フォト
無料ブログはココログ

2020年4月 9日 (木)

関根潤三さん、逝く。

Adsc_1551
拙blogではこのところ、少しでも明るい話題をと取り上げてきたが、残念な訃報が入ってきた。ホエールズやスワローズで監督を務め、ニッポン放送での解説ぶりでも人気を博した関根潤三さんがなくなられた。93歳だったという。


謹んでご冥福をお祈りいたします。

続きを読む "関根潤三さん、逝く。" »

2020年1月26日 (日)

こんなオーダーが見たい-2020年セ・リーグ篇

Acsc_5731
今度はセ・リーグ。こちらも昨年の下位チームからということで、スワローズから。2月に入って春季キャンプの報道が情報で入ってくる前に妄想します。念のために書きますが、パ・リーグ篇同様にこれは願望であって予想ではない。

 

 

 

続きを読む "こんなオーダーが見たい-2020年セ・リーグ篇" »

2020年1月 2日 (木)

これ以上ない歓喜。優勝する瞬間を間近で観る幸せ。【回想】敗戦処理。生観戦録-第46回 2019年(令和元年)編

Acsc_9826 敗戦処理。が初めて日本のプロ野球を生観戦した1974年(昭和49年)から、その年の生観戦で最も印象に残った生観戦を選んで書き起こすこのコーナーも、一通り書き上げたので年に一回、その前年の生観戦を振り返って書くスタイルになっている。今回は昨年2019(令和元年)の生観戦の中から最も印象に残っている試合をあらためて振り返る。敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each year


1974(昭和49)に初めてプロ野球を生観戦した敗戦処理。はその後毎年、途切れることなく数試合から十数試合を生観戦しています。そこで一年単位にその年の生観戦で最も印象に残っている試合を選び出し、その試合の感想をあらためて書いていきたいと思います。


【回想】敗戦処理。生観戦録- my only one game of each year46回 2019(令和元年)


(写真:五年ぶりのリーグ優勝を決め、ナインから胴上げされる原辰徳監督。 2019年9月撮影)

 

 

 

続きを読む "これ以上ない歓喜。優勝する瞬間を間近で観る幸せ。【回想】敗戦処理。生観戦録-第46回 2019年(令和元年)編" »

2019年10月12日 (土)

ドラフト会議でくじ運が強い球団は!?

Adsc_6358

パ・セ両リーグは12日こそ台風19号の影響を考慮して中止になったものの両リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージにファンの耳目が集まっているが、そんな中、17日にはドラフト会議が開かれる。


アマチュアのドラフト候補に疎い敗戦処理。だが、くじ運が強い球団はどこなのか?調べてみた。ゴールデンイーグルスが参入した2004年から昨年までのドラフト会議でくじ運が強い球団を調べてみた。これはあくまで、指名が重複して競合になった際のくじ引きの勝敗だけを調べるもので、交渉権を得て獲得した選手が活躍したか否かは関係ない。


(写真: 17日に行われるドラフト会議の目玉選手とされる佐々木朗希投手。2019年8月撮影)

続きを読む "ドラフト会議でくじ運が強い球団は!?" »

2019年9月21日 (土)

ジャイアンツが5年ぶりにリーグ優勝!

Adsc_9825
21
日、リーグ優勝までのマジックを2としていたジャイアンツはマジック対象チームであるベイスターズと対戦。九回表二死まで1点ビハインドだった試合を追いつき、延長十回に勝ち越して優勝を決めた。今季生観戦15敗の敗戦処理。が生観戦したので負けたら“疫病神”というタイトルのエントリーにしようかとも思ったが、劇的な勝ち星で原辰徳監督の優勝胴上げを生で観ることが出来た。


おめでとう、読売ジャイアンツ!


(写真:リーグ優勝を決め、胴上げされる原辰徳監督)

 

 

 

続きを読む "ジャイアンツが5年ぶりにリーグ優勝!" »

2019年9月 2日 (月)

「生」観戦した野球場【番外編】-DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA

Adsc_1791dock_of_baystars_yokosuka
いろいろな野球場で日本のプロ野球を観てきました。だからどうしたと言われればそれまでですが。


拙blogではかつて毎月2日に、企画ものを定期的にエントリーしていました。新たに初めて生観戦する球場があれば、翌月以降の2日にその球場に関してエントリーを立てていました。今回は試合を観戦した訳ではありませんが、7月にオープンしたベイスターズの新しい練習施設であるDOCK OF BAYSTARS YOKOSUKAを8月11日に観てきましたのでその感想を書いてみます。8月24日に初めて生観戦した、ゴールデンイーグルスのファームの本拠地、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉に関しては機会を改めます。


番外編 DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA

続きを読む "「生」観戦した野球場【番外編】-DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA" »

2019年8月25日 (日)

1点勝負の試合で2点目を取られたらダメ…

Adsc_5978
今日(25)の東京ドームのジャイアンツ対ベイスターズ戦は山口俊今永昇太の先発だったから1点勝負を覚悟していたが、その通りになってしまった。ジャイアンツが先に1点を失い、0対1のまま試合が進み、ベイスターズに追加点が入ってしまい、ジャイアンツにとっては絶望的な展開になってしまった。


前日の様なことは、そうは続かない。この試合の生観戦のために昨日の仙台からトンボ帰りで帰京したが、勝ち試合を観ることは出来なかった。


(写真:先制点に続き、またも乙坂智に適時打を浴び2点目を失って降板する山口俊。七回途中で2失点なら普通の試合では及第点だが…。)

 

 

 

続きを読む "1点勝負の試合で2点目を取られたらダメ…" »

2019年7月22日 (月)

球界に久々“文春砲”炸裂!

Adsc_9012
17日の日刊スポーツを見て驚いた。ベイスターズの投手、綾部翔が球団から無期限謹慎処分を受けたという記事が出ていた。


DeNAは16日、所属する綾部翔(かける)投手(22)が、未成年の少女と関係を持ったことが発覚したことを発表した。それを受けて球団は、該当選手の無期限謹慎処分を下したことも重ねて発表した。


これは問題だ。だが、スクープした『週刊文春』7月25日号を読むと、もっととんでもない問題を含んでいることがわかった。


(写真:7月7日に行われたイースタン・リーグ公式戦、対ファイターズ戦に登板した綾部翔。現時点で最新の登板… )

 

続きを読む "球界に久々“文春砲”炸裂!" »

2019年7月20日 (土)

吉田輝星、2点のリードを守れず

Adsc_9951
今日(20日)は約一ヶ月半ぶりに鎌ケ谷に行ってきた。今日は恒例の“鎌スタ祭”で、さぞかし大勢のファンで賑わい…と思ったがいつもの土日並みだった。


ファイターズはジャイアンツから戻ってきた吉川光夫が先発し、二番手には吉田輝星だった。タイトルに書いた通り、リリーフの吉田輝が打たれてしまった。


(写真:勝ち越しの本塁打を浴び、呆然と打球方向を見る吉田輝星)

 

続きを読む "吉田輝星、2点のリードを守れず" »

2019年7月 7日 (日)

九回二死からの大逆転劇といえば聞こえが良いが、実態は18残塁の大拙攻試合…。

Adsc_9215
今日(7日)は約1カ月ぶりにファイターズのファームの試合を観に行った。初回から両軍ともに三者残塁という試合でファイターズは徐々にベイスターズに点差を離され、反撃を試みるも残塁の山。典型的な負け試合かと思ったが九回表に劇的な逆転をし、そのまま逃げ切った。バッティングパレス相石スタジアムひらつかのスタンドは九割方ベイスターズファンで埋まっていたが、数少ないファイターズファンにとってはたまらない試合…と言いたいところだが毎回の18残塁で2016年にスワローズが記録した一試合20残塁というイースタン・リーグ記録にあと2つだった。

 

 

八回の攻撃を終わって17残塁だったから九回表の攻撃で三者残塁に終われば記念すべきリーグタイ記録を目撃できたのだが、その九回表に二死から大逆転。逆転打を放った谷口雄也が二塁に残塁したので18残塁となり惜しくもタイ記録を逃した。

 

(写真:谷口雄也の右前安打で今井順之助が二塁から決勝のホームイン)

 

続きを読む "九回二死からの大逆転劇といえば聞こえが良いが、実態は18残塁の大拙攻試合…。" »

より以前の記事一覧

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック