フォト
無料ブログはココログ

2019年1月26日 (土)

こんなオーダーが観たい!-2019年セ・リーグ篇

Adsc_4747
早いもので、春季キャンプ突入まで一週間を切りました。拙blog恒例<!?>の妄想企画、各球団の新しい戦力などを踏まえ、今期、こんなオーダーをも見てみたいというのを考えてみた。毎年断っているがこれは予想ではなく願望である。まずは昨年日本シリーズで敗れたセントラル・リーグから。

続きを読む "こんなオーダーが観たい!-2019年セ・リーグ篇" »

2019年1月 2日 (水)

岡本和真、ブレークへの第一歩-【回想】敗戦処理。生観戦録-第45回 2018年(平成30年)編

Adsc_4459
敗戦処理。が初めて日本のプロ野球を生観戦した1974年(昭和49年)から、その年の生観戦で最も印象に残った生観戦を選んで書き起こすこのコーナーも、一通り書き上げたので、年に一回、その前年の生観戦を振り返って書くスタイルになっている。今回は昨年2017(平成29)の生観戦の中から最も印象に残っている試合をあらためて振り返る。敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each year


1974(昭和49)に初めてプロ野球を生観戦した敗戦処理。はその後毎年、途切れることなく数試合から十数試合を生観戦しています。そこで一年単位にその年の生観戦で最も印象に残っている試合を選び出し、その試合の感想をあらためて書いていきたいと思います。年齢不詳の敗戦処理。ですが同年代の日本の野球ファンの方に「そういえば、あんな試合があったな」と懐かしんでもらえれば幸いです。


【回想】敗戦処理。生観戦録- my only one game of each year44回 2018(平成30)


(写真:八回裏にとどめの3点本塁打を放つ岡本和真。史上最年少の打率3割、30本塁打、100打点の1本目の本塁打。 2018年3月撮影)

続きを読む "岡本和真、ブレークへの第一歩-【回想】敗戦処理。生観戦録-第45回 2018年(平成30年)編" »

2018年8月16日 (木)

【秋の椿事!?】勝率4位の球団が日本一になる!?

Advc00012
今年のセ・リーグで勝率4位の球団が日本シリーズで日本一になる可能性が浮上してきた。まさかとは思うが、あり得なくはない。


クライマックスシリーズの導入で、“勝率3位の球団が日本一になる?”、“勝率5割未満の球団が日本一になる?”等の問題点<!?>が危惧されてきたが、それらを上回る椿事の可能性が出てきた。

続きを読む "【秋の椿事!?】勝率4位の球団が日本一になる!?" »

2018年6月14日 (木)

【六月恒例】阪急阪神ホールディングス株主総会珍問答

Acsc_0211
早いもので今年もこの季節がやってきた。六月というと梅雨と株主総会。NPB十二球団の株式は親会社企業などが所有していて一般の投資家にわたることはないが、その親会社企業が上場していれば一般の投資家にも公開され、株主総会で俎上に載せられることもある。なかでも阪神タイガースは阪急阪神ホールディングスの傘下にあることから、近年では投資家、というよりタイガースに一言物申したいという理由で株式を取得して株主総会に参加していると思われる株主たちからおよそ建設的でない発言がなされる。


マスコミは面白おかしく取り上げるが、個人的には目立ちたがり屋を助長するだけなのであまり取り上げないで欲しいと願っている。今年はついに一般の投資家から「株主総会でタイガースの話はやめてください。それは阪神ファンだけ集めて別でやってください」との要望が出たという。

続きを読む "【六月恒例】阪急阪神ホールディングス株主総会珍問答" »

2018年6月12日 (火)

“その後”の鳥谷敬。

Adsc_4469
5
29日の対ホークス戦に不出場となり、連続試合出場記録が1939試合連続で止まったタイガースの鳥谷敬。成績が成績だっただけにいつ記録を止められても仕方がない状況ではあったものの金本知憲監督の後押しもあって辛うじて連続試合出場記録を続けていたが、ついにストップしたという感じだった。


だが、鳥谷は翌30日から再び連続試合出場をし始めている。今日のファイターズ戦こそ2打数0安打1四球に終わったが記録中断後の10試合に連続出場で23打数8安打、打率にして.348と記録継続中の末期の不成績とは別人のように好成績を挙げている。

続きを読む "“その後”の鳥谷敬。" »

2018年5月21日 (月)

鳥谷敬の“Xデー”

Adsc_4417
衣笠祥雄
さんに次ぐ日本プロ野球歴代2位の連続試合出場記録を続けているタイガースの鳥谷敬にいよいよ記録ストップの危機が訪れている。今季は二塁手にコンバートされて開幕を迎えたが、打撃は絶不調、守備も不慣れなせいか時折チームの足を引っ張るシーンが散見される有様。金本知憲監督が記録継続に好意的でスターティングメンバーから外した試合でもどこかしら出場機会を見つけて21日現在で連続試合出場記録は1934試合と続いているが、チーム自体、20年ぶりとなる12試合連続一桁安打と全体的に貧打からの脱却が必要な状況になり、いよいよ“Xデー”が近づいてきた感じだ。


◆  金本監督 鳥谷と緊急会談へ 連続試合出場ピンチ…「本人と話さないといけない」
2018521日デイリースポーツ


(写真:ネクストバッターズサークルで待機する鳥谷敬 20183月撮影)

続きを読む "鳥谷敬の“Xデー”" »

2018年4月 1日 (日)

タイガースが藤浪晋太郎を放出へ。開幕直後の大トレード実現か

Adsc_4308
プロ野球公式戦が開幕して三日目の今日
41、衝撃のニュースが入ってきた。タイガースの藤浪晋太郎の電撃トレードが水面下で進行中。早ければ週明けにも発表される見込みだ。


今季の藤浪は過去二年間の不振からの脱却を目指して、開幕戦に次ぐ第二戦の先発に抜擢されたが、結果的にタイガースのユニフォームでの最後の登板となりそうだ。


(写真:突然のトレード通告に動揺する藤浪晋太郎。2018年3月撮影)

続きを読む "タイガースが藤浪晋太郎を放出へ。開幕直後の大トレード実現か" »

2018年3月31日 (土)

【打撃開眼!?】決勝打の小林誠司、二日間で4打数4安打。3月度月間MVP当確か!?-開幕戦黒星のジャイアンツが大逆転勝利。

Adsc_3991
まだ公式戦が始まって二日目だが、今日(31)も負けると下手をしたら次に菅野智之が投げる試合まで勝てない最悪の事態すら予感させた今日のジャイアンツ。しかも開幕戦の菅野に続き、田口麗斗までタイガース打線の餌食になって序盤からビハインドを許した。


だが、そんなジャイアンツのピンチを救ったのが「六番・一塁」でスターティングメンバーを勝ち取った岡本和真と不動の八番打者、小林誠司。開幕戦で2打数2安打だった小林はこの試合も2打数2安打。七回には決勝打となるタイムリーを放ち、一時は4点ビハインドだった試合をひっくり返し、ジャイアンツの今季初勝利に大きく貢献した。


3月度の打率は1.000。月間MVPの最有力候補の一人となった…!?


(写真:始球式を務めた菜々緒にどさくさに紛れて握手をする小林誠司)

続きを読む "【打撃開眼!?】決勝打の小林誠司、二日間で4打数4安打。3月度月間MVP当確か!?-開幕戦黒星のジャイアンツが大逆転勝利。" »

2018年2月23日 (金)

タイガース“超変革”が本当に必要なのは…

Adsc_9969
春季キャンプも中盤にさしかかり、今週末にはオープン戦が始まるのだが、昨年の数字をいろいろ見ている。昨年はセ・リーグでカープに水を開けられたものの2位に入ったタイガース。福留孝介、糸井嘉男、鳥谷敬と元気なベテランのバットが火を噴いた攻撃陣の印象も強いが、その打線で挙げた得点を盤石なリリーフ陣で守り切るパターンが確立されていた。


37セーブを挙げてセ・リーグ最多セーブとなったクローザーのラファエル・ドリスと、ともにセ・リーグ最多となる43ホールドポイントを挙げたマルコス・マテオ桑原謙太朗を擁し、岩崎優、高橋聡文を加えた“60登板クインテット”。さらに52試合登板の藤川球児を加えたリリーフ陣は盤石で、タイガースに勝つには先発投手をKOするしかないとすら思えた。


だが、今年も同じやり方で通用するのかどうか、金本知憲監督の手綱さばきが注目される。


(写真:37セーブでセ・リーグ最多セーブとなったクローザーのラファエル・ドリス<右端>。 2017年10月撮影)

 

続きを読む "タイガース“超変革”が本当に必要なのは…" »

2018年1月28日 (日)

こんなオーダーが観たい!-2018年セ・リーグ篇

Adsc_3463
東京では
22日に降った雪がまだそのまま残っているところが多いが、木曜日にはキャンプイン。そう、球春なのだ。


そこで今年も敢えて、キャンプが始まって新戦力などの情報が入ってくる前に各球団ごとに、こんなオーダーが観たい!というオーダーを書いてみる。念のため断っておくがこれは予想ではなく願望である。

 

続きを読む "こんなオーダーが観たい!-2018年セ・リーグ篇" »

より以前の記事一覧

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック