フォト
無料ブログはココログ

2018年6月16日 (土)

ジャイアンツの篠原慎平と河野元貴が謹慎処分に。

Adsc_1864_2
ジャイアンツの篠原慎平投手と河野元貴捕手が
13日、「私生活においても社会的に批難されるような不品行な行為は一切してはならない」との球団規則に違反する行為があったとして球団から当面の謹慎処分を受けた。


両選手は
10日の信哉から翌11日未明に賭けて都内の飲食店の個室で知人の男女10人で飲食をし、その席で篠原が全裸になり、河野がそれを撮影して自身のインスタグラムにフォロワー限定とはいえ公開したという。事実関係を確認後、正式処分が下される。


河野は開幕から一軍登録されていたが、この13日に出場選手登録を抹消された。

 

(写真:私生活において不品行な行為があったとして謹慎処分を受けた河野元貴。篠原慎平とのツーショット写真を探したが、篠原が入団した2015年まで遡ったものの見当たらず…。20183月撮影)

続きを読む "ジャイアンツの篠原慎平と河野元貴が謹慎処分に。" »

2018年6月14日 (木)

【六月恒例】阪急阪神ホールディングス株主総会珍問答

Acsc_0211
早いもので今年もこの季節がやってきた。六月というと梅雨と株主総会。NPB十二球団の株式は親会社企業などが所有していて一般の投資家にわたることはないが、その親会社企業が上場していれば一般の投資家にも公開され、株主総会で俎上に載せられることもある。なかでも阪神タイガースは阪急阪神ホールディングスの傘下にあることから、近年では投資家、というよりタイガースに一言物申したいという理由で株式を取得して株主総会に参加していると思われる株主たちからおよそ建設的でない発言がなされる。


マスコミは面白おかしく取り上げるが、個人的には目立ちたがり屋を助長するだけなのであまり取り上げないで欲しいと願っている。今年はついに一般の投資家から「株主総会でタイガースの話はやめてください。それは阪神ファンだけ集めて別でやってください」との要望が出たという。

続きを読む "【六月恒例】阪急阪神ホールディングス株主総会珍問答" »

2018年6月12日 (火)

“その後”の鳥谷敬。

Adsc_4469
5
29日の対ホークス戦に不出場となり、連続試合出場記録が1939試合連続で止まったタイガースの鳥谷敬。成績が成績だっただけにいつ記録を止められても仕方がない状況ではあったものの金本知憲監督の後押しもあって辛うじて連続試合出場記録を続けていたが、ついにストップしたという感じだった。


だが、鳥谷は翌30日から再び連続試合出場をし始めている。今日のファイターズ戦こそ2打数0安打1四球に終わったが記録中断後の10試合に連続出場で23打数8安打、打率にして.348と記録継続中の末期の不成績とは別人のように好成績を挙げている。

続きを読む "“その後”の鳥谷敬。" »

2018年5月25日 (金)

野球界は日本大学アメリカンフットボール部の問題を笑えない…!?

Adsc_01
日本大学アメリカンフットボール部の選手が関西学院大学との定期戦で相手選手へのルールを明らかに逸脱した“殺人タックル”とまで言われる過剰で危険なタックルで負傷させた問題が連日大々的に報じられている。


監督やコーチがあのような危険なプレーの指示をするものなのか、選手の拡大解釈によるものだったのか?また、日本大学側の事後の対応に首をかしげざるを得ない点が多く、なかなか収束の兆しも見えない。



アメリカンフットボールのことはほとんどわからない敗戦処理。だが、野球ファンとして日大アメリカンフットボール部の対応のお粗末さを笑う気にはなれない…。

続きを読む "野球界は日本大学アメリカンフットボール部の問題を笑えない…!?" »

2018年5月21日 (月)

鳥谷敬の“Xデー”

Adsc_4417
衣笠祥雄
さんに次ぐ日本プロ野球歴代2位の連続試合出場記録を続けているタイガースの鳥谷敬にいよいよ記録ストップの危機が訪れている。今季は二塁手にコンバートされて開幕を迎えたが、打撃は絶不調、守備も不慣れなせいか時折チームの足を引っ張るシーンが散見される有様。金本知憲監督が記録継続に好意的でスターティングメンバーから外した試合でもどこかしら出場機会を見つけて21日現在で連続試合出場記録は1934試合と続いているが、チーム自体、20年ぶりとなる12試合連続一桁安打と全体的に貧打からの脱却が必要な状況になり、いよいよ“Xデー”が近づいてきた感じだ。


◆  金本監督 鳥谷と緊急会談へ 連続試合出場ピンチ…「本人と話さないといけない」
2018521日デイリースポーツ


(写真:ネクストバッターズサークルで待機する鳥谷敬 20183月撮影)

続きを読む "鳥谷敬の“Xデー”" »

2018年5月19日 (土)

元祖“勝利の方程式”がジャイアンツ球場に帰ってきた!

Adsc_7598
勝ちパターンの展開で終盤につぎ込む継投策を“勝利の方程式”と呼ぶようになって久しいが、これは誰が誰のことを“勝利の方程式”と称したのが最初か記憶しているだろうか?


今日(19)はジャイアンツ球場にジャイアンツの三軍とベースボール・ファースト・リーグ(BFL)選抜の交流戦を観に行ってきた。死球による左手甲骨折で戦列を離れていた陽岱鋼が実戦に復帰するとあって陽岱鋼目当ての女性ファンが一塁側に集まった試合だったが、敗戦処理。にとっては懐かしい元祖“勝利の方程式”を観た感慨の深さも印象に残る生観戦となった。


(写真:復帰第一戦でいきなり先頭打者本塁打を放つ陽岱鋼。この後、第二打席にも連続本塁打を放つなど4打数4安打と元気さをアピール。)

続きを読む "元祖“勝利の方程式”がジャイアンツ球場に帰ってきた!" »

2018年5月13日 (日)

ジャイアンツが東京ドームでの入場者数最多記録(実数発表以降)を更新。

Cdsc_9870_2017
ジャイアンツは11日の対ドラゴンズ戦で、2005年からの実数発表になって以来の東京ドームにおける入場者数の最多記録を更新した。


この日の入場者数は46,855人で、2005年から実数発表されるようになってこれまで最多だった2012712日の対カープ戦で記録した46,831人を抜いて最多記録となった。


今季のジャイアンツは上原浩治の復帰登板が事前に告知された320日の対ファイターズ戦でオープン戦としては最多の46,297人の入場者数を記録したのを始め、開幕戦、開幕カード三連戦の合計とことごとく東京ドームにおける2005年以降の最多入場者数記録を更新している。


何とも景気の良い話題だが、そうなると気になるのは概算で水増し発表がまかり通っていたといわれる2004年までのホントの入場者数と比べてどうだったのだろうか?ということ。


(写真:昨年の東京ドーム最終戦で発表されたジャイアンツの年間の主催試合総入場者数。昨年は一試合平均で残念ながら前年比▲49人と前年割れだったが…)

続きを読む "ジャイアンツが東京ドームでの入場者数最多記録(実数発表以降)を更新。" »

2018年5月 9日 (水)

清宮幸太郎のデビュー戦からの7試合連続安打は新人選手の日本新記録ではない。

Acsc_1054
今日(9日)の対バファローズ戦で二回表に先制弾となるプロ入り初本塁打を放った清宮幸太郎2日のデビュー戦からの連続試合安打記録を7と伸ばした。チームの先輩である淺間大基らの高校卒ルーキーのデビュー戦からの5試合連続安打を抜き、原辰徳ら高校卒即入団でないルーキーの6試合連続安打に並んでいたから、今日の7試合連続安打でドラフト制度導入後の新人選手のデビュー戦からの連続試合安打の新記録達成と一部のメディアが騒ぎ立てるかもしれないが、これは正確な表現ではない。7試合連続安打ではドラフト制度導入後に限定しても新人選手のデビュー戦からの連続試合安打記録にはならない。

続きを読む "清宮幸太郎のデビュー戦からの7試合連続安打は新人選手の日本新記録ではない。" »

2018年5月 8日 (火)

上原浩治をジャイアンツで“監督付き特別補佐”にしてはどうか?

Cdsc_4409
復帰が決まった時には救世主扱いされていたジャイアンツの上原浩治だが、セットアッパーとして連続で失敗すると、一軍登録のままチームに胎動して再調整している様だが、点差が開いた二試合だけの登板にとどまり、4日の対ベイスターズ戦の様に0対0のまま延長十二回まで行くような試合では声がかからない。


ならば一軍とは離れて本格的に再調整するか、そこまで酷くないのなら負担の軽いビハインドの試合で投げさせればと思うが、高橋由伸監督は上原のプライドに配慮しているのか、どちらの措置も講じない。


個人的には上原が年間を通してフル回転してくれるとは元々思っていなかったので、調子が上がらないなら上がらないなりに何らかの措置を講じれば良いと考えているのだが、ことはそう簡単にはいかない様だ。


(写真:二度の連続リリーフ失敗の後、調子が戻らない上原浩治。跳ね上がるような躍動感あるフォームで復活するか? 2018年3月撮影)

続きを読む "上原浩治をジャイアンツで“監督付き特別補佐”にしてはどうか?" »

2018年5月 5日 (土)

マリナーズ会長付特別補佐就任のイチロー、“来季の日本開幕戦出場”報道への疑問

Adsc_05
日の深夜の第一報に驚いた。今季、古巣のマリナーズに復帰したものの思いの外好成績を残せないイチロー、レギュラー級の外野手の復帰で“戦力外”扱いされるのではないか等の声がチラホラする中、マリナーズが異例の措置を講じた。今季は25人枠から外れ、もう選手としては出場しなくなるが、会長付特別補佐に就任し、残りのシーズンもチームに帯同して練習も続け、チームメイトへのアドバイスもするという。決して現役を引退する訳ではなく、来季以降のプレー続行の可能性も示唆された。


これを受けての日本のスポーツ紙などの報道では来年320日、21日に予定されるマリナーズの日本での公式戦開幕戦に選手として出場するのではないかとの報道が散見される。


これでホッとするファンの人もいるのだろうが、現時点ではずいぶんなめられた感じがする報道だと敗戦処理。は感じた。

 

続きを読む "マリナーズ会長付特別補佐就任のイチロー、“来季の日本開幕戦出場”報道への疑問" »

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック