フォト
無料ブログはココログ

« 無観客試合に“歓声”は必要なのか!? | トップページ | 清原和博が『プロ野球ニュース』に出演 »

2020年6月22日 (月)

大山悠輔の起用法

Adsc_4163
ジャイアンツの三連勝に終わった開幕カード。ジャイアンツファンとしてはこの上ないスタートを切って大満足なのだが、ライバル球団のある選手が気になる。右の大砲、大山悠輔がこの三連戦、一試合しか出場しなかった。タイガースファンの間では“バースの再来”ことジャスティン・ボーアをわずか二試合で四番から外したことの是非が論じられているようだが、距離を置いてタイガースという球団を見ている敗戦処理。にとってはボーアよりも大山の起用法が気になるのである。



大山悠輔
はタイガースで数少ない和製大砲で昨シーズンも当初は四番を打っていた生え抜きのスター選手。結果的に成績は物足りない数字で終わったとしても今季はそれを倍にして取り返してくれるとファンが期待しているものとばかり想像していた。しかし実態はさにあらず。ジャイアンツとの開幕の三連戦では相手先発がサウスポーの田口麗斗だった20日の第二戦こそ「五番・左翼」でスターティングラインアップに名を連ねたが右投手が先発する二試合には先発を外れ、途中出場すらなかった。大山はジャイアンツでいえば岡本和真に相当する逸材。相手先発投手の右左次第で出たり出なかったりするレベルの選手では無いと思うのだが。


得点力不足に苦しんだタイガースはもう何代目かもわからないバースの再来”ことジャスティン・ボーアを獲得した。この左の大砲がどうやら一塁しか守れないらしく、大山は三塁手として起用される予定だったようだ。しかしもう一人の新外国人選手、外野手で右打者のジェリー・サンズが今ひとつで、昨年から残っている右打者のジェフリー・マルテが好調と見るや、タイガースはマルテを一塁から三塁に回し、大山に外野を守るように命じた。タイガースの外野陣には昨年、新人選手としての年間最多安打記録を達成した近本光司をセンターに、両翼には糸井嘉男福留孝介というベテランの左打者がどっしりと構えている。だが糸井は7月に39歳になるし、福留は4月に43歳になった。どちらも年間を通してのフル出場は現実味が薄い。だからこそサンズを獲得したのだろうが、サンズを二軍に落とすならマルテとポジションがかぶる大山に外野の練習をさせて福留なり糸井なりと交代させながら外野を守らせようということになったのだろう。


近年の優勝するチームを見ると、ポジションの一つや二つ、重なってもったいない選手が出てくる。長丁場のシーズンを乗り切るにはそのくらいの方が良いのかもしれない。だがタイガースはコロナウイルス禍で特例として外国人枠が増える以前から今季は外国人選手の数が多い。

◆ タイガースで支配下登録されている外国人選手。

呂彦青 投手
ジョン・エドワーズ 投手(セットアッパー)
ジョー・ガンケル 投手(先発)
ロベルト・スアレス 投手(セットアッパー)
オネルキ・ガルシア 投手(先発・左投げ)
ジェフリー・マルテ 内野手(一塁手)
ジャスティン・ボーア 内野手(一塁手・左打ち)
ジェリー・サンズ 外野手

投手5人、野手3人。コロナウイルス禍がなければ一軍の外国人枠は4人だったことを考えると何とも贅沢な布陣だが、野手で新外国人のサンズが今一つでマルテが好調と見ると、昨年一塁手として103試合に出場したマルテを三塁に回し、大山を外野に回すという判断になった。


敗戦処理。的にはこのポジションのたらい回しの様な扱いが気にいらない。


大山はジャイアンツでいえば岡本和真に相当する存在だと思う。
Bdsc_4459
岡本も守備位置に関しては昨年迄たらい回しにされた面もあるが今季は三塁手として固定する予定だ。昨年は一塁手でスタートし、外国人のクリスチャン・ビヤヌエバが不振だと三塁を守り、アレックス・ゲレーロが不振だと外野を守った。だが今季は基本的に三塁一本。今は一塁をベテランの中島宏之が守っているが、外野が本職の陽岱鋼に新たに一塁を守れるようにし、捕手兼任の大城卓三や内野で複数のポジションを守る北村拓己が控えている。岡本には三塁しかないという覚悟を植え付けているのかもしれない。


タイガースが大山を中心選手として一回り大きくさせようと考えるのなら、大山を三塁に固定してマルテを外野に回すべきだろう。外野を守らせる上での適性で大山がマルテを上回るとしても、マルテが一塁と三塁しか守れないのであればボーアや大山の控えに甘んじてもらうしかないだろう。


昨年、大山が開幕から四番を任されていながら途中で降格したのは我慢の限界を超えて堪忍袋の緒が切れたのだろうが、それでもまた今年、新たに大山を中心に据えての体制を組むわけにはいかないのだろうか?


“バースの再来”ことボーアを開幕から二試合音なしだっただけで四番を外すくらいだから、昨年一年間で一本立ちとは言えなかった大山の起用法など推して知るべしという感じもするし、現在の大山への措置は“愛の鞭”なのかもしれないが、ライバルチームのファンとして本当にもったいなく感じる。


大山を“第二の藤浪晋太郎”にしないためにも本人の精進だけでなく首脳陣の考え方も変えた方が良いのではないか?


タイガースファンからすれば、余計なお世話、黙っていろという声が聞こえてきそうだがジャイアンツも有望な若手を育てられないことに関しては定評<!?>がある球団。“第二の大田泰示”を出さないように応援しているのだ<>。大山の起用法は他人事ではないのだ。余計な口出し、ご容赦いただきたい。

« 無観客試合に“歓声”は必要なのか!? | トップページ | 清原和博が『プロ野球ニュース』に出演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無観客試合に“歓声”は必要なのか!? | トップページ | 清原和博が『プロ野球ニュース』に出演 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック