フォト
無料ブログはココログ

« “1981年の江川卓はエースではなかったのか。”-週刊ベースボール6月1日号を読んで考えた江川卓論 | トップページ | プロ野球公式戦。6月19日開幕は決まったけれど…これから起きる問題点  »

2020年5月22日 (金)

夏の全国高校野球選手権大会、中止

Adsc_0189
あれから二日経った。20日、第102回全国高校野球選手権大会の中止が決定された。全国の地方大会の中止も決定した。


かつて甲子園大会を湧かせた元スター選手や、有名監督から高校生達を励ますコメントが続々と寄せられ、ネットニュース等でそれらを読むだけでも胸が熱くなってしまう。


春の選抜高校野球大会が中止になった時にも同じ事を思ったが、本音を言えばやらせてあげたかった。しかし、コロナウイルス禍の現状を考えれば、緊急事態宣言が順次解除されているとはいえ、まだまだ致し方ないのだろう。

 

高校時代に野球をやっていた訳でもない敗戦処理。が何を言うかと言われそうだが、気になることがある。

◆ 
甲子園中止「感染リスク」「学業の支障」も判断理由
5月20日日刊スポーツ



大会運営を担う役員や審判員を十分確保できないこと、医療スタッフに球場への常駐を例年通り要請できないことも予想され、公的施設の使用制限で市場休場が限られる可能性もある、ともした。

“市場休場が限られる”は“使用球場が限られる”の誤植かもしれないが、このように大会を行えない理由を各学校の監督や顧問の先生達、要するに球児達の周囲の大人達はきちんと示してあげなければならない。


たぶんそんなことは当たり前で、高校野球よりプロ野球に興味がある敗戦処理。に言われる筋合いはない、と言われるのを覚悟の上で書く。


冒頭の写真は四年前の夏、甲子園をかけて戦う西東京大会の、ある試合後の一コマだ。西東京大会のルールなのか、この球場のローカルルールなのか知らないが、試合後の、次の試合のためのグラウンド整備はその試合に勝った高校が行うことになっているそうだ。推測だが負けた高校にやらせると罰ゲームになるし、両校で行うのもバツが悪かろう。ヘタに互いの健闘をたたえ合ったりするとかえって時間を食う。勝った高校にやらせるというのは確かに理にかなっている面もあろう。


しかし、冒頭の写真でグラウンド整備を行っているのは高校球児ではない。敗戦処理。に、勝った高校がグラウンド整備を行うと教えてくれた、たまたま隣に座った常連のおじさんによると、その試合に勝った“有名校”には将来のプロ野球の金の卵がいるから試合後にはマスコミ対応で忙しくなる。だから免除されているとのこと。そういえば金の卵がいるその高校は優先的にセキュリティやマスコミ対応に都合の良い球場で試合を行うように日程が組まれた。表向きは多くの観客を収容できる球場だからという理由になっていたが。


今夏の甲子園大会の中止が正式に決まる前に、一部の世論とはいえ“インターハイをはじめとする学生スポーツの大会の多くが中止されているのに、なぜ高校野球だけは特別なのか”という趣旨の意見を多く目にした。個人的には中止するか否かはそれぞれの大会ごとに判断すればよい訳で、これこれの大会が中止になったから高校野球も、という考え方は理解出来ない。第一、そんな理由で高校野球が中止になったら批判の矛先は最初に中止を決めた大会、団体に集中する。


コロナウイルス禍の拡大、拡散防止のために休業を余儀なくされている店が多い中で、それでも細心の注意を払って営業を続ける店に対して嫌がらせの貼り紙などをする“自粛警察”の存在が問題視されているのが現実だ。右に倣えで軒並み中止などということになったらどんなことになるか想像が付く。

 

それはともかく、“インターハイをはじめとする学生スポーツの大会の多くが中止されているのに、なぜ高校野球だけは特別なのか”という意見の主の大半は“アンチ高校野球”派だと敗戦処理。は推測する。プロ野球の人気が一時に比べて落ちているのと同様に、高校野球だけが特別ではないのは世の中の流れだ。そういう時代に“野球部”という部活動を選択する球児達は普通の感覚の持ち主であったとしても、教える大人達が時代錯誤な価値観から抜けていないとしたら…。


勝った高校が次の試合のためにグラウンド整備をするという決まりがあるのなら、マスコミ対応が必要な選手がいるチームであろうと、その選手を含めて全員でグラウンド整備をすべきだろう。それでこそ“高校野球”であろう。一応、誤解のないように補足しておくと、その高校も別の試合の後にはグラウンド整備を行っていた。コールド勝ちだったから時間に余裕があったのかもしれないが<笑>。
Cdsc_0175_20200522223001


古い話になるが、2012年の日本シリーズで顔の近くに来た投球を避けた打者が、投球に当たってもいないのに「当たった」と球審に自己主張したら頭に当たったとみなされて死球に。それどころか投手は危険球退場処分になったシーンがあった。日本シリーズという多くのファンが注目する舞台での出来事だったので様々な意見が飛び交ったが、桑田真澄の一言が印象に残っている。

「(打者の)加藤君に限らず、今の選手達は高校野球やその前の時期から、ああいう時には当たったと主張しなさいと教えられている」

テレビ中継で高校野球を見ていると、ストライクゾーンぎりぎりの投球で捕球と同時にミットを動かす捕手がざらにいる。球審に見やすいように捕ろうという発想でなく、ボール球、ぎりぎりの投球をストライクと言わせるのが捕手に求められていることなのだろう。それも野球のうちだと言われればそれまでだが、そういう教えばかりに傾注することで、原点である、誰のお陰で野球が出来ているのか、支えてくれている大勢の人達への感謝ということが軽んじられているのではないかということを言いたいのだ。

 

甲子園にしろ、地方大会にしろ、無観客で試合を行えば出来ないことはないのでは…”

少なくともこんな発想で、球児達を励ます大人がいるのには呆れるしかないが、認識がおかしいのは大人だけ、であって欲しいものだ。


ただ、悲観ばかりではない。プロ野球中継を見ていると、プロの投手になった今でも、打者がファウルを打った時などに球審から新しいボールをもらうときに毎度毎度帽子を取る投手もいる。初回の守備に付くときや、その試合で初めて塁に出た時に審判員に軽く挨拶をすることを週刊にしている例もよく見られる。


敗戦処理。の杞憂であって欲しいが…。

« “1981年の江川卓はエースではなかったのか。”-週刊ベースボール6月1日号を読んで考えた江川卓論 | トップページ | プロ野球公式戦。6月19日開幕は決まったけれど…これから起きる問題点  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« “1981年の江川卓はエースではなかったのか。”-週刊ベースボール6月1日号を読んで考えた江川卓論 | トップページ | プロ野球公式戦。6月19日開幕は決まったけれど…これから起きる問題点  »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック