フォト
無料ブログはココログ

« 「人を残して一流」-プロ野球名監督“俺が育てた”選手権 | トップページ | 長嶋茂雄が長島茂雄だった頃…。 »

2020年2月19日 (水)

吉井理人コーチと佐々木朗希

Adsc_3084
マリーンズのドラフト1位ルーキー、佐々木朗希の評判が良い。春季キャンプも半月が過ぎたものの、高校から入団のルーキーながらいまだに一軍に残っている。佐々木の報道には担当コーチである吉井理人コーチの存在がセットになっているものが多い。


その吉井コーチはファイターズの投手コーチ時代にダルビッシュ有大谷翔平といった高校から入団した豪腕投手を育てた実績が語られ、だから佐々木も…という論調になっているものが多い。


だが、ダルビッシュや大谷と吉井コーチの関係と、佐々木と吉井コーチとの関係とでは大きな違いがあると敗戦処理。は考えている。


(写真:マウンド上でリリーフ投手を迎えるマリーンズの吉井理人投手コーチ。 2019年8月撮影)

 

 

 

吉井理人がファイターズの投手コーチとしてダルビッシュ有大谷翔平と接したのは両投手のそれぞれ入団四年目からで、今回の佐々木朗希のように新人時代からではない。


吉井コーチは二度ファイターズのコーチに就任している。
Dsc_0059
最初が現役を引退して即投手コーチになった2008年でその時にダルビッシュは既に入団四年目。この年から2012年まで吉井コーチは在籍。退団してホークスのコーチを務めた後、2016年にファイターズに復帰。その時に大谷は同じく入団四年目だった。吉井コーチと出会う前に、ダルビッシュはファイターズでの通算93勝のうちの32勝を、大谷はファイターズでの通算42勝のうちの29勝をあげていた。ともに吉井コーチ入団の前年に15勝を挙げている。つまり、ある程度出来上がった状態で後から吉井コーチが着任したのだ。この点が吉井コーチと佐々木との関係との決定的な違いだと敗戦処理。は考えている。


Cdsc_6331
佐々木がダルビッシュや大谷レベルの逸材だとしても吉井コーチがそれをダルビッシュや大谷クラスの投手に育て上げるかは未知数だと思う。


ファイターズでは高校から直接入団した投手がほとんど大成していない。ダルビッシュや大谷のようにおそらくどこの球団に入っていても大成しているであろう超一級品を別格だとすると他にファイターズで大成した、高校から入団した投手は最近ではいない。強いていえば吉川光夫だが、2012年にパ・リーグのMVPを活躍した後は好成績を残していない。野手のレギュラーの大半が高校から入団した選手であるから意外だが投手に関しては育っていない。


吉井コーチはファイターズでの通算八年間の投手コーチ生活で2010年の一年間だけファームの投手コーチを務めた。この年にファイターズに入団した、高校からの投手は中村勝運天ジョン・クレイトンの二人。
Cdsc_0023
中村はルーキーイヤーに初登板初勝利を挙げるなど大器の片鱗ぶりを見せたが故障に泣かされて昨年限りで戦力外通告を受けた。十年間の在籍で通算60試合登板、1517敗に終わった。


敗戦処理。は吉井コーチの指導力を否定している訳ではない。“ダルビッシュと大谷を育てた”を常套句のようにして紹介するマスメディアの安直さに疑問を持つだけだ。マスメディアが新しいスターの誕生を後押ししてくれるのはありがたいが、いささか安直だと思わざるを得ない。


ただ、最近入ってきた、ホークスの甲斐野央やベイスターズの東克樹の故障のニュースを聞くと大学卒の投手であっても新人投手(東は昨年が二年目)の起用は慎重にせざるを得ないだろうことは想像に難くない。その点吉井コーチは指導者としては“選手ファースト”を地で行き、それが行き過ぎて球団の方針と異なって過去三度退団していると言われるほどだ。球団が佐々木を早く売り出したいと思っても時期尚早だと判断すれば吉井コーチがそれを制するくらいのことはしてくれそうだ。


吉井コーチはファイターズではダルビッシュや大谷がある程度出来上がった状態からさらに底上げをしたという評価が適切なのではないか?佐々木は早晩、吉井コーチの元を離れて二軍に落ちるとは思うが、佐々木を育てて初めて高校から入団した投手を育てたと言えると思う。

« 「人を残して一流」-プロ野球名監督“俺が育てた”選手権 | トップページ | 長嶋茂雄が長島茂雄だった頃…。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「人を残して一流」-プロ野球名監督“俺が育てた”選手権 | トップページ | 長嶋茂雄が長島茂雄だった頃…。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック