フォト
無料ブログはココログ

2019年8月24日 (土)

岩隈久志、二度目の実戦登板は古巣相手に1イニング無失点、しかし、その後に…

Adsc_5376
古巣相手とはいっても、岩隈久志がゴールデンイーグルスに在籍していたのは2011年まで。このウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉はまだ存在していなかったが…。


21日に東京ドームで行われたイースタン・リーグのファイターズ戦でジャイアンツに入団後、初めて“公式戦”に登板した。それから中二日。前回と同じ1イニングの登板だったがまた無失点に抑えた。


六回裏からの登板で、場内アナウンスで岩隈の名前が告げられるとゴールデンイーグルスのファンが大半を占めるダッグアウトシートからも大きな拍手が起きた。


(写真:六回裏からマウンドに上がる岩隈久志。かつて所属していたゴールデンイーグルスの本拠地だけあって大きな拍手で迎えられた。)

続きを読む "岩隈久志、二度目の実戦登板は古巣相手に1イニング無失点、しかし、その後に…" »

2019年8月16日 (金)

内海哲也を知らない若手達。

Adsc_5001
今日(16日)は昨日まで行っていた涼しい東京ドームとは打って変わって蒸し暑いジャイアンツ球場でイースタン・リーグ公式戦、ジャイアンツ対ライオンズ戦を観てきた。

 

0対0で迎えた六回裏、ジャイアンツファンを含む大勢のファンから、おそらくこの日一番の大歓声を受けながら内海哲也がマウンドに上がったが、打者8人と対戦して被安打5、与四球2でひとつもアウトを奪えずに降板。ジャイアンツのエースとして活躍していた全盛期をともに戦っていない若手達に右に左に乱れ打ちされた。内海をリリーフした南川忠亮も打たれ、内海ひとりで8失点。


フリーエージェントの権利を行使してジャイアンツに移籍した炭谷銀仁朗の人的補償として今季からライオンズの一員となった内海。開幕前の左腕の肉離れが尾を引き、いまだに一軍に上がっていない。今日の内容ではまた遠のいたかもしれない。


(写真:六回裏からマウンドに上がったものの打者8人に対し、一死も奪えずに降板する内海哲也)

続きを読む "内海哲也を知らない若手達。" »

2019年8月 4日 (日)

「勝負は家に帰って風呂に入るまでわからない」

Adsc1614_20190806223801
 ↑と言ったのは長嶋茂雄ことミスターだが、まさにそんな試合を観た。八回を終わって4対0とリードしていた試合を九回表に引っ繰り返される。しかも引っくり返された後にさらに3点を追加される…。


今日(3日)は今季初めてジャイアンツ球場のナイトゲームを生観戦した試合がとんでもないことになった。


(写真:九回表のファイターズの大逆転を示すスコアボード。もちろん、この後に九回裏がある。)

 

続きを読む "「勝負は家に帰って風呂に入るまでわからない」" »

2019年6月24日 (月)

エース菅野智之の二回途中KOなんてかわいいもの。ジャイアンツ球場ではもっと酷いことが…

Adsc_8218
ファイターズでは吉田輝星が公式戦二度目の登板を果たし、ジャイアンツは交流戦の優勝をかけてホークスと直接対決。どちらも家にいればテレビで見ることが出来るのに、よりによって今日(23日)もジャイアンツ球場に行って三軍と社会人野球のJR東日本のプロアマ交流戦を観てきた。


試合終了後にツイッターで呟いたのでご覧になった方は結果をご存じでしょうが、いくら今夏の都市対抗野球に出場を決めている社会人野球の強豪が相手とはいえ、プロのチームの試合では無い。「三軍ってこんなものなのか!?」…そう見做されても仕方の無いジャイアンツの大敗だった。


(写真:六回表までJR東日本が毎回得点で17対4とリードしていることを示すスコアボード。ファイターズの吉田輝星が二度目の公式戦登板をしている一方で昨夏の甲子園大会の決勝戦で対戦した大阪桐蔭出身の横川凱が登板)

 

続きを読む "エース菅野智之の二回途中KOなんてかわいいもの。ジャイアンツ球場ではもっと酷いことが…" »

2019年6月22日 (土)

今季初のジャイアンツ三軍生観戦は…

Adsc_7543
今季初めてジャイアンツの三軍の試合を観に行った。ジャイアンツの三軍は遠征が多く、土日にジャイアンツ球場で試合を行うのはこの土日が今季初。今日(22日)の相手はクラブチームである千曲川硬式野球クラブ。ジャイアンツではイースタン・リーグ公式戦でも観ることが出来ない今季のルーキー達や育成選手達が所属する三軍の試合。昨年までも何度か生観戦している。二軍よりさらにレベルは下がるが、なかなか面白い。


(写真:試合前に発表された両チームの先発バッテリー。“仲村渠”って何て読むの!?)

 

続きを読む "今季初のジャイアンツ三軍生観戦は…" »

2019年6月14日 (金)

支配下選手登録されたばかりの加藤脩平が一軍登録されたその日、ジャイアンツ球場で…

Adsc_5354
昨日(13日)は平日ながらジャイアンツ球場で生観戦してきた。育成選手だった加藤脩平が晴れて10日に支配下選手登録されたので“背番号94”のユニフォーム姿を観に行こうと思ったが、ジャイアンツ球場に姿はなかった。


公示を確認して加藤が一軍入りしたことがわかった。それはそれでめでたいことだが…


(写真:育成選手時代の加藤脩平 2019年5月撮影)

 

続きを読む "支配下選手登録されたばかりの加藤脩平が一軍登録されたその日、ジャイアンツ球場で…" »

2019年5月25日 (土)

ジャイアンツ、65人目の支配下登録選手は誰に!?

Adsc_5401
今日25日の日刊スポーツにこんな記事があった。

今季巨人に加入したドミニカ共和国出身の育成選手、イスラエル・モタ外野手(23)がパワフルな打撃で支配下登録へ猛アピールした。24日、山下航汰外野手(18)、山川和大投手(24)と東京ドームでの1軍練習に参加し、バックスクリーン直撃や左中間の看板直撃など特大アーチを量産した。上原が引退した巨人の支配下選手は現在64人で、育成選手を保有するためには65人以上にする必要がある。原監督は「それぞれ能力のある選手」と言い、大塚球団副代表は「7月末までには1人は上げないといけない」と人選を進めていく。

日本プロ野球育成選手に関する規約 第3条 (育成選手の保有)
育成選手を 保有できる球団は、当面現に「支配下選手」を65 名以上( 7月末日現在)保有する球団とする。


支配下登録選手が65人だったジャイアンツでは現役引退を表明した上原浩治を任意引退選手として公示したため、支配下登録の選手が64人になった。7月31日までに少なくともあと1人支配下登録選手を増やさなければならない。そこで育成選手の中から支配下登録に近いと思われる選手を東京ドームに呼び出してテストしたのだろう。


別にこの記事を読んだからという訳ではなく、今日は以前から予定していたジャイアンツ球場にゴールデンイーグルス戦を観に行った。


(写真:打席に向かうジャイアンツの育成選手、イスラエル・モタ。)

 

続きを読む "ジャイアンツ、65人目の支配下登録選手は誰に!?" »

2019年5月20日 (月)

上原浩治、任意引退に。

Adsc_4369
20日、ジャイアンツの上原浩治が現役引退を申し入れ、球団に了承された。今季いっぱいでの現役引退という訳ではなく、即日、任意引退選手の手続きがなされ、公示された。


今季の上原は一軍に上がることなくイースタン・リーグで登板を重ねていたが、任意引退選手として公示されたため、二軍の試合でももう投げることは出来ない。


(写真:個人的に最後の“生上原”となった令和元年5月1日の上原浩治。1イニングを三者凡退に抑え、ベンチに戻る。捕手は岸田行倫。)

 

 

続きを読む "上原浩治、任意引退に。" »

2019年5月 1日 (水)

令和最初の日のジャイアンツ球場生観戦は、平成最後に観たイースタンの試合の如く…

Adsc_4526
昨日の“平成最後の日”を野球観戦で締めくくった敗戦処理。は今日(1日)、令和最初の日にも野球観戦。といっても昨日に続く東京ドームではなく、ジャイアンツ球場へ。


新しい元号になる初日に気分新たに観る試合は、前の元号で最後にとの思いで観た同じイースタンの試合と似た展開になった。悪天候も含めて。


(写真:0対0のまま延長戦突入を示すスコアボード。つい最近観た様な展開…)

 

続きを読む "令和最初の日のジャイアンツ球場生観戦は、平成最後に観たイースタンの試合の如く…" »

2019年4月 1日 (月)

【祝】實松一成、リーグ新記録達成!

Acsc_3196
ファイターズ、ジャイアンツを経て昨年から再びファイターズでプレーしている21年目のベテラン捕手、實松一成が開幕早々にリーグの新記録を達成していることが明らかになった。


杉内俊哉、村田修一といった同年齢の仲間が引退しても現役選手として君臨を続け、21年目の今季も開幕一軍の座をつかんだ“實松世代”のトップランナーが開幕早々にリーグの新記録を達成していたのだ。


先に断っておくが、4月1日のエントリーだからと言って恒例のエイプリルフールネタではない。

 

続きを読む "【祝】實松一成、リーグ新記録達成!" »

より以前の記事一覧

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック