フォト
無料ブログはココログ

2020年10月18日 (日)

戸根千明、二刀流への道険し-どんな“二刀流”を目指しているのだろうか!?

Adsc_4972
ジャイアンツに投手として入団した戸根千明が今季途中から“二刀流”に挑戦している。今週13日からはイースタンの公式戦に打者として出場している。今日(18日)初めて生で観たが、印象としてはまだ時間がかかりそうだ…。

 

(写真:投ゴロに打ち取られる戸根千明)

続きを読む "戸根千明、二刀流への道険し-どんな“二刀流”を目指しているのだろうか!?" »

2020年10月 5日 (月)

ファイターズが球団創立以来5000敗に到達。

Adsc_0235
日、ファイターズはホークスに敗れ、1946(昭和21)にセネタースとして球界に参入して以来、通算5000敗となった。球団創立以来の敗戦が5000に到達したのは五球団目だが,パ・リーグの球団ではファイターズより歴史が長いバファローズに次いで二番目。栗山英樹監督は例によって「申し訳ない」とのコメントを残したそうだが、それはこの敗戦によって今季のファイターズが自力でクライマックスシリーズに進出する可能性がゼロになったことを重く見てのコメントだろう。栗山監督になってから5000敗した訳では無い。5000敗目を喫した時の監督が栗山監督だったというだけに過ぎない。

 

 

 

続きを読む "ファイターズが球団創立以来5000敗に到達。" »

2020年10月 4日 (日)

新型コロナウイルスと闘った梨田昌孝氏がNHKBS1の解説で現場復帰!

Adsc_0041
この春に新型コロナウイルスに感染して入院生活を余儀なくされていた梨田昌孝氏が4日、退院後、今季初めてのテレビ解説を務めた。球場という現場に訪れたのも闘病後初めてだったという。


梨田氏は京セラドーム大阪で行われたバファローズ対ゴールデンイーグルス戦の解説を担当。宮城大弥、瀧中瞭太という両ルーキーの先発で始まった試合を、実況担当の清水敬亮アナウンサーとともに特にブランクを感じさせることも無く解説した。


梨田氏が感染した事が報じられた頃には既に著名な芸能人が新型コロナウイルスによって命を落とした事が報じられていたので敗戦処理。だけでなく多くのファンを心配させたが,幸いにもその後退院。日刊スポーツでの評論活動を再開していたが、球場に来て、テレビ中継で解説をするのは今日が初めてだったという。


梨田さん、おめでとう!


(写真:梨田昌孝氏特有の“こんにゃく打法”。現役引退後の1999年11月に行われたジャイアンツとのOB戦にて撮影)

続きを読む "新型コロナウイルスと闘った梨田昌孝氏がNHKBS1の解説で現場復帰!" »

2020年9月23日 (水)

打つべき人が打ち、投げるべき人が抑えれば試合に勝てる!-今季初のファイターズ一軍戦生観戦を勝利で飾る。

Dsc_3570
中田翔
の先制本塁打を含む序盤の2本の2点本塁打で試合の主導権を握り、今,先発投手陣で最も頼りになる上沢直之が相手打線を抑え込む。中盤以降の追加点のチャンスをことごとく逃したのがちょっといただけないが、この日(22)一軍復帰した秋吉亮と、宮西尚生で逃げ切る。絵に描いたような勝ち試合を生で観ることが出来た。


今季のファイターズは新型コロナウイルス禍による日程変更で東京ドーム主催試合を全て中止にしてしまったので生観戦の機会を得られずにいたが、今季初めて、というか最初で最後になるかもしれないファイターズ戦生観戦で勝利。嬉しい形で四連休の最後を締めくくれた。


(写真:高橋光成の立ち上がりを攻めるのに成功。一回表、中田翔が先制2ラン本塁打。)

 

 

 

続きを読む "打つべき人が打ち、投げるべき人が抑えれば試合に勝てる!-今季初のファイターズ一軍戦生観戦を勝利で飾る。" »

2020年9月21日 (月)

0対5からの逆転。今季初めてファイターズのファームの勝ち試合を満喫。

 Adsc_3483
といってもまだ生観戦四試合目だが、今日(21日)ようやくファイターズのファームが勝つ試合を生で観ることが出来た。三塁側内野席を埋めたファイターズファンが口々に「今年初めての勝ち試合だよ」等と会話していたから,同じ感想の人が多かったようだ。三回表終了時点で0対5と劣勢の展開をひっくり返すという滅多に無い展開だったことも重なり、ファイターズファンが溜飲を下げた試合だった。


(写真:逆転勝ちし、ベンチ前で祝福し合うファイターズナイン)

 

 

 

続きを読む "0対5からの逆転。今季初めてファイターズのファームの勝ち試合を満喫。" »

2020年9月 8日 (火)

“良くて前同比7%、ワーストだと3.6%。”このままでは大変なことになる!?

Adsc_3376
日本野球機構(NPB)とJリーグは合同で政府に観客数の上限緩和のために要望書を提出した。当初政府は新型コロナウイルス感染症対策で9月末まで継続するとしていたイベントやプロスポーツの入場者数の制限を緩和する方向で検討し始めた。今週11日に行われる感染症対策分科会で判断される。


NPBとJリーグが要望するのは「2万人、あるいは50%の少ない方」。要望書を西村康稔経済再生担当大臣宛に提出したという。


◆ JリーグとNPB、政府へ要望書を提出。「2万人、あるいは50%の少ない方」に緩和へ

 

 

 

続きを読む "“良くて前同比7%、ワーストだと3.6%。”このままでは大変なことになる!?" »

2020年9月 5日 (土)

六回を終わって両軍合計で3安打、0対1の試合がその後… 

Adsc_0866
今日(5日)もファイターズスタジアムに行ってきた。タイトルの通り、六回裏を終わった時点ではスコアは0対1。安打数は両軍合計で3安打という静かな試合であったが、七回を境に試合は大きく動いた。


(写真:先発して3イニングを投げた吉田輝星)

 

 

 

続きを読む "六回を終わって両軍合計で3安打、0対1の試合がその後… " »

2020年8月22日 (土)

静かな鎌ケ谷で新旧“栄光のドラフト1位”が共演…

Adsc_1999
12
日の今季初生観戦以来、今日(22)は再びファイターズスタジアムに行ってきた。ジャイアンツ球場が有観客試合を始めるのが25日からなので、頼りは鎌スタになるのだ。ファイターズが吉田輝星、斎藤佑樹、吉川光夫と豪華な“栄光のドラフト1位”による継投を見せれば、相手のスワローズも16日まで一軍で先発ローテーションに加わっていた山中浩史がベテランらしい投球で七回途中まで踏ん張る。九回で決着が付かずに延長十回まで行われるがそれでも3時間足らずで終わる、暑さ対策的にも好都合な試合観戦となった。


(写真:“栄光のドラフト1位”共演の先陣を切る形で先発した吉田輝星)

 

 

 

続きを読む "静かな鎌ケ谷で新旧“栄光のドラフト1位”が共演…" »

2020年8月14日 (金)

金子弌大の起用法はこれでよいのか!?(2)

Adsc_0705
拙blogでは昨年7月3日付で金子弌大の起用法はこれでよいのか!?というタイトルのエントリーを立てたが、一年を経過してまた同じタイトルのエントリーを立てた。今季も金子弌大の起用法は疑問だらけだ。


【参考エントリー】
2019年7月3日付金子弌大の起用法はこれでよいのか!?

続きを読む "金子弌大の起用法はこれでよいのか!?(2)" »

2020年8月12日 (水)

遅まきながらようやく今季初の生観戦!

Adsc_1883_594
公式戦開幕から約2ヶ月弱。本来の開幕から遅れること約5ヶ月弱にしてようやく待望の生観戦を果たせた。先月から“有観客試合”を始めているファイターズスタジアムで、ファイターズ対ジャイアンツ戦というひいき球団同士の試合を堪能することが出来た。


炎天下で始まった試合内容はいかにも二軍の試合といったお粗末さが随所に垣間見られたが、何はともあれ球場で生観戦出来たことがこの上なくうれしい。

続きを読む "遅まきながらようやく今季初の生観戦!" »

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック