フォト
無料ブログはココログ

2020年10月20日 (火)

岩隈久志現役引退で思いだす昭和の破られそうで破られない記録。

Acsc_5381
19
日、ジャイアンツの岩隈久志が今季限りでの現役引退を発表した。あまり触れられることは少ないが、岩隈は2001年のプロ入り初登板こそリリーフでの登板だったが、近鉄バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルスでのその後の登板は全て先発。225登板連続先発登板という記録を残した。岩隈は2012年から大リーグでプレーするがその時点では当時の現役選手の継続中の記録としては最長記録だった。この記録は岩隈が大リーグでプレーしている間に、2017年に石川雅規に抜かれるが依然として現役では2位にあたる。


石川はさらにこの記録を継続し、現時点(1020日現在。以下同じ)287試合連続となっている。現在では投手の分業化、専門化が進み、先発投手が調子を落としたらリリーフに回るのではなく二軍に落ちて再調整する傾向があるので登板が先発だけという投手が増えていると思われるが、連続先発登板記録は昭和の時代に作られたものがまだ破られていない。

 

 

 

続きを読む "岩隈久志現役引退で思いだす昭和の破られそうで破られない記録。" »

2020年10月 4日 (日)

新型コロナウイルスと闘った梨田昌孝氏がNHKBS1の解説で現場復帰!

Adsc_0041
この春に新型コロナウイルスに感染して入院生活を余儀なくされていた梨田昌孝氏が4日、退院後、今季初めてのテレビ解説を務めた。球場という現場に訪れたのも闘病後初めてだったという。


梨田氏は京セラドーム大阪で行われたバファローズ対ゴールデンイーグルス戦の解説を担当。宮城大弥、瀧中瞭太という両ルーキーの先発で始まった試合を、実況担当の清水敬亮アナウンサーとともに特にブランクを感じさせることも無く解説した。


梨田氏が感染した事が報じられた頃には既に著名な芸能人が新型コロナウイルスによって命を落とした事が報じられていたので敗戦処理。だけでなく多くのファンを心配させたが,幸いにもその後退院。日刊スポーツでの評論活動を再開していたが、球場に来て、テレビ中継で解説をするのは今日が初めてだったという。


梨田さん、おめでとう!


(写真:梨田昌孝氏特有の“こんにゃく打法”。現役引退後の1999年11月に行われたジャイアンツとのOB戦にて撮影)

続きを読む "新型コロナウイルスと闘った梨田昌孝氏がNHKBS1の解説で現場復帰!" »

2020年10月 3日 (土)

ジャイアンツの田中貴也が期限最終日にゴールデンイーグルスに金銭トレード…。

Adsc_1868
NPBでは今季特有のルールをいくつか定めているが、例年なら7月末を期限とするシーズン中のトレード、新外国人選手の獲得、新たな支配下選手登録を今季は9月末までと設定した。その最終日に当たる9月30日に、今シーズンが始まってから二組の交換トレードを成立させているジャイアンツとゴールデンイーグルスの間で三組目のトレードが成立した。ジャイアンツの田中貴也捕手が金銭トレードでゴールデンイーグルスに移籍した。


(写真:ゴールデンイーグルスへの金銭トレードが決まった田中貴也。ジャイアンツの一軍では一度も打席に立てなかった…。)

続きを読む "ジャイアンツの田中貴也が期限最終日にゴールデンイーグルスに金銭トレード…。" »

2020年9月19日 (土)

ジャイアンツのファームがイースタン首位のゴールデンイーグルス相手に連日の乱戦

Adsc_2886
ジャイアンツの一軍は優勝マジックが出ているが、二軍はイースタンで7球団中4位。首位のゴールデンイーグルスとは昨日(18)までで5.5ゲーム離されている。昨日はこのカード、ジャイアンツは二回表終了時点で0対7だった試合を猛追して一度は逆転したもののまた逆転されて910で敗れた。三連戦の二戦目となった今日も九回を終えて1010の同点。試合はこの後に延長戦に突入した。


(写真:九回裏を終えて1010の同点で延長戦突入を示すジャイアンツ球場のスコアボード)

 

 

 

続きを読む "ジャイアンツのファームがイースタン首位のゴールデンイーグルス相手に連日の乱戦" »

2020年9月 8日 (火)

“良くて前同比7%、ワーストだと3.6%。”このままでは大変なことになる!?

Adsc_3376
日本野球機構(NPB)とJリーグは合同で政府に観客数の上限緩和のために要望書を提出した。当初政府は新型コロナウイルス感染症対策で9月末まで継続するとしていたイベントやプロスポーツの入場者数の制限を緩和する方向で検討し始めた。今週11日に行われる感染症対策分科会で判断される。


NPBとJリーグが要望するのは「2万人、あるいは50%の少ない方」。要望書を西村康稔経済再生担当大臣宛に提出したという。


◆ JリーグとNPB、政府へ要望書を提出。「2万人、あるいは50%の少ない方」に緩和へ

 

 

 

続きを読む "“良くて前同比7%、ワーストだと3.6%。”このままでは大変なことになる!?" »

2020年9月 5日 (土)

六回を終わって両軍合計で3安打、0対1の試合がその後… 

Adsc_0866
今日(5日)もファイターズスタジアムに行ってきた。タイトルの通り、六回裏を終わった時点ではスコアは0対1。安打数は両軍合計で3安打という静かな試合であったが、七回を境に試合は大きく動いた。


(写真:先発して3イニングを投げた吉田輝星)

 

 

 

続きを読む "六回を終わって両軍合計で3安打、0対1の試合がその後… " »

2020年7月15日 (水)

ゴールデンイーグルスは何故高梨雄平を手放したのか!?

Adsc_7104
14
日、ジャイアンツとゴールデンイーグルスの間でまた交換トレードが成立した。ジャイアンツの高田萌生投手とゴールデンイーグルスの高梨雄平投手との11の交換トレードが成立した。同日、両球団から発表された。


ジャイアンツファンである敗戦処理。としては侍ジャパンに選ばれるレベルの投手を獲得出来て嬉しいのだが、いくら将来性が見込める投手が相手とはいえ、高梨をなぜゴールデンイーグルスが手放すのか、何かあるのではないかとげすの勘ぐりを行ってしまう。


(写真:ジャイアンツへの移籍が決まったゴールデンイーグルスの高梨雄平。 2017年9月撮影)

 

 

 

続きを読む "ゴールデンイーグルスは何故高梨雄平を手放したのか!?" »

2020年7月 4日 (土)

プロ野球公式戦開幕から二週間。“感染拡大防止特例2020”の使われ方

Adsc_4891
今週の2日でNPBの公式戦が開幕して二週間が過ぎた。各球団の先発投手が一通り二度の先発を終えたこのタイミングで、コロナウイルス禍による“感染拡大防止特例2020”とともに開幕してから二週間が過ぎたこのタイミングで、選手の身体的負荷の軽減という観点などから振り返ってみたい。


(写真:今季、十二球団でただ一人開幕から二試合連続完投勝利の大瀨良大地。 20189月撮影)

 

 

 

続きを読む "プロ野球公式戦開幕から二週間。“感染拡大防止特例2020”の使われ方" »

2020年6月29日 (月)

ゴールデンイーグルスの“進化”とファイターズの“劣化”。

Adsc_5151
今季のパ・リーグのトピックの一つとも言える“同一カード六連戦”が23日から始まり、28日に最初の六連戦を終えた。ファイターズはゴールデンイーグルスを相手にビジターの六連戦。初陣は二勝四敗だった。


何試合かをテレビで観戦したが、昨年までとは異なるゴールデンイーグルスの強さ、いわば“進化”を感じたのは敗戦処理。だけだろうか!?


(写真:ゴールデンイーグルスを“進化”させた!?三木肇新監督。 二軍監督時代の2019年8月撮影)

 

 

 

続きを読む "ゴールデンイーグルスの“進化”とファイターズの“劣化”。" »

2020年6月25日 (木)

ジャイアンツは何故ゼラス・ウィーラーを獲得したのか!?

Adsc_5614
驚いた。公式戦開幕が遅れたとは言え開幕からわずか一週間にして交換トレードが発表された。ジャイアンツのサウスポー、池田駿投手とゴールデンイーグルスのゼラス・ウィーラー内野手の1対1の交換トレードが25日、両球団から発表された。

 

両球団間の交換トレードは昨年のやはりシーズン中、7月に和田恋古川侑利によるトレードが成立して以来。シーズン中でも補強に余念のない球団同士の交換トレード。ジャイアンツファンとしては三塁が本職の外国人選手を獲得した理由を考えてみた。


(写真:イースタン・リーグ公式戦でジャイアンツ相手に本塁打を放って生還するゼラス・ウィーラー。 2019年8月撮影)

続きを読む "ジャイアンツは何故ゼラス・ウィーラーを獲得したのか!?" »

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック