フォト
無料ブログはココログ

2017年10月16日 (月)

大雨の甲子園球場でクライマックスシリーズを強行開催

Advc00013
15
日に甲子園球場で行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ、ファーストステージの第二戦は大雨の中、強行挙行(開催)し、内野には水たまりができ、外野に転がるゴロの打球は水によって勢いが殺される。両軍の選手が泥だらけになりながら九回終了まで行われ、ベイスターズが13対6で勝って11敗のタイに持ち込んだ。



今日16日に行われる予定の第三戦は試合前に中止になり、明日17日に延期。予備日はこの一日だけで、18日にはマツダスタジアムでカープと、このファーストステージを勝ち上がったチームとの間でファイナルステージの第一戦が行われる。


明日、勝った方がファイナルステージに進出するが、レギュラーシーズンで上位(2位)だったタイガースは試合が引き分けでも、また、試合が中止になってもファイナルステージに進出することになる。つまり、タイガースは基本的には明日負けない限り、ファイナルステージの進出権を手にする。


それにしても、15日の第二戦は酷かった。


(写真:試合開始前の降雨で内野部分にシートをかぶせて回復を待つ甲子園球場 20076月撮影)

続きを読む "大雨の甲子園球場でクライマックスシリーズを強行開催" »

2017年10月13日 (金)

退任する掛布雅之タイガース二軍監督、フロント入りへ。

Adsc_0051
既に報じられているが、今季限りで退任したタイガースの掛布雅之二軍監督が来季は球団に残ってフロント入りするという。



掛布二軍監督は昨年、金本知憲監督の就任とともに二軍監督に就任。昭和63(1988)に現役を引退して以来の正式復帰だったが、二年間で再びユニフォームを脱ぐ。


ミスタータイガースはこの二年間の二軍監督生活が充実していたのだろう。他球団のファーム事情をいろいろと学びたいと、まだまだ意欲的だ。


(写真:ファイターズとのファーム交流戦で来鎌したタイガースの掛布雅之二軍監督。プロ入り後、初めての故郷千葉県での試合とあってグラウンドに姿を現す度に大歓声を浴びていた。 20168月撮影)

続きを読む "退任する掛布雅之タイガース二軍監督、フロント入りへ。" »

2017年10月 1日 (日)

ジャイアンツ11年目で初めてクライマックスシリーズ進出を逃す。

Adsc_9968
日、クライマックスシリーズ進出を狙う4位のジャイアンツはタイガースに45で敗れ、その後に3位のベイスターズがカープを相手に勝利したため、ベイスターズの3位が確定。4位に終わるジャイアンツは2006年以来11年ぶりのBクラスが確定し、2007年からスタートしたクライマックスシリーズに初めて進出できなくなった。


(写真:九回裏、1点差まで追い上げたものの陽岱鋼が投ゴロに倒れてジャイアンツ敗退。この後、ベイスターズが勝利してジャイアンツの今季のクライマックスシリーズ進出は消えた。)

続きを読む "ジャイアンツ11年目で初めてクライマックスシリーズ進出を逃す。" »

2017年4月29日 (土)

巨人対阪神戦はファームでも“伝統の一戦”なのか!?

Cdsc_5070
ゴールデンウイークの初日、それでなくてもファームの試合といえどもお客さんがいっぱい集まる祝日にジャイアンツのファームはよりによってタイガースとのファーム交流戦を組んだ。ファームがウエスタン・リーグに所属するタイガースを迎えて今日と明日の二連戦。もちろん一軍の交流戦同様、ファームの交流戦も公式戦の一部だ。


「昭和の日」らしく、昭和の一時代を築いた斎藤雅樹掛布雅之が率いるファーム版伝統の一戦。ジャイアンツ球場の試合では異例の3,063人もの入場者が集まるなか、平成の今、明日の一軍の舞台を狙うヤングジャイアンツが球場を駆け巡って“伝統の一戦”を制した。


(写真:試合開始前にメンバー表の最終確認を行う斎藤雅樹、掛布雅之の両監督。公認野球規則では試合開始5分前と定められているが、定刻の1分前…)

 

 

続きを読む "巨人対阪神戦はファームでも“伝統の一戦”なのか!?" »

2017年4月24日 (月)

鳥谷敬が試合に出続けるのは悪いことなのだろうか?

Adsc_0009
タイガースの鳥谷敬の連続試合出場が19日のドラゴンズ戦で1767試合に達し、監督である金本知憲の記録を超えて単独二位になった。これで上にいるのは2215試合連続出場で一時は大リーグをも含めた最高記録だった日本記録保持者の衣笠祥雄だけだ。


長年、内野守備で最も負荷が多いといわれる遊撃手を務め、昨年まで連続フルイニング出場試合記録も続けていたが、成績不振と守備力の低下から途絶え、連続試合出場記録が継続中である。


素晴らしい金字塔だと思うのだが、一方で「記録のためだけに出場を続けている」とか「金本監督は自分が現役時代に記録更新のために出場を続けてきたから鳥谷を試合から外せない」だの、鳥谷の記録に否定的な声も多い様だ。


今の鳥谷が試合に出続けるのは悪いことなのだろうか?


(写真:連続試合出場記録が歴代2位になったタイガースの鳥谷敬。 2014年3月撮影)

続きを読む "鳥谷敬が試合に出続けるのは悪いことなのだろうか?" »

2017年1月22日 (日)

こんなオーダーが観たい!-2017年セ・リーグ篇

Adscn2794
今年も懲りずにやります。球団別に、敗戦処理。が観たいと思うオーダーを書いてみます。念のため断っておきますがこれは“予想”ではありません。あくまで“願望”です。


フリーエージェントを行使した選手の行き先も決まり、その補償で動く選手も決まった。まだ球団によってはこれから新外国人選手を獲得したり、動きのある球団もあるだろうが、例年同様、春季キャンプが始まって新外国人選手の情報などが入ってくる前にやってみる。

続きを読む "こんなオーダーが観たい!-2017年セ・リーグ篇" »

2017年1月16日 (月)

星野仙一ゴールデンイーグルス副会長らが殿堂入り-2017年度野球殿堂入り発表。

Adscn3591
本日(17)東京ドームにある野球殿堂博物館にて2017年度の野球殿堂入り顕彰者が発表された。競技者表彰委員会ではプレーヤー表彰からマリーンズの伊東勤監督、エキスパート表彰ではドラゴンズを始め三球団で監督としてチームを優勝に導いた星野仙一ゴールデンイーグルス副会長と、「カミソリシュート」の異名をとった切れ味鋭いシュートを武器に通算201勝を挙げた元大洋ホエールズの平松政次氏が選ばれた。



特別表彰にはアマチュア野球の名審判員としてならした郷司裕氏と、プロとアマの規則書が初めて統一された「1956年度公認野球規則」の編纂を始め長きにわたり「公認野球規則」制作の中心的役割を果たしてきた鈴木美嶺氏が選ばれた。


今回初めてエキスパート表彰の候補となった原辰徳ジャイアンツ前監督は惜しくも次点だった。


(写真:野球殿堂入りを果たした星野仙一ゴールデンイーグルス副会長<左>。大先輩の杉下茂氏から祝福のスピーチをもらって恐縮する)

続きを読む "星野仙一ゴールデンイーグルス副会長らが殿堂入り-2017年度野球殿堂入り発表。" »

2016年11月20日 (日)

超人糸井嘉男よ、鉄人金本知憲を超えろ-35歳FA糸井にバファローズもタイガースも四年契約を提示 

Adsc_0246
11
日から交渉が解禁になった今オフのFA戦線。FA宣言したひとりの糸井嘉男には予て噂されたタイガースが獲得交渉。初日からいきなり金本知憲監督が交渉の席に着き、タイガースの本気度がうかがわれたが、その後も水面下での交渉が進み、どうやら週明けにも“阪神タイガースの糸井”が誕生しそうだ。


糸井は今季35歳になったが、残留を望むバファローズも獲得を望むタイガースも、糸井に対し4年契約を提示していると言われている。確かに35歳にしてパ・リーグ盗塁王を獲得するなど、超人に年齢は関係ないのかもしれない。


(写真:FA宣言をし、タイガースへの移籍が確実と見られる糸井嘉男 20167月)

続きを読む "超人糸井嘉男よ、鉄人金本知憲を超えろ-35歳FA糸井にバファローズもタイガースも四年契約を提示 " »

2016年8月 6日 (土)

今成亮太、鎌ケ谷に凱旋!

Adsc_0421
今日(6日)と明日(7日)、ファイターズスタジアムではウエスタン・リーグのタイガースとの交流戦が組まれている。同じ千葉県の習志野市が生んだ「ミスタータイガース」掛布雅之が今季から二軍監督に就任。ファイターズのファーム監督、田中幸雄との「ミスター対決」と煽って、趣向を凝らした企画チケットなどの売れ行きも好調だったようだ。



今日の初戦、掛布監督の次か、その次くらいに歓声が大きかった今成亮太が大活躍。ファイターズスタジアムでは珍しいビジターチームの選手のヒーローインタビューも行われた。


えっ、今成って一軍にいるんじゃないの!?


(写真:先制本塁打と2本のタイムリー二塁打で3安打5打点と大活躍し、ヒーローインタビューを受ける今成亮太。)

続きを読む "今成亮太、鎌ケ谷に凱旋!" »

2016年7月24日 (日)

阪神タイガースが71人目の支配下登録選手獲得へ!?

Adsc_0168
22
日の日刊スポーツによると、タイガースが新外国人選手として米大リーグのロサンゼルス・ドジャースからフリーエージェントになっているアレックス・ゲレロ外野手の獲得を検討している。NPBではシーズン途中のトレードや新外国人選手獲得、育成選手の支配下選手登録は7月末までとなっており、獲得が決まれば期限ぎりぎりでの獲得となる。



今季のタイガースはシーズンが始まってから育成選手登録の原口文仁を支配下選手登録させて救世主的な大活躍をして金本知憲監督が言うところの「超変革」の象徴的存在となっている。この原口を支配下選手登録した時点で支配下登録の選手が69人となり、リリーフ要員として獲得したコーディ・サターホワイト616日に支配下選手登録した時点で支配下選手登録の選手の人数が上限の70人に達している。ゲレロを獲得するには何らかの方法で現状の支配下登録の選手の枠を空けなければならない。新たな「超変革」を起こして新外国人を獲得するのだろうか?


(写真:今季4月に支配下選手に返り咲き、大活躍でオールスターゲーム出場を勝ち取ったタイガース「超変革」の象徴的存在、原口文仁)

続きを読む "阪神タイガースが71人目の支配下登録選手獲得へ!?" »

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック