フォト
無料ブログはココログ

2018年4月 8日 (日)

敗因ははっきりしている。

Adsc_5977
このタイトルですべてわかると思う。今日(8)も東京ドームでファイターズ対マリーンズ戦を生観戦してきた。


先発の加藤貴之2失点したとはいえ粘り強く投げ、リリーフ陣もよくピンチを凌いでいたが、打線に決め手がない。特に、打線の中心、四番の中田翔が今日の試合ではことごとく期待を裏切った。


(写真:十回浦無死一塁からこの試合二本目の併殺打に終わった中田翔)

続きを読む "敗因ははっきりしている。" »

2018年4月 7日 (土)

斎藤佑樹、5点のリードをもらうも被安打0ながら8与四死球の怪投で四回途中降板。今年も変わらないのか…!?

Adsc_5258
昨日に続き、今日(7)も東京ドームでファイターズ対マリーンズ戦を生観戦してきた。昨日の拙blogニック・マルティネス、119球完投勝利。“直接対決”制して4連勝でファイターズが553日ぶり貯金生活! の最後に“
明日は佑ちゃんとハイタッチをしたい!”と書いて、打線の援護で三回までに615点のリードをもらったのでそれが実現するかと期待できる試合展開になったが、肝心の斎藤佑樹本人がピリッとせず、四回途中、この試合早くも8個目の与四死球で二死満塁となったところで交代を告げられ、ヒーローどころか勝利投手の権利を手中にできなかった。


その後のリリーフ投手たちも慎重に行き過ぎるのか制球難なのか、斎藤を含めて合計で12与四死球という乱調ぶりだったが、打線が6本塁打を放って追加点を奪い、96で逃げ切ることができた。


それにしても、勝ったから良いもののなんちゅう試合だ…。


(写真:四回裏に8個目の与四死球で二死満塁となったところで降板を告げられた斎藤佑樹)

続きを読む "斎藤佑樹、5点のリードをもらうも被安打0ながら8与四死球の怪投で四回途中降板。今年も変わらないのか…!?" »

2018年4月 6日 (金)

ニック・マルティネス、119球完投勝利。“直接対決”制して4連勝でファイターズが553日ぶり貯金生活!

Adsc_4619
ファイターズの
2018年の東京ドーム主催試合開幕戦は新外国人、ニック・マルティネス119球でマリーンズを相手に完投勝利。チームは開幕3連敗の後にこれで4連勝。昨年はシーズン序盤にすらなかった貯金1となった。


ファイターズの東京ドーム主催試合生観戦を最大の喜びとしていると言っても過言ではない敗戦処理。にとって幸先の良い初戦白星となった。


(写真:来日初勝利を完投で飾ったファイターズのニック・マルティネス。)

続きを読む "ニック・マルティネス、119球完投勝利。“直接対決”制して4連勝でファイターズが553日ぶり貯金生活!" »

2018年2月15日 (木)

マリーンズは福浦和也に2000本安打を達成させてあげられるか!?-今そこにある球団史上最大の危機!?

Adsc_6208
マリーンズの福浦和也が通算2000本安打を射程圏内に入れて久しい。昨年までに積み重ねた安打数は1962本。あと38安打で通算2000本安打を達成する。マリーンズ球団だけで通算2000本安打を打ったのは2276安打の榎本喜八2057安打の有藤道世の二人だけで、福浦が達成すれば三人目になる。


福浦は球団生え抜きの大功労者。マリーンズ球団としても通算2000本安打という金字塔を達成させてあげたいところだろうが、球団としてはそればっかりを考えていられない!?

続きを読む "マリーンズは福浦和也に2000本安打を達成させてあげられるか!?-今そこにある球団史上最大の危機!?" »

2018年2月 4日 (日)

かわさき球場、今からみるか?昔からみるか?-川崎球場同窓会

Adscn_02_2
川崎球場に行ってきた。正確に言えば旧川崎球場だ。昨年から開催されている“川崎球場同窓会”の第二回。今年は2月3日に行われた。


10.19」を振り返るイベントなどは過去にも行われていたようだが、個人的にはこれまでそういうものを敬遠してきた。だが旧川崎球場にもう十年も行っていないことに気付き、富士通スタジアム川崎となった旧川崎球場に足を運んでみた。

続きを読む "かわさき球場、今からみるか?昔からみるか?-川崎球場同窓会" »

2018年1月29日 (月)

こんなオーダーが観たい!-2018年パ・リーグ篇

Adsc_6684
引き続いてパ・リーグ篇。こちらもファイターズに関しては既に書いたので、ファイターズの対戦相手となる五球団の“こんなオーダーが観たい!”を書いてみる。しつこいようだがこれは予想ではなく、願望である。

続きを読む "こんなオーダーが観たい!-2018年パ・リーグ篇" »

2017年9月24日 (日)

現役引退の井口資仁が即マリーンズの監督になる!?

Adscn4632
24
日、予て今季限りでの現役引退を表明していたマリーンズの井口資仁の現役引退試合が本拠地のZOZOマリンスタジアムで行われた。井口は九回裏の現役最後と思われた打席で起死回生の同点本塁打を放つなど自らの引退試合に花を添え、チームの延長十二回サヨナラ勝ちに貢献した。


試合後に行われた現役引退セレモニーではシカゴ・ホワイトソックス時代の監督、オーナーらからのメッセージが流れ、ホークス時代のチームメイト、小久保裕紀野球日本代表前監督らから花束を贈られるなど暖かく、華やかに行われた。


そんな井口に、伊東勤監督に代わるマリーンズの次期監督になるという報道が相次いでいる。


(写真:今季限りで現役引退する井口資仁の来季マリーンズ監督就任を報じる日刊スポーツとサンケイスポーツ)

続きを読む "現役引退の井口資仁が即マリーンズの監督になる!?" »

2017年8月 5日 (土)

絵描き・ながさわたかひろ、サッカー・FC町田ゼルビアでブレイク刷ルー!

Aimg_20170709_121533


ながさわたかひろ
さんの活動に関心の深い方やblog1月29日付ながさわたかひろさん、木場に進出をお読みくださった方はご存知と思うが、ながさわたかひろさんが、町田市の町田市立国際版画美術館で7月29日から個展を開かれているので、早速翌30日に観てきた。一場靖弘に惹かれ、ゴールデンイーグルスやスワローズを題材に作品を世に出してきたながさわさん、その後マリーンズを経てあろうことかサッカーを題材に…。



blogもスタートから十二年目だが、初めてサッカー選手が冒頭を飾った。

続きを読む "絵描き・ながさわたかひろ、サッカー・FC町田ゼルビアでブレイク刷ルー!" »

2017年7月16日 (日)

オールスターゲームは球場で観るのが「やっぱイイネ!」

Adsc_1544
関東地方は、まだ梅雨明けしていないとは思えぬ猛暑が続いている。ナイトゲームであっても屋外球場の野球観戦は億劫になりがちだが、オールスターゲームとなれば話は別。試合時間と同じくらいの移動時間をかけてZOZOマリンスタジアムで行われるマイナビオールスターゲーム
2017の第2戦に行ってきた。


試合結果はもうご存じであろうが、やっぱりお祭りは生で観ると楽しい。


(写真:お立ち台からライトスタンドのパシフィックファンに向けてマリーンズ時代の乗りで「デスパ!」と振るMVPのアルフレド・デスパイネ)

続きを読む "オールスターゲームは球場で観るのが「やっぱイイネ!」" »

2017年6月21日 (水)

井口資仁と福浦和也

Adsc_7190
マリーンズのベテラン、井口資仁20日、今シーズン限りでの現役引退を発表した。井口自身は昨シーズン終了後の今シーズンに向けた契約更改の席上で2017年シーズン限りでの現役引退の意思をフロントに伝えていたという。一時はシーズン開幕前に公表することも考えたが、マリーンズがオープン戦で絶好調、十二球団トップの勝率で公式戦開幕を迎えたので水を差すことになってはと延期していたという。


井口は今年の12月に43歳になる超ベテランだが、試合終盤のここ一番という場面で代打に出てくると、全盛期よりは衰えたとはいえ、一つ間違えたら大きいのを食らうのではないかという恐怖感は健在。今回の引退表明を機に、吹っ切れたようにこれからの試合で達観したベテランならではの打撃をされたら、パ・リーグではファイターズを応援している敗戦処理。には新たな脅威になるかもしれない。


そしてマリーンズにはもう一人、その井口をも上回るカリスマ的人気を誇る生え抜きの超ベテランがいる。


(写真:代走を送られてベンチに戻る井口資仁<写真奥>と代打起用されて打席に入った福浦和也。 2017年5月撮影)

続きを読む "井口資仁と福浦和也" »

より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック