フォト
無料ブログはココログ

2020年10月20日 (火)

岩隈久志現役引退で思いだす昭和の破られそうで破られない記録。

Acsc_5381
19
日、ジャイアンツの岩隈久志が今季限りでの現役引退を発表した。あまり触れられることは少ないが、岩隈は2001年のプロ入り初登板こそリリーフでの登板だったが、近鉄バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルスでのその後の登板は全て先発。225登板連続先発登板という記録を残した。岩隈は2012年から大リーグでプレーするがその時点では当時の現役選手の継続中の記録としては最長記録だった。この記録は岩隈が大リーグでプレーしている間に、2017年に石川雅規に抜かれるが依然として現役では2位にあたる。


石川はさらにこの記録を継続し、現時点(1020日現在。以下同じ)287試合連続となっている。現在では投手の分業化、専門化が進み、先発投手が調子を落としたらリリーフに回るのではなく二軍に落ちて再調整する傾向があるので登板が先発だけという投手が増えていると思われるが、連続先発登板記録は昭和の時代に作られたものがまだ破られていない。

 

 

 

続きを読む "岩隈久志現役引退で思いだす昭和の破られそうで破られない記録。" »

2020年9月 8日 (火)

“良くて前同比7%、ワーストだと3.6%。”このままでは大変なことになる!?

Adsc_3376
日本野球機構(NPB)とJリーグは合同で政府に観客数の上限緩和のために要望書を提出した。当初政府は新型コロナウイルス感染症対策で9月末まで継続するとしていたイベントやプロスポーツの入場者数の制限を緩和する方向で検討し始めた。今週11日に行われる感染症対策分科会で判断される。


NPBとJリーグが要望するのは「2万人、あるいは50%の少ない方」。要望書を西村康稔経済再生担当大臣宛に提出したという。


◆ JリーグとNPB、政府へ要望書を提出。「2万人、あるいは50%の少ない方」に緩和へ

 

 

 

続きを読む "“良くて前同比7%、ワーストだと3.6%。”このままでは大変なことになる!?" »

2020年8月 7日 (金)

原辰徳監督による、リリーフ投手温存で内野手の増田大輝起用は“最善策”か!?

Adsc_9784
6日のタイガース対ジャイアンツ戦で、ジャイアンツに滅多に観られない選手起用がなされた。0対7とリードされた八回裏に中谷将大に満塁本塁打が出て0対11とされると、原辰徳監督は登板中の堀岡隼人に代えて内野手の増田大輝をマウンドに送った。投手を使い果たした訳ではない。ベンチには4人の投手が残っていた。


(写真:内野手ながら登板した増田大輝。2019年9月21日、ジャイアンツがセ・リーグ優勝を決める決勝打を放ち、攻守交代でベンチに戻るシーンより)

続きを読む "原辰徳監督による、リリーフ投手温存で内野手の増田大輝起用は“最善策”か!?" »

2020年7月12日 (日)

公文克彦、183登板目でプロ入り初黒星。

Adsc_7993
ファイターズの公文克彦11日に行われた対バファローズ戦に1対1の同点で迎えた八回裏に登板。自らの守備ミスが重なったこともあって4失点。敗戦投手となった。公文はジャイアンツ時代の2013925日、対スワローズ戦でプロ入り初登板してから8年目の今季ここまで敗戦投手になったことはなく、これがプロ入り初黒星。初登板以来黒星無しの連続登板記録の日本記録を保持していたが、182でストップした。


ファンも「そりゃいつかは負けるだろう」程度の感覚の人が少なくないと思われる。最初は敗色濃厚な場面での登板ばかりだった公文が、同点の終盤を任せられる投手になったその結果だ。個人的にも前向きに捉えたい。

続きを読む "公文克彦、183登板目でプロ入り初黒星。" »

2020年7月 4日 (土)

プロ野球公式戦開幕から二週間。“感染拡大防止特例2020”の使われ方

Adsc_4891
今週の2日でNPBの公式戦が開幕して二週間が過ぎた。各球団の先発投手が一通り二度の先発を終えたこのタイミングで、コロナウイルス禍による“感染拡大防止特例2020”とともに開幕してから二週間が過ぎたこのタイミングで、選手の身体的負荷の軽減という観点などから振り返ってみたい。


(写真:今季、十二球団でただ一人開幕から二試合連続完投勝利の大瀨良大地。 20189月撮影)

 

 

 

続きを読む "プロ野球公式戦開幕から二週間。“感染拡大防止特例2020”の使われ方" »

2020年6月22日 (月)

大山悠輔の起用法

Adsc_4163
ジャイアンツの三連勝に終わった開幕カード。ジャイアンツファンとしてはこの上ないスタートを切って大満足なのだが、ライバル球団のある選手が気になる。右の大砲、大山悠輔がこの三連戦、一試合しか出場しなかった。タイガースファンの間では“バースの再来”ことジャスティン・ボーアをわずか二試合で四番から外したことの是非が論じられているようだが、距離を置いてタイガースという球団を見ている敗戦処理。にとってはボーアよりも大山の起用法が気になるのである。

続きを読む "大山悠輔の起用法" »

2020年3月27日 (金)

ついに現役プロ野球選手が新型コロナウイルスに感染…。

Adsc_4073
恐れていた事態になった。ついに現役プロ野球選手が新型コロナウイルスに感染した。嗅覚の障害を自覚したタイガースの藤浪晋太郎が新型コロナウイルスのPCR検査を受けて26日に陽性と判定された。藤浪と14日に食事をともにしたというチームメートの長坂拳弥、伊藤隼太両選手も陽性判定を受けた。


NPBが公式戦の開幕を424日に定めたり、東京オリンピック・パラリンピックの延期が決まったりした後も首都東京を中心に感染者が増大して予断を許さない状況下、別に藤浪をどうのこうのというつもりはないが、恐れていた事態に至った。

 

 

 

続きを読む "ついに現役プロ野球選手が新型コロナウイルスに感染…。" »

2020年2月16日 (日)

「人を残して一流」-プロ野球名監督“俺が育てた”選手権

Adsc_9367
16
日朝にテレビ朝日系列で放送された『サンデーLIVE』という番組でレギュラー出演者の古田敦也が、今月11日に急逝した野村克也元監督の功績を振り返っていた。


その中で野村監督に現役時代に指導を受けた選手が後に監督やコーチになるケースが多く、“ID野球”と呼ばれた野村監督の野球が受け継がれていることに言及されていた。


野村元監督の好きな言葉に“お金を残すのは三流、名を残すのは二流、人を残して一流”というものがある。


現役時代に野村元監督の教えを受けて、後に監督になった人物は何人いるのだろうか?他の名監督と比べてどうなのか?抜けがあるかもしれないが調べてみた。


(写真:昨年7月に行われた Swallows DREAM GAME で、かつての教え子で後に監督を務めた古田敦也、真中満らに支えられながら打席に向かう野村克也元監督。 2019年7月撮影)

 

 

 

続きを読む "「人を残して一流」-プロ野球名監督“俺が育てた”選手権" »

2020年2月15日 (土)

巨人ファンが見た『阪神タイガース THE MOVIE~猛虎神話集~』

Adsc_0495
阪神タイガースが球団創設85周年を記念して公式ドキュメンタリー映画を作成した。封切り早々見てきた。敗戦処理。はタイガースファンになったことは一秒もないが、ジャイアンツの宿命のライバルである。その歴史を振り返るとなると、気になる。


思えば、昨年のちょうど今頃には北海道日本ハムファイターズ誕生15thプロジェクト ドキュメンタリー映画『FIGHTERS THE MOVIE Challenge with Dream』を見た。昨年のファイターズのドキュメンタリー映画がファイターズの、ファイターズによる、ファイターズファンのための映画だったのと同様に“タイガースの、タイガースによる、タイガースファンのための映画”である。それを知りつつ映画館に足を運んだ。


(写真:映画の封切りを記念して配布された、1985年にタイガースが日本一に輝いた試合を報じるデイリースポーツの復刻版)

 

 

 

続きを読む "巨人ファンが見た『阪神タイガース THE MOVIE~猛虎神話集~』" »

2020年2月11日 (火)

野村克也さん、急逝。

 
Dsc1276
野村克也
さんがなくなられたとの報道が入ってきた。奥さんの沙知代さんがなくなられて急激に老けた様に感じていて心配だったが、残念ながらなくなられた。84歳だった。

続きを読む "野村克也さん、急逝。" »

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック