フォト
無料ブログはココログ

2020年7月23日 (木)

もしも今年オールスターゲームを行っていたら…

Absc_1461
エントリーするタイミングを逸したのでお蔵入りさせようと思っていたが、完成寸前だったので書き足した。今年、新型コロナウイルス禍で公式戦の開幕が約三ヶ月も遅れ、日程も全面的に見直されてしまったが、本来であれば、さる19日と20日にオールスターゲームが行われていたはずなのだ。


そこで、今季の成績に基づいて、もしも今年オールスターゲームが行われていたらどんな選手が選ばれていただろうかと妄想を巡らせて敗戦処理。が勝手にパ・セ両リーグから29選手ずつを選んでみた。


通常であればファン投票、選手間投票、監督推薦…といろいろな過程を経てメンバーが決められていくがここは全選手、敗戦処理。推薦で選んでみた。


ようやく選び終えたので、いささか手遅れながらエントリーすることにした。“GoToキャンペーン”の対象から除外されてせっかくの四連休をただボーッと過ごすしかない人はお付き合いいただければ幸いである。スポーツ新聞を片手にご自身で選んでみるのも一興かも。
(成績は716日現在。)

 

 

 

続きを読む "もしも今年オールスターゲームを行っていたら…" »

2020年3月22日 (日)

練習試合の扱い方

Adsc_0518
3
20日、本来であればプロ野球公式戦が開幕する日、各球団は“練習試合”と名を変えた試合をオープン戦に引き続き無観客で行っている。まだいつ開幕するのか決まらない中、選手達はいつだかわからない公式戦開幕に向けて調整を続けている。


個人的には20日からの練習試合をオープン戦の延長だと認識している。素人なりに、公式戦開幕前の贔屓チームや選手の調整ぶりを見たい。無観客試合だけに球場で生観戦することは出来ないが、それでも気になる。CS放送は普段通り放送しているが結果を細かく知るにはスポーツ新聞が頼り。スポーツ新聞はこの例を見ない“練習試合”をどのように報じているか?各紙それぞれ、温度差があるというか…。

 

 

 

続きを読む "練習試合の扱い方" »

2020年1月 3日 (金)

元日のスポーツ報知の1面

Adscn2867
元日のスポーツ報知の1面を見て驚いた。長嶋茂雄王貞治は前回56年前の東京五輪の際に報知新聞のON五輪をゆくという企画で五輪競技の取材をした。東京五輪が行われる年の元日に再びという発想もわからないではないが


昨年はジャイアンツが日本シリーズでこそ完敗だったが5年ぶりにセ・リーグ優勝。この結果を考えれば元日に1面を飾るのは原辰徳監督、あるいはセ・リーグの最優秀選手に輝いた坂本勇人あたりと思われるが、まさかのONだった。

続きを読む "元日のスポーツ報知の1面" »

2020年1月 1日 (水)

新年明けましておめでとうございます。

Adscn2662


(写真:東京五輪での野球のメイン会場となる横浜スタジアム。)



続きを読む "新年明けましておめでとうございます。" »

2019年11月14日 (木)

“プレミア12”で日本代表戦でも入場者数が少ない…。

Acsc_0037
11
日から日本に舞台を移した世界野球プレミア12のスーパーラウンド。しかし11日にZOZOマリンスタジアムで行われた日本代表対オーストラリア代表戦の入場者数は17,819人。場所を東京ドームに移して12日に行われた対アメリカ代表戦は27,827人、13日の対メキシコ代表戦は31,776人と三試合目で初めて3万人を超えたがそれでもスタンドが大観衆で埋まったというレベルではない。これから増えるとは思うが…。


先日まで行われていたラグビーのワールドカップの盛り上がりぶりとはあまりに対照的。国際大会としての歴史に雲泥の差があるとは言え、これはNPBにとって大きな誤算ではないのだろうか!?


※ 写真は前回大会から。

 

 

 

続きを読む "“プレミア12”で日本代表戦でも入場者数が少ない…。" »

2017年8月 1日 (火)

侍ジャパン、新監督は決まったけれど…!?

Adsc_0210
ファイターズファンが“谷元ショック”に揺れた昨日31日、予て報道があった通り侍ジャパンの新監督が正式に稲葉篤紀に決定した。そして今日1日の日刊スポーツでは投手コーチに建山義規の名前が挙がり、まるで落ち込むファイターズファンを明るくするかのような報道姿勢を見せた。同紙は以前にも稲葉監督を支えるヘッドコーチ格のコーチ候補として、ファイターズで打撃コーチを務めている金子誠の名前を挙げていた。まだ決まったのは稲葉の監督就任と山中正竹氏の強化本部長就任だけ。だからこそ憶測で名前が挙がるのだろう。


ファイターズファンには明るいニュースだが、報道レベルに過ぎない二人のコーチ候補はともかく、稲葉監督で2020年東京五輪を勝ち抜けるのだろうか?現時点ではいささか心配に思わざるを得ない。


(写真:侍ジャパンの新監督に決まった稲葉篤紀。殊勲打を打った後の守備でスタンドからのコールに最敬礼で答えるおなじみのシーン。 20133月撮影)

続きを読む "侍ジャパン、新監督は決まったけれど…!?" »

2017年7月11日 (火)

侍ジャパン次期監督に稲葉篤紀浮上!?

Adsc_0040
 11日のスポーツニッポンによると、侍ジャパンの次期監督候補として元スワローズ、元ファイターズで今春のWBCでも侍ジャパンの打撃コーチを務めた稲葉篤紀が有力視されているという。


これまでの報道では第二回WBCで侍ジャパンを率いて世界一に輝いた原辰徳前ジャイアンツ監督や、ファイターズの現役監督である栗山英樹監督らの名前が挙がっていたが、小久保裕紀前監督同様に指導者としての実績にこだわらない人選になるのだろうか?


(写真:スポーツニッポンの報道では侍ジャパン次期監督が有力視されている稲葉篤紀=後ろ姿右から二人目。 201511月撮影)

続きを読む "侍ジャパン次期監督に稲葉篤紀浮上!?" »

2017年4月10日 (月)

侍ジャパン小久保裕紀監督の忖度。

Adsc_1547
もう公式戦が始まって一週間を経過したから、今さらWBCの話をするのもナンだが、WBCで登板した投手が一通り所属チームの公式戦で登板をしたこともあり、WBCでの投手起用を振り返ってみた。


二大会連続で準決勝敗退という結果に陥った侍ジャパンだったが、指揮官である小久保裕紀監督の“忖度”が随所に見られた!?


(写真:所属のライオンズでは万能型のセットアッパーとして起用されるが、今WBCでは抑えに固定された牧田和久 20173月撮影)

続きを読む "侍ジャパン小久保裕紀監督の忖度。" »

2017年3月24日 (金)

闘い済んで…。これからの侍ジャパン

Adsc_1588
日本時間
22日に行われたWBCの準決勝に敗れた侍ジャパン。前回2013年に続き、準決勝の壁を破れなかった。侍ジャパンを率いた小久保裕紀監督は退任の意向を表明したそうだ。


スポーツ新聞などでは早くも次期監督の具体名が挙がっている。次回WBCよりも先に2020年東京五輪という大舞台が待っている。


代表チームを率いる監督は重要だ。だが、それだけではないだろう。


(写真:契約期間満了に伴い、退任の意向を表明した小久保裕紀監督。第1次ラウンドの対キューバ戦後の勝利監督インタビューより)

続きを読む "闘い済んで…。これからの侍ジャパン" »

2016年8月 5日 (金)

四年後、ミスターは84歳…。

Adsc_0104
昨日(4日)の未明、2020年の東京五輪で野球・ソフトボールが種目として採用されることが正式決定された。採用濃厚とは言われていたが、正式に決まると、敗戦処理。も野球ファンとして率直にうれしい。ところが、今朝の日刊スポーツを読んで驚いた。アテネ五輪の野球日本代表監督に選ばれながら、脳梗塞を患って指揮をとれなかった長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督に総監督的な立場で携わってもらおうという待望論があるという。



ミスターは四年後、東京五輪の時には84歳になっている。


(写真:2008年北京五輪の直前に行われたジャイアンツ球場での野球日本代表の合宿練習を激励に訪れ、星野仙一監督と会話する長嶋茂雄元監督)

続きを読む "四年後、ミスターは84歳…。" »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック