フォト
無料ブログはココログ

« 大山悠輔の起用法 | トップページ | ジャイアンツは何故ゼラス・ウィーラーを獲得したのか!? »

2020年6月23日 (火)

清原和博が『プロ野球ニュース』に出演

Adsc_3291
22日、執行猶予期間を終えた清原和博がCS放送の『プロ野球ニュース』(フジテレビONE)に出演した。同番組は通常、公式戦が一試合でも行われれば放送されるが、一試合も行われない(雨天などで全試合中止の場合も含む)場合には放送されないのにこの日は試合予定がないにもかかわらず一時間フル放送。清原に対する異例の扱いだ。

 

※敬称略。以下同じ


(写真:清原和博が出演することを告知する前日21日の『プロ野球ニュース』より)



冒頭にも書いたが、通常『プロ野球ニュース』は試合が行われない日には放送されない。にもかかわらず開幕カード三日間を振り返るという名目も兼ねて清原の復帰祝いを行った感じだ。いつもなら女子アナや女性タレントが座るMC席には清原和博のPL学園の後輩で、この番組の解説者を務めている片岡篤史が座り、清原を挟む形で同じく清原の後輩にあたる野村弘樹も出演。立浪和義は電話でリモート出演した。
Adsc_2610
普段なら放送そのものをしない日。出演者は高校の後輩。完全に清原のための放送。清原個人が後輩達に要望したというレベルではないだろう。


清原は15日に四年間の執行猶予期間を終え、それからは初のテレビ出演。番組の冒頭で清原から特に謝罪などはなく、“無観客試合”で始まった公式戦開幕の印象などを語り始めた。PL学園の後輩である片岡篤史、野村弘樹を「片岡さん」、「野村さん」と呼ぶ姿からはかつて“番長”と呼ばれた俺様キャラは感じられず、自らまいた種とはいえ不遇を経験した身ならではの謙虚さをも感じさせた。清原は一時間番組の前半約半分、30分足らずで出演終了。その後は解説者による開幕カード三日間を振り返ってのトークに切り替わった。


清原は元プロ野球選手としてというより、人としてやってはいけない罪を犯した。だが法に基づき定められた執行猶予期間を終えた。元プロ野球選手として活動を再開する事に対してそのことで後ろ指をさされる筋合いはない。番組では犯した罪に関して言及することはなかったが、普段なら放送しない、試合のない日に番組を放送したという事実から推測すると、清原の背後に、清原を担ぎ出そうとする相当な勢力があることがうかがえる。かつて一世を風靡した大スター選手だ。需要はあろう。


清原が『プロ野球ニュース』に出演する事を事前に報じたネットニュースでは清原が「これからの人生を薬物依存症で苦しむ人たちと、野球界、特に私自身の原点でもある高校野球にささげたいと考えております」と語っていた。

◆ 清原和博氏、22日放送「プロ野球ニュース」生出演

罪を償った以上、どのように考えようと清原の自由なのだろうが、このように考えるのならまずは清原自身が決して再び犯罪に手を染めないことが第一だと思う。一般には再犯率が高い犯罪だと言われている。善行の数々での償いも重要だが二度と犯罪に手を染めない。そのことが重要だと個人的には思う。

 

« 大山悠輔の起用法 | トップページ | ジャイアンツは何故ゼラス・ウィーラーを獲得したのか!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大山悠輔の起用法 | トップページ | ジャイアンツは何故ゼラス・ウィーラーを獲得したのか!? »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック