フォト
無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月29日 (金)

FA戦線異常あり…

Adsc_1400
今オフにフリーエージェント権を行使した選手の動向に決着がついた。今オフのFA戦線のトレンドは、超大物の移籍ではなく、より出場機会を求めてのFA移籍と、“勝ち組”の常連、ジャイアンツの惨敗と言っても過言ではないだろう。


マリーンズから鈴木大地がFA権を行使してゴールデンイーグルスへ。そのゴールデンイーグルスからは美馬学がマリーンズへ移籍してあたかも交換トレードの様な形になった。マリーンズはさらにホークスでFA権を行使した福田秀平を獲得。美馬とのW獲得になった。また、ライオンズの十亀剣はFA権を行使した上でライオンズに残留した。


昨オフの丸佳浩、浅村栄斗の様な主軸選手のFA権行使がなく、鈴木、福田といった、より出場機会を得ようとしての移籍願望が叶ったのが今オフのFA傾向と言えよう。これは“移籍の活性化”を願うファンにとっても溜飲を下げる結果となったが敗戦処理。にはいささか引っかかる点がある。


(写真:FA権を行使してゴールデンイーグルスに移籍する鈴木大地。ゴールデンイーグルスの条件は“4年総額7億円以上”とも言われている…。 写真は2017年のマイナビオールスターゲーム第二戦で本塁打を放つ鈴木大地)

 

 

 

続きを読む "FA戦線異常あり…" »

2019年11月24日 (日)

上原浩治“ジャイアンツ・ファンフェスタ2019”に姿無し。

Adsc_4331
ジャイアンツは今年も11月23日に“ジャイアンツ・ファンフェスタ2019”いわゆるファンフェスを行い、その中で、今季限りで現役を引退する阿部慎之助のセレモニーを行ったが、5月に現役を引退した上原浩治に関するセレモニーは行われなかった。


シーズン最中の5月に現役引退を表明した上原は直ちに任意引退の手続きが行われた。任意引退選手として公示された以上、シーズンの終盤に“引退試合”を行うことも出来ず、公の場でファンに引退の挨拶をするのであればファンフェスかとも思われたが報道で見る限り、上原の労をねぎらうセレモニーは無かったようだ。

続きを読む "上原浩治“ジャイアンツ・ファンフェスタ2019”に姿無し。" »

2019年11月23日 (土)

ファイターズは来季も“オープナー”を継続するそうで…

Adsc_0609
今季は5位に終わってしまったファイターズ。このオフは恒例だったフリーエージェントの権利を持つ選手の流出もなく、またドラフト会議でもドラフトの目玉と目された選手を抽選で外したためか話題が少なく、静かなオフになっている。そんななか、嫌な予感がする記事を見つけた。栗山英樹監督は来季も“オープナー”を継続するそうで、加藤貴之には既にその役割を伝えているという。


まだやるの…!?

続きを読む "ファイターズは来季も“オープナー”を継続するそうで…" »

2019年11月19日 (火)

ジャイアンツが初めてポスティングシステムでの移籍を認めた!

Adsc_5738
驚いた。これまで頑なにポスティングシステム利用によるメジャー移籍を認めていなかったジャイアンツが、メジャーでのプレーを希望する山口俊のために同制度を利用してのポスティング移籍を容認したという。各種報道によると、2016年オフに山口がフリーエージェント権を行使してジャイアンツに移籍する際に将来的なポスティング移籍の要望を出しており、契約が切れるこのタイミングでとなった様だ。

 

 

 

続きを読む "ジャイアンツが初めてポスティングシステムでの移籍を認めた!" »

2019年11月18日 (月)

ワールドトライアウトをどう見るか?

Adsc_03
NPBの合同トライアウトは既に1112日に行われたが、今年はもう一つ、NPBではなくワールドトライアウト社が行うトライアウトが1130日に神宮球場で行われる。初めての試みで、NPB十二球団から戦力外通告を受けた選手だけでなく、海外のプロリーグ出身選手など幅広く対象を拡げて行われる。

ワールドトライアウトについて

ちょうど“野球”が恋しくなる時期だし、観に行こうと考えていたがちょっと考えが変わってきた。清原和博がこのトライアウトの監督に就任するというニュースを聞いたからだ。

 

 

 

続きを読む "ワールドトライアウトをどう見るか?" »

2019年11月14日 (木)

“プレミア12”で日本代表戦でも入場者数が少ない…。

Acsc_0037
11
日から日本に舞台を移した世界野球プレミア12のスーパーラウンド。しかし11日にZOZOマリンスタジアムで行われた日本代表対オーストラリア代表戦の入場者数は17,819人。場所を東京ドームに移して12日に行われた対アメリカ代表戦は27,827人、13日の対メキシコ代表戦は31,776人と三試合目で初めて3万人を超えたがそれでもスタンドが大観衆で埋まったというレベルではない。これから増えるとは思うが…。


先日まで行われていたラグビーのワールドカップの盛り上がりぶりとはあまりに対照的。国際大会としての歴史に雲泥の差があるとは言え、これはNPBにとって大きな誤算ではないのだろうか!?


※ 写真は前回大会から。

 

 

 

続きを読む "“プレミア12”で日本代表戦でも入場者数が少ない…。" »

2019年11月10日 (日)

ファイターズのファームが本拠地球場での入場者数の最多記録を達成!

Adsc_0931
今年のファイターズのファームはイースタン・リーグで最下位、2012年から8年連続のBクラス(というより6位か最下位)と低迷したが本拠地ファイターズスタジアムでの入場者数は54試合で83,353人。これはファイターズが2013年に記録したイースタン・リーグ最多記録である73,625人を超える入場者数のリーグ新記録。一試合平均においても1,544人と同年の1,416人を上回った。


これまで鎌ケ谷におけるファンサービスのあり方にいささかの疑問を感じ、入場者数の減少を嘆いてきたが、悪いときだけ指摘し、改善されたら知らんぷりという訳には行くまい。日々の公式戦の入場者数を記録し続けた結果で調べてみた。

続きを読む "ファイターズのファームが本拠地球場での入場者数の最多記録を達成!" »

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック