フォト
無料ブログはココログ

2019年4月30日 (火)

平成最後の日、平成第1号を放った原辰徳監督率いるジャイアンツ敗れる…。

Adsc_3840
今日(30日)は平成最後の日。平成元年の開幕で“平成第1号本塁打”を放った原辰徳が監督を務めるジャイアンツの平成最終戦を観に行ったが、ジャイアンツの選手に“平成最後の本塁打”が出るでも無く、ジャイアンツはドラゴンズに敗れてしまった。


(写真:最終回、ジャイアンツファンの期待を背負って代打で阿部慎之助が登場。“平成最後の日”に節目の通算400号が出るかとの期待も虚しく投ゴロ…)

 

続きを読む "平成最後の日、平成第1号を放った原辰徳監督率いるジャイアンツ敗れる…。" »

2019年3月23日 (土)

“ガッツ”凱旋試合で根尾昂がプロ入り初本塁打!

Acsc_9638_1
今日(23日)から甲子園球場では春の選抜高校野球大会が始まったが、敗戦処理。は三週連続で土曜日にはジャイアンツ球場へ。


かつて2007年から2013年までジャイアンツに在籍し、成績が振るわなかった晩年はこのジャイアンツ球場でひたむきに汗を流していた小笠原道大が今日のファーム交流戦の相手、ドラゴンズの二軍監督としてジャイアンツ球場に凱旋。


そして話題のドラフト1位ルーキー、根尾昂の出場も見込まれている。敗戦処理。はジャイアンツのグラウンドコートを着て、ドラゴンズファンで埋まる三里側スタンドの最前列に陣取った。


根尾は第三打席で、ジャイアンツの野上亮磨からレフトオーバーのソロ本塁打。ウエスタン・リーグ公式戦初本塁打を放って期待に応えた。


(写真:六回表にプロ入り初本塁打を放った直後の守備で、ドラゴンズファンからの“昂コール”に応え照れくさそうに帽子に手を当てる初々しい根尾昂。)

続きを読む "“ガッツ”凱旋試合で根尾昂がプロ入り初本塁打!" »

2019年3月 4日 (月)

ジャイアンツの坂本工宜、支配下登録される。-3月の公示より

Adsc_0147
今月2日に、育成選手契約から支配下登録されると発表されたジャイアンツの坂本工宜投手が今日4日付けで支配下選手として公示された。


坂本工は2日に記者会見も開いており、その際には背番号も006から58に変わった新しいユニフォーム姿も披露していたが、手続き的には今日4日に晴れて支配下選手として登録されたことになる。


(写真:3月4日付けで支配下選手として公示されたジャイアンツの坂本工宜。育成選手として入団した一年目の2017年の新人合同自主トレにて撮影)

続きを読む "ジャイアンツの坂本工宜、支配下登録される。-3月の公示より" »

2019年1月26日 (土)

こんなオーダーが観たい!-2019年セ・リーグ篇

Adsc_4747
早いもので、春季キャンプ突入まで一週間を切りました。拙blog恒例<!?>の妄想企画、各球団の新しい戦力などを踏まえ、今期、こんなオーダーをも見てみたいというのを考えてみた。毎年断っているがこれは予想ではなく願望である。まずは昨年日本シリーズで敗れたセントラル・リーグから。

続きを読む "こんなオーダーが観たい!-2019年セ・リーグ篇" »

2019年1月15日 (火)

立浪和義氏、権藤博氏、脇村春夫氏が新たに野球殿堂入り。

Adscn0511
今日(15)、東京ドームにある野球殿堂博物館にて本年度新たに野球殿堂入りを果たした三氏が発表され、通知式が行われた。新たに選ばれたのは競技者表彰部門のプレーヤー表彰として元ドラゴンズで日本プロ野球歴代8位となる通算2480安打、同歴代最多となる487二塁打を放った立浪和義氏、エキスパート表彰として現役時代はルーキーイヤーにいきなり35勝、二年目も30勝を挙げ、引退後には多くの球団でコーチを歴任し、監督に就任したベイスターズでは1998年にチームを38年ぶりにリーグ優勝、日本一に導いた権藤博氏、特別表彰では2002年から2008年まで第5代日本高等学校野球連盟会長を務め、プロ・アマ関係の交流促進に尽力した脇村春夫氏の三人。


三人の殿堂入りに心より敬意を表したい。そして権藤氏の祝福に訪れた杉下茂氏も93歳というご高齢ながら、お元気な姿を見せてくれた。


(写真:殿堂入りした権藤博氏を祝福する杉下茂氏。自身も1985年に野球殿堂入りしている。)

続きを読む "立浪和義氏、権藤博氏、脇村春夫氏が新たに野球殿堂入り。" »

2018年11月22日 (木)

ライオンズの高木渉、来季から支配下登録に!

Adsc_2414
ライオンズの育成選手、高木渉外野手が支配下選手登録されることになった。秋季キャンプ期間中に行われた契約更改の席で通達され、発表された。


このところ支配下の選手が育成選手契約になるというニュースばかり聞いていたので、ライオンズファンでもないのにほんわかするニュースだ。また、ドラゴンズの育成選手、渡辺勝外野手も支配下選手登録を勝ち取った。


(写真:来季から支配下登録されるライオンズの高木渉。背番号は今季の123から73に。 2018年9月撮影)

 

続きを読む "ライオンズの高木渉、来季から支配下登録に!" »

2018年8月18日 (土)

非の打ちどころのない試合-8.18巨人対中日生観戦記

Adsc_0789
先日の鎌ケ谷同様、ジャイアンツの一軍公式戦を生観戦するのも約五ヶ月ぶり。今日
(18)は開幕第二戦に今季の初勝利を見届けて以来の生観戦だったが、ジャイアンツファンとしては非の打ちどころのない試合を観ることが出来た。熱心に何度も何度も足を運んで、中には辛い思いになる試合を観る羽目になるファンも多いかもしれないが、幸いにも滅多に観ることが出来ない非の打ちどころのない試合を観ることが出来た。


(写真:完封勝利を挙げ、ウイニングボールを受け取ってナインを迎える菅野智之)

続きを読む "非の打ちどころのない試合-8.18巨人対中日生観戦記" »

2018年8月16日 (木)

【秋の椿事!?】勝率4位の球団が日本一になる!?

Advc00012
今年のセ・リーグで勝率4位の球団が日本シリーズで日本一になる可能性が浮上してきた。まさかとは思うが、あり得なくはない。


クライマックスシリーズの導入で、“勝率3位の球団が日本一になる?”、“勝率5割未満の球団が日本一になる?”等の問題点<!?>が危惧されてきたが、それらを上回る椿事の可能性が出てきた。

続きを読む "【秋の椿事!?】勝率4位の球団が日本一になる!?" »

2018年1月28日 (日)

こんなオーダーが観たい!-2018年セ・リーグ篇

Adsc_3463
東京では
22日に降った雪がまだそのまま残っているところが多いが、木曜日にはキャンプイン。そう、球春なのだ。


そこで今年も敢えて、キャンプが始まって新戦力などの情報が入ってくる前に各球団ごとに、こんなオーダーが観たい!というオーダーを書いてみる。念のため断っておくがこれは予想ではなく願望である。

 

続きを読む "こんなオーダーが観たい!-2018年セ・リーグ篇" »

2018年1月18日 (木)

東京スポーツが報じたドラゴンズ岩瀬仁紀の人的補償移籍拒否は本当なのか?

Adsc_0176
昨日17日の東京スポーツが1面で報じた、ドラゴンズの岩瀬仁紀がフリーエージェントでの大野奨太獲得に伴う人的補償でファイターズから指名されながら移籍を拒否したという報道に関して、今このエントリーを書いている時点で他の媒体が一切取り上げている様子がないのだが、記事にあるとおり、移籍拒否があってファイターズが大人の対応をして金銭のみの補償に切り替えたとしたら、ドラゴンズだけでなくファイターズ側も問題のある対応だったと言わざるを得ないが、果たして真相は…!?


(写真:ファイターズから人的補償での移籍を求められながら拒否した斗東京スポーツが報じた岩瀬仁紀<左>。 2009年4月撮影)

続きを読む "東京スポーツが報じたドラゴンズ岩瀬仁紀の人的補償移籍拒否は本当なのか?" »

より以前の記事一覧

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック