フォト
無料ブログはココログ

« ファイターズは来季も“オープナー”を継続するそうで… | トップページ | FA戦線異常あり… »

2019年11月24日 (日)

上原浩治“ジャイアンツ・ファンフェスタ2019”に姿無し。

Adsc_4331
ジャイアンツは今年も11月23日に“ジャイアンツ・ファンフェスタ2019”いわゆるファンフェスを行い、その中で、今季限りで現役を引退する阿部慎之助のセレモニーを行ったが、5月に現役を引退した上原浩治に関するセレモニーは行われなかった。


シーズン最中の5月に現役引退を表明した上原は直ちに任意引退の手続きが行われた。任意引退選手として公示された以上、シーズンの終盤に“引退試合”を行うことも出来ず、公の場でファンに引退の挨拶をするのであればファンフェスかとも思われたが報道で見る限り、上原の労をねぎらうセレモニーは無かったようだ。

拙blog5月20日付け上原浩治、任意引退に。を始め、上原浩治に関する敗戦処理。のスタンスはあまり好意的でないものばかりであることにお気付きの方も多いだろう。だが昨年復帰した上原へのジャイアンツファンの歓迎ぶりは並々ならぬものであった。それに2008年のシーズンを最後にメジャー移籍したとはいえ、それまでの上原はジャイアンツのエースとして君臨し、ファンにも多くの感動を与えてきた。そんな上原がシーズン途中に現役引退という異例の引退の仕方であったとしても、球団として上原を招いてファンの前で引退セレモニーをするのは当然であろう。


推測だがそれが行われなかったのはジャイアンツが冷たいのではなく上原が固辞したのではないか?


冒頭に書いたように上原は5月に現役引退を表明するとただちに任意引退の手つきが行われた。文字通り“引退”してしまったので昨今ありがちなシーズン終盤の主催試合での引退試合を行うことも出来なかった。


それでも昨年の村田修一のように、一年前にジャイアンツを退団し、独立リーグで現役を継続していたのを引退することになったのを招き、試合の前に挨拶をし、試合後に場内を一周してファンに感謝の意を示す…的なイベントを行うことも不可能では無かったと思われる。ただシーズン終盤の東京ドームでの主催試合はリーグ優勝決定後には一試合しか残っていなく、その試合を阿部慎之助の引退試合にしたため上原へのセレモニーを企画する機会が無かったともいえる。


上原がシーズン中にきっぱりと引退したことで、シーズン終盤のやらせの様な引退試合実施に否定的なライター達が上原の姿勢を絶賛していた。上原本人の口から何も語られていない以上、引退興行が嫌であの時期に引退したと推測するのは無理があるにせよ、その後絶好のチャンスであるファンフェスティバルでもセレモニーが行われないのは上原本人が固辞していると考えざるを得ない。


球団との関係がこじれているのではとも考えられるが引退記念グッズが球団公式HPで発売されるそうだから、球団とのトラブルではないだろう。また、日テレG+では30日に上原の特集番組が放送される。


来春のオープン戦で一日選手契約を結んで出場して引退試合を行う可能性が残されてはいるが、ここまでの流れを見ると可能性は低いだろう。


そもそも上原はジャイアンツに復帰する前に、大リーグ球団からのオファーが無かったら現役引退も辞さない発言をしていた。それが一転ジャイアンツに復帰したのは同じ日に生まれた高橋由伸が監督をしていたからと、著書『OVER 結果と向き合う勇気』には書いてあるが、当時の報道では日本人選手では初となる“100勝・100セーブ・100ホールド”を達成する可能性があったからと見做されていた。
Bdsc_0425
復帰した2018年にその金字塔を達成し、膝の手術を経て臨んだ今季。手術は成功したはずなのに結果が思うようにあがらず二軍から這い上がれないことにジレンマを感じ、シーズン半ばにして引退表明。超一流には超一流にしかわからない心理があるのだろうが、ファンが置いてきぼりにされた感じは否めない。


世界野球“プレミア12”のゲスト解説で元気な姿を見せた上原。これからの上原を応援したいと思うファンもジャイアンツのユニフォーム姿の見納めをしたいと惜しんでいるのではないか!?

« ファイターズは来季も“オープナー”を継続するそうで… | トップページ | FA戦線異常あり… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファイターズは来季も“オープナー”を継続するそうで… | トップページ | FA戦線異常あり… »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック