フォト
無料ブログはココログ

2021年1月 2日 (土)

生観戦出来るありがたさを痛感した試合…。【回想】敗戦処理。生観戦録-第47回 2020年(令和2年)編

Adsc_3325
敗戦処理。が初めて日本のプロ野球を生観戦した1974年(昭和49年)から、その年の生観戦で最も印象に残った生観戦を選んで書き起こすこのコーナーも、一通り書き上げたので年に一回、その前年の生観戦を振り返って書くスタイルになっている。今回は昨年2020(令和2)の生観戦の中から最も印象に残っている試合をあらためて振り返る。敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each year


1974(昭和49)に初めてプロ野球を生観戦した敗戦処理。はその後毎年、途切れることなく数試合から十数試合を生観戦しています。そこで一年単位にその年の生観戦で最も印象に残っている試合を選び出し、その試合の感想をあらためて書いていきたいと思います。


【回想】敗戦処理。生観戦録- my only one game of each year47回 2020(令和2)


(写真:敗戦処理。が昨年ようやく初の生観戦を果たした8月12日のファイターズスタジアム。“ソーシャル・ディスタンス”を配慮して観客を一列おき、一席おきに配置。 2020年8月撮影)

続きを読む "生観戦出来るありがたさを痛感した試合…。【回想】敗戦処理。生観戦録-第47回 2020年(令和2年)編" »

2020年12月12日 (土)

田中豊樹、約4ヶ月で背番号19を剥奪される…。

Adsc_7530
ジャイアンツの新入団選手の背番号が発表され、ドラフト2位の山﨑伊織投手(東海大学)に背番号19が与えられた。背番号19といえば、今季726日に育成選手から支配下選手登録された田中豊樹が付けていた番号。支配下選手登録の即日に一軍に登録され、31試合に登板してジャイアンツのリーグ優勝に貢献したがドラフト2位の期待のルーキーに背番号を奪われた形になった。


(写真:逆転満塁本塁打を浴び、ライトスタンドを見つめる田中豊樹。 202011月撮影)

続きを読む "田中豊樹、約4ヶ月で背番号19を剥奪される…。" »

2020年11月 6日 (金)

吉川尚輝が年間の規定打席に到達。

Adsc_4191
吉川尚輝
5日の対カープ戦で5打席立ち、今季の打席数が年間の規定打席数372に到達した。吉川尚は2016年に行われたドラフト会議でジャイアンツから1位指名を受けて入団して四年目。これまでは故障が多い印象があったが、今季は二塁手として常時出場。初めて年間の規定打席に到達した。


ジャイアンツではポジション別で年間の規定打席到達者が最も長く途絶えていたのが二塁手だった。二塁手が年間の規定打席に到達するのは2014年の片岡治大以来だが、生え抜きの選手としては仁志敏久以来15年ぶり。ジャイアンツとしては待望のレギュラー二塁手誕生だ。これで…

 

 

 

続きを読む "吉川尚輝が年間の規定打席に到達。" »

2020年10月18日 (日)

戸根千明、二刀流への道険し-どんな“二刀流”を目指しているのだろうか!?

Adsc_4972
ジャイアンツに投手として入団した戸根千明が今季途中から“二刀流”に挑戦している。今週13日からはイースタンの公式戦に打者として出場している。今日(18日)初めて生で観たが、印象としてはまだ時間がかかりそうだ…。

 

(写真:投ゴロに打ち取られる戸根千明)

続きを読む "戸根千明、二刀流への道険し-どんな“二刀流”を目指しているのだろうか!?" »

2020年9月19日 (土)

ジャイアンツのファームがイースタン首位のゴールデンイーグルス相手に連日の乱戦

Adsc_2886
ジャイアンツの一軍は優勝マジックが出ているが、二軍はイースタンで7球団中4位。首位のゴールデンイーグルスとは昨日(18)までで5.5ゲーム離されている。昨日はこのカード、ジャイアンツは二回表終了時点で0対7だった試合を猛追して一度は逆転したもののまた逆転されて910で敗れた。三連戦の二戦目となった今日も九回を終えて1010の同点。試合はこの後に延長戦に突入した。


(写真:九回裏を終えて1010の同点で延長戦突入を示すジャイアンツ球場のスコアボード)

 

 

 

続きを読む "ジャイアンツのファームがイースタン首位のゴールデンイーグルス相手に連日の乱戦" »

2020年9月13日 (日)

八百板卓丸が豪快に2本塁打。70人目の支配下登録選手にアピール!

Adsc_2179
“感染防止特例2020”によって今季は9月末まで新たな支配下選手登録が認められているが、ジャイアンツは現在支配下選手登録の人数が69人いて、上限の70人まであと一人残している。今日13日にジャイアンツ球場で行われたライオンズとのイースタン・リーグ公式戦で、育成選手契約の八百板卓丸2本の本塁打を放って大きくアピールした。昨シーズン限りでゴールデンイーグルスから戦力外通告を受けてジャイアンツと育成選手契約を結んだ八百板は9月末までの期限で支配下選手登録を逃してしまうと、シーズン終了後に自由契約選手になってしまう。同じ境遇だった田中豊樹は7月26日に支配下選手登録を勝ち取って一軍の欠かせない戦力になっている。八百板としても心中穏やかではないかもしれない。そこに加えて、同じ左打者の香月一也がトレードでマリーンズから加わった。


今日の活躍で評価が激変するとは限らないのかもしれないが、主にイースタンで四番を打ち前日まで179打数53安打で11本塁打、35打点、打率.296と実績を積み重ねているエスタミー・ウレーニャも支配下登録を狙っており、これから9月末までの争いが興味深くなっていく。


(写真:2本塁打と活躍し、ヒーロー賞を受賞した八百板卓丸)

 

 

 

続きを読む "八百板卓丸が豪快に2本塁打。70人目の支配下登録選手にアピール!" »

2020年8月25日 (火)

ジャイアンツ球場“有観客試合”開幕!

Adsc_3371
待ちに待った日がやってきた。ジャイアンツ球場が今日(25日)から“有観客試合”を開幕した。理想を言えば試合の最初から観たかったが“ジャイアンツ休暇”を取ることができず早帰りを試みたが16時の試合開始から2時間を過ぎた18時過ぎにジャイアンツ球場着。着いた時点で試合の大勢は決まっていたが<苦笑>、ようやく実現した待ちに待ったジャイアンツ球場での生観戦を堪能した。


(写真:試合は大敗だったが、詰めかけたファンに挨拶をするジャイアンツナイン)

続きを読む "ジャイアンツ球場“有観客試合”開幕!" »

2020年8月24日 (月)

ジャイアンツの編成は上手なのか下手なのか!?

Adsc_1631
ジャイアンツでは右膝違和感でホセ・パーラが戦列を離脱した後に一軍に上がったイスラエル・モタがいきなり本塁打を放って原辰徳監督や阿部慎之助二軍監督の手腕が持ち上げられているが、現場の監督はともかく球団のフロント(編成)としてはどうなのだろうか?と言う素朴な疑問にぶち当たった。


(写真:イースタン・リーグで打率.307、7本塁打、25打点と活躍しても一軍には上がれないジャイアンツのエスタミー・ウレーニャ内野手)

 

※成績は8月23日現在。以下同じ

続きを読む "ジャイアンツの編成は上手なのか下手なのか!?" »

2020年8月12日 (水)

遅まきながらようやく今季初の生観戦!

Adsc_1883_594
公式戦開幕から約2ヶ月弱。本来の開幕から遅れること約5ヶ月弱にしてようやく待望の生観戦を果たせた。先月から“有観客試合”を始めているファイターズスタジアムで、ファイターズ対ジャイアンツ戦というひいき球団同士の試合を堪能することが出来た。


炎天下で始まった試合内容はいかにも二軍の試合といったお粗末さが随所に垣間見られたが、何はともあれ球場で生観戦出来たことがこの上なくうれしい。

続きを読む "遅まきながらようやく今季初の生観戦!" »

2020年8月 7日 (金)

原辰徳監督による、リリーフ投手温存で内野手の増田大輝起用は“最善策”か!?

Adsc_9784
6日のタイガース対ジャイアンツ戦で、ジャイアンツに滅多に観られない選手起用がなされた。0対7とリードされた八回裏に中谷将大に満塁本塁打が出て0対11とされると、原辰徳監督は登板中の堀岡隼人に代えて内野手の増田大輝をマウンドに送った。投手を使い果たした訳ではない。ベンチには4人の投手が残っていた。


(写真:内野手ながら登板した増田大輝。2019年9月21日、ジャイアンツがセ・リーグ優勝を決める決勝打を放ち、攻守交代でベンチに戻るシーンより)

続きを読む "原辰徳監督による、リリーフ投手温存で内野手の増田大輝起用は“最善策”か!?" »

より以前の記事一覧

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック