フォト
無料ブログはココログ

2018年10月21日 (日)

沢田研二と川崎球場

Adsc0000_20181021150126
今週の
19日はあの『10.19』からちょうど30年後に当たるということで、今は富士通スタジアム川崎と名前を変えた旧川崎球場で当時を懐かしむイベントが開催された。


30年前の1019日に行われたロッテオリオンズ対近鉄バファローズのダブルヘッダーは対戦相手のバファローズが2連勝すればリーグ優勝を決めるということで超満員となり、試合内容も期待以上の大熱戦で30年経った今でも野球ファンに語り継がれる伝説となっているが、普段のオリオンズの主催試合ではお客さんがあまり入らず閑古鳥が鳴いていた。


一方、17日にさいたまスーパーアリーナで行われる公演を『契約上の理由』で開演直前に中止にした歌手の沢田研二が翌18日に報道陣の取材に応じ、公演中止の理由を観客の少なさが理由だったことを明かした。


観客が少ないといえば川崎球場。元タイガースの沢田研二が少ないと怒った7000人という人数。当時の元オリオンズの主催試合では7000人も入ればまずまずだった!?

続きを読む "沢田研二と川崎球場" »

2018年10月 6日 (土)

巨人軍史上最高のリリーバー山口鉄也が引退

Adsc_0094
5日、ジャイアンツの山口鉄也が今季限りでの現役引退を表明した。育成選手契約から這い上がってジャイアンツには欠かせない左のセットアッパーとして活躍。
2008年から2016年まで9年連続して60試合以上に登板した鉄腕リリーバーだった。


リリーフ投手というくくりで考えれば、80年を超えるジャイアンツの歴史の中で最高の投手だったと敗戦処理。は思う。


お疲れ様、そしてありがとう、山口鉄也投手。


(写真:現役引退を表明した山口鉄也。201210月撮影)

続きを読む "巨人軍史上最高のリリーバー山口鉄也が引退" »

2018年10月 5日 (金)

巨人、高橋由伸監督が辞任。

Adsc_3963
3日、ジャイアンツの山口寿一オーナーが、高橋由伸監督が不成績を理由に辞任を申し出て、了承した旨を報道陣に発表した。


高橋監督に関しては就任に至る経緯に同情の余地はあるものの、この世界はやはり結果がすべて。今季も4日現在でクライマックスシリーズ進出の望みがあり、日本シリーズ制覇の可能性があるものの就任以来三年連続で優勝を逃している。監督一人の責任とは思えないが、やむを得ない判断だと思う。

続きを読む "巨人、高橋由伸監督が辞任。" »

2018年9月30日 (日)

やれば出来るじゃないか!-ジャイアンツが東京ドーム最終戦で天敵カープを相手に辛うじて一矢報いる。

Adsc_5189
今日(30日)は台風24号の接近がわかっていながら、チケットを獲った以上は東京ドームに向かった。相手は天敵カープで、セ・リーグの最多勝利確定と思える16勝目をかけて大瀨良大地が投げてくる。ジャイアンツに勝ち目はほぼ無いかと思ったけれど珍しく最終回に粘りを見せて逆転サヨナラ勝ち。試合後に行われた杉内俊哉の引退セレモニーと合わせて、良い試合を観ることが出来た。今季の生観戦予定はこれで最後。最高の締めくくりとなった。


(写真:東京ドーム最終戦を飾るサヨナラ安打を放った長野久義を祝福するジャイアンツナイン)

続きを読む "やれば出来るじゃないか!-ジャイアンツが東京ドーム最終戦で天敵カープを相手に辛うじて一矢報いる。" »

2018年9月24日 (月)

そこに安田尚憲はいなかった…

Adsc_4290
昨日の鎌ケ谷に続き、今日
(23)はジャイアンツ球場に行ってきた。もちろんジャイアンツの試合を観に行くのだが、観戦予定を組んだ時にはまだ生で観たことのないマリーンズのドラフト1位ルーキー、安田尚憲目当てでこの試合を選んだと言っても良かった。予定を組んだ時には二日間でスワローズのドラフト1位ルーキー、村上宗隆と安田を観ようと目論んだのだが、どちらも観ることが出来なかった。


試合そのものはジャイアンツとマリーンズの両先発の好投で引き締まった好ゲームとなったが目当てを観ることが出来ずにいささか残念だった。

続きを読む "そこに安田尚憲はいなかった…" »

2018年9月23日 (日)

鎌ケ谷は秋…

Adsc_3692
約一ヶ月ぶりに鎌ケ谷に行った。今日
(22)からの三連休、ファイターズスタジアムでは今季最後の公式戦が行われる。その初日、敗戦処理。が開場前にスタジアムに着いた時には小雨が降っていたが、開場時には雨が止み、試合中には一時的には強い日差しも。ただ、9月の下旬。当然ながら秋を感じさせられた。


(写真:先制本塁打を含む3安打の活躍でこの試合のMVPに選ばれ、ゲストのNGT48・長谷川玲奈、山崎美里衣と記念撮影に収まる森本龍弥。)

 

続きを読む "鎌ケ谷は秋…" »

2018年9月 1日 (土)

月間最多登板記録達成のヘロニモ・フランスアと山田修義は“稲尾に並んだ”のか!?

Adsc_0010
8
31日の対ライオンズ戦にリリーフで登板したバファローズの山田修義8月に入ってからの登板試合数が18試合となり、故稲尾和久さん、益田直也、そして前日に同じ記録を達成したカープのヘロニモ・フランスアに並ぶ月間最多貴登板記録の日本タイ記録を達成した。


フランスアも山田もショートリリーフとしてチームに欠かせない存在になっている投手ではあるが、記録保持者の中に“神様・仏様・稲尾様”と称されたあの稲尾和久さんの名前があるだけに“稲尾に並んだ”と讃えるメディアまである。


確かに記録上は同じ月間18試合登板ではあるが,安直に稲尾和久さんに並んだと書くのは如何なものかと思う。


(写真:山田修義を月間最多登板記録となる18試合に起用したバファローズの福良淳一監督。コーチ時代の20133月撮影)

続きを読む "月間最多登板記録達成のヘロニモ・フランスアと山田修義は“稲尾に並んだ”のか!?" »

2018年8月24日 (金)

ついに2位から陥落…。-8/23東京ドーム主催試合最終戦生観戦記

Adsc_1559
ファイターズは23日にもホークスに敗れ、ついに2位から陥落。ホークスと入れ替わって3位に落ちた。もともと地力に勝るホークスがようやく本調子を出し、下降期のファイターズがしてやられた。


あのまま2位(以上)に居続けられるほど甘くはないと覚悟はしていたものの実際にその様子を生で観ると辛いものがある。21日に静岡草薙球場に足を運ばれたファンの方には申し訳ないが、結果的には東京ドームで三連敗でなくてまだよかったとすら思える。


(写真:今宮健太の勝ち越し二塁打に次いで、柳田悠岐にも2点タイムリーを浴び、本塁のバックアップに走るマイケル・トンキン)

続きを読む "ついに2位から陥落…。-8/23東京ドーム主催試合最終戦生観戦記" »

2018年8月22日 (水)

【三重苦】ユニフォーム貰えない!清宮幸太郎の本塁打に間に合わない!あげくに九回大逆転負け…。

Adsc_1028
タイトルの通りである。明日23日の東京ドーム主催試合最終戦に万全を期して生観戦するためにファイターズ休暇を申請しており、その反動で今日(22)仕事を集中させた結果、仕事場を出発するのが遅れ、そのためにファンクラブ会員来場者先着6,000名にプレゼントの“北海道スカイブルーユニフォーム”を貰えず、入場したら清宮幸太郎渡邉諒に本塁打が出て逆転した後だったし、そしてそれでも勝てば清宮とハイタッチ出来るかもと想像していたら、九回表に逆転されてしまって逆転負け。


そしてファイターズは明日も負けるとホークスに2位の座を明け渡すことになる。



(写真:ジュリスベル・グラシアルの逆転本塁打の後、とどめを刺すかのように2点本塁打を放ってベンチ前で熱男ポーズを見せる松田宣浩と,手前は2被弾した浦野博司に降板を告げにマウンドに上がる吉井理人投手コーチと捕手の鶴岡慎也)

続きを読む "【三重苦】ユニフォーム貰えない!清宮幸太郎の本塁打に間に合わない!あげくに九回大逆転負け…。" »

2018年8月20日 (月)

夏の甲子園大会100回大会はそんなに大騒ぎするほどのことなのだろうか?

Adscn0032
これから決勝戦を控えるタイミングで書くのもナンだが、今年は夏の大会が第100回に当たるということで、出場校数を増やしたほか、開会式直後の初日の第一試合に松井秀喜が始球式を務めたのを始め、連日、過去の大会で印象的な活躍をしたOB達がレジェンドとして招かれ、始球式を務めるなど盛大に100回目の大会として盛り上げられている。マスコミもこれまでの歴史を振り返るなど節目の年のイベントを盛り上げるのに一役買っていた。


しかし、へそ曲がりな敗戦処理。は大いなる違和感を覚えた。

続きを読む "夏の甲子園大会100回大会はそんなに大騒ぎするほどのことなのだろうか?" »

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック