フォト
無料ブログはココログ

« ♪一番高木が塁に出て~ 追悼・高木守道さん | トップページ | 重光武雄オーナー、死去。 »

2020年1月19日 (日)

【恒例】ジャイアンツ球場新人合同自主トレ見物記。

Adsc_3088
19日、ジャイアンツ球場に新人合同自主トレを観に行ってきた。前日の雪と雨の影響でグラウンドコンディションが今一つなのか、新人選手達は専ら室内練習場でメニューをこなしていた。



本当は18日に足を運ぶ予定だったが、家から外を見たら雪が降っていたので断念した。菅野智之が入団した2013年には雪が降る中でジャイアンツ球場に新人合同自主トレを観に行ったら良いことがあったが、もう7年も前のこと。安全を考慮して今日(19日)足を運んだ。


例年なら『巨人への道』の昇り初めで年々体力が落ちていくのを痛感して始まるのだが、こちらも前日の悪影響を懸念して遠回りになるが『よみうりV通り』をあがっていった。
Cdsc_3087
階段はないがけっこうきつい<苦笑>。


新人合同自主トレ開始時刻の9:30より早く着いた。冒頭の写真の様にグラウンドを見ると、内野の土の部分の一部にはまだぬかるみが残っている。この時点でスタンドには100人弱のファンの姿が見られたが、選手からサインをもらう話をしている人が多かった。やれ、どこどこの球団は新人選手からサインをもらいやすいとか、“転売ヤー”のせいで球団のガードが厳しいだの…。こういう人達は連日球場に通い詰めてサインをゲットするチャンスをうかがっている様だが「今年の○○(選手名)は凄い!」等という話が聞こえてこない<笑>。


予定の9:30を過ぎても新人選手達が出てこないので室内練習場に移動。ゼッケン姿の新人選手達の姿を発見した。
Cdsc_1215
昨秋のドラフト会議でジャイアンツが獲得した新人選手は支配下6人+育成2人の計8人だったが、この日は背番号三桁の姿を見かけなかった。過去の新人合同自主トレの様子を参照していただければわかるが新人合同自主トレは支配下も育成も一緒にメニューを消化していたが今年は別行動なのか、ゼッケンをしていないとわからないがこの日は見当たらなかった。育成ドラフト1位の内野手、平間隼人が2月の春季キャンプで一軍に抜擢されるという報道を見たばかりなので生で観たかったが…。


新人達は短距離のダッシュなどを繰り返した後、新人達が姿を消した。特に観客への説明などはない。グラウンドに出てくるのかと思い室内練習場から再びスタンドに戻ったが出てくる様子はない。敗戦処理。は再び室内練習場に戻って新人選手達が出てくるのを待った。やがて新人選手達は二人一組でキャッチボールを始め、近距離でのトスバッティングに移った。
Cdsc_1232
ドラフト4位指名で背番号91の井上温大投手とドラフト6位指名で背番号97の伊藤海斗外野手のコンビはどちらが打者になっても投手が打球を捕り損なって後逸するなど、バタバタとしている様に見受けられた。
Cdsc_1234


その後は三人ずつに分かれて内野の位置でノックを受ける。


Cdsc_1258
投手であるドラフト1位の堀田賢慎、ドラフト2位で唯一の社会人出身である太田龍、4位の井上は捕球後のスローイングをしないで近くの籠に入れていた。投手と野手とでは肩の使い方が異なるということだろう。


この練習を終えると、新人選手達は打撃練習場に移った。四人並んで同時に打撃練習できるスペースで両サイドのスペースに分かれて行った。


ドラフト1位、2位コンビとなる堀田と太田のコンビが交互にトスバッティングをしていたがどちらも左打席で打っていた。
Cdsc_1311
Cdsc_1298
ドラフト指名時の新聞記事や、その後に出た新人選手の情報が出ている専門誌を見ても、堀田、太田ともに“右投げ右打ち”となっている。左手でトスをしているのは万が一に備えた安全策だとしても、左で打つのは何か理由があるのだろうか?上述のバッティング練習では右で打っていた様だったが…。


投手の三人はここで姿を消し、野手の三人が交代でマシンを相手に打っていた。横で山本泰寛北村拓己が二人で打撃練習をしていて、時折新人達に声をかけていた。


気になったのがドラフト3位指名の菊田拡和内野手。
Cdsc_1345
名門・常総学院で一年生の頃から四番を打っていたというから、かなり期待しているのだが…。そういう前提で観るからかスイングが特に鋭く感じられた。でも辻東倫が新人の時にもそう感じたから…。


新人選手達の打撃練習が終わりそうなタイミングで敗戦処理。は室内練習場を後にした。皮肉にもグラウンドには陽が射していた。ちょうど一週間前にファイターズの新人合同自主トレを観たときにはやはり悪天候でグラウンドでの練習を観ることが出来なかったので、今年初めてプロ野球選手が野球の練習をしているのを観た感覚だ。11日に墨田区の錦糸公園で“ものまねプロ野球”を観てバットにボールが当たる音を堪能したが、今日は室内とはいえ“プロ”のバットにボールが当たる音、ボールがグラブに収まる音に直に触れることが出来た。やっぱりひと味違う。この新人合同自主トレを観ただけで新人達の何がわかるというものではないが…。


例年ならもう一週早いタイミングで観ているが、クールが変わるとメニューにも変化があるのかなと敢えて時期をずらしたが天候的には裏目に出てしまった。ジャイアンツの新人合同自主トレは23日までとのことなので次の週末には終わっている。


育成選手の二人を観ることが出来なかったのが残念だが、これを観ておかないと前に進まないような気もする<笑>ので、楽しい約二時間となった。


最後に過去の拙blogでのジャイアンツの新人合同自主トレ見物記のリンクを貼っておきますので興味のある方はお時間のあるときにどうぞ。

2019年1月14日付 ジャイアンツ球場に行ってきた!
2018113日付 今年初の球場行きはジャイアンツの新人合同自主トレ
201719日付 スポーツ報知プロ野球トークショー「オフの話題直送便2017
2016116日付 今年初の球場訪問はジャイアンツの新人合同自主トレ。
2015111日付 球春近し、ジャイアンツの新人合同自主トレを観てきた!
2014113日付 自主トレ見物の時期がやってきた。
2013年1月14日付 菅野智之ばかりに注目が集まるが…ジャイアンツ新人合同自主トレ見物記
201218日付 ジャイアンツの新人合同自主トレがスタート
201118日付 澤村拓一、はじめの一歩
201019日付 ジャイアンツの新人合同自主トレを見物
2009112日付 大田泰示を観てきました。

 

 

« ♪一番高木が塁に出て~ 追悼・高木守道さん | トップページ | 重光武雄オーナー、死去。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ♪一番高木が塁に出て~ 追悼・高木守道さん | トップページ | 重光武雄オーナー、死去。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック