フォト
無料ブログはココログ

2019年1月 2日 (水)

岡本和真、ブレークへの第一歩-【回想】敗戦処理。生観戦録-第45回 2018年(平成30年)編

Adsc_4459
敗戦処理。が初めて日本のプロ野球を生観戦した1974年(昭和49年)から、その年の生観戦で最も印象に残った生観戦を選んで書き起こすこのコーナーも、一通り書き上げたので、年に一回、その前年の生観戦を振り返って書くスタイルになっている。今回は昨年2017(平成29)の生観戦の中から最も印象に残っている試合をあらためて振り返る。敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each year


1974(昭和49)に初めてプロ野球を生観戦した敗戦処理。はその後毎年、途切れることなく数試合から十数試合を生観戦しています。そこで一年単位にその年の生観戦で最も印象に残っている試合を選び出し、その試合の感想をあらためて書いていきたいと思います。年齢不詳の敗戦処理。ですが同年代の日本の野球ファンの方に「そういえば、あんな試合があったな」と懐かしんでもらえれば幸いです。


【回想】敗戦処理。生観戦録- my only one game of each year44回 2018(平成30)


(写真:八回裏にとどめの3点本塁打を放つ岡本和真。史上最年少の打率3割、30本塁打、100打点の1本目の本塁打。 2018年3月撮影)

続きを読む "岡本和真、ブレークへの第一歩-【回想】敗戦処理。生観戦録-第45回 2018年(平成30年)編" »

2018年11月24日 (土)

名球会ベースボールフェスティバル2018-名球会は何処へ行く!?

Adsc_5671
日本プロ野球名球会は23日に総会を開き、今季、日米合わせても史上二人目となる100勝、100セーブ、100ホールドを達成した上原浩治に名球会会員としての資格を与えるか議論したが、結論は出なかった。名球会は当初、昭和生まれの日本のプロ野球選手で通算200勝または通算2000本安打を達成した選手を会員としていたが、これに通算250セーブ以上という基準を加え、さらに日本プロ野球をスタートとして日米合算でも各基準を満たせばOKとした。


そんな日本プロ野球名球会が結成40周年を記念して24日、東京ドームで名球会ベースボールフェスティバル2018を行った。野球教室などの後に行われたパ・リーグ出身選手とセ・リーグ出身選手に分けての対抗戦を敗戦処理。は見物した。ミスタープロ野球の姿がなかったのが残念だが、選手たちが名球会のユニフォームでなく、最初に入団した球団のユニフォームで、かつ最初の背番号でプレーをしてくれ、観ていて楽しかった。


(写真:ジャイアンツのユニフォームを着て左打席で一本足打法を披露する王貞治。これが観たいから三塁側に陣取った。)

続きを読む "名球会ベースボールフェスティバル2018-名球会は何処へ行く!?" »

2018年9月30日 (日)

やれば出来るじゃないか!-ジャイアンツが東京ドーム最終戦で天敵カープを相手に辛うじて一矢報いる。

Adsc_5189
今日(30日)は台風24号の接近がわかっていながら、チケットを獲った以上は東京ドームに向かった。相手は天敵カープで、セ・リーグの最多勝利確定と思える16勝目をかけて大瀨良大地が投げてくる。ジャイアンツに勝ち目はほぼ無いかと思ったけれど珍しく最終回に粘りを見せて逆転サヨナラ勝ち。試合後に行われた杉内俊哉の引退セレモニーと合わせて、良い試合を観ることが出来た。今季の生観戦予定はこれで最後。最高の締めくくりとなった。


(写真:東京ドーム最終戦を飾るサヨナラ安打を放った長野久義を祝福するジャイアンツナイン)

続きを読む "やれば出来るじゃないか!-ジャイアンツが東京ドーム最終戦で天敵カープを相手に辛うじて一矢報いる。" »

2018年9月24日 (月)

そこに安田尚憲はいなかった…

Adsc_4290
昨日の鎌ケ谷に続き、今日
(23)はジャイアンツ球場に行ってきた。もちろんジャイアンツの試合を観に行くのだが、観戦予定を組んだ時にはまだ生で観たことのないマリーンズのドラフト1位ルーキー、安田尚憲目当てでこの試合を選んだと言っても良かった。予定を組んだ時には二日間でスワローズのドラフト1位ルーキー、村上宗隆と安田を観ようと目論んだのだが、どちらも観ることが出来なかった。


試合そのものはジャイアンツとマリーンズの両先発の好投で引き締まった好ゲームとなったが目当てを観ることが出来ずにいささか残念だった。

続きを読む "そこに安田尚憲はいなかった…" »

2018年9月23日 (日)

鎌ケ谷は秋…

Adsc_3692
約一ヶ月ぶりに鎌ケ谷に行った。今日
(22)からの三連休、ファイターズスタジアムでは今季最後の公式戦が行われる。その初日、敗戦処理。が開場前にスタジアムに着いた時には小雨が降っていたが、開場時には雨が止み、試合中には一時的には強い日差しも。ただ、9月の下旬。当然ながら秋を感じさせられた。


(写真:先制本塁打を含む3安打の活躍でこの試合のMVPに選ばれ、ゲストのNGT48・長谷川玲奈、山崎美里衣と記念撮影に収まる森本龍弥。)

 

続きを読む "鎌ケ谷は秋…" »

2018年9月16日 (日)

2018年度巨人軍新人テスト

Adsc_3101
15
日の対ベイスターズ戦に敗れ、計算上今季のセ・リーグ優勝の可能性が消滅したジャイアンツ。それでもまだ諦めきれないのか、この期に及んで入団テストを行った…。


というのはもちろんジョークで、毎年恒例の新人テスト。当初は昨日15日に行われる予定であったが、その前日の14日からの天候不良で14日の時点で15日から今日16日への延期が決まった。


ジャイアンツの球団公式HPによると、85人が新人テストに参加し、内9人が合格したという。来月行われるドラフト会議で指名されればジャイアンツの一員になるチャンス。


(写真:全てのテストを終え、合否の説明を受ける受験者達)

続きを読む "2018年度巨人軍新人テスト" »

2018年9月 9日 (日)

潮崎哲也ライオンズ二軍監督、試合中に試合そっちのけで降板した投手にお説教!?

Adsc_2567

Cdsc_2558_2
日本のプロ野球の試合を球場で観始めて四十年以上になるが、今日(8日)はジャイアンツ球場で行われたジャイアンツ対ライオンズ戦でとても珍しいものを観た。


三回裏、先発のファビオ・カスティーヨが二者連続四球の後、松澤裕介にもカウントがツーボールナッシングになったところで潮崎哲也二軍監督が通訳を伴ってマウンドへ。スタンドから見ていても、アドバイスをしているというよりは注意をしている様な感じに思えたが、カスティーヨがなかなか納得しない様子。すると潮崎監督は業を煮やしたかのように市川貴之球審に投手交代を告げた。カスティーヨは渋々マウンドを降りる感じだったが潮崎監督の説教<!?>は降板後も続き、二番手の玉村祐典と松澤の対戦が再開されても試合そっちのけで三塁ベンチ内で潮崎監督による説教は止まらなかった。


結局、玉村が松澤を打ち取ってチェンジになるまでベンチでの説教は続いた。潮崎監督は一体何を怒っていたのだろうか?


(写真:降板させたファビオ・カスティーヨになおもお説教!?を続ける潮崎哲也二軍監督。グラウンドでは既に試合再開。)

続きを読む "潮崎哲也ライオンズ二軍監督、試合中に試合そっちのけで降板した投手にお説教!?" »

2018年8月25日 (土)

熱中症には注意しましょう!

Adsc_1928
一軍のホークス戦連敗生観戦から中一日。今日(25)はファイターズスタジアムに、個人的に思い入れのある両球団の対戦を観に行ってきた。おそらく、今年最後の炎天下での野球生観戦。


この夏の異常な気象の影響で甲子園大会の高校球児やスタンドで応援する生徒たちを含めて健康問題がいろいろと議論されたが、今日の鎌ヶ谷も半端なく暑かった。今月の14日にこの鎌ヶ谷で生観戦したばかりなので、クソ暑くても何とかなるだろうと甘く見ていたが、その時以上の暑さに加え、試合内容の酷さも加わり、生まれて初めて、野球観戦で熱中症にかかるのではないかと、マジで不安になった。


(写真:観客に熱中症対策を注意喚起するメッセージを流す鎌スタビジョン。メッセージだけでなく得点表示にも注目。トホホ…。この後、さらに得点が入り、余計に…。)

続きを読む "熱中症には注意しましょう!" »

2018年8月24日 (金)

ついに2位から陥落…。-8/23東京ドーム主催試合最終戦生観戦記

Adsc_1559
ファイターズは23日にもホークスに敗れ、ついに2位から陥落。ホークスと入れ替わって3位に落ちた。もともと地力に勝るホークスがようやく本調子を出し、下降期のファイターズがしてやられた。


あのまま2位(以上)に居続けられるほど甘くはないと覚悟はしていたものの実際にその様子を生で観ると辛いものがある。21日に静岡草薙球場に足を運ばれたファンの方には申し訳ないが、結果的には東京ドームで三連敗でなくてまだよかったとすら思える。


(写真:今宮健太の勝ち越し二塁打に次いで、柳田悠岐にも2点タイムリーを浴び、本塁のバックアップに走るマイケル・トンキン)

続きを読む "ついに2位から陥落…。-8/23東京ドーム主催試合最終戦生観戦記" »

2018年8月22日 (水)

【三重苦】ユニフォーム貰えない!清宮幸太郎の本塁打に間に合わない!あげくに九回大逆転負け…。

Adsc_1028
タイトルの通りである。明日23日の東京ドーム主催試合最終戦に万全を期して生観戦するためにファイターズ休暇を申請しており、その反動で今日(22)仕事を集中させた結果、仕事場を出発するのが遅れ、そのためにファンクラブ会員来場者先着6,000名にプレゼントの“北海道スカイブルーユニフォーム”を貰えず、入場したら清宮幸太郎渡邉諒に本塁打が出て逆転した後だったし、そしてそれでも勝てば清宮とハイタッチ出来るかもと想像していたら、九回表に逆転されてしまって逆転負け。


そしてファイターズは明日も負けるとホークスに2位の座を明け渡すことになる。



(写真:ジュリスベル・グラシアルの逆転本塁打の後、とどめを刺すかのように2点本塁打を放ってベンチ前で熱男ポーズを見せる松田宣浩と,手前は2被弾した浦野博司に降板を告げにマウンドに上がる吉井理人投手コーチと捕手の鶴岡慎也)

続きを読む "【三重苦】ユニフォーム貰えない!清宮幸太郎の本塁打に間に合わない!あげくに九回大逆転負け…。" »

より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック