フォト
無料ブログはココログ

2020年8月12日 (水)

遅まきながらようやく今季初の生観戦!

Adsc_1883_594
公式戦開幕から約2ヶ月弱。本来の開幕から遅れること約5ヶ月弱にしてようやく待望の生観戦を果たせた。先月から“有観客試合”を始めているファイターズスタジアムで、ファイターズ対ジャイアンツ戦というひいき球団同士の試合を堪能することが出来た。


炎天下で始まった試合内容はいかにも二軍の試合といったお粗末さが随所に垣間見られたが、何はともあれ球場で生観戦出来たことがこの上なくうれしい。

続きを読む "遅まきながらようやく今季初の生観戦!" »

2020年8月 7日 (金)

原辰徳監督による、リリーフ投手温存で内野手の増田大輝起用は“最善策”か!?

Adsc_9784
6日のタイガース対ジャイアンツ戦で、ジャイアンツに滅多に観られない選手起用がなされた。0対7とリードされた八回裏に中谷将大に満塁本塁打が出て0対11とされると、原辰徳監督は登板中の堀岡隼人に代えて内野手の増田大輝をマウンドに送った。投手を使い果たした訳ではない。ベンチには4人の投手が残っていた。


(写真:内野手ながら登板した増田大輝。2019年9月21日、ジャイアンツがセ・リーグ優勝を決める決勝打を放ち、攻守交代でベンチに戻るシーンより)

続きを読む "原辰徳監督による、リリーフ投手温存で内野手の増田大輝起用は“最善策”か!?" »

2020年8月 2日 (日)

ジャイアンツ球場が“無観客試合”実施を延長

Adsc_4604
以前の発表では7月31日のイースタン・リーグ公式戦、対ライオンズ戦から観客を入れて試合を行う見込みだったジャイアンツ球場での“無観客試合”が8月中旬まで延長される予定であることがわかった。一軍は東京ドームでの公式戦で7月28日の対ベイスターズ戦から観客を入れて試合を行っているが二軍の主催試合は引き続き無観客で行われる。


7月30日にファンクラブ、CLUB GIANTSの会員向けに以下の様な発表があった。

続きを読む "ジャイアンツ球場が“無観客試合”実施を延長" »

2020年7月26日 (日)

田中豊樹、支配下登録されて即一軍昇格、そして即登板。

Adsc_9048
ジャイアンツは26日、昨シーズン限りでファイターズから戦力外通告を受けて今季育成選手として契約していた田中豊樹を支配下選手登録するとともに、即日出場選手登録(一軍入り)し、九回裏に登板も果たした。


田中豊は支配下選手登録によって背番号が018から二桁の19に変わったが、今日はさすがに新背番号のユニフォームが間に合わず018のユニフォームで試合に出場した。


(写真:ファイターズから戦力外通告を受けてジャイアンツに入団し、この日支配下選手登録を果たした田中豊樹。 ファイターズ時代の2019年7月撮影)

続きを読む "田中豊樹、支配下登録されて即一軍昇格、そして即登板。" »

2020年7月18日 (土)

石原プロモーション解散へ。

Adsc_7056
昭和の大スター、石原裕次郎さんが昭和38年(1963年)に設立した芸能事務所“石原プロモーション”が来年1月16日に幕を下ろすことが明らかになった。裕次郎さんの命日に当たる昨日7月17日に発表された。いわゆる『石原軍団』は解散し、所属俳優達はそれぞれの道を歩むことになる。

続きを読む "石原プロモーション解散へ。" »

2020年7月15日 (水)

ゴールデンイーグルスは何故高梨雄平を手放したのか!?

Adsc_7104
14
日、ジャイアンツとゴールデンイーグルスの間でまた交換トレードが成立した。ジャイアンツの高田萌生投手とゴールデンイーグルスの高梨雄平投手との11の交換トレードが成立した。同日、両球団から発表された。


ジャイアンツファンである敗戦処理。としては侍ジャパンに選ばれるレベルの投手を獲得出来て嬉しいのだが、いくら将来性が見込める投手が相手とはいえ、高梨をなぜゴールデンイーグルスが手放すのか、何かあるのではないかとげすの勘ぐりを行ってしまう。


(写真:ジャイアンツへの移籍が決まったゴールデンイーグルスの高梨雄平。 2017年9月撮影)

 

 

 

続きを読む "ゴールデンイーグルスは何故高梨雄平を手放したのか!?" »

2020年7月13日 (月)

代役クローザー澤村拓一、いまだに出番なし

Adsc_9303
ジャイアンツではクローザーのルビー・デラロサが今月5日の登板で左脇腹肉離れを起こして登録を抹消されると、原辰徳監督は代役のクローザーに澤村拓一を指名した。しかし、その後降雨による試合中止が相次いだこともあり、クローザーが登板する展開になっていない。澤村は12日のスワローズ戦で1点ビハインドの九回表に登板したが、これは原監督が求めた形の出番ではない。


デラロサの代役に澤村。ジャイアンツファンの間でも評価が分かれる澤村だが、クローザーとしての出番はいつ…!?

 

 

 

続きを読む "代役クローザー澤村拓一、いまだに出番なし" »

2020年7月12日 (日)

公文克彦、183登板目でプロ入り初黒星。

Adsc_7993
ファイターズの公文克彦11日に行われた対バファローズ戦に1対1の同点で迎えた八回裏に登板。自らの守備ミスが重なったこともあって4失点。敗戦投手となった。公文はジャイアンツ時代の2013925日、対スワローズ戦でプロ入り初登板してから8年目の今季ここまで敗戦投手になったことはなく、これがプロ入り初黒星。初登板以来黒星無しの連続登板記録の日本記録を保持していたが、182でストップした。


ファンも「そりゃいつかは負けるだろう」程度の感覚の人が少なくないと思われる。最初は敗色濃厚な場面での登板ばかりだった公文が、同点の終盤を任せられる投手になったその結果だ。個人的にも前向きに捉えたい。

続きを読む "公文克彦、183登板目でプロ入り初黒星。" »

2020年6月25日 (木)

ジャイアンツは何故ゼラス・ウィーラーを獲得したのか!?

Adsc_5614
驚いた。公式戦開幕が遅れたとは言え開幕からわずか一週間にして交換トレードが発表された。ジャイアンツのサウスポー、池田駿投手とゴールデンイーグルスのゼラス・ウィーラー内野手の1対1の交換トレードが25日、両球団から発表された。

 

両球団間の交換トレードは昨年のやはりシーズン中、7月に和田恋古川侑利によるトレードが成立して以来。シーズン中でも補強に余念のない球団同士の交換トレード。ジャイアンツファンとしては三塁が本職の外国人選手を獲得した理由を考えてみた。


(写真:イースタン・リーグ公式戦でジャイアンツ相手に本塁打を放って生還するゼラス・ウィーラー。 2019年8月撮影)

続きを読む "ジャイアンツは何故ゼラス・ウィーラーを獲得したのか!?" »

2020年6月22日 (月)

大山悠輔の起用法

Adsc_4163
ジャイアンツの三連勝に終わった開幕カード。ジャイアンツファンとしてはこの上ないスタートを切って大満足なのだが、ライバル球団のある選手が気になる。右の大砲、大山悠輔がこの三連戦、一試合しか出場しなかった。タイガースファンの間では“バースの再来”ことジャスティン・ボーアをわずか二試合で四番から外したことの是非が論じられているようだが、距離を置いてタイガースという球団を見ている敗戦処理。にとってはボーアよりも大山の起用法が気になるのである。

続きを読む "大山悠輔の起用法" »

より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック