると思う。今日(8)も東京ドームでファイターズ対マリーンズ戦を生観戦してきた。


先発の加藤貴之2失点したとはいえ粘り強く投げ、リリーフ陣もよくピンチを凌いでいたが、打線に決め手がない。特に、打線の中心、四番の中田翔が今日の試合ではことごとく期待を裏切った。


(写真:十回浦無死一塁からこの試合二本目の併殺打に終わった中田翔)

続きを読む "敗因ははっきりしている。" »

2018年4月 7日 (土)

斎藤佑樹、5点のリードをもらうも被安打0ながら8与四死球の怪投で四回途中降板。今年も変わらないのか…!?

Adsc_5258
昨日に続き、今日(7)も東京ドームでファイターズ対マリーンズ戦を生観戦してきた。昨日の拙blogニック・マルティネス、119球完投勝利。“直接対決”制して4連勝でファイターズが553日ぶり貯金生活! の最後に“
明日は佑ちゃんとハイタッチをしたい!”と書いて、打線の援護で三回までに615点のリードをもらったのでそれが実現するかと期待できる試合展開になったが、肝心の斎藤佑樹本人がピリッとせず、四回途中、この試合早くも8個目の与四死球で二死満塁となったところで交代を告げられ、ヒーローどころか勝利投手の権利を手中にできなかった。


その後のリリーフ投手たちも慎重に行き過ぎるのか制球難なのか、斎藤を含めて合計で12与四死球という乱調ぶりだったが、打線が6本塁打を放って追加点を奪い、96で逃げ切ることができた。


それにしても、勝ったから良いもののなんちゅう試合だ…。


(写真:四回裏に8個目の与四死球で二死満塁となったところで降板を告げられた斎藤佑樹)

続きを読む "斎藤佑樹、5点のリードをもらうも被安打0ながら8与四死球の怪投で四回途中降板。今年も変わらないのか…!?" »

より以前の記事一覧

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック