フォト
無料ブログはココログ

2020年4月11日 (土)

梨田さんのダジャレを聞きたい!

Adsc_0101
新型コロナウイルスに感染したタイガースの現役選手が順次退院していくニュースが流れ、最後に長坂拳弥が退院した8日に、同じく新型コロナウイルスに感染している元ファイターズ他監督の梨田昌孝氏に関し、所属事務所が病状に特に変化はないと発表したことが報じられた。その後梨田さんに関する報道は出ていないようだ。


重度の肺炎と診断され、集中治療室に入り人工呼吸器をつけて治療を受けているという梨田さん。心配は尽きないが、早く回復されてまたあのダジャレを聞きたいものだ。

続きを読む "梨田さんのダジャレを聞きたい!" »

2020年4月 5日 (日)

古田敦也が球界エクスパンションに言及

Adsc_0303
元日本プロ野球選手会長の古田敦也が4日にテレビ西日本の番組で球界のエクスパンションの動きが具体的に動いていると発言したそうだ。拙blogでもこのところネガティブな題材のエントリーが続いているが、久々の明るい前向きなニュース。これに注目してみた。


(写真:16球団へのエクスパンションに言及した古田敦也。 2008年8月撮影)

続きを読む "古田敦也が球界エクスパンションに言及" »

2020年2月16日 (日)

「人を残して一流」-プロ野球名監督“俺が育てた”選手権

Adsc_9367
16
日朝にテレビ朝日系列で放送された『サンデーLIVE』という番組でレギュラー出演者の古田敦也が、今月11日に急逝した野村克也元監督の功績を振り返っていた。


その中で野村監督に現役時代に指導を受けた選手が後に監督やコーチになるケースが多く、“ID野球”と呼ばれた野村監督の野球が受け継がれていることに言及されていた。


野村元監督の好きな言葉に“お金を残すのは三流、名を残すのは二流、人を残して一流”というものがある。


現役時代に野村元監督の教えを受けて、後に監督になった人物は何人いるのだろうか?他の名監督と比べてどうなのか?抜けがあるかもしれないが調べてみた。


(写真:昨年7月に行われた Swallows DREAM GAME で、かつての教え子で後に監督を務めた古田敦也、真中満らに支えられながら打席に向かう野村克也元監督。 2019年7月撮影)

 

 

 

続きを読む "「人を残して一流」-プロ野球名監督“俺が育てた”選手権" »

2020年2月11日 (火)

野村克也さん、急逝。

 
Dsc1276
野村克也
さんがなくなられたとの報道が入ってきた。奥さんの沙知代さんがなくなられて急激に老けた様に感じていて心配だったが、残念ながらなくなられた。84歳だった。

続きを読む "野村克也さん、急逝。" »

2020年1月25日 (土)

こんなオーダーが見たい-2020年パ・リーグ篇

Apsc_0254
毎年行っているので今年もやってみる。現時点で敗戦処理。が妄想する各球団の今季のオーダーを一球団ずつ書いてみる。まずはパ・リーグ篇。全球団が外国人選手を、一軍登録の上限である四人を超えて在籍しているので一軍枠を考えて野手の外国人選手を考えてみた。なお、毎年断りを入れているが、これは願望であって予想ではない。

続きを読む "こんなオーダーが見たい-2020年パ・リーグ篇" »

2019年12月31日 (火)

今年の1枚-2019年

一年の最後のエントリーは今年もこの一年の間に敗戦処理。が野球に関して撮影した写真の中から最も思い入れの強い1枚を選ぶエントリーにする。


今年の1枚-2019年は9月14日にジャイアンツ球場で撮影した下の写真を選んだ。

 

 

続きを読む "今年の1枚-2019年" »

2019年12月29日 (日)

敗戦処理。が勝手に選ぶ2010年代ベストナイン

Adsc_0025
もうすぐ2019年が終わる。2009年の終わりにも拙blogで行った、十年分のベストナインを再び選ぶことにする。2010年から2019年までの十年間のNPBでのベストナインを選ぶ。


(写真:2010年代のMVPに選びたい大谷翔平。ただ数字で表すと…)

続きを読む "敗戦処理。が勝手に選ぶ2010年代ベストナイン" »

2019年11月29日 (金)

FA戦線異常あり…

Adsc_1400
今オフにフリーエージェント権を行使した選手の動向に決着がついた。今オフのFA戦線のトレンドは、超大物の移籍ではなく、より出場機会を求めてのFA移籍と、“勝ち組”の常連、ジャイアンツの惨敗と言っても過言ではないだろう。


マリーンズから鈴木大地がFA権を行使してゴールデンイーグルスへ。そのゴールデンイーグルスからは美馬学がマリーンズへ移籍してあたかも交換トレードの様な形になった。マリーンズはさらにホークスでFA権を行使した福田秀平を獲得。美馬とのW獲得になった。また、ライオンズの十亀剣はFA権を行使した上でライオンズに残留した。


昨オフの丸佳浩、浅村栄斗の様な主軸選手のFA権行使がなく、鈴木、福田といった、より出場機会を得ようとしての移籍願望が叶ったのが今オフのFA傾向と言えよう。これは“移籍の活性化”を願うファンにとっても溜飲を下げる結果となったが敗戦処理。にはいささか引っかかる点がある。


(写真:FA権を行使してゴールデンイーグルスに移籍する鈴木大地。ゴールデンイーグルスの条件は“4年総額7億円以上”とも言われている…。 写真は2017年のマイナビオールスターゲーム第二戦で本塁打を放つ鈴木大地)

 

 

 

続きを読む "FA戦線異常あり…" »

2019年10月12日 (土)

ドラフト会議でくじ運が強い球団は!?

Adsc_6358

パ・セ両リーグは12日こそ台風19号の影響を考慮して中止になったものの両リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージにファンの耳目が集まっているが、そんな中、17日にはドラフト会議が開かれる。


アマチュアのドラフト候補に疎い敗戦処理。だが、くじ運が強い球団はどこなのか?調べてみた。ゴールデンイーグルスが参入した2004年から昨年までのドラフト会議でくじ運が強い球団を調べてみた。これはあくまで、指名が重複して競合になった際のくじ引きの勝敗だけを調べるもので、交渉権を得て獲得した選手が活躍したか否かは関係ない。


(写真: 17日に行われるドラフト会議の目玉選手とされる佐々木朗希投手。2019年8月撮影)

続きを読む "ドラフト会議でくじ運が強い球団は!?" »

2019年10月 2日 (水)

「生」観戦した野球場(73)-ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉

Adsc_1974aeon
いろいろな野球場で日本のプロ野球を観てきました。だからどうしたと言われればそれまでですが。


かつて毎月2日に、企画ものを定期的にエントリーしていましたが、8月24日に、初めてウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で生観戦したので、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉に関して書きます。


1974年3月に初めて後楽園球場でプロ野球を生観戦して以来、いろいろな野球場でプロ野球を観てきました。チケット代よりもはるかにかかる交通費をかけて北へ南へ…。社会人になって多少経済的に余裕が出てからは「十二球団の本拠地をすべて回ろう」と考え、それを2000年に達成してからは地方球場、ファームの試合を行う球場を積極的に回りました。そうしてついに70箇所を超えました。


なおバックナンバーは左欄のカテゴリー別から敗戦処理。が「生」観戦した野球場を選び、ダブルクリックして下さい。


第73回 ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉 観戦球場ファイル-73-

続きを読む "「生」観戦した野球場(73)-ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉" »

より以前の記事一覧

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック