フォト
無料ブログはココログ

« ジャイアンツの田中貴也が期限最終日にゴールデンイーグルスに金銭トレード…。 | トップページ | ファイターズが球団創立以来5000敗に到達。 »

2020年10月 4日 (日)

新型コロナウイルスと闘った梨田昌孝氏がNHKBS1の解説で現場復帰!

Adsc_0041
この春に新型コロナウイルスに感染して入院生活を余儀なくされていた梨田昌孝氏が4日、退院後、今季初めてのテレビ解説を務めた。球場という現場に訪れたのも闘病後初めてだったという。


梨田氏は京セラドーム大阪で行われたバファローズ対ゴールデンイーグルス戦の解説を担当。宮城大弥、瀧中瞭太という両ルーキーの先発で始まった試合を、実況担当の清水敬亮アナウンサーとともに特にブランクを感じさせることも無く解説した。


梨田氏が感染した事が報じられた頃には既に著名な芸能人が新型コロナウイルスによって命を落とした事が報じられていたので敗戦処理。だけでなく多くのファンを心配させたが,幸いにもその後退院。日刊スポーツでの評論活動を再開していたが、球場に来て、テレビ中継で解説をするのは今日が初めてだったという。


梨田さん、おめでとう!


(写真:梨田昌孝氏特有の“こんにゃく打法”。現役引退後の1999年11月に行われたジャイアンツとのOB戦にて撮影)



今日(4日)はジャイアンツもファイターズもデーゲームで試合を行うが、贔屓の両チームの試合を差し置いても梨田昌孝氏の解説が聞きたかった。
Cdsc_0101
2009年にファイターズをリーグ優勝に導いてくれた名監督であると同時に,近鉄バファローズでの現役時代から数々の名場面を彩ってきた梨田氏。ネットではタイガース球団への厳しい論評のいくつかを見ていたが、テレビ復帰試合となるとチャンネルを合わせることになる。


この試合はバファローズがドラフト1位で獲得した高校卒ルーキーの宮城大弥を初登板、初先発させ、ゴールデンイーグルスも大学、社会人を経由しているもののドラフト6位ルーキーの瀧中瞭太を先発させた。サウスポーの宮城の真っ向勝負が印象に残ったが梨田氏も久々に放送席に座って解説する心境を初登板の宮城の緊張ぶりに例えていた。


放送がNHKBS1だけに、時折挿入されるBSニュース以外にはイニングの間も中断されない。イニングの合間に梨田氏の復帰を歓迎する視聴者のツイートなどを紹介していたが、梨田氏自身も「球場に来るのは新鮮だ」と何度となく繰り返していた。


梨田氏が選手として活躍し、最初に監督を務めた旧近鉄バファローズを合併で吸収したオリックス・バファローズと、三球団目で直近に監督を務めた東北楽天ゴールデンイーグルスの対戦であったが,特に自身との縁に関しては言及しなかったようだ。


時に投手が意味の無い四球を与えてしまう場面では“監督目線”で厳しい指摘を見せていた。久々のテレビ解説だからといって、遠慮する感じは見られなかった。


コンビを組んだ清水敬亮アナは平成19年にNHKに入局した38歳のスポーツアナとのことだが、梨田氏はあの“10.19”を最後に現役引退し、翌年の平成元年から,ユニフォームを着ている期間以外にはずっとNHKの解説者としてお茶の間に親しまれてきた。清水アナに不満がある訳では無いが、梨田氏の復帰を祝い、最も息が合った中堅、ベテランのアナウンサーはいないのかな?といささか疑問に感じたが、本当にブランクを感じさせない解説だった。強いていえば,合間に得意のダジャレが用いられなかったのが残念だがそこは自重したのだろう。番組の最後に梨田氏は「いろいろな球場で解説をしたい」と言っていたから、今後に期待したい。


「やっぱり現場へ来るとね、何かワクワクしますしね。今日は当然緊張もしたんですけども、ちゃんと喋れるかな?とかいろいろなことを考えましたけどね。でもNHKのスタッフの人と一緒にやって,やっぱり現場はいいなというのを感じました」


番組の最後に久々の解説を振り返って梨田氏はこう語った。イニングの合間にも久々の“現場”の感想を清水アナに求められて何度か語っていたが、聞いていて涙が出そうになった。上述したように梨田氏が闘病していた時期には今よりも新型コロナウイルスへの得体の知れぬ恐ろしさに覆われていた時期。梨田氏が退院したというニュースを聞いたときには本当に嬉しかったし、日刊スポーツに掲載された闘病ぶりは壮絶そのもので読んでいて絶句したが、こうした形で復帰したことは本当に嬉しい。前後して病気にかかった片岡篤史氏の姿はCS放送の『プロ野球ニュース』で時折確認出来る。片岡氏に次いで、梨田氏も。本当によかったと思う。


余談になるが贔屓チームが絡まない試合の中継を、勝敗に関して特に肩入れすることなく観ていたが、バファローズのドラフト1位ルーキー宮城の活きの良さには目を見張った。バファローズは将来が楽しみなルーキーを獲得したと思う。それは見方を変えればファイターズに立ちはだかる投手がまた増えたということになる。ウカウカしていられない。


閑話休題。何度か画面に映された梨田氏のプロフィールには“67歳”とあった。中継で紹介されたファンからの声にもあったがくれぐれも無理をなさらないで欲しいものだ。


新型コロナウイルス禍はまだ終息には程遠い。残念なことに自ら命を絶つ著名な芸能人が相次ぎ、関連性は不透明ではあるものの未曾有のウイルスが起こす問題の根の深さを感じざるを得なくなっている。そんななか、振り返れば今よりもっと先が見えなかった時期に感染し、病との戦いに勝った梨田氏のような人物には無理の無い範囲で活躍していただきたい。きっと多くの人に勇気を与えるだろうから。

« ジャイアンツの田中貴也が期限最終日にゴールデンイーグルスに金銭トレード…。 | トップページ | ファイターズが球団創立以来5000敗に到達。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャイアンツの田中貴也が期限最終日にゴールデンイーグルスに金銭トレード…。 | トップページ | ファイターズが球団創立以来5000敗に到達。 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック