フォト
無料ブログはココログ

« プロ野球公式戦開幕延期で厳しくなった坂本勇人の最年少2000本安打達成記録!? | トップページ | 千葉ロッテマリーンズ、結局重光昭夫元オーナー代行が新オーナーに就任。  »

2020年3月22日 (日)

練習試合の扱い方

Adsc_0518
3
20日、本来であればプロ野球公式戦が開幕する日、各球団は“練習試合”と名を変えた試合をオープン戦に引き続き無観客で行っている。まだいつ開幕するのか決まらない中、選手達はいつだかわからない公式戦開幕に向けて調整を続けている。


個人的には20日からの練習試合をオープン戦の延長だと認識している。素人なりに、公式戦開幕前の贔屓チームや選手の調整ぶりを見たい。無観客試合だけに球場で生観戦することは出来ないが、それでも気になる。CS放送は普段通り放送しているが結果を細かく知るにはスポーツ新聞が頼り。スポーツ新聞はこの例を見ない“練習試合”をどのように報じているか?各紙それぞれ、温度差があるというか…。

 

 

 



個人的には練習試合をオープン戦の延長と見ていると書いた。いつ公式戦が開幕するかまだ決まっていないとはいえ、この練習試合の後に公式戦が始まる確率は高いだろう。だからこの練習試合はオープン戦の延長だと見ている。そしてそれには敗戦処理。にとって貴重な情報源であるスポーツ新聞にオープン戦並みの情報量・質を期待するのだ。だが、敗戦処理。が定期購読している日刊スポーツの、20日の練習試合の結果を報じる21日の紙面を見て力が抜けた。
Cdsc_3150_21

Cdsc_3151_21
それはないだろう。これでは昨年までのファームの公式戦並みの扱いだ。これでも誰が出てどんな成績だったかはわかる。しかしオープン戦並みに個々の打撃結果を見たい。他紙はどうなのか?慌てて各スポーツ紙を買いに行った。


スポーツニッポン
Cdsc_3152_21



スポーツ報知
Cdsc_3153_21



サンケイスポーツ
Cdsc_3154_21



東京中日スポーツ
Cdsc_3155_21



デイリースポーツ
Cdsc_3157_21



敗戦処理。的に合格と言えるのはスポーツニッポンのみだ。逆にイニングスコアのみしか掲載しないスポーツ報知と東京中日は論外だ(報知は22日付からスターティングメンバーを掲載)。ただ東京中日スポーツとデイリースポーツは、それぞれドラゴンズ戦、タイガース戦に限っては一打席ごとの結果を掲載していた。
Cdsc_3156_

Cdsc_3158_

20
日にはジャイアンツの試合がなかったので21日に行われたジャイアンツとベイスターズによる練習試合の結果を報じるスポーツ報知を買ってみた。
Cdsc_3159_22
予想通りだった<>


各紙それぞれに、いろいろと事情はあると思うが現在の練習試合の意味合いを考えてオープン戦並みに一打席ごとの結果を掲載していただきたいものだ。日刊スポーツが方針を変えないならば練習試合の期間はスポーツニッポンも買おうと思う。


ところで公式戦が無観客の練習試合に変わったと言えば二軍も同様。ウエスタン・リーグ、イースタン・リーグの試合結果は紙面から消えてしまった。こちらは上述の東京中日、デイリー、報知がお膝元の球団の二軍戦の結果を載せているくらい。こちらは各球団の公式ホームページで確認するしかないだろう。それでも例年の公式戦に比べると簡略化されている。残念だが早く通常に戻ってもらいたい、としか言いようがない。


余談になるが敗戦処理。のもうひとつの情報源である、CS放送、フジテレビONEの『プロ野球ニュース』も公式戦がある日には一試合だけしか組まれていなくても午後11時から放送されていたが練習試合に切り替わった結果、過去に放送した『さらば、愛しきプロ野球…。』の再放送に差し替えられている。


その公式戦開幕、現時点で最短と言われている410()開幕にも慎重論があり、簡単には決まらないとの見方が出ている。東京五輪の開催が延期になって今秋開催になればNPBにも影響が及び、試合日程は再編を余儀なくされる。明日23日に十二球団代表者会議を開くが、結論は先送りされるのではないか?


いつ公式戦が開幕するかは流動的であっても、今行われている練習試合はオープン戦の延長と考えて各スポーツ紙には扱って欲しいものだが…。スポナビをはじめ、ネットには便利なサイトもあるが、昭和脳な敗戦処理。には紙媒体が似合うのだ。

« プロ野球公式戦開幕延期で厳しくなった坂本勇人の最年少2000本安打達成記録!? | トップページ | 千葉ロッテマリーンズ、結局重光昭夫元オーナー代行が新オーナーに就任。  »

コメント

自分も全く同じで、練習試合翌日の日刊スポーツを読んで、いつもの形式のスコアが掲載されていない紙面に力が抜けました。ネットで何でも情報を探せる時代に、わざわざスポーツ新聞を購読する人の気持ちが分かっていないなと。

二軍の練習試合の結果もほぼスルーされていますし、球団によってはホームページに掲載されているのは試合の結果だけですので、誰が出場してどんな成績だったのかが全くわからなくて毎日モヤモヤしています。

松井正様、コメントをありがとうございます。


> 自分も全く同じで、練習試合翌日の日刊スポーツを読んで、いつもの形式のスコアが掲載されていない紙面に力が抜けました。ネットで何でも情報を探せる時代に、わざわざスポーツ新聞を購読する人の気持ちが分かっていないなと。


本当に、ただでさえ野球が身近に感じられず退屈で寂しい思いをしているのに、我々ファンには出来ない、球場に入れるスポーツ新聞がこの程度でがっかりしています。


> 二軍の練習試合の結果もほぼスルーされていますし、球団によってはホームページに掲載されているのは試合の結果だけですので、誰が出場してどんな成績だったのかが全くわからなくて毎日モヤモヤしています。


本当にそうですね。

一軍の試合があの程度なので推して知るべしといってしまえばそれまでですが…。

一軍の練習試合が休みになり、一軍の選手が二軍の練習試合に出る様になれば多少は報道が増えるのでしょうか?

それでも本来の形とは言えないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プロ野球公式戦開幕延期で厳しくなった坂本勇人の最年少2000本安打達成記録!? | トップページ | 千葉ロッテマリーンズ、結局重光昭夫元オーナー代行が新オーナーに就任。  »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック