フォト
無料ブログはココログ

2018年1月15日 (月)

“人の噂も七十五日”!?原辰徳氏らが野球殿堂入り

Adsc_1274
15
日、野球殿堂博物館にて平成30年度の野球殿堂入りの通知式が行われ、競技者表彰で松井秀喜氏、タイガースの金本知憲監督、ジャイアンツの特別顧問を務める原辰徳氏の三氏、特別表彰ではアマチュア野球で多くの指導者を育てた瀧正男氏が野球殿堂入りしたことが発表された。


原巨人軍前監督に関しては、敗戦処理。としては2012年に正力松太郎賞を受賞した際に拙blog20121115日付で正力松太郎賞が原辰徳監督で本当にいいの? で書いたように“あの件”をうやむやに終わらせたことで、野球界の晴れがましい表彰にはそぐわないのではないかと思う。だが、“人の噂も七十五日”の諺もある。あの騒動から五年半。他にも過去にいろいろあった野球人が殿堂入りした例はある。野球殿堂入りすべき人物と認められたというだろうか。


(写真:競技者表彰、エキスパート部門で野球殿堂入りが決まった原辰徳前ジャイアンツ監督)

続きを読む "“人の噂も七十五日”!?原辰徳氏らが野球殿堂入り" »

2017年7月11日 (火)

侍ジャパン次期監督に稲葉篤紀浮上!?

Adsc_0040
 11日のスポーツニッポンによると、侍ジャパンの次期監督候補として元スワローズ、元ファイターズで今春のWBCでも侍ジャパンの打撃コーチを務めた稲葉篤紀が有力視されているという。


これまでの報道では第二回WBCで侍ジャパンを率いて世界一に輝いた原辰徳前ジャイアンツ監督や、ファイターズの現役監督である栗山英樹監督らの名前が挙がっていたが、小久保裕紀前監督同様に指導者としての実績にこだわらない人選になるのだろうか?


(写真:スポーツニッポンの報道では侍ジャパン次期監督が有力視されている稲葉篤紀=後ろ姿右から二人目。 201511月撮影)

続きを読む "侍ジャパン次期監督に稲葉篤紀浮上!?" »

2017年4月10日 (月)

侍ジャパン小久保裕紀監督の忖度。

Adsc_1547
もう公式戦が始まって一週間を経過したから、今さらWBCの話をするのもナンだが、WBCで登板した投手が一通り所属チームの公式戦で登板をしたこともあり、WBCでの投手起用を振り返ってみた。


二大会連続で準決勝敗退という結果に陥った侍ジャパンだったが、指揮官である小久保裕紀監督の“忖度”が随所に見られた!?


(写真:所属のライオンズでは万能型のセットアッパーとして起用されるが、今WBCでは抑えに固定された牧田和久 20173月撮影)

続きを読む "侍ジャパン小久保裕紀監督の忖度。" »

2017年3月13日 (月)

ヘンスリー・ミューレン監督ルール違反!?-公認野球規則5.10(l)【注2】

Adsc_0066
延長十一回タイブレークにまで持ち込まれる大熱戦となった
12日のワールドベースボールクラシック2次ラウンドのオランダ代表対日本代表戦でオランダ代表を率いるヘンスリー・ミューレン監督にルール違反があった!?


七回表、野球日本代表、侍ジャパンの攻撃二死一塁で打席に小林誠司を迎えるところでミューレン監督がベンチを出てマウンドへ。シャイロン・マルティス投手らに指示をし、投手交代は無しで試合再開。だが、小林誠に5球目を投じた時点でミューレン監督が球審に投手交代を告げた。マウンドには四番手のマイク・ボルセンブロク


小林誠への5球目でマルティスの投球数が49球となり、あと1球投げて50球に達するとマルティスは次回登板までに中4日を空けなければならず、2次ラウンドでの登板が不可能になる。それを避けるための打席途中での継投なのだろうが、公認野球規則5.10(l)【注2】に違反する。


公認野球規則
5.10(l)【注2】
監督(またはコーチ)が投手のもとへ行った後、ファウルラインを越えて引き上げたら、その投手は、そのときの打者がアウトになるか、走者になるか、または攻守交代になるまで投球した後でなければ退くことはできない。ただし、その打者に代打者が出た場合は、この限りではない。



ミューレン監督、ダメじゃん!? 教えて、詳しい人!?


(写真:日本のマリーンズ、スワローズでも活躍したオランダ代表のヘンスリー・ミューレン監督<左端>。第3WBCより 20133月撮影)

続きを読む "ヘンスリー・ミューレン監督ルール違反!?-公認野球規則5.10(l)【注2】" »

2017年3月10日 (金)

山田哲人のフェンス際の打球を捕ってしまった少年の件。-敗戦処理。はこう思う。

Cdsc_1320

Adsc_1323
敗戦処理。はこの試合を一塁側の内野席で生観戦していた。山田哲人の打球を捕ってしまった観客(中学生の少年らしい)がSNSで炎上しているらしいことはツイッターで知ったが、その時には「またか」という程度の感想だった。いろいろと波紋が大きくなっているようなので個人的な感想を書いてみる。



(写真上:WBC POOL B一次ラウンド 日本代表対キューバ共和国代表戦、四回裏二死二塁から左中間に大飛球を放った山田哲人。写真下:山田の大飛球がスタンドインしたかを協議する審判団。)

続きを読む "山田哲人のフェンス際の打球を捕ってしまった少年の件。-敗戦処理。はこう思う。" »

2017年3月 9日 (木)

今季初の「生」観戦で侍ジャパンが猛打爆発!

Adsc_1346_2
既に侍ジャパンはWBCの1次ラウンドを二連勝と好スタートを切っているが、個人的に敗戦処理。は7日の対キューバ共和国代表戦が今季初の「生」観戦となった。結果はご存知の通り、強化試合、壮行試合で不安視された貧打はこの試合に限ってはどこ吹く風。見事、11対6で初戦を勝利で飾った。


個人的には今季は「生」観戦の回数が減りそうなのだが、取り敢えず良い「生」観戦初めとなった。


(写真:五回裏に点差を拡げる3ラン本塁打を放つ松田宣浩)

続きを読む "今季初の「生」観戦で侍ジャパンが猛打爆発!" »

2017年3月 1日 (水)

侍ジャパン、応援団も常設化

Adsc_0320
この本番直前の壮行試合でも外野席では賑やかな応援が繰り広げられているが、侍ジャパンが公認の応援団を常設したというニュースが入ってきた。外野席を中心とした鳴り物応援は日本独自の習慣。シーズン終了後に日米野球を行っていた時代には外野席で鳴り物応援をする習慣のない大リーグに一目を置き、鳴り物応援を禁止するケースもあったことを考えると、大いなる豹変ぶりだ。日本国内で行われる試合に関しては、日本独自の応援スタイルで相手国のチームを圧倒して侍ジャパンに有利にという考え方なのだろうか?

続きを読む "侍ジャパン、応援団も常設化" »

2017年2月 1日 (水)

大谷翔平がWBCでの“投手”断念。ならば打者としても辞退した方が良いのでは!?

Cdsc_0205
1
日の各種報道によると、3月に行われるワールド・ベースボール・クラシックへの出場が決まっているファイターズの大谷翔平が、昨年の日本シリーズで痛めた足首の回復具合がおもわしくないため、WBCで投手としては登板しないことになった。所属するファイターズの栗山英樹監督らが大谷と話し合い、決断した。代表チームにも報告したとのこと。打者としての出場のみの予定だそうだ。


起用法によっては二人分の戦力になる大谷。WBCの初戦での投手としての先発登板が内定していただけに小久保裕紀監督率いる侍ジャパンに大きな暗雲が広がった。


素人考えではあるが、昨年登板できなかった“まめ”とは違い、足首ならば打撃にも大なり小なり支障が出るだろう。まだ正式に登録したわけではない。大谷を代表メンバーから外し、代替えの選手を入れた方が良いのではないか?

続きを読む "大谷翔平がWBCでの“投手”断念。ならば打者としても辞退した方が良いのでは!?" »

2016年11月14日 (月)

侍ジャパン、四日間の強化試合終了。

Adsc_0016
個人的には今ひとつ感情移入できなかったのだが、来春にWBCを控える野球日本代表、侍ジャパンにとっては大事な強化試合がこの四日間、メキシコ代表とオランダ代表を東京ドームに迎えて行われた。


土日に行われた対オランダ代表戦は結果的に連日、タイブレークが行われ、侍ジャパンにとっては先攻も後攻も経験し、良いシミュレーションとなっただろう。


でも


(写真:侍ジャパンの指揮を執る小久保裕紀監督と奈良原浩コーチ。201511月撮影)

続きを読む "侍ジャパン、四日間の強化試合終了。" »

2014年10月13日 (月)

和田毅、MLBオールスターチーム選出からうかがえる日米野球の本気度と「侍ジャパン」ビジネスへの暗雲

Adsc07
来月行われる日米野球のMLBオールスターチームの一員に、シカゴ・カブスの和田毅が選ばれることがわかった。


日米野球の目玉の一つ、日本人メジャーリーガーの凱旋登板が見られると言えば、聞こえは良いが、素直に喜んでいて良いのだろうか?


(写真:2014 SUZUKI 日米野球のMLBオールスターチームのメンバー入りが決まったカブスの和田毅。福岡ダイエーホークス時代の200311月撮影)

続きを読む "和田毅、MLBオールスターチーム選出からうかがえる日米野球の本気度と「侍ジャパン」ビジネスへの暗雲" »

より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック