フォト
無料ブログはココログ

2017年1月 7日 (土)

菊池雄星が二年後のオフのポスティング移籍を球団に直訴

Adsc_0040
6
日の日刊スポーツ1面によると、ライオンズの菊池雄星が昨年行われたこのオフの契約更改で二年後(2018年シーズン後)のポスティングシステムによるメジャーリーグへの移籍を直訴したという。


菊池はこの席で新年度の年俸(推定で)1億円の大台を勝ち取ったが、かねて暖めていたメジャーリーグへの夢を直訴した様だ。菊池が海外フリーエージェント権を取得するのは早くて2020年オフなのだが、それより二年早い2018年後のオフにポスティングシステムでメジャーに移籍出来ることを希望。そのための条件として2017年、2018年と二年連続二桁勝利を自らに課すという。


大谷翔平の出現で忘れているファンも少なくないかもしれないが、菊池も花巻東高校時代に“直メジャー”志向が強く、大リーグ8球団と面談したほどだ。結局は日本のプロ野球に進む道を選択し、2009年のドラフト会議では6球団から1位指名を受け、ライオンズが交渉権を得た。


それから7年…いよいよという感じだが、敗戦処理。はこの記事を読んで別のことに思いをはせてしまった。


(写真:今季からの二年連続二桁勝利を自らに課し、2018年シーズン後にポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を希望したライオンズの菊池雄星。 20133月撮影)

続きを読む "菊池雄星が二年後のオフのポスティング移籍を球団に直訴" »

2016年11月19日 (土)

巨人での三年間で一軍登板なし、二軍で2勝10敗防御率4.56の村田透が7年ぶりにNPB復帰。

Adsc_0191
村田透
は2008
年から2010年までの三年間巨人に在籍し、一度も一軍で登板することなく戦力外通告を受けた後にインディアンスとマイナー契約を結んだ。マイナーリーグから這い上がり、2015年に一試合だけとは言えメジャーでの登板を記録した(先発して3回1/3で降板し敗戦投手)。


その村田が来季、北海道日本ハムファイターズのユニフォームを着ることになり、7年ぶりにNPBに復帰することになる。ファイターズらしい補強という見方も出来るが、ファイターズ以外にも複数のNPB球団が獲得を検討していたという。


村田のジャイアンツでの三年間では一軍登板なし。イースタンでは三年間で41試合の登板で210敗、防御率4.56だった投手が7年ぶりのNPBで戦力になるのだろうか?


(写真:ファイターズに入団し、7年ぶりにNPBに復帰することになる村田透。写真はジャイアンツ時代の20099月撮影)

続きを読む "巨人での三年間で一軍登板なし、二軍で2勝10敗防御率4.56の村田透が7年ぶりにNPB復帰。" »

2016年7月 1日 (金)

コリジョンルールが見直されるそうだが…。

Pict0005

Pict0006

Pict0007
(
写真:トロイ・ニールに体当たりをされて負傷する伊東勤捕手。このような衝突による事故を撲滅するために導入されたコリジョンルールだったが…。19994月撮影
)


6
30日のスポーツ紙各紙が一斉にコリジョンルールが今季中に見直される見通しを報じた。今月4日の実行委員会で協議し、見直しの方向でまとまれば選手会とも協議し、オールスター戦後から見直されるという。新たな基準では実際に衝突が起きたかどうかがポイントになるという。アグリーメントなどの文言の訂正はせず、運用方法の変更で対応するという。



本塁でのクロスプレーにおける捕手の過剰なブロックと、それを崩そうとする走者の体当たりによる故障の撲滅などを目的に今季から導入されたコリジョンルール。判定においてかなりの問題が発生しており早晩見直されるのは必至と思われていたが、シーズン途中での見直しが断行される見込み。


だが、問題はそれだけなのか…

続きを読む "コリジョンルールが見直されるそうだが…。" »

2016年6月19日 (日)

イチローの安打記録を“世界記録”と呼んではいけないのか!?

Aaaa_vs0029_2
イチロー
の日本でのオリックス・ブルーウェーブ時代の安打数を含めた安打数が、メジャーリーグの最多安打記録であるピート・ローズ
4,256安打に迫ってきたあたりから識者を中心にアメリカ大リーグよりレベルが劣り、歴史も浅い日本のプロ野球記録と合算しての数字で世界記録と呼ぶのはおかしいという論調が増えてきた。


それらは正論だと思うし、天下のNHKを含めて日本のマスコミは騒ぎすぎだとは敗戦処理。も感じるが、ジャイアンツを含め80年の歴史を持つ球団が複数存在している日本のプロ野球が貶められるのはいささか、いや、甚だしく残念だ。


かつて、子供の頃に王貞治の本塁打数がハンク・アーロンの持つ大リーグの本塁打記録を超えるのを世界記録と大騒ぎした時代をリアルタイムに経験している敗戦処理。としては日本のプロ野球とアメリカ大リーグの違いを認めつつも、イチローの日米通算による安打記録を世界記録と認定してあげても良いのではないかと言いたい、いや、思いたい。

 

続きを読む "イチローの安打記録を“世界記録”と呼んではいけないのか!?" »

2016年6月14日 (火)

大谷翔平は見せ物ではない!

Acdscn1502_2
敗戦処理。は幸いにも、大谷翔平が投げて打ってという試合を二週続けて生で観ることが出来た。特に、DH制を使える状況でありながら「六番・投手」として打順に加わった先月
29日のゴールデンイーグルス戦はスターティングメンバーが発表されてから夢心地だった。


そして一昨日は、DH制を使うことが出来る本拠地札幌ドームでも「五番・投手」として打順に加わり、地元のファンを熱狂させた。


次回、同じく中6日で20日のドラゴンズ戦に先発となればナゴヤドームでDH制を使えないので自ずと打順に加わるだろうが、パ・リーグ同士の対戦に戻っても、大谷先発試合はDH無しで大谷を打線の中軸に入れるべきとの声が出ているようだ。しかもその声はファイターズファンだけでなく、他球団のファンからも上がっているという…。

続きを読む "大谷翔平は見せ物ではない!" »

2015年11月22日 (日)

侍ジャパン3位に終わる-第1回プレミア12は韓国が初代王者になって幕。

Dsc_0202
19
日に行われた準決勝で韓国に逆転負けを喫した侍ジャパンは、21日、東京ドームで決勝戦の前に行われるメキシコとの3位決定戦に臨んだ。事前にこの日に行われる3位決定戦と決勝戦の共通入場券を購入していた敗戦処理。はおそらく今年最後になるであろう、生観戦のために東京ドームに足を運んだ。もちろん、購入した時には侍ジャパンは決勝戦に出るつもりで購入したのだが…。


試合は、侍ジャパン打線が序盤にメキシコを圧倒。初回に山田哲人のソロ本塁打で先制すると、二回裏には敵失によって追加点を奪い、山田の二打席連続本塁打を含む三本のツーラン本塁打で7点を加えた。試合は9対1で迎えた七回裏に秋山翔吾のツーラン本塁打で11対1とし、大会規定でコールドゲームとなった。


まるで準決勝での逆転負けの憂さを晴らすような侍ジャパンの一発攻勢だった。侍ジャパンは第一回のプレミア12で銅メダルという結果に終わった。


そしてその後に行われた決勝戦では韓国がアメリカを8対0と圧勝して初代世界一の座に着いた。


韓国代表チーム、第1回プレミア12、優勝おめでとう!



(写真:表彰式で、優勝トロフィーを高く掲げる、第1回プレミア12優勝チームの韓国代表)

続きを読む "侍ジャパン3位に終わる-第1回プレミア12は韓国が初代王者になって幕。" »

2015年1月 2日 (金)

あっぱれ侍ジャパン投手陣!四投手継投でMLBオールスターズ打線にノーヒットノーラン【回想】敗戦処理。生観戦録-第41回 2014年(平成26年)編

Acdsc_0060
毎月2日、一昨年2月にスタートしたマイセレクトベストナインを偶数月に、
敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each yearを奇数月の2日に掲載しています。今月は敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each yearの月。


1974(昭和49)に初めてプロ野球を生観戦した敗戦処理。はその後毎年、途切れることなく数試合から十数試合を生観戦しています。そこで一年単位にその年の生観戦で最も印象に残っている試合を選び出し、その試合の感想をあらためて書いていきたいと思います。年齢不詳の敗戦処理。ですが同年代の日本の野球ファンの方に「そういえば、あんな試合があったな」と懐かしんでもらえれば幸いです。


今回は、昨年2014年に生観戦した試合の中から、最も印象に残った試合を選びます。


【回想】敗戦処理。生観戦録- my only one game of each year41回 2014(平成26)


(写真:メジャーリーグオールスター打線を相手に力投する侍ジャパンの先発・則本昂大。 20141115日撮影)

続きを読む "あっぱれ侍ジャパン投手陣!四投手継投でMLBオールスターズ打線にノーヒットノーラン【回想】敗戦処理。生観戦録-第41回 2014年(平成26年)編" »

2014年11月15日 (土)

異論はあるだろうけど、侍ジャパンのMLBオールスターに対するノーヒットノーランを賞賛しよう!!

Adsc_0301
Adsc_0320
個人的におそらく今年最後の生観戦になるであろう今日の日米野球第3戦で、良いものを観ることが出来た。侍ジャパンが、則本昂大、西勇輝、牧田和久、西野勇士の四投手による継投でMLBオールスターチーム相手にノーヒットノーランを達成した。


当初よりこの大会を強化試合と言うより親善試合じゃないかと疑問視していた敗戦処理。であるが、だからといってこのノーヒットノーランという金字塔の価値が減じるものではない。ベストメンバーではないとか、本当に本気で闘っていないとかいう声があるのは承知。しかし、安打の一本も打てないのでは完敗でしょ!



(写真上:試合終了の瞬間のスコアボード。MLB打線の安打数は0。写真下:ノーヒットノーラン継投を果たした四投手揃ってのヒーローインタビュー。左から西野勇士、牧田和久、西勇輝、則本昂大)

続きを読む "異論はあるだろうけど、侍ジャパンのMLBオールスターに対するノーヒットノーランを賞賛しよう!!" »

2014年10月13日 (月)

和田毅、MLBオールスターチーム選出からうかがえる日米野球の本気度と「侍ジャパン」ビジネスへの暗雲

Adsc07
来月行われる日米野球のMLBオールスターチームの一員に、シカゴ・カブスの和田毅が選ばれることがわかった。


日米野球の目玉の一つ、日本人メジャーリーガーの凱旋登板が見られると言えば、聞こえは良いが、素直に喜んでいて良いのだろうか?


(写真:2014 SUZUKI 日米野球のMLBオールスターチームのメンバー入りが決まったカブスの和田毅。福岡ダイエーホークス時代の200311月撮影)

続きを読む "和田毅、MLBオールスターチーム選出からうかがえる日米野球の本気度と「侍ジャパン」ビジネスへの暗雲" »

2014年6月27日 (金)

四年に一度、サッカーW杯の年にしでかす建山義紀…。

Adsc_01
ファイターズから海外FA権を行使してアメリカに渡っていた建山義紀が阪神タイガースでプレーすることになった。クローザーのオ・スンファンの前を固めるリリーバーに不安のあるタイガースが、ヤンキースの3Aを解雇された建山に目を着けた。果たしてファイターズ時代のように短いイニングを抑えてチームに貢献する投球が出来るか?



建山はファイターズ時代から四年に一度の周期で節目の行動をとっていたが、今回のタイガース入りもまさに当てはまる。


(写真:タイガース入団が決まった建山義紀。武井壮に似てる!? 20053月撮影)

続きを読む "四年に一度、サッカーW杯の年にしでかす建山義紀…。" »

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック