フォト
無料ブログはココログ

2019年8月12日 (月)

五十嵐亮太が日米通算900試合登板

Adsc_2240
スワローズの五十嵐亮太が8日の対タイガース戦に登板して今季40試合目の登板。大リーグでの83登板と合わせて日米通算900試合登板となった。日本のプロ野球でこれまで900試合以上に登板したのは最多登板記録を持つ岩瀬仁紀を含め、金田正一さんと米田哲也の三人だけ。五十嵐の記録は歴代四人目となるはずだが、その割には各メディアであまり大きく取り上げられた印象が無い。NPBだけでの記録でなく“日米通算”だからだろうか?だとしたら寂しい限りだが…。


(写真:リリーフ登板する五十嵐亮太。2019年4月撮影)

続きを読む "五十嵐亮太が日米通算900試合登板" »

2019年5月20日 (月)

上原浩治、任意引退に。

Adsc_4369
20日、ジャイアンツの上原浩治が現役引退を申し入れ、球団に了承された。今季いっぱいでの現役引退という訳ではなく、即日、任意引退選手の手続きがなされ、公示された。


今季の上原は一軍に上がることなくイースタン・リーグで登板を重ねていたが、任意引退選手として公示されたため、二軍の試合でももう投げることは出来ない。


(写真:個人的に最後の“生上原”となった令和元年5月1日の上原浩治。1イニングを三者凡退に抑え、ベンチに戻る。捕手は岸田行倫。)

 

 

続きを読む "上原浩治、任意引退に。" »

2019年5月17日 (金)

ディフェンシブ・シフト~令和のファイターズと昭和の“王シフト”

Adscn0813_2
今季のファイターズの二大特徴と言えば、ショートスターターと言われるような、先発投手を従来の概念にとらわれずに短いイニングで降板させて継投に走る手法と、相手打者にプルヒッター等の打球方向に偏りがある場合に極端な守備位置で臨む方策が挙げられよう。


個人的には前者に関しては半信半疑、というか半分以上懐疑的だが、後者の極端な守備位置を敷くことに関して書いてみたい。


(写真:左打者の筒香嘉智に対して三塁手を一、二塁間深めに守らせるファイターズ。 2019年3月撮影)

 

続きを読む "ディフェンシブ・シフト~令和のファイターズと昭和の“王シフト”" »

2019年4月 1日 (月)

【祝】實松一成、リーグ新記録達成!

Acsc_3196
ファイターズ、ジャイアンツを経て昨年から再びファイターズでプレーしている21年目のベテラン捕手、實松一成が開幕早々にリーグの新記録を達成していることが明らかになった。


杉内俊哉、村田修一といった同年齢の仲間が引退しても現役選手として君臨を続け、21年目の今季も開幕一軍の座をつかんだ“實松世代”のトップランナーが開幕早々にリーグの新記録を達成していたのだ。


先に断っておくが、4月1日のエントリーだからと言って恒例のエイプリルフールネタではない。

 

続きを読む "【祝】實松一成、リーグ新記録達成!" »

2019年3月20日 (水)

「今のイチローはイチローではない。イチローでないイチローを見るために高い金を出せない」

Acsc_06_2
























「今のイチローはイチローではない。イチローでないイチローを見るために高い金を出せない」
のっけから申し訳ない。敗戦処理。の偽らざる心境だ。複数の友人から「観に行くんでしょ!?」と聞かれたが、こう答えたし、ツイッターでもこれに近いことを呟いた。


(写真:イチローがイチローだった頃<!?> 2002年11月撮影)

 

続きを読む "「今のイチローはイチローではない。イチローでないイチローを見るために高い金を出せない」" »

2018年5月 5日 (土)

マリナーズ会長付特別補佐就任のイチロー、“来季の日本開幕戦出場”報道への疑問

Adsc_05
日の深夜の第一報に驚いた。今季、古巣のマリナーズに復帰したものの思いの外好成績を残せないイチロー、レギュラー級の外野手の復帰で“戦力外”扱いされるのではないか等の声がチラホラする中、マリナーズが異例の措置を講じた。今季は25人枠から外れ、もう選手としては出場しなくなるが、会長付特別補佐に就任し、残りのシーズンもチームに帯同して練習も続け、チームメイトへのアドバイスもするという。決して現役を引退する訳ではなく、来季以降のプレー続行の可能性も示唆された。


これを受けての日本のスポーツ紙などの報道では来年320日、21日に予定されるマリナーズの日本での公式戦開幕戦に選手として出場するのではないかとの報道が散見される。


これでホッとするファンの人もいるのだろうが、現時点ではずいぶんなめられた感じがする報道だと敗戦処理。は感じた。

 

続きを読む "マリナーズ会長付特別補佐就任のイチロー、“来季の日本開幕戦出場”報道への疑問" »

2018年4月28日 (土)

井野修氏「申告敬遠は試合時間短縮を意図したものではない」

Adsc_03732018
28
日、ジャイアンツ対スワローズ戦が行われた東京ドームの21番ゲート横に入口がある野球殿堂博物館で行われたトークイベント『2018年の野球規則改正』を聞いてきた。


いわゆる申告敬遠やリクエストといった新しいルールを導入した今季のペナントレース。開幕してほぼ一ヶ月経過したということで、規則委員、審判長、記録データ管理部の記録課長によるトークイベントが開かれた。

続きを読む "井野修氏「申告敬遠は試合時間短縮を意図したものではない」" »

2018年3月26日 (月)

契約未更改のホークス川崎宗則、退団。

Adscf0062
ホークスの川崎宗則が、春季キャンプどころかオープン戦が始まっても今季の契約を更改していないので気になっていたが、26日、退団が発表された。この発表に至るまでの経緯はいろいろあったのだろうが、川崎はホークスに復帰してから一シーズンでの退団となった。


(写真:ホークスを退団することが発表された川崎宗則。 200611月撮影)

続きを読む "契約未更改のホークス川崎宗則、退団。" »

2018年3月 4日 (日)

上原浩治、ジャイアンツに復帰か?

Adsc_0053
シカゴ・カブスからフリーエージェントになっていて今季の所属が決まっていない上原浩治が古巣ジャイアンツに復帰する可能性が浮上している。


上原は今季の所属が決まっていないが1月の時点で、今季メジャーの球団と契約すれば節目となるメジャー十年となり、今季限りで現役引退する決意を固めていると語っており、今季の契約先に関して日本球界への復帰は「考えてないし、お誘いもない」と語っていた。


それが一転、希望するメジャー球団との交渉が進展しないからか「日本の球団で『上原がほしい』と言ってくれる球団があるなら、そこで野球がしたいと思っています」と態度を豹変したことで古巣のジャイアンツが獲得に名乗りを挙げるのではないかという見方が出ている。


(写真:ジャイアンツ時代の上原浩治。20087月撮影)

続きを読む "上原浩治、ジャイアンツに復帰か?" »

2018年1月15日 (月)

“人の噂も七十五日”!?原辰徳氏らが野球殿堂入り

Adsc_1274
15
日、野球殿堂博物館にて平成30年度の野球殿堂入りの通知式が行われ、競技者表彰で松井秀喜氏、タイガースの金本知憲監督、ジャイアンツの特別顧問を務める原辰徳氏の三氏、特別表彰ではアマチュア野球で多くの指導者を育てた瀧正男氏が野球殿堂入りしたことが発表された。


原巨人軍前監督に関しては、敗戦処理。としては2012年に正力松太郎賞を受賞した際に拙blog20121115日付で正力松太郎賞が原辰徳監督で本当にいいの? で書いたように“あの件”をうやむやに終わらせたことで、野球界の晴れがましい表彰にはそぐわないのではないかと思う。だが、“人の噂も七十五日”の諺もある。あの騒動から五年半。他にも過去にいろいろあった野球人が殿堂入りした例はある。野球殿堂入りすべき人物と認められたというだろうか。


(写真:競技者表彰、エキスパート部門で野球殿堂入りが決まった原辰徳前ジャイアンツ監督)

続きを読む "“人の噂も七十五日”!?原辰徳氏らが野球殿堂入り" »

より以前の記事一覧

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック