フォト
無料ブログはココログ

2017年4月10日 (月)

侍ジャパン小久保裕紀監督の忖度。

Adsc_1547
もう公式戦が始まって一週間を経過したから、今さらWBCの話をするのもナンだが、WBCで登板した投手が一通り所属チームの公式戦で登板をしたこともあり、WBCでの投手起用を振り返ってみた。


二大会連続で準決勝敗退という結果に陥った侍ジャパンだったが、指揮官である小久保裕紀監督の“忖度”が随所に見られた!?


(写真:所属のライオンズでは万能型のセットアッパーとして起用されるが、今WBCでは抑えに固定された牧田和久 20173月撮影)

続きを読む "侍ジャパン小久保裕紀監督の忖度。" »

2017年3月24日 (金)

闘い済んで…。これからの侍ジャパン

Adsc_1588
日本時間
22日に行われたWBCの準決勝に敗れた侍ジャパン。前回2013年に続き、準決勝の壁を破れなかった。侍ジャパンを率いた小久保裕紀監督は退任の意向を表明したそうだ。


スポーツ新聞などでは早くも次期監督の具体名が挙がっている。次回WBCよりも先に2020年東京五輪という大舞台が待っている。


代表チームを率いる監督は重要だ。だが、それだけではないだろう。


(写真:契約期間満了に伴い、退任の意向を表明した小久保裕紀監督。第1次ラウンドの対キューバ戦後の勝利監督インタビューより)

続きを読む "闘い済んで…。これからの侍ジャパン" »

2017年3月13日 (月)

ヘンスリー・ミューレン監督ルール違反!?-公認野球規則5.10(l)【注2】

Adsc_0066
延長十一回タイブレークにまで持ち込まれる大熱戦となった
12日のワールドベースボールクラシック2次ラウンドのオランダ代表対日本代表戦でオランダ代表を率いるヘンスリー・ミューレン監督にルール違反があった!?


七回表、野球日本代表、侍ジャパンの攻撃二死一塁で打席に小林誠司を迎えるところでミューレン監督がベンチを出てマウンドへ。シャイロン・マルティス投手らに指示をし、投手交代は無しで試合再開。だが、小林誠に5球目を投じた時点でミューレン監督が球審に投手交代を告げた。マウンドには四番手のマイク・ボルセンブロク


小林誠への5球目でマルティスの投球数が49球となり、あと1球投げて50球に達するとマルティスは次回登板までに中4日を空けなければならず、2次ラウンドでの登板が不可能になる。それを避けるための打席途中での継投なのだろうが、公認野球規則5.10(l)【注2】に違反する。


公認野球規則
5.10(l)【注2】
監督(またはコーチ)が投手のもとへ行った後、ファウルラインを越えて引き上げたら、その投手は、そのときの打者がアウトになるか、走者になるか、または攻守交代になるまで投球した後でなければ退くことはできない。ただし、その打者に代打者が出た場合は、この限りではない。



ミューレン監督、ダメじゃん!? 教えて、詳しい人!?


(写真:日本のマリーンズ、スワローズでも活躍したオランダ代表のヘンスリー・ミューレン監督<左端>。第3WBCより 20133月撮影)

続きを読む "ヘンスリー・ミューレン監督ルール違反!?-公認野球規則5.10(l)【注2】" »

2016年11月14日 (月)

侍ジャパン、四日間の強化試合終了。

Adsc_0016
個人的には今ひとつ感情移入できなかったのだが、来春にWBCを控える野球日本代表、侍ジャパンにとっては大事な強化試合がこの四日間、メキシコ代表とオランダ代表を東京ドームに迎えて行われた。


土日に行われた対オランダ代表戦は結果的に連日、タイブレークが行われ、侍ジャパンにとっては先攻も後攻も経験し、良いシミュレーションとなっただろう。


でも


(写真:侍ジャパンの指揮を執る小久保裕紀監督と奈良原浩コーチ。201511月撮影)

続きを読む "侍ジャパン、四日間の強化試合終了。" »

2016年6月19日 (日)

イチローの安打記録を“世界記録”と呼んではいけないのか!?

Aaaa_vs0029_2
イチロー
の日本でのオリックス・ブルーウェーブ時代の安打数を含めた安打数が、メジャーリーグの最多安打記録であるピート・ローズ
4,256安打に迫ってきたあたりから識者を中心にアメリカ大リーグよりレベルが劣り、歴史も浅い日本のプロ野球記録と合算しての数字で世界記録と呼ぶのはおかしいという論調が増えてきた。


それらは正論だと思うし、天下のNHKを含めて日本のマスコミは騒ぎすぎだとは敗戦処理。も感じるが、ジャイアンツを含め80年の歴史を持つ球団が複数存在している日本のプロ野球が貶められるのはいささか、いや、甚だしく残念だ。


かつて、子供の頃に王貞治の本塁打数がハンク・アーロンの持つ大リーグの本塁打記録を超えるのを世界記録と大騒ぎした時代をリアルタイムに経験している敗戦処理。としては日本のプロ野球とアメリカ大リーグの違いを認めつつも、イチローの日米通算による安打記録を世界記録と認定してあげても良いのではないかと言いたい、いや、思いたい。

 

続きを読む "イチローの安打記録を“世界記録”と呼んではいけないのか!?" »

2016年4月12日 (火)

【暴論】神宮球場を機材倉庫に使わせろ等と平気で言うのなら東京五輪などやめてしまえ!

Adsc_0080_2
全く以て腹立たしい話題である。
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が神宮球場を機材倉庫として使用するために、両大会の期間中のみならず、その前後を含め7ヶ月の長期間にわたり、神宮球場を占有する交渉を始めたというのだ。


新国立競技場のデザイン問題、エンブレム問題、聖火台問題と、周到な計画がなされていない点が多々露呈している中、今度は神宮球場を両大会の開催期間前後を含む7ヶ月間(5月から11月まで)使わせろと言う。東京ヤクルトスワローズのプロ野球公式戦は言わずもがな、東京六大学野球や東都大学野球、高校野球等、日本で最も稼働率の高い野球場を7ヶ月間も使用させないつもりらしい。


暴論を承知で言わせてもらえば、東京五輪開催を返上した方がいいのではないか?そのくらい組織委員会の運営能力を疑わざるを得ない。

続きを読む "【暴論】神宮球場を機材倉庫に使わせろ等と平気で言うのなら東京五輪などやめてしまえ!" »

2015年11月22日 (日)

侍ジャパン3位に終わる-第1回プレミア12は韓国が初代王者になって幕。

Dsc_0202
19
日に行われた準決勝で韓国に逆転負けを喫した侍ジャパンは、21日、東京ドームで決勝戦の前に行われるメキシコとの3位決定戦に臨んだ。事前にこの日に行われる3位決定戦と決勝戦の共通入場券を購入していた敗戦処理。はおそらく今年最後になるであろう、生観戦のために東京ドームに足を運んだ。もちろん、購入した時には侍ジャパンは決勝戦に出るつもりで購入したのだが…。


試合は、侍ジャパン打線が序盤にメキシコを圧倒。初回に山田哲人のソロ本塁打で先制すると、二回裏には敵失によって追加点を奪い、山田の二打席連続本塁打を含む三本のツーラン本塁打で7点を加えた。試合は9対1で迎えた七回裏に秋山翔吾のツーラン本塁打で11対1とし、大会規定でコールドゲームとなった。


まるで準決勝での逆転負けの憂さを晴らすような侍ジャパンの一発攻勢だった。侍ジャパンは第一回のプレミア12で銅メダルという結果に終わった。


そしてその後に行われた決勝戦では韓国がアメリカを8対0と圧勝して初代世界一の座に着いた。


韓国代表チーム、第1回プレミア12、優勝おめでとう!



(写真:表彰式で、優勝トロフィーを高く掲げる、第1回プレミア12優勝チームの韓国代表)

続きを読む "侍ジャパン3位に終わる-第1回プレミア12は韓国が初代王者になって幕。" »

2015年11月20日 (金)

どうして「最後は則本」だったのか!?

Adsc_0039
結果はご覧の通り。八回を終わって3対
0でリードしていた準決勝の対韓国戦。八回から登板の則本昂大を続投させ、あれよあれよという間に点差を縮められ、慌てて繰り出した松井裕樹、増井浩俊も流れを止められず、4失点で逆転され、そのまま逃げ切られた。WBCに続き、プレミア12でも記念すべき第一回大会の王者の座を狙えた野球日本代表、侍ジャパンだったが、その夢は準決勝敗退という形で消えた。


(写真:侍ジャパンを率いる小久保裕紀監督。 昨年の日米野球、201411月撮影)

 

続きを読む "どうして「最後は則本」だったのか!?" »

2015年11月15日 (日)

試合に出続ける捕手、試合に出られない捕手

Adsc_0006
プレミア
12の予選リーグを5戦全勝で突破した「侍ジャパン」。14日に行われた対アメリカ合衆国戦では先発した菅野智之を始めこれまで未出場だった選手を全て出場させた。


28人の侍ジャパン戦士で最後に初出場となったのが、スワローズの中村悠平。公式戦では十二球団最多の135試合でマスクをかぶり、捕手を主体として出場した選手の中で年間の規定打席に達したのは、他には同じく侍ジャパンに選ばれた炭谷銀仁朗と二人だけ。スワローズでは文句なしの不動の正捕手だが、侍ジャパンでは第三の捕手という位置づけで、何かアクシデントがあった時に備え、ベンチ待機が続いていた。


その中村が所属するスワローズでも、中村の独り舞台の裏で、ベンチ待機が続いた捕手がいた。


(写真:ジャイアンツとのリーグ優勝争いを大きく左右したといわれる927日の対ジャイアンツ戦のスワローズのスターティングメンバーとベンチ入り選手。今季のスワローズは捕手二人体制で臨む試合が多かった。)

続きを読む "試合に出続ける捕手、試合に出られない捕手" »

2014年11月15日 (土)

異論はあるだろうけど、侍ジャパンのMLBオールスターに対するノーヒットノーランを賞賛しよう!!

Adsc_0301
Adsc_0320
個人的におそらく今年最後の生観戦になるであろう今日の日米野球第3戦で、良いものを観ることが出来た。侍ジャパンが、則本昂大、西勇輝、牧田和久、西野勇士の四投手による継投でMLBオールスターチーム相手にノーヒットノーランを達成した。


当初よりこの大会を強化試合と言うより親善試合じゃないかと疑問視していた敗戦処理。であるが、だからといってこのノーヒットノーランという金字塔の価値が減じるものではない。ベストメンバーではないとか、本当に本気で闘っていないとかいう声があるのは承知。しかし、安打の一本も打てないのでは完敗でしょ!



(写真上:試合終了の瞬間のスコアボード。MLB打線の安打数は0。写真下:ノーヒットノーラン継投を果たした四投手揃ってのヒーローインタビュー。左から西野勇士、牧田和久、西勇輝、則本昂大)

続きを読む "異論はあるだろうけど、侍ジャパンのMLBオールスターに対するノーヒットノーランを賞賛しよう!!" »

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック