フォト
無料ブログはココログ

2017年3月10日 (金)

山田哲人のフェンス際の打球を捕ってしまった少年の件。-敗戦処理。はこう思う。

Cdsc_1320

Adsc_1323
敗戦処理。はこの試合を一塁側の内野席で生観戦していた。山田哲人の打球を捕ってしまった観客(中学生の少年らしい)がSNSで炎上しているらしいことはツイッターで知ったが、その時には「またか」という程度の感想だった。いろいろと波紋が大きくなっているようなので個人的な感想を書いてみる。



(写真上:WBC POOL B一次ラウンド 日本代表対キューバ共和国代表戦、四回裏二死二塁から左中間に大飛球を放った山田哲人。写真下:山田の大飛球がスタンドインしたかを協議する審判団。)

続きを読む "山田哲人のフェンス際の打球を捕ってしまった少年の件。-敗戦処理。はこう思う。" »

2017年3月 9日 (木)

今季初の「生」観戦で侍ジャパンが猛打爆発!

Adsc_1346_2
既に侍ジャパンはWBCの1次ラウンドを二連勝と好スタートを切っているが、個人的に敗戦処理。は7日の対キューバ共和国代表戦が今季初の「生」観戦となった。結果はご存知の通り、強化試合、壮行試合で不安視された貧打はこの試合に限ってはどこ吹く風。見事、11対6で初戦を勝利で飾った。


個人的には今季は「生」観戦の回数が減りそうなのだが、取り敢えず良い「生」観戦初めとなった。


(写真:五回裏に点差を拡げる3ラン本塁打を放つ松田宣浩)

続きを読む "今季初の「生」観戦で侍ジャパンが猛打爆発!" »

2014年6月 7日 (土)

「迷走の巨人」…四番打者キューバの至宝に代打起用

Adsc_0127_2
1対
3でライオンズに敗れた7日のジャイアンツ。デビュー即“80代巨人軍四番打者”となりながらなかなか期待通りの結果が出ない「キューバの至宝」フレデリク・セペダについに代打が送られた。


かつて原辰徳監督自身が「聖域」と語ったとされるジャイアンツの四番打者に代打が起用されること自体異例だが、デビュー戦から18戦目でついに「キューバの至宝」も見限られたか…。


(写真:四番18試合目にしてついに代打を送られた第80代巨人軍四番打者フレデリク・セペダ。20145月撮影)

続きを読む "「迷走の巨人」…四番打者キューバの至宝に代打起用" »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック