フォト
無料ブログはココログ

« 原辰徳監督、川上哲治元監督を抜いて巨人軍史上通算最多勝利監督に! | トップページ | ジャイアンツのファームがイースタン首位のゴールデンイーグルス相手に連日の乱戦 »

2020年9月13日 (日)

八百板卓丸が豪快に2本塁打。70人目の支配下登録選手にアピール!

Adsc_2179
“感染防止特例2020”によって今季は9月末まで新たな支配下選手登録が認められているが、ジャイアンツは現在支配下選手登録の人数が69人いて、上限の70人まであと一人残している。今日13日にジャイアンツ球場で行われたライオンズとのイースタン・リーグ公式戦で、育成選手契約の八百板卓丸2本の本塁打を放って大きくアピールした。昨シーズン限りでゴールデンイーグルスから戦力外通告を受けてジャイアンツと育成選手契約を結んだ八百板は9月末までの期限で支配下選手登録を逃してしまうと、シーズン終了後に自由契約選手になってしまう。同じ境遇だった田中豊樹は7月26日に支配下選手登録を勝ち取って一軍の欠かせない戦力になっている。八百板としても心中穏やかではないかもしれない。そこに加えて、同じ左打者の香月一也がトレードでマリーンズから加わった。


今日の活躍で評価が激変するとは限らないのかもしれないが、主にイースタンで四番を打ち前日まで179打数53安打で11本塁打、35打点、打率.296と実績を積み重ねているエスタミー・ウレーニャも支配下登録を狙っており、これから9月末までの争いが興味深くなっていく。


(写真:2本塁打と活躍し、ヒーロー賞を受賞した八百板卓丸)

 

 

 

 

 

今季初めてジャイアンツ球場で試合開始から終了まで観戦出来た。この土日がジャイアンツ球場にとって“有観客試合”として行う初の土日。昨日も観戦予定だったが、球場に着いたところで雨天中止。チケットは昨日も今日も完売だそうで、今日の入場者数は862人。きちんと調べた訳では無いがファイターズスタジアムでも600人超えが最多だったから、ここまでの今季のイースタンで、各球団の本拠地球場で行われた試合では最多なのではないか!?


両軍の先発はジャイアンツが直江大輔で、ライオンズが與座海人。どちらも今季一軍で先発経験がある。スターティングメンバーはご覧の通り。
Cdsc_1636



ジャイアンツでは右膝違和感で戦列を離れていたヘラルド・パーラがスタメンに復帰。香月一也は移籍後初めて守備に付く。捕手が小林誠司で無かったのでついに一軍復帰かと思ったが単に控えに回っただけだった。


直江に関しては個人的には内容もさることながら長いイニングを投げて欲しいと願っていた。一軍で二度の先発を経験しているが、これまで二軍で先発して五回を投げたのが最高とのことで、二軍で5イニングしか投げてない投手が一軍で勝利投手の権利を得られるイニングを投げきれる訳が無いと思ったら案の上だったからだ。戸郷翔征と同じ2019年入団だけに戸郷に続けとの期待がいやがおうにも大きくなるが、まだまだ焦る必要は無い。投げられるイニングを伸ばして欲しい。


Cdsc_1678
今日の直江は二回表に永江恭平にライトオーバーの打った瞬間にわかる特大のソロ本塁打を浴びたが、他には初回に二死二、三塁のピンチを招いたくらいで三回以降は走者を得点圏に進めさせなかった。


與座の独特のアンダースローからの投球に手こずっていたジャイアンツ打線だったが、三回裏に八百板卓丸がこちらも打った瞬間にわかるライトオーバーのソロ本塁打で同点に追いつく。
Cdsc_17921



ジャイアンツは四回には2つの死球と投手強襲安打で一死満塁と勝ち越しのチャンス。ここで山本泰寛がセンター前に合わせて1点を勝ち越す。
Cdsc_1854
さらに続いた一死満塁から八百板の真正面の一塁ゴロを山田遙風が絵に描いた様なトンネルをして二者生還。4対1とリードを拡げた。


Cdsc_1732
與座は2018年の10月に右肘の手術を行って昨年は育成選手契約に回った。昨年支配下選手登録に復帰して今季は開幕第三戦に先発するなど活躍したが、813日にゴールデンイーグルスを相手に先発したのを最後に翌日に登録抹消されて以来二軍での調整が続いている。不運な形であったが五回まで投げた。


ライオンズでは最近一軍でも守備の乱れが勝敗に結びつくケースが多発しているが、六回裏にも二番手の松岡洸希の足をバックが引っ張った。


この回から登板の松岡は一死からウレーニャに安打を打たれたものの二死までこぎ着けて山本を遊ゴロに打ち取ったがマウンドの後方で捕球した遊撃手の川野涼多の一塁への送球が左に逸れ、一塁手の山田が打者走者にタッチしようとしたがタッチできずに失策となった。この直後に出たのが八百板の2本目の本塁打。
Cdsc_19752
最初の一発とほぼ同じような軌道でライトオーバー。ジャイアンツに3点が加わって7対1とほぼ勝敗が決まった。


直江は六回まで投げた。投球数を数えていなかったが自己最長イニングだ。


直江は8月23日に一軍デビュー。対カープ戦で先発して4回1失点で降板した。この抜擢は宮本和友投手チーフコーチと阿部慎之助二軍監督が話し合って決めたと言うが、その時点で直江はイースタンでの先発で、最長で5イニングしか投げたことがなかった。いくらジャイアンツのリリーフ陣が盤石だとは言え、先発投手として求められる最小限のイニングしか投げたことがない投手を推薦する阿部二軍監督も、それを認める宮本コーチも個人的には如何なものかと思う。

直江大輔、イースタン登板実績

2019
329日 対M 二番手1回 自責点2
821日 対F 五番手1回 自責点0
94日 対L 先発 3回 自責点4 敗戦投手

2020
719日 対M 二番手 5回 自責点0
81日 対L 先発 5回 自責点6 敗戦投手
88日 対B 先発 3回 自責点6 敗戦投手
816日 対S 先発 5回 自責点0 勝利投手
※ 一軍で二度の先発
913日 対L 先発 6回 自責点1 勝利投手

二番手は畠世周。試合開始前に中止になった前日12日の先発投手。いわゆるスライド登板。このタイミングで捕手も田中貴也から山瀬慎之助に交代。
Cdsc_1980_20200913230301
この試合に登録されている捕手は田中貴、山瀬、小林誠司の三人。普通に考えればこれで山瀬にアクシデントでもない限り小林がマスクをかぶることはない。小林はイニングの合間には外野手とのキャッチボールに終始していた。ジャイアンツが守備に付く度に三塁側の女性ファンのカメラが小林を写す。
Cdsc_1817
彼女たちが観たいのは外野手とのキャッチボールをする小林ではなく、マスクをかぶる小林だと思うが。



Cdsc_1990
スライド登板となった畠だが時速150km前後のストレートを中心にライオンズ打線を圧倒。2イニング目の八回表に綱島龍生のレフト前方の飛球にスライディングキャッチを試みたイスラエル・モタが捕れずに三塁打になり、西川愛也の犠飛で1点を失った。記録上畠の自責点だが、綱島の打球はまともな外野手なら捕球できたであろう打球だった。畠は最終回も投げきり、点差があったとはいえ3イニングを投げたのでセーブが記録された。


Cdsc_2174
13日・ジャイアンツ球場】
L 010 000 010 =2
G 001 303 00× =7

L)●與座、松岡、粟津、藤田-牧野、齊藤誠
G)○直江、S畠-田中貴、山瀬
本塁打)永江2号ソロ(直江・二回)、八百板4号ソロ(與座・三回)、5号3ラン(松岡・六回)
入場者数=862


“一番・中堅”で出場した陽岱鋼はアンダースローの與座に二打席連続三振を含めて3打数0安打で途中交代。
Cdsc_1752
右膝違和感で戦列を離脱していて“二番・右翼”で復帰試合となるパーラも、一軍でプレーしていた頃の様に“シャークダンス”をイメージした拍手で迎えられながらも、やはり與座にはタイミングが合わせにくいのか3打数0安打。一回表の守備ではライトの前方でワンバウンドした打球を後方に逸らす失策をして距離感がまだまだなのかなと不安に思わせたが、四回表には岸潤一郎の前方の低いライナーをスライディングキャッチする好捕を見せた。


また、マリーンズから移籍の香月一也が出場三試合目で初めて守備に付いた。“五番・三塁”でフル出場したがこちらも3打数0安打。ジャイアンツでの成績は1打点こそあるものの10打数0安打。早く一本欲しいところだろう。
Cdsc_1820
三塁の守備では四回表に打球処理が続いた。最初の愛斗の三塁ゴロは丁寧にさばいて一塁で刺したものの、続く戸川大輔の三遊間寄りの打球にはグラブを弾かれ、すぐに一塁送球するも内野安打とされた。


八百板は支配下を勝ち取ることも大事だが香月に勝つことが大事だろう。その意味では2本塁打もさることながら第四打席で左対左となるサウスポーの藤田航生から難なく放った一、二塁間を破る安打もアピールになったのではないか。


冒頭の写真の様に大活躍の八百板はこの試合のヒーロー賞を獲得したが、ヒーローインタビューも行われた。
Bdsc_3394
ソーシャルディスタンスを考えた距離感だ。


昨日は試合開始の1時間半前の11:30にたまたま稲城市にいた。その頃から雨が降り出した。京王よみうりランド駅に着いたところで球団の公式ツイートを確認したらスターティングメンバーが発表されていたので小雨決行と見込んで『巨人への道』を上がった。年々283段を上がるのがしんどく…と思ったらマスクをしているからだった。前後に人がいないのを確認してマスクを外して上ったが、上がったらスタッフが試合中止を告げていた。今日も試合開始前の12:30頃にポツポツ来た。「またかょ」と思ったが幸いにもすぐに止み、試合中には降らなかった。


試合はここまで書いた様に途中からジャイアンツの一方的な試合になった。二日続きのチケット完売ということでこの日の入場者数は862人だ。調べたら平塚市のバッティングパレス相石スタジアムひらつかで行われたベイスターズ主催試合で1000人超えを果たしているが球団保有のスタジアムでは“今季”最多ではないだろうか?


しかし、敗戦処理。も陣取ったジャイアンツベンチがある三塁側内野席にはライオンズのユニフォーム姿のファンの姿もチラホラいた。ジャイアンツの二軍は今季から阿部二軍監督の発案でベンチを一塁側から三塁側に変えた。残念ながらベンチの変更は周知徹底されていない。ジャイアンツ球場のチケットは全席指定すべてネットで売られている。よく見ればどちらがどちら側のベンチなのかはわかるはずだが、ファンの固定概念を覆すほどの案内が不充分だったということだろう。これから一軍も入場規制が緩和されれば、多少はチケットも入手しやすくなる。そうなったときに二軍の試合を見ようというファンの数がどう変化するか?昨年のジャイアンツ球場59試合の平均入場者数は952人に過ぎない。阿部が二軍監督になったからというだけで来場する人が固定客になるとは限らないから、結局は落ち着くところに落ち着くだろう。個人的には、チケットが取りやすく、指定席だから試合開始に間に合えば良い。今のスタイルもなかなかお気に入りだ。

 

 

 

« 原辰徳監督、川上哲治元監督を抜いて巨人軍史上通算最多勝利監督に! | トップページ | ジャイアンツのファームがイースタン首位のゴールデンイーグルス相手に連日の乱戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原辰徳監督、川上哲治元監督を抜いて巨人軍史上通算最多勝利監督に! | トップページ | ジャイアンツのファームがイースタン首位のゴールデンイーグルス相手に連日の乱戦 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック