フォト
無料ブログはココログ

« 清原和博が『プロ野球ニュース』に出演 | トップページ | 7月10日から“有観客試合”開催!! »

2020年6月25日 (木)

ジャイアンツは何故ゼラス・ウィーラーを獲得したのか!?

Adsc_5614
驚いた。公式戦開幕が遅れたとは言え開幕からわずか一週間にして交換トレードが発表された。ジャイアンツのサウスポー、池田駿投手とゴールデンイーグルスのゼラス・ウィーラー内野手の1対1の交換トレードが25日、両球団から発表された。

 

両球団間の交換トレードは昨年のやはりシーズン中、7月に和田恋古川侑利によるトレードが成立して以来。シーズン中でも補強に余念のない球団同士の交換トレード。ジャイアンツファンとしては三塁が本職の外国人選手を獲得した理由を考えてみた。


(写真:イースタン・リーグ公式戦でジャイアンツ相手に本塁打を放って生還するゼラス・ウィーラー。 2019年8月撮影)



◆ 東北楽天ゴールデンイーグルスとのトレード合意について

ゼラス・ウィーラー
は三塁が本職。2015年にゴールデンイーグルスに入団して以来打線の中軸を担ってきた。ここ一番で見せる驚異の打撃力とともに味方の得点シーンなどでベンチの前に出てきて派手にはしゃぎまくるムードメーカーぶりが印象的な選手。今季は開幕から二軍に落ちているが、過去五年間で596試合、106本塁打、345打点、打率.262。昨年は二年ぶりに規定打席に到達し、本塁打も15本から19本にアップしたが打率は自己ワーストの.243、リーグ最多の22併殺打を記録するなど陰りを見せていた。今季が三年契約の三年目なので残留したが今季の開幕には外国人枠が一人増えたにもかかわらず一軍入りを果たせなかった。


“三塁が本職”と書いたが入団一年目の2015年には他に外野手として22試合、翌2016年にも外野手として47試合に出場したがその後は昨年1試合だけしか外野の守備に付いていない。拙blog6月22日付大山悠輔の起用法でタイガースの大山悠輔と比較して岡本和真を“今季は三塁手として固定する予定だ”と書いた手前、三塁手を獲得されては困るのだが<苦笑>、必要だから獲得したのだろうけど岡本をどかせてでもウィーラーに三塁を守らせるとは考えにくい。となると外野での起用が考えられるが、敗戦処理。はジャイアンツがウィーラーに一塁を守らせる様な気がする。ゴールデンイーグルス出身の外国人選手というとケーシー・マギーを思い起こすが、マギーに二塁を守らせた球団だけに、三塁を守れるなら一塁も守れるだろうと安直にウィーラーに一塁の練習をさせるのではないか?


ジャイアンツでは開幕から中島宏之が一塁を守っているが、中島も来月末に38歳になるベテラン。最後に年間の規定打席に達したのがバファローズ時代の2017年と考えると年間を通じてベストなコンディションを維持できるとは限らない。陽岱鋼に一塁を守らせるなど既に対策を立てているが、より確実にするために先手を打ったといったところだろうか?ウィーラーは入団一年目の2015年に1試合だけ一塁を守っている。


これまた邪推だが、NPBはMLBとは異なり、選手の今季の年俸を全く削らない。いずれ来季の年俸交渉で減額制限を超える減俸などのケースで球団側と選手会とで対立することがあるかもしれないが、そうそう選手の解雇や、大幅なコストカットは出来ないだろう。そうなるととばっちりを食いそうなのが外国人助っ人。今季は外国人枠が拡がってはいるものの元々の一軍枠4人を超える5人以上の外国人選手と全球団が契約しているが、来季は減らさざるを得ないだろう。それをいち早く行ったのが今回のトレードだとも思える。


ゴールデンイーグルスでは阻まれた一軍外国人枠に関してはジャイアンツではセットアッパーとして期待して獲得した新外国人の右投手、チヤゴ・ビエイラが開幕二戦目で1イニングを投げきれずに降板すると翌日に登録抹消。現在5人のうち4人しか外国人選手が登録されていないので登録に支障はない。ウィーラーが一軍登録されて外国人枠が埋まっても、エンジェル・サンチェスC.C.メルセデスはともに先発投手だから二人同時にベンチ入りさせる必要は無く、クローザーのルビー・デラロサ、野手のウィーラーとヘラルド・パーラの三人は常時ベンチ入りが可能だ。


因みにゴールデンイーグルスは開幕の時点でJ.T.シャギワアラン・ブセニッツ両投手にジャバリ・ブラシュ、ステフィン・ロメロ両外野手の4外国人選手を一軍登録し、開幕二日目に宋家豪を追加登録して上限いっぱいになった。ウィーラーは六人目の外野手という扱いになり、これは敗戦処理。の邪推ではあるがゴールデンイーグルスにとっては“余剰戦力”になってしまったのかもしれない。


余談になるが宋家豪を登録して5人体制になった日から、最低1人はベンチを外れなければならないが順に.シャギワ、宋家豪、宋家豪、シャギワ、ブセニッツがベンチから外れている。野手の二人は常にベンチ入りし、スターティングラインアップに名を連ねているが、投手の三人はいずれもリリーフタイプ。本来であれば毎試合三人ともベンチ入りさせたいところだろうが、抗体でベンチから外れた。見方を変えれば特定の投手に負荷が集中することを避けられる措置になるが…。


ゴールデンイーグルスはジャイアンツから池田駿を獲得した。
Cdsc_7446
池田は過去三年間で通算62試合に登板。63イニングを投げて1勝3敗。防御率は3.86。昨年は2試合のみだった。左投手に関しては昨年までのクローザー、松井裕樹は先発に回り、中継ぎの高梨雄平が一軍から外れている。練習試合にも投げていないので故障が懸念されるが自身の公式twitterで故障説を否定したという。しかしながら現状では一軍に左のリリーバーは先発での起用が多かった辛島航くらい。池田に食指を動かしたのだろう。


ジャイアンツでは二軍で同じ左投手の戸根千明が練習試合中のケガで戦列を離脱している。
Cdsc3281
そんな中で池田を放出するということは左投手は充分に足りているということか、どうしてもウィーラーが欲しいのか、池田の評価が低いのか…!?

 

いろいろと、ない知恵を絞ったが単純に両選手の実績を比較すればウィーラーの方が上であるものの、現時点ではジャイアンツがウィーラーを獲得した理由が思いつかない。今季は特殊なケースだが通例ではトレードの場合、その選手の年俸は据え置き。推定年俸2億円と高額の選手を獲得するのは大きな賭け。指揮官の高額な賭けを週刊誌に報じられて球団は厳重に抗議したとのことだが、レギュラーとして活躍出来るかわからない高額選手を獲得する球団もかなりの賭け好き…と言ったら怒られるか<汗>。

« 清原和博が『プロ野球ニュース』に出演 | トップページ | 7月10日から“有観客試合”開催!! »

コメント

巨人ファンでもいらっやるならば、本人も指揮官も否定している低俗なゴシップを吹聴するのはおやめ願いたい。
事実ならばファンは率先して抗議すべきとは思うが。
誰も主様に怒らないなら、私が替わって怒らせていただきます。

白山GK様、コメントをありがとうございます。


> 巨人ファンでもいらっやるならば、本人も指揮官も否定している低俗なゴシップを吹聴するのはおやめ願いたい。


そりゃ本人は否定するでしょう<笑>。

“低俗なゴシップ”だからこそネタに変換して笑い飛ばしてやればいい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 清原和博が『プロ野球ニュース』に出演 | トップページ | 7月10日から“有観客試合”開催!! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック