フォト
無料ブログはココログ

2019年8月15日 (木)

序盤に3点を先制される前日と同じパターンでマリーンズにも3連敗。3連敗×3=9連敗で本当に5位に転落。

Adsc_4070
昨日(14日)行われたこのカードの観戦記で、負けたショックのあまり確認せずに誤って“5位転落”と書いて後から慌てて訂正したが、ファイターズは今日も敗れて正真正銘、5位に転落した。


三日間とも生観戦すればどれかひとつくらい勝てるだろうと安直に考えていたが、マリーンズに三タテしてしまった。初戦こそリードを守れない逆転負けだったが二戦目とこの試合は同じように序盤にいきなり失点し、追加点を奪われて反撃できずに敗れるリピートの様な試合だった。いや、昨日はまだ終盤に多少なりとも山場を作ったが、今日は完敗。どんどん悪くなった…。


(写真:試合前にマスコットのプレップから打撃指導を受ける四番打者、清宮幸太郎。残念ながら4打数0安打、しかも3三振… )

 

続きを読む "序盤に3点を先制される前日と同じパターンでマリーンズにも3連敗。3連敗×3=9連敗で本当に5位に転落。" »

2019年8月14日 (水)

四番打者に代打起用、なりふり構わぬ采配も実らずファイターズはついに5位転落目前。

Adsc_3926
ひとつ前の対戦カードは首位のホークスとの直接対決だったはずなのに、今カードは4位と5位の直接対決。そして直接対決に連敗したファイターズはマリーンズに並ばれ、5位転落が目前に迫った。


連敗脱出への起爆剤として起用されたドラフト1位ルーキー、先発の吉田輝星荻野貴司の先頭打者本塁打に始まり3本の本塁打を浴びて三回途中でKO。鎌ケ谷から呼び寄せていきなり“九番・左翼”でスターティングラインアップに名を連ねた同じく高校卒ルーキーの万波中正も3打数2三振0安打で第四打席では代打を送られた。


ようやく反撃の体をなした八回裏にはサウスポーの松永昂大に対して、四番の清宮幸太郎に代打、横尾俊建を送るなりふり構わぬ選手起用を見せたが、吉田輝らによる大量失点に追いつけなかった。


前エントリーで“化けの皮が剥がれ”という表現を用いたがまさにチームが崩れていっている感じだ。ここから再び這い上がってほしいものだが…。


(写真:本塁打が出れば同点という八回裏二死満塁での打席に代打を送られて戸惑う四番打者、清宮幸太郎。)

 

続きを読む "四番打者に代打起用、なりふり構わぬ采配も実らずファイターズはついに5位転落目前。" »

2019年8月13日 (火)

目を覚ましてください。

Adsc_2765
ファイターズはホークスとの三連戦に三タテをくらい、その前から合わせて6連敗。そろそろ勝つだろうと安直な気持ちで13日の東京ドームに足を運んだが、連敗を止めたのはファイターズではなく相手のマリーンズだった。


1対0で迎えた七回表に石川直也で同点にされ、同点で迎えた九回表に秋吉亮が打たれるという残念な展開。「1点じゃ勝てないよ!」と言いたいところだが、1対0だろうと10対9だろうと1点リードしていたら石川直、宮西尚生、秋吉とつなぐのがファイターズの野球。それが今日は上手く出来なかった。


右手痛で見ていても痛々しかった中田翔が登録抹消になったと聞いて何故か安堵の気持ちが起きたが、プロ入り後初めて四番に座った清宮幸太郎に期待をしたものの結果を出せなかった。


7連敗。お盆休みに入るときには首位のホークスと直接対決だと色めき立ったファンの期待に背き、今日からの対戦は4位攻防戦!? 今ではAクラスも危うい…。


生観戦して負けたから余計に感じることなのかもしれないが、堀瑞輝のオープナー起用とか、今からでも見直した方が良いのではないか?


(写真:一回裏二死、先発して二回表の投球に備えて一塁ベンチ前で投球練習する堀瑞輝。)

 

続きを読む "目を覚ましてください。" »

2019年6月 8日 (土)

こんな野球をしていては連勝できない…。

Adsc_7026
今日(8日)は東京ドームでジャイアンツ対マリーンズ戦を観てきた。ジャイアンツが最終回に1点のリードを守れず、逆転されてその裏に岡本和真の本塁打で1点差に迫ったがそこまで。勝っていれば6日のゴールデンイーグルス戦から三連勝で、交流戦になって二カード連続勝ち越しを決めるところだったが最後にひっくり返された。


負けたのだから、相手が上だったのだろう。しかし、野村克也元監督の言葉では無いが“負けに不思議の負けなし”だ。こんな野球をしていては勝つにしても連勝できないだろう。


(写真:九回裏二死、代打のアレックス・ゲレーロが右飛に倒れて試合終了。勝利を分かち合う益田直也、細川亨のバッテリー。奥は凡退したゲレーロ。)

 

 

続きを読む "こんな野球をしていては連勝できない…。" »

2019年4月24日 (水)

試合にはあっさりと敗れる。個人的な収穫は関東5球場制覇……。【4/20ZOZOマリンMvsF生観戦記】

Adscn0957
いつもなら贔屓チームがどんなに惨敗しても生観戦から帰宅したら観戦記を書いているのだが、何故か先週20日に生観戦したマリーンズ対ファイターズ戦はそんな気分にならなかった。ファイターズは敗れたとはいえ惨敗した訳ではない。それが証拠に、相手の最後に投げた投手にセーブが記録されているし、最終回の反撃でも主砲に一発が出れば同点になる場面もあった。


もう生観戦から四日が過ぎた。試合の内容もさることながら、個人的な収穫に付いて書き、備忘録とさせていただく。


(写真:20日のマリーンズ対ファイターズ戦のスターティングメンバー。ファイターズのスタメン全員の本塁打を合計しても、ブランドン・レアードひとりの本塁打数に及ばない…。)

 

続きを読む "試合にはあっさりと敗れる。個人的な収穫は関東5球場制覇……。【4/20ZOZOマリンMvsF生観戦記】" »

2019年4月13日 (土)

昨夏の甲子園大会決勝戦の再現、吉田輝星vs藤原恭大で始まった試合は見所満載の大熱戦に!

Adsc_1448
今日(13日)のファイターズスタジアムはドラフト1位の吉田輝星が先発登板することが事前に報じられたこともあって開場前から多くのファンが詰めかけた。


対戦相手のマリーンズに昨年夏の甲子園大会の決勝戦で吉田輝が所属する金足農業と対戦した大阪桐蔭の藤原恭大がいる。しかも藤原は“一番・センター”で出場。プレイボール即、注目の対決。


試合は他にも注目の選手が多数出場。役者が揃った感じで今季最多3,330人プラス93匹を魅了する熱戦となった。


(写真:先発の吉田輝星。マウンドの土の色が部分的に異なるのは札幌ドームと同じ土を入れているからだそうだ。)

 

続きを読む "昨夏の甲子園大会決勝戦の再現、吉田輝星vs藤原恭大で始まった試合は見所満載の大熱戦に!" »

2019年3月 9日 (土)

♪クッククック~苦ッ苦苦ッ苦~青息吐息~

Adsc_7639
先週
2日の東京ドームでの一軍オープン戦に続いて今日(9)はジャイアンツ球場でイースタン教育リーグを観戦した。ジャイアンツでは11年ぶりとなる“背番号19”の上原浩治や、守護神候補の新外国人、ライアン・クックが登板。入場無料の試合にしては贅沢な顔ぶれだった。


タイトルで守護神候補がどうだったか想像付いてしまうが…


(写真:七回表にジャイアンツの三番手として登板した守護神候補の新外国人、ライアン・クック。)

続きを読む "♪クッククック~苦ッ苦苦ッ苦~青息吐息~" »

2019年2月11日 (月)

本当は凄い(かもしれない)田村龍弘

Adsc_4548
元々は昨年の今頃に、ファイターズで入団四年目になる捕手の清水優心が今季(昨年のこと)正捕手として起用されそうだということで高校卒入団ながら若くして一軍でマスクをかぶる経験が多い捕手を、歴代の高校卒入団の名捕手と比較してみようと調べたのが始まりだった。


だが、調べてみたら清水どころか、マリーンズの正捕手、田村龍弘が高校卒入団ながらどんどん起用されていたことがわかった。

続きを読む "本当は凄い(かもしれない)田村龍弘" »

2019年2月 2日 (土)

第3回川崎球場今昔物語 君は川崎球場を知っているか?

Adscn0623
今年で三回目となる、現在はアメリカンフットボールの試合などに使われている富士通スタジアム川崎にて行われる、かつて大洋ホエールズやロッテオリオンズの本拠地球場として使用されていた川崎球場を振り返るイベント『君は川崎球場を知っているか?』2日、行われた。敗戦処理。は昨年に続き、参加してきた。


(写真:トークショーで客席に“投球”する村田兆治氏)

続きを読む "第3回川崎球場今昔物語 君は川崎球場を知っているか?" »

2019年1月27日 (日)

こんなオーダーが観たい!-2019年パ・リーグ篇

Acsc_6778
前エントリーこんなオーダーが観たい!-
2019年セ・リーグ篇 に続いて、今回はパ・リーグ篇。こちらも予想ではなく願望、または妄想である。

続きを読む "こんなオーダーが観たい!-2019年パ・リーグ篇" »

より以前の記事一覧

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック