フォト
無料ブログはココログ

« 関根潤三さん、逝く。 | トップページ | 2球で2ストライク 1球外すべきなのか »

2020年4月11日 (土)

梨田さんのダジャレを聞きたい!

Adsc_0101
新型コロナウイルスに感染したタイガースの現役選手が順次退院していくニュースが流れ、最後に長坂拳弥が退院した8日に、同じく新型コロナウイルスに感染している元ファイターズ他監督の梨田昌孝氏に関し、所属事務所が病状に特に変化はないと発表したことが報じられた。その後梨田さんに関する報道は出ていないようだ。


重度の肺炎と診断され、集中治療室に入り人工呼吸器をつけて治療を受けているという梨田さん。心配は尽きないが、早く回復されてまたあのダジャレを聞きたいものだ。



◆ 梨田氏の病状変化なし、ICUで人工呼吸器つけ治療
(202048日 日刊スポーツ)


今日(11)も東京都では一日の感染者数が最多記録を更新するなど新型コロナウイルスの脅威は終息の気配を見せない。だんだん身近に恐怖が迫っている事を感じている人も少なくないだろう。そして身近とはいささか異なるが、自分が興味のある分野の有名人の発症のニュースで事の重大性を痛切に感じるというのはあるだろう。志村けんさんしかり。野球ファンにとって梨田昌孝さんが感染して入院したというニュースは衝撃だ。


なかなか続報が入ってこない。入ってこないという事実が病状の厳しさを想像させる。


ファイターズファンとしてはトレイ・ヒルマン監督退陣の後、良い結果が出ても前任者の遺産と言われ、悪い結果が出たらボロクソに言われかねない状況下で監督就任を快諾してくれて、2009年にはリーグ優勝を果たしてくれた大恩人だが、それ以前に一人の野球人が苦しんでいることに野球ファンとして応援したい気持ちでいっぱいだ。


しかし、梨田さんは現役時代に近鉄バファローズの一員として、今も語り継がれる伝説の『10.19』のダブルヘッダー第一試合に、引き分けでもV逸という状況下の九回表二死二塁から代打で登場して見事に勝ち越し打を放った勝負強さの持ち主。今回の闘病も粘り強く打ち勝ってくれると信じている。


梨田さんは66歳。闘病には心配な年齢ではあるが、年齢的にはもう一度グラウンドに立っていただきたい期待を持つ。しかしまずは何よりこの病気に打ち勝って欲しい。


「みんな、胸を張ってプレーしろ。お前たちがつけている背番号は、すべて近鉄バファローズの永久欠番だ」


梨田さんの名言といえばこのフレーズが思い浮かぶが、ダジャレ好きとしても有名。もう一度、梨田さんのダジャレを聞きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 関根潤三さん、逝く。 | トップページ | 2球で2ストライク 1球外すべきなのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関根潤三さん、逝く。 | トップページ | 2球で2ストライク 1球外すべきなのか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック