フォト
無料ブログはココログ

2017年9月18日 (月)

ファイターズのファーム投手陣が大炎上。二ヶ月ぶりの鎌ケ谷生観戦だったのに…

Adsc_8782
久々に鎌ヶ谷に行ってきた。今日(18)の鎌ヶ谷はまさに台風一過の快晴。何とか予定をやりくりして約二カ月ぶりにファイターズスタジアムに行ってきた。


前エントリーで書いたようにイースタン・リーグでジャイアンツと並ぶ首位のゴールデンイーグルスの打線が凄まじく、パ・リーグで5位の一軍と同じく下から二番目のファイターズ投手陣はものの見事に餌食となった。


(写真:初回先頭打者本塁打を放つゴールデンイーグルスの松井稼頭央)

続きを読む "ファイターズのファーム投手陣が大炎上。二ヶ月ぶりの鎌ケ谷生観戦だったのに…" »

2017年9月16日 (土)

ジャイアンツのファームが直接対決を制してゴールデンイーグルスに並ぶ同率首位に浮上!

Adsc_8278
三連休初日の今日
16日、ジャイアンツ球場に行ってきた。イースタン・リーグの優勝争いはまだ予断を許さない状況。前日15日までの時点で首位のゴールデンイーグルスを1ゲーム差で追う2位のジャイアンツ。今日と明日は直接対決の二連戦。


初戦の今日は中盤の集中打でジャイアンツが快勝。両チームともに6643敗、勝率.606と勝率で並んだ。


(写真:五回裏にライトオーバーの本塁打を放つジャイアンツの吉川尚輝。)

続きを読む "ジャイアンツのファームが直接対決を制してゴールデンイーグルスに並ぶ同率首位に浮上!" »

2017年9月 8日 (金)

見納め…

Adsc_7159
ファイターズの今年最後の東京ドーム主催試合が7日、行われた。敗戦処理。も今年二回目のファイターズ休暇を取得して万難を排して東京ドームに駆け付けた。



試合は、残念ながらファイターズが46で敗れた。噂通りであれば、このユニフォーム姿を生で観る機会が最後になるかもしれない二人にせめて最後に一花と期待したが、大谷翔平中田翔も東京ドームでの最後の打席は四球に終わった。


(写真:八回裏、結果としてこの試合最後の打席となった大谷翔平は四球を選び、一塁に歩く。)

続きを読む "見納め…" »

2017年8月 6日 (日)

背番号が変わった人と変わらなかった人、そして変わったはずなのに変わっていない人…。

Adsc_3950
NPBでは
7月末日をもってそのシーズンの補強の類いが終了となる。拙blogでも何点か取り上げたが、締め切り間際になってバタバタと動いた印象があった。育成選手から支配下選手登録への昇格も同じく締め切られた。支配下選手登録を勝ち取ることができなかった育成選手は、少なくとも今季は残りの試合で一軍公式戦に出ることは不可能で、その差は大きい。


今日(6)はその締め切り期限後、初めてイースタン・リーグの試合を生観戦してきた。


(写真:支配下選手登録を勝ち取って背番号が変わった田中貴也<>と育成選手に据え置かれて背番号が三桁のままの高木京介<>) 

続きを読む "背番号が変わった人と変わらなかった人、そして変わったはずなのに変わっていない人…。" »

2017年5月27日 (土)

高木京介登板にジャイアンツ球場のファンから大歓声

Adsc_8112
今日
(27)はジャイアンツ球場に行ってきた。昨日登板予定だったもののグラウンドコンディション不良で試合が行われなかったジャイアンツの山口俊がスライド登板すると見られている試合。


試合のポイントとなったのは終盤の八回表、ジャイアンツはピンチに高木京介をマウンドに送った。イースタン・リーグでは5試合目の登板だが、久々に高木京を観るファンが多いのだろう。高木京の名前がアナウンスされるとどよめきが起こり、京介コールまで起きた。


まるで故障が回復して久々に復帰する主力選手のような扱いだった。応援しようというファンの思いはわかるが、ジャイアンツファンばかりの一塁側スタンドに座っていていささかの違和感を覚えた。


(写真:リリーフ登板したもののゴールデンイーグルス打線に連打を浴びる高木京介。枡田慎太郎に勝ち越し打を打たれた後、山本力仁球審から新しいボールをもらう)

続きを読む "高木京介登板にジャイアンツ球場のファンから大歓声" »

2017年2月19日 (日)

前ベイスターズ、元ジャイアンツの久保裕也のゴールデンイーグルス入りが決定!

Adsc_0173
17
日、ゴールデンイーグルスはキャンプ中に入団テストを行っていた前ベイスターズ、元ジャイアンツの久保裕也を獲得することを発表した。


久保はだいぶ少なくなった“松坂世代”の一人で今年、37歳になる。2003年にジャイアンツに入団して13年間ジャイアンツでプレーした後、、2015年終了後に戦力外通告を受け、昨年はベイスターズでプレーした。14年間の現役生活で所属チームが優勝したのが6回、Aクラス入りは14年のうち12年間と常に上位にいるなかで主にリリーフとしてあらゆる場面で投げてきた経験を買われたのか、ゴールデンイーグルスでは“新人”ながら投手陣では最年長。同じく移籍組の細川亨に次ぐチーム全体でも二番目の年長だ。


だが、久保にはジャイアンツ時代からファンに揶揄される“傾向”がある。


(写真:ゴールデンイーグルス入りが決まった久保裕也。写真はジャイアンツ所属最終年の2015年4月撮影)

続きを読む "前ベイスターズ、元ジャイアンツの久保裕也のゴールデンイーグルス入りが決定!" »

2017年1月29日 (日)

ながさわたかひろさん、木場に進出

Adsc_3406
敗戦処理。にとってのオフシーズンの恒例行事のひとつ、ながさわたかひろさんの個展に今日(29)行ってきた。場所は、例年の神楽坂を飛び出して、木場にあるEARTH+GALLERY。今日が初日なのでオープニングイベントやレセプションが行われた。



年々、人の輪が大きくなっていく。


(写真:個展初日のトークイベントを行った、ながさわたかひろさん<左>と市川真人氏<右>)

続きを読む "ながさわたかひろさん、木場に進出" »

2017年1月28日 (土)

こんなオーダーが観たい!-2017年パ・リーグ篇

Adscn3209
セ・リーグに続いてパ・リーグです。球団別に、敗戦処理。が観たいと思うオーダーを書いてみます。念のため断っておきますがこれは“予想”ではありません。あくまで“願望”です。



フリーエージェントを行使した選手の行き先も決まり、その補償で動く選手も決まった。まだ球団によってはこれから新外国人選手を獲得するなどの動きのある球団もあるだろうが、例年同様、春季キャンプが始まって新外国人選手の情報などが入ってくる前にやってみる。

続きを読む "こんなオーダーが観たい!-2017年パ・リーグ篇" »

2017年1月16日 (月)

星野仙一ゴールデンイーグルス副会長らが殿堂入り-2017年度野球殿堂入り発表。

Adscn3591
本日(17)東京ドームにある野球殿堂博物館にて2017年度の野球殿堂入り顕彰者が発表された。競技者表彰委員会ではプレーヤー表彰からマリーンズの伊東勤監督、エキスパート表彰ではドラゴンズを始め三球団で監督としてチームを優勝に導いた星野仙一ゴールデンイーグルス副会長と、「カミソリシュート」の異名をとった切れ味鋭いシュートを武器に通算201勝を挙げた元大洋ホエールズの平松政次氏が選ばれた。



特別表彰にはアマチュア野球の名審判員としてならした郷司裕氏と、プロとアマの規則書が初めて統一された「1956年度公認野球規則」の編纂を始め長きにわたり「公認野球規則」制作の中心的役割を果たしてきた鈴木美嶺氏が選ばれた。


今回初めてエキスパート表彰の候補となった原辰徳ジャイアンツ前監督は惜しくも次点だった。


(写真:野球殿堂入りを果たした星野仙一ゴールデンイーグルス副会長<左>。大先輩の杉下茂氏から祝福のスピーチをもらって恐縮する)

続きを読む "星野仙一ゴールデンイーグルス副会長らが殿堂入り-2017年度野球殿堂入り発表。" »

2017年1月 2日 (月)

すべてはここから始まった。「六番ピッチャー大谷」の衝撃【回想】敗戦処理。生観戦録-第43回 2016年(平成28年)編

Adsc_0021
敗戦処理。が初めて日本のプロ野球を生観戦した1974年(昭和49年)から、その年の生観戦で最も印象に残った生観戦を選んで書き起こすこのコーナーも、一通り書き上げたので、年に一回、その前年の生観戦を振り返って書くスタイルになっている。今回は昨年2016(平成28)の生観戦の中から最も印象に残っている試合をあらためて振り返る。敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each year



1974(昭和49)に初めてプロ野球を生観戦した敗戦処理。はその後毎年、途切れることなく数試合から十数試合を生観戦しています。そこで一年単位にその年の生観戦で最も印象に残っている試合を選び出し、その試合の感想をあらためて書いていきたいと思います。年齢不詳の敗戦処理。ですが同年代の日本の野球ファンの方に「そういえば、あんな試合があったな」と懐かしんでもらえれば幸いです。


【回想】敗戦処理。生観戦録- my only one game of each year43回 2016(平成28)


(写真:栗山英樹監督が初めて大谷翔平をDH制が使える試合で先発投手として打線に入れた昨年5月29日の対ゴールデンイーグルス戦のスコアボード。「六番ピッチャー大谷」の場内アナウンスに何とも言えないどよめきが起きた。 2016年5月29日撮影)

続きを読む "すべてはここから始まった。「六番ピッチャー大谷」の衝撃【回想】敗戦処理。生観戦録-第43回 2016年(平成28年)編" »

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック