フォト
無料ブログはココログ

« 無駄金!?必要経費!?-一軍枠4人を超えて外国人選手と契約するリスク | トップページ | いささかの“マイナーチェンジ”!?-北海道日本ハムファイターズ2020年新入団選手歓迎式典&交流会 »

2020年1月 9日 (木)

外国人選手を上手く使いこなしている球団はどこ!?

Adscn2873
前エントリー 無駄金!?必要経費!?-一軍枠4人を超えて外国人選手と契約するリスク では二軍に落ちている外国人に払う給料を“無駄金”と定義してどの球団が多く無駄金を払っているのかを調べた。ワースト上位はホークスとジャイアンツだったが、この両球団は昨年日本シリーズに進出した。ジャイアンツで言えばシーズン途中から加わったルビー・デラロサが優勝に大きく貢献したように、当初予定していたライアン・クックが期待外れで無駄金を払う形になってもさらなる新外国人を補強が出来る球団が最後に勝つという図式になってしまった。


そこで本エントリーでは外国人選手を上手く使いこなしている球団はどこか?という観点で調べてみた。


ただし前エントリーでの無駄金の少ない球団というだけでは面白くないので発想を変えてみた。一人の外国人選手と長く契約している球団を、外国人選手を上手く使いこなしている球団と定義した。ゴールデンイーグルスが新加入して現十二球団体制になった2005年から、新たに獲得した外国人選手がその球団に何年在籍したかを調べ、その平均値を調べてみた。

 

 

 

2005年以降、新たに入団した外国人選手を対象とする(2004年以前から継続してその球団に在籍している外国人選手を含めない)。NPBで他球団に在籍していた選手が移籍してきた場合であっても新外国人選手と見なし、その球団に何年在籍したかをカウントする。シーズンの途中から入団した外国人選手も、逆にシーズン途中で退団してしまった外国人選手もその年を一年とカウントすることにする。2005年から2019年までに新外国人選手全選手を対象とする。2019年現在で在籍していた外国人選手に関して、2020年もその球団でプレーすることが前提となっている選手に関しては2020年も在籍とカウントする。2019年限りで退団する外国人選手と区別する意味でそうした。ホークスのアルフレッド・デスパイネユリスベル・グラシアル2020年もホークスでプレーすることが濃厚と言われているがこのエントリーを書いている段階では自由契約選手のままなので2019年までをカウントする。逆にアメリカへの亡命が取り沙汰されているオスカー・コラス2020年度の保留選手名簿に入ったままなので2020年までとカウントする。当初育成選手として入団した選手は支配下選手登録された年をスタートとする。


敗戦処理。の集計に誤りが無ければ、2005年から2019年の間に新たに支配下選手登録された外国人選手は十二球団計でのべ604人。“のべ”と書いたのは複数の球団に在籍した外国人選手をその都度カウントしているからということと、同一球団においても一度退団してから再入団するケースがあったからだ。最も多く獲得した球団はバファローズで65人。次に多いのが64人のゴールデンイーグルス。


新規参入球団としてバファローズから分配ドラフトで選手を割り振られる形でスタートしたゴールデンイーグルスが他球団より外国人選手の獲得数が多いのは理解できるが、その分配ドラフトで比較的有利に選手選びを出来たはずのバファローズがゴールデンイーグルスより1人とはいえ多く獲得しているのは情けないと思える。


のべ604人のうち、一年間でチームを離れたのは過半数の333人。十二球団全体での外国人選手との平均在籍年数は1.81年。2年にも満たないのだ。これを踏まえた上で、球団別の平均在籍年数を長い順に並べた下記のランキングを見て欲しい。

◆ 球団別外国人選手平均在籍年数ランキング

1位 ホークス 2.15
2位 タイガース 2.13
3位 スワローズ  2.08
4位 ジャイアンツ 2.02
5位 カープ 1.85
6位 ドラゴンズ 1.77
7位 ライオンズ 1.73
8位 ファイターズ 1.714
9位 マリーンズ 1.711
10位 ゴールデンイーグルス 1.69
11位 ベイスターズ 1.59
12位 バファローズ 1.57

平均在籍年数が長い1位はホークスだった。陽耀勲8年が最長で、デニス・サファテが来季を含めて7年。Cdsc_3393
エディソン・バリオス
リック・バンデンハーク6年でこれに続く。サファテとバンデンハークはともかく陽耀勲とバリオスは成績の割に長く在籍している印象だ。前エントリーに倣って言えば“無駄金”を払える余裕があるということなのだろうか。


2位のタイガースはランディ・メッセンジャーが日本人扱いになった昨年を含めて10年、マット・マートン6年間在籍して平均値を高めた。
Cdsc_0038
在籍した外国人選手の人数がスワローズと並んで最少の40人なのだが、一年間でチームを去った外国人選手が十二球団最少の19人しかいなかったことも平均値が高い一因と思える。何年かに一度現れる“バースの再来”にがっかりさせられる印象があるが、息の長い外国人選手を上手く見つけているのだろう。


Cdsc_0366
3
位のスワローズはウラディミール・バレンティン9年が最長で、トニー・バーネット6年、アーロン・ガイエルイム・チャンヨン5年が続く。昨年CS放送のフジテレビONEで放送された『つばめ刑事でつば九郎の「活躍すると巨人に持って行かれる」という台詞があるが、バレンティンは9年間在籍した。セス・グライシンガーグレッグ・ラロッカは一年間の在籍で移籍してしまったが上手く長く外国人選手と付き合っていると思える。


4位のジャイアンツまでが平均在籍年数が2年を超えている。
Cdsc_9617
スコット・マシソン
8年が最長だが、5年以上在籍したのはマシソンだけ。にもかかわらず平均在籍年数が2年を超えているのは、邪推になるが、安直に複数年契約を結ぶケースが多いのではないか。一年間しか在籍しなかった外国人選手は25人だが、二年以上在籍した外国人選手の数が30人と十二球団最多を記録した。


“無駄金”が最も少なかったゴールデンイーグルスは平均在籍年数では十二球団中10位と低調だった。バファローズの65人に次いで多い64人が在籍して一年限りの選手もバファローズの43人に次ぐ37人と多い。分配ドラフトが有利でなかっただけでなく、新規参入球団だけに外国人選手のスカウティングにもノウハウがなく“ハズレ”を引くケースが多かったのだろう。ゴールデンイーグルスは2005年から2019年までの15年間を5年ごとに区切ると、最初の5年間に10人、2010年から2014年に獲得した外国人選手の中に16人、2015年から昨年までの間に11人と年数を経ても減っていないのがいささか残念。昨年の“無駄金”の少なさが一時的なものなのか、改善の表れなのか?今季の外国人選手の働きぶりが注目される。


11位のベイスターズは平均在籍年数が1.59年だが、DeNAになった2012年以降に限ると平均在籍年数が1.77年とやや伸びている。これは同じ2012年以降の各球団と比較すると第5位に上がる。小数第3位まで出すと1.774年になり、全体で6位のドラゴンズの1.766年を上回ることになる。打線の中軸を担うホセ・ロペス2015年から在籍し、今季を含めれば6年になるのが大きい。


最下位になったバファローズは何をか言わんや。上述したようにそもそも在籍した外国人選手が十二球団最多の65人。一年限りの外国人選手も最多の43人。実態は一年限りで解雇する外国人選手が多いから獲得人数も多くなるのだろうが。日本の他球団で実績のある外国人選手を獲得するケースが多い。安全策なのかもしれないが、年齢もある程度いっているから活躍できる年数も短い。
Cdsc_0062
また、バファローズから他球団に移籍する選手は少ない。イ・デホくらいしか思いつかない。外国人選手獲得のための目利きがいないのだろう。例外は今季で8年目になるブランドン・ディクソンくらいか…。過去の例を見る限り、メジャー通算1939安打、282本塁打という鳴り物入りの新外国人選手のアダム・ジョーンズの活躍も怪しくなってしまう…。


日本の野球に適合する外国人選手を見つけて獲得し、好成績を続けてくれればそれに越したことはないが、好成績を残すにつれて年俸を上げざるを得ず、いつしか、より資金力のある球団に引き抜かれる。各球団の平均在籍年数が長くても2年なのは1年限りの外国人選手が多いからだとしても、一人の外国人選手を長続きさせる事が容易ではないと言うのが実態なのだろう。引き抜かれ上等。また新しい外国人選手を探してくればいい、これが実態で、一年でも長く在籍させようという発想がそもそもない球団が少なくないのだろうか…。


※ 
外国人選手の在籍年数は冒頭に表紙の写真を掲載した『週刊ベースボール』2019729日号(ベースボール・マガジン社)他を参照。

 

 

 

« 無駄金!?必要経費!?-一軍枠4人を超えて外国人選手と契約するリスク | トップページ | いささかの“マイナーチェンジ”!?-北海道日本ハムファイターズ2020年新入団選手歓迎式典&交流会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄金!?必要経費!?-一軍枠4人を超えて外国人選手と契約するリスク | トップページ | いささかの“マイナーチェンジ”!?-北海道日本ハムファイターズ2020年新入団選手歓迎式典&交流会 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック