フォト
無料ブログはココログ

2017年6月21日 (水)

井口資仁と福浦和也

Adsc_7190
マリーンズのベテラン、井口資仁20日、今シーズン限りでの現役引退を発表した。井口自身は昨シーズン終了後の今シーズンに向けた契約更改の席上で2017年シーズン限りでの現役引退の意思をフロントに伝えていたという。一時はシーズン開幕前に公表することも考えたが、マリーンズがオープン戦で絶好調、十二球団トップの勝率で公式戦開幕を迎えたので水を差すことになってはと延期していたという。


井口は今年の12月に43歳になる超ベテランだが、試合終盤のここ一番という場面で代打に出てくると、全盛期よりは衰えたとはいえ、一つ間違えたら大きいのを食らうのではないかという恐怖感は健在。今回の引退表明を機に、吹っ切れたようにこれからの試合で達観したベテランならではの打撃をされたら、パ・リーグではファイターズを応援している敗戦処理。には新たな脅威になるかもしれない。


そしてマリーンズにはもう一人、その井口をも上回るカリスマ的人気を誇る生え抜きの超ベテランがいる。


(写真:代走を送られてベンチに戻る井口資仁<写真奥>と代打起用されて打席に入った福浦和也。 2017年5月撮影)

続きを読む "井口資仁と福浦和也" »

2017年5月21日 (日)

マリーンズにキューバ代表のロエル・サントスは必要ないのか?

Adsc_1272
18
日、パ・リーグ最下位を走り連敗中だったマリーンズはキューバ代表で今春のWBCでも侍ジャパンと対戦したロエル・サントス外野手の獲得を発表した。チーム打率が2割にも届かず、本塁打数も最少で打線のテコ入れが必須条項だっただけにようやく補強したかという感じだ。


だが現場の伊東勤監督は「絶対に必要という感じではない」と、何ともはやのコメント。大砲型の新外国人選手を希望していたのに、獲得したのはリードオフマンタイプの選手だったのでつい本音の不満が出たようだ。


はたして、サントスは今のマリーンズに必要ない選手なのか?


マリーンズが今の状態から脱出するには?


(写真:マリーンズが獲得を発表したキューバ代表のロエル・サントス。因みに左打者です。 20173月撮影)

続きを読む "マリーンズにキューバ代表のロエル・サントスは必要ないのか?" »

2017年5月20日 (土)

今年一番暑かった試合

Cdsc_7269
“熱かった”ではなく“暑かった”。今日20日、約一か月ぶりに敗戦処理。はファイターズスタジアムを訪ねた。昨年、熱中症対策に持ち込んで奏功した冷えたびわ茶を入れた水筒を今年になってからは初めて野球観戦に持ち込んだが、大活躍してくれた。


ファイターズスタジアムでは昨年まで好評だった300円で飲み放題だったドリンクバーをやめてしまったので、お財布的にも助かったが、今年も熱中症対策で行けそうだ。


(写真:試合前のファイターズの打撃練習の間に遠投をする大谷翔平)

続きを読む "今年一番暑かった試合" »

2017年5月14日 (日)

ファイターズが札幌ドームに続き東京ドームでもマリーンズをスイープ。次は首位のゴールデンイーグルスを叩けるか!?

Adsc_6914
タイトルの通り。ファイターズは札幌ドームに続いて東京ドームでもマリーンズに三連勝した。昨日
(13)は観ていていかにも5位と6位の対戦という感じだったが、今日のファイターズはファイターズの野球をして4対2でマリーンズに勝った。まぁいささか蚊帳の外の人もいたが…。


これで10日のライオンズ戦から4連勝。だがまだファイターズは5位。次節16日からは秋田と盛岡で首位のゴールデンイーグルスに挑戦する。開幕から順調に走るゴールデンイーグルスを叩いてこそ昨年のチャンピオンチーム、ファイターズが本来の姿に戻るきっかけになるが…


(写真:五回裏、決勝打を放つブランドン・レアード。1試合2本塁打を放っても、日本タイ記録の4打数連続本塁打を放ってもヒーローインタビューに呼ばれなかったが今日は…)

続きを読む "ファイターズが札幌ドームに続き東京ドームでもマリーンズをスイープ。次は首位のゴールデンイーグルスを叩けるか!?" »

2017年5月13日 (土)

元ジャイアンツの二人が連日東京ドームで「ファイターズ最高!」と絶叫

Adsc_6583
ファイターズとジャイアンツの間では近年多くのトレードが行われているが、ジャイアンツ出身のファイターズがかつての本拠地東京ドームで連日活躍。ヒーローインタビューでは矢野謙次ばかりか大田泰示まで「ファイターズ最高!」と絶叫した。


ファイターズは昨日(12)の、東急フライヤーズ時代以来67年ぶりとなる1試合7本塁打の爆勝に続き、今日(13)も二桁得点でマリーンズに連勝。今日はいかにも5位と6位の戦いという感じもしたが、何はともあれ勝ってくれてありがたかった。


しかし、まさか連日、元ジャイアンツの選手による古巣本拠地東京ドームでの「ファイターズ最高!」が聞けるとは!


(写真:ヒーローインタビューで決め台詞の「ファイターズ最高!」を絶叫する矢野謙次)

 

続きを読む "元ジャイアンツの二人が連日東京ドームで「ファイターズ最高!」と絶叫" »

2017年3月26日 (日)

二塁すら踏めない…。ジャイアンツがオープン戦最終戦に完封負けしてオープン戦勝率最下位で公式戦開幕へ。

Adsc_3249
オープン戦の最後になって、ようやくジャイアンツの試合を生観戦出来た。



ジャイアンツは昨日25日の対マリーンズ戦で勝利してオープン戦の連敗を6で止めたが、今日は唐川侑己以下6人の投手による継投の前に散発の4安打のみ。二塁すら踏めないで完封負けを喫した。


ジャイアンツはオープン戦を514敗で終え、オープン戦とはいえ勝率は十二球団で最下位になった。


オープン戦だから必ずしも勝敗という結果がすべてではないとはいえ、公式戦開幕を五日後に控え、不安なまま公式戦に突入する。


(写真:六回裏二死から立岡宗一郎が二塁盗塁を試みるも失敗。ジャイアンツは結局誰も二塁を踏めなかった…。)

続きを読む "二塁すら踏めない…。ジャイアンツがオープン戦最終戦に完封負けしてオープン戦勝率最下位で公式戦開幕へ。" »

2017年3月12日 (日)

大谷翔平フィーバーに沸く鎌ケ谷でドラフト1位の堀瑞輝がデビュー。

Adsc_1851
「東京野球ブックフェア」
二日目も気になる中、今日
(12)敗戦処理。は鎌ケ谷で行われているイースタン・リーグ春季教育リーグ、ファイターズ対マリーンズ戦を生観戦してきた。


右足首痛で侍ジャパンのメンバー入りを辞退した大谷翔平が、前日(11)に続き出場するということで連日の2000人超のファンが詰めかけたが、その大谷が二打席で退いた後、ファイターズのドラフト1位ルーキー、堀瑞輝が“初”登板。

 

教育リーグはこうでないと!

 

(写真:教育リーグとはいえ、七回表にプロ入り“初”登板を果たしたファイターズのドラフト1位ルーキー、堀瑞輝。)

続きを読む "大谷翔平フィーバーに沸く鎌ケ谷でドラフト1位の堀瑞輝がデビュー。" »

2017年2月12日 (日)

ホークスがようやくデスパイネ獲得を発表。-でも何でこの時期にと困惑する人達!?

Adsc_0252
11
日、ホークスは昨年までマリーンズに所属していたアルフレド・デスパイネを獲得したと発表した。


デスパイネの去就に関しては昨シーズン終了後、新たな契約延長を望むマリーンズ球団とデスパイネとの折り合いがつかず、マリーンズが契約続行を断念した昨年12月からホークスが獲得に動くと見られていたが、ここに来てようやくの獲得発表。ファンの中には「え、まだ決まってなかったの?」と驚いた方も少なくなかったのでは無いか?


(写真:ホークス入団が決まった前マリーンズのアルフレド・デスパイネ 20163月撮影)

続きを読む "ホークスがようやくデスパイネ獲得を発表。-でも何でこの時期にと困惑する人達!?" »

2017年1月29日 (日)

ながさわたかひろさん、木場に進出

Adsc_3406
敗戦処理。にとってのオフシーズンの恒例行事のひとつ、ながさわたかひろさんの個展に今日(29)行ってきた。場所は、例年の神楽坂を飛び出して、木場にあるEARTH+GALLERY。今日が初日なのでオープニングイベントやレセプションが行われた。



年々、人の輪が大きくなっていく。


(写真:個展初日のトークイベントを行った、ながさわたかひろさん<左>と市川真人氏<右>)

続きを読む "ながさわたかひろさん、木場に進出" »

2017年1月28日 (土)

こんなオーダーが観たい!-2017年パ・リーグ篇

Adscn3209
セ・リーグに続いてパ・リーグです。球団別に、敗戦処理。が観たいと思うオーダーを書いてみます。念のため断っておきますがこれは“予想”ではありません。あくまで“願望”です。



フリーエージェントを行使した選手の行き先も決まり、その補償で動く選手も決まった。まだ球団によってはこれから新外国人選手を獲得するなどの動きのある球団もあるだろうが、例年同様、春季キャンプが始まって新外国人選手の情報などが入ってくる前にやってみる。

続きを読む "こんなオーダーが観たい!-2017年パ・リーグ篇" »

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック