フォト
無料ブログはココログ

2017年8月16日 (水)

しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね

Adsc_4949
この時間は本来なら
15日のよるに生観戦するはずだった神宮球場のスワローズ対ジャイアンツ戦の生観戦記を書くはずだったが、残念ながら雨のために試合開始前に中止になってしまった。


そこでちょっと前の話になるが先週
11日にジャイアンツ球場で観てきたジャイアンツの三軍の試合の観戦記を書く。相手は東海地区大学野球連盟の選抜チーム。ジャイアンツの三軍の対戦相手は独立リーグのチームや、社会人のアマチュアチーム。そして大学生だが、NPBのチームと大学生との試合は3月と8月だけに限定されている。


山の日の祝日だったこともあり、暇なのでジャイアンツ球場まで行ってきた。


(写真:試合終了後、ジャイアンツナインに一礼したあと、三塁側のスタンドに一礼する東海地区大学野球連盟選抜の選手達)

続きを読む "しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね" »

2017年8月14日 (月)

生え抜きの選手が2000本安打を打つということ。

Adsc_5
13
日、ジャイアンツの阿部慎之助が通算2000本安打を達成。日本プロ野球史上49人目の快挙だった。ジャイアンツでは1980年に柴田勲が達成して以来17年ぶりの到達で、球団では5人目だ。


清原和博小笠原道大など2000本目の安打をジャイアンツで達成する選手がいたために気付かなかったファンも少なくないかもしれないが、ジャイアンツだけで2000本安打を放った選手はV9戦士の柴田以降出ていなかったことになる。


(写真:入団一年目に新人合同自主トレに参加した阿部慎之助。 20011月撮影) 

続きを読む "生え抜きの選手が2000本安打を打つということ。" »

2017年8月 6日 (日)

背番号が変わった人と変わらなかった人、そして変わったはずなのに変わっていない人…。

Adsc_3950
NPBでは
7月末日をもってそのシーズンの補強の類いが終了となる。拙blogでも何点か取り上げたが、締め切り間際になってバタバタと動いた印象があった。育成選手から支配下選手登録への昇格も同じく締め切られた。支配下選手登録を勝ち取ることができなかった育成選手は、少なくとも今季は残りの試合で一軍公式戦に出ることは不可能で、その差は大きい。


今日(6)はその締め切り期限後、初めてイースタン・リーグの試合を生観戦してきた。


(写真:支配下選手登録を勝ち取って背番号が変わった田中貴也<>と育成選手に据え置かれて背番号が三桁のままの高木京介<>) 

続きを読む "背番号が変わった人と変わらなかった人、そして変わったはずなのに変わっていない人…。" »

2017年7月30日 (日)

ジャイアンツ球場に井川慶降臨!しかし井川以上にインパクトが大きかったのは…

Adsc_3101
時系列的には前エントリー菅野智之、力でベイスターズ打線を封じて
81失点で11勝目! よりも前になるのだが、同じ29日の昼間にはジャイアンツ球場でジャイアンツの三軍と独立リーグ、ベースボール・ファースト・リーグ選抜チームとの交流試合を観てきた。NPBのタイガース時代にジャイアンツに立ちはだかった井川慶が予告先発されているので、そしてベースボール・ファースト・リーグの選手を見るのは初めてなので、ジャイアンツ球場に出向いた。


井川だけでなく、凄い選手がベースボール・ファースト・リーグにいた。お得感満載な生観戦になった。


(写真:ジャイアンツの三軍相手に力投するベースボール・ファースト・リーグ選抜の先発・井川慶)

続きを読む "ジャイアンツ球場に井川慶降臨!しかし井川以上にインパクトが大きかったのは…" »

2017年7月22日 (土)

あと十日間、あと二人…。

Adsc_2806
NPBのシーズン中の補強は
7月末まで。今日(22)を含めてあと十日間だ。ジャイアンツは支配下選手の人数が68人で上限の70人まであと二人。一軍の公式戦に出場するには支配下選手登録されていなければならない。二人の枠を賭けて、ジャイアンツの育成選手達がしのぎを削っている。


(写真:支配下選手めざし奮闘する田中貴也捕手。この日は拙守もあったが2安打と2盗塁刺でアピール!?)

続きを読む "あと十日間、あと二人…。" »

2017年7月 8日 (土)

横須賀スタジアムはいつから一塁側がビジターになったの?

Adsc_02631
久しぶりに横須賀スタジアムに行ってきた。調べたら何と五年ぶりだった。以前はジャイアンツ戦かファイターズ戦を少なくとも一年に一回程度は観戦に出向いていたが、しばらく足が遠のいていた。



スタンドに入ったらビジターのジャイアンツが一塁側になっている。まるで浦島太郎状態だった<苦笑>


(写真:育成選手二年目でイースタン公式戦初本塁打を放ったジャイアンツの増田大輝)

続きを読む "横須賀スタジアムはいつから一塁側がビジターになったの?" »

2017年7月 2日 (日)

続「生」観戦したい野球場-小野路球場

Adsc_0065
2
2日付拙blog「生」観戦したい野球場-小野路球場として、2023年に新しいファームの本拠地が建設されるまでの間の三軍の純本拠地として東京都町田市の小野路球場を使用することにして同市と覚え書きを交わしたと書いたが、その小野路球場のリニューアルが7月に完成するというので観に行ってきた。小野路球場は芝生の養生などを終え、アマチュア野球に使用されていた。



以前は毎月2日に企画ものを連載していて、その中の一つに「生」観戦した野球場という企画があったが、今回も番外編の続編として書いてみる。

続きを読む "続「生」観戦したい野球場-小野路球場" »

2017年6月10日 (土)

巨人の三軍、去年の警視庁に続いて今年は“組”関係と交流試合 

Adsc_9048
独立リーグやアマチュアのチームとの対戦を続けるジャイアンツの三軍。昨年のこの時期には警視庁の家宅捜索を受け、もとい警視庁野球部とのプロアマ交流試合を行っていたが、今日
(10)は一転して“組”関係を相手に選んだ。今年創業50周年を迎えた埼玉県の深谷組硬式野球部と対戦した。


ジャイアンツの三軍はなかなか土日にジャイアンツ球場で試合を行わない。良い機会なので敗戦処理。はジャイアンツ球場に足を運んだ。


(写真:試合前にジャイアンツの川相昌弘三軍監督を相手に始球式対決を挑み、記念の花束を受け取る株式会社深谷組の深谷和宏代表取締役社長兼硬式野球部総監督)

続きを読む "巨人の三軍、去年の警視庁に続いて今年は“組”関係と交流試合 " »

2017年6月 1日 (木)

読売グループの人事異動

Bdsc_3486
ジャイアンツファンはチームが連敗中で気に留める余裕もなかったかもしれないが、昨日
531日の日刊スポーツの片隅に巨人軍の613日付けの人事異動の記事があった。といっても村田真一ヘッドコーチの更迭という訳ではなく、2015年1月から球団社長を務めてきた久保博社長が退いて会長になり、新たに読売新聞東京本社の石井一夫取締役事業局長が社長に就任する、というもの。


久保社長といえば“清武の乱”以降、球団としてあまり力を入れているとは思えなかった二軍に着目して、集客増のためのGⅡプロジェクト』を立ち上げたり、新しい二軍の本拠地の建設を決めたりするなど二軍改革を実行した人物。これらの施策がまだ結果が出る前の退任はまさに志半ばといったところだろう。


新社長がどういう方針を打ち出すか定かではないが、ジャイアンツの二軍にも関心を持つ敗戦処理。としては気になる“読売グループの人事異動”である。

続きを読む "読売グループの人事異動" »

2017年5月27日 (土)

高木京介登板にジャイアンツ球場のファンから大歓声

Adsc_8112
今日
(27)はジャイアンツ球場に行ってきた。昨日登板予定だったもののグラウンドコンディション不良で試合が行われなかったジャイアンツの山口俊がスライド登板すると見られている試合。


試合のポイントとなったのは終盤の八回表、ジャイアンツはピンチに高木京介をマウンドに送った。イースタン・リーグでは5試合目の登板だが、久々に高木京を観るファンが多いのだろう。高木京の名前がアナウンスされるとどよめきが起こり、京介コールまで起きた。


まるで故障が回復して久々に復帰する主力選手のような扱いだった。応援しようというファンの思いはわかるが、ジャイアンツファンばかりの一塁側スタンドに座っていていささかの違和感を覚えた。


(写真:リリーフ登板したもののゴールデンイーグルス打線に連打を浴びる高木京介。枡田慎太郎に勝ち越し打を打たれた後、山本力仁球審から新しいボールをもらう)

続きを読む "高木京介登板にジャイアンツ球場のファンから大歓声" »

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック