フォト
無料ブログはココログ

2018年1月18日 (木)

東京スポーツが報じたドラゴンズ岩瀬仁紀の人的補償移籍拒否は本当なのか?

Adsc_0176
昨日17日の東京スポーツが1面で報じた、ドラゴンズの岩瀬仁紀がフリーエージェントでの大野奨太獲得に伴う人的補償でファイターズから指名されながら移籍を拒否したという報道に関して、今このエントリーを書いている時点で他の媒体が一切取り上げている様子がないのだが、記事にあるとおり、移籍拒否があってファイターズが大人の対応をして金銭のみの補償に切り替えたとしたら、ドラゴンズだけでなくファイターズ側も問題のある対応だったと言わざるを得ないが、果たして真相は…!?


(写真:ファイターズから人的補償での移籍を求められながら拒否した斗東京スポーツが報じた岩瀬仁紀<左>。 2009年4月撮影)

続きを読む "東京スポーツが報じたドラゴンズ岩瀬仁紀の人的補償移籍拒否は本当なのか?" »

2017年11月 5日 (日)

異常識の采配!?-2017年日本シリーズ雑感

Adscn0554
盛り上がりに盛り上がった今年の日本シリーズは第
6戦でホークスが延長十一回の死闘を制して二年ぶりの日本一を勝ち取った。セ・リーグで3位ながらクライマックスシリーズを勝ち上がったベイスターズは3連敗の後に2連勝と粘りを見せたが、ついに力尽きた。


今年はジャイアンツもファイターズも日本シリーズどころかクライマックスシリーズにすら出場できず個人的に寂しいポストシーズンゲームだったが、やや距離を置いて観ただけに物足りなさもあったが俯瞰で観る楽しさもあった。特にこの日本シリーズは本当に素晴らしかったが、第6戦には特に唸らされた。


(写真:ホークスが日本一を決めた日本シリーズ第6戦でまさかの3イニングを力投して日本シリーズのMVPに輝いたデニス・サファテ。 20164月撮影)

続きを読む "異常識の采配!?-2017年日本シリーズ雑感" »

2017年10月27日 (金)

クライマックスシリーズとポスティングシステム 

Acsc_0612
案の定とでも言おうか、セ・リーグをぶっちぎりの独走で優勝したカープがクライマックスシリーズで敗れたことでクライマックスシリーズという制度に関してカープのファンから異議が唱えられ始めた。確かに、長丁場143試合の公式戦で2位のタイガースを10ゲーム差、3位のベイスターズに至っては14.5ゲーム差もつけながら短期決戦でそれがひっくり返り、昨年逃した日本一への挑戦権を失ってしまったのだから、文句を言いたくなるのはわかる。だが…。

続きを読む "クライマックスシリーズとポスティングシステム " »

2017年10月16日 (月)

大雨の甲子園球場でクライマックスシリーズを強行開催

Advc00013
15
日に甲子園球場で行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ、ファーストステージの第二戦は大雨の中、強行挙行(開催)し、内野には水たまりができ、外野に転がるゴロの打球は水によって勢いが殺される。両軍の選手が泥だらけになりながら九回終了まで行われ、ベイスターズが13対6で勝って11敗のタイに持ち込んだ。



今日16日に行われる予定の第三戦は試合前に中止になり、明日17日に延期。予備日はこの一日だけで、18日にはマツダスタジアムでカープと、このファーストステージを勝ち上がったチームとの間でファイナルステージの第一戦が行われる。


明日、勝った方がファイナルステージに進出するが、レギュラーシーズンで上位(2位)だったタイガースは試合が引き分けでも、また、試合が中止になってもファイナルステージに進出することになる。つまり、タイガースは基本的には明日負けない限り、ファイナルステージの進出権を手にする。


それにしても、15日の第二戦は酷かった。


(写真:試合開始前の降雨で内野部分にシートをかぶせて回復を待つ甲子園球場 20076月撮影)

続きを読む "大雨の甲子園球場でクライマックスシリーズを強行開催" »

2017年7月30日 (日)

菅野智之、力でベイスターズ打線を封じて8回1失点で11勝目!

Adsc_3387
4月1日の開幕第二戦以来、今日(29)は約四か月ぶりにジャイアンツの一軍の試合を生で観た。別に弱いから足が球場に向かわなかった訳ではない。相変わらずチケットが入手困難なのに加え、なかなか予定が取れなかった。結局、いつ行っても観戦できるファームの試合観戦が多くなった。



三塁側内野B指定席といってもほとんどレフト寄り。四方八方をベイスターズファンに囲まれながらの生観戦だったが、先行逃げ切り、菅野智之の熱投、粘投でベイスターズ打線を封じ、51で快勝してくれた。


(写真:8イニングを暴投による1失点に抑える好投をした菅野智之)

続きを読む "菅野智之、力でベイスターズ打線を封じて8回1失点で11勝目!" »

2017年7月17日 (月)

ファイターズスタジアムに“スコールタイム”が帰ってきた!

Adscn4521


約一か月ぶりにファイターズスタジアムに行ってきた。今日(17)海の日はマスコットのC☆Bの誕生日だ。祝日である海の日に主催試合を組める確率は単純計算で7分の3。約43%だが、イースタン・リーグの球団の中には興行という意識が薄い球団があるのか、このかき入れ時にほぼ毎年ファイターズのファームは本拠地ファイターズスタジアムで試合を組めており、C☆Bも多くのファンに誕生日を祝福されながらも5歳の壁をクリア出来ず、ずっと4歳のままにいる。



今日は久しぶりに“スコールタイム”を実施。予め放水の対象になるエリアには警鐘が鳴らされていたが、軽く考えているのか、とにかく暑さを何とかしたいのか、大人も子供も水をかけられて喜んでいた。


(写真:三塁側内野自由席の一部が餌食となった鎌スタ名物スコールタイム)

続きを読む "ファイターズスタジアムに“スコールタイム”が帰ってきた!" »

2017年7月 8日 (土)

横須賀スタジアムはいつから一塁側がビジターになったの?

Adsc_02631
久しぶりに横須賀スタジアムに行ってきた。調べたら何と五年ぶりだった。以前はジャイアンツ戦かファイターズ戦を少なくとも一年に一回程度は観戦に出向いていたが、しばらく足が遠のいていた。



スタンドに入ったらビジターのジャイアンツが一塁側になっている。まるで浦島太郎状態だった<苦笑>


(写真:育成選手二年目でイースタン公式戦初本塁打を放ったジャイアンツの増田大輝)

続きを読む "横須賀スタジアムはいつから一塁側がビジターになったの?" »

2017年7月 6日 (木)

【緊急トレード】エドウィン・エスコバー×黒羽根利規

Adsc_6883
今日(6日)はセ・リーグの首位攻防…あ、いや、もとい、昨年の1位と2位のチームの直接対決をラジオで聞いていたのだが、一瞬耳を疑った。ファイターズのエドウィン・エスコバー投手とベイスターズの黒羽根利規捕手の1対1の交換トレードが6日、成立したというのだ。エスコバーは3日に外国人枠の関係で一軍登録を外れたばかりだった。


(写真:ベイスターズへのトレードが決まったファイターズのエドウィン・エスコバー投手。 2017年5月撮影)

続きを読む "【緊急トレード】エドウィン・エスコバー×黒羽根利規" »

2017年6月20日 (火)

交流戦最終戦にバファローズ金子千尋先発の怪!?

Adsc_4079
今年のセパ交流戦は天候に恵まれ、一度の雨天中止もなく全108試合を日程通りに消化するかと思えたが、最終日の18日になって横浜スタジアムのベイスターズ対バファローズ戦が試合中の降雨により二回でノーゲームとなり、予備日の19日にこのカードが一試合だけが行われた。



敗戦処理。が注目したのはこの振替試合にバファローズがエースの金子千尋を先発させたことである。


(写真:今年の交流戦唯一の振替試合となった19日のベイスターズ対バファローズ戦に先発したバファローズの金子千尋。 2017年4月撮影)

続きを読む "交流戦最終戦にバファローズ金子千尋先発の怪!?" »

2017年4月22日 (土)

明日一軍登録解禁の中田翔が鎌ヶ谷で豪快な一発。-元祖“平成のON砲”が初めてファイターズのユニフォームで鎌ケ谷にそろい踏みした日

Adsc_4520
決して現実逃避をするわけではないが<苦笑>今日(22)はファイターズスタジアムに行ってきた。明日23日に一軍再登録が解禁になる中田翔がヤクルト戸田球場でのスワローズ戦に続いて出場し、しかも一塁の守備につくとのこと。


そしてその
中田だけでなく、20日に実戦復帰した大田泰示も「一番・右翼」で出場。元祖“平成のON砲”の二人が久々に、そしてファイターズの選手としては初めて鎌ヶ谷で共演した。

続きを読む "明日一軍登録解禁の中田翔が鎌ヶ谷で豪快な一発。-元祖“平成のON砲”が初めてファイターズのユニフォームで鎌ケ谷にそろい踏みした日" »

より以前の記事一覧

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック