フォト
無料ブログはココログ

« 恋の恩返し | トップページ | 原点 »

2019年9月16日 (月)

優勝マジックが点灯しているチームとは思えない野球…それでも報知には“執念の采配”の文字が躍るのか!?

Adsc_9401
優勝マジックを5とし、五年ぶりのセ・リーグ優勝を目前にしているジャイアンツ。7連戦の最終日となる16日の対タイガース戦を生観戦してきた。先発は今時珍しい中四日での先発となる桜井俊貴坂本勇人が五回で途中交代するアクシデントがあったとはいえ、最終回にはもう内野手が残っていないのに増田大輝に代打・亀井善行を送り、四球で出た阿部慎之助の代走には投手の宮國椋丞を送るというなりふり構わぬ選手起用を見せたが、タイガースに1対2で敗れた。


まるで“優勝目前のタイガースを相手にひとつも負けられないジャイアンツによる執念の戦い”を見ている様だった。この試合が始まる前の時点で“優勝マジック5”のチームが何でこんな野球をしているのだろうか?


(写真:九回裏、四球で出た阿部慎之助の代走に起用された投手の宮國椋丞。同点の走者だが、ほとんどリードもしない…。)



「最後の一人となる捕手だけを残して、九回までにベンチ入りしている野手をすべて使い切るのが原監督の野球」


こう語るのは前回の原辰徳監督時代に投手総合コーチを務めた川口和久。CS放送でジャイアンツ戦を担当した時に何度か原監督の性格を分析するかの様に語っていた。実際、16日の対タイガース戦では炭谷銀仁朗こそ最後まで残しておいたがベンチ入りした内野手と外野手をすべて使い尽くし、九回裏に同点の走者として四球で出塁した阿部慎之助に対しては投手の宮國椋丞を代走に送った。


阿部は投手の中川皓太への代打だから起用は当然だとして、その前の先頭打者、増田大輝亀井善行を代打に送った。増田大は途中から遊撃手として出場していたが、もうジャイアンツには内野を守れる選手が残っていない。一気に逆転サヨナラ勝ち出来れば問題ないが、同点で延長戦になったらどういう布陣を考えていたのだろうか?


外野を守っている重信慎之介は以前、二塁を守る練習をしていたが本格的にやっているのか定かでは無い。他には2012年にリーグ優勝を決めた試合の翌日に亀井が二塁を守ったのを観たことがある。
Cdsc_0109
記憶では二塁手亀井は失策をした。


東京ドームのジャイアンツ戦では両軍のスターティングメンバーが発表された直後にベンチ入りメンバーがオーロラビジョンで発表される。
Cdsc_8870
そもそもジャイアンツには内野手の控えが増田大しかいない。


想定外の事情はあった。五回裏終了時点で坂本勇人が退いた。坂本勇は五回裏の打席でライナーせいのいい当たりの左飛を放っていた。


ジャイアンツ戦では五回終了時のグラウンド整備の時間を利用して、ちびっ子ファンがオーロラビジョンで展開されるクイズに挑戦するコーナーがある。
Cdsc_9075
ちびっ子はジャイアンツで好きな選手を聞かれ、その選手に応援メッセージを送るのだが、坂本勇のファンだと言って応援メッセージを送ると、守備につく前に坂本勇がそのちびっ子の頭をなでてあげるファンサービスをすることがよくあるのに、今日は坂本勇ファンのちびっ子に何もしてあげなかったから変だな?と思っていたら「ジャイアンツの選手の交代をお知らせいたします。ショートの坂本に代わりまして…」とアナウンスがあったのでスタンドが騒然となった。


この時には三塁を守っていた山本泰寛が遊撃に回り、一塁手の岡本和真が三塁を守り、一塁には外野手登録の山下航汰が入った。さらに1点を追う六回裏の攻撃で、二塁手として出場している田中俊太に代打、陽岱鋼を起用したため、七回表の守備から山本を二塁に回して増田大を遊撃手として起用した。この時点で内野手の控えがいなくなった。ファイターズ時代に元々内野手だった陽を残して守らせるという手もあったかもしれないが、それは結果論だろう。ただ、今後は陽の内野起用も検討されるかもしれない。


上述したベンチ入りメンバーを見て気付いた方もいると思うが、今日はクローザーを務めるルビー・デラロサと中継ぎの高木京介がベンチから外れている。デラロサは14日の対カープ戦で11/321球を投げ、昨日は連投で1回、8球を投げている。最近では三日間の連投すら避ける傾向が多くの球団で採り入れられている。高木も14日に2回、30球、昨日1回、16球とイニングまたぎを含む連投をしている。


一般に連投というと、“○試合連続登板”を指すが、敗戦処理。は拙blogまたはツイートなどでは“○日間連続登板”を重視する。今季のジャイアンツでは田口麗斗の10連投が話題になったが、これは10試合連続登板であって10日間連続登板では無い。


そして、“ブルペンデー”とやらで急遽14日の対カープ戦に先発した澤村拓一が何と中一日でベンチ入りしているのだ。澤村は14日に3回、40球を投じた。


となると先発の桜井俊貴に少しでも長いイニングを投げてもらいたいところではあるが、桜井は最近の野球では珍しい中四日での先発。多くを期待しすぎてはいけないだろう。10日から始まった7連戦のジャイアンツの先発ローテーションを確認しておこう。

10()B クック(8日中止でスライド登板)
11()B 桜井俊貴(中五日)
12()B 高橋優貴(中五日)
13()C 山口俊(中五日)
14()C 澤村拓一(中二日)
15()T 菅野智之(中十日)
16()T 桜井俊貴(中四日)

15日に登板した菅野智之は腰痛での登録抹消からの復帰だったが、菅野を15日に登録するために入れ替わりで登録抹消されたのは10日に先発したライアン・クックだった。このタイミングで登録抹消になるということは菅野の回復度合いによっては15日にクックが中四日で先発する可能性があったということであろう。そうでなければ10日の登板後に抹消されているはず。中五日で投げること自体珍しいのに、中四日である。何でこんなにバタバタした投手起用をしなければならないのだろうか?


理由は明白だろう。ファームにこういう時に先発の枠を埋めるような候補がいないのだろう。いや、いないとは言い切れない。“ブルペンデー”だった14日、敗戦処理。はイースタンの試合を観ていたが、高田萌生が先発して5イニング投げていた。ということは高田を一軍に抜擢するという選択肢もあったはずだ。もちろん二軍と一軍ではレベルに差があるから高田が一軍で先発してどのくらい投げられるかはわからない。しかしリリーフ要員として毎試合待機しなければならない澤村に3イニング、高木に2イニング投げさせる愚は起こさずに済んだだろう。


ジャイアンツは4月の終わりから5月初旬にかけての大型連休中に組まれた10連戦でも先発投手の登板間隔を中六日から中五日に詰めて対処していた。“ローテーションの谷間”を作らないメリットはあるが、登板間隔を詰めた先発投手が投げられる投球数が少なくなりリリーフ陣に負荷がかかるというデメリットがある。ローテーションの谷間を作ってファームから先発投手を上げて登板させ、その試合ではすぐに結果が出なくても若手投手に経験を積ませるメリットもあるはずだが原監督はそうはしない。そのツケがシーズンも佳境を迎えた今、ファームから上げる投手がいないという実態になっているのであろう。因みにジャイアンツは一日空けて18日から再び7連戦となっている。先発ローテーションを勝手に予想してみた。

18()D 高橋優貴(中五日)
19()D 山口俊(中五日)
20()B 今村信貴(中十二日) または高田萌生(中五日)
21()B メルセデス(中五日)
22()S 桜井俊貴(中五日)
23()S ヤングマン(中?日)
24()T 高橋優貴(中五日)

クリストファー・メルセデステイラー・ヤングマンを抜擢することで少なくとも中五日の登板間隔を保てる。メルセデスを登板後に抹消すれば、ヤングマンを使える。この間に優勝が決まればさらにゆったりした起用を出来るだろうし、逆に優勝が決まらなかったら24日に中四日で山口俊投入もあるかもしれない。


さて、星勘定はともかく目の前の試合に勝たなければならない。生観戦した試合を振り返ろう。


三塁側B指定席とはいうものの46通路というレフトスタンド側から数えて三番目の通路に今日の席がある。東京ドームとは思えない8割方、いや9割方タイガースファンに囲まれた席だった。本塁から遠く、ぼやけた写真が多いがご容赦いただきたい。


試合はタイガースが先制。一死二塁から福留孝介の右前安打が出て近本光司が生還。
Cdsc_8914



タイガースの先発、オネルキ・ガルシアの力投の前にこの1点が重く感じられてきた四回裏、アレックス・ゲレーロの四球と山本の安打から作った二死一、三塁で小林誠司が中前にタイムリー。1対1の同点とした。
Cdsc_9020



さらに二死一、二塁というチャンスで打席には先発の桜井。桜井の打球は一、二塁間に飛んで一塁手のジェフリー・マルテのファーストミットを弾いたがすぐに反応されて一塁に送球されてガルシアがカバーしてアウト。しかし原監督が“リクエスト”したためリプレイ検証に。
 Cdsc_9028
オーロラビジョンに再現される映像でもアウトっぽく、タイガースファンはアウトと確信したようで「原、どこ見てるんじゃ、ボケ!」等と言う怒号も飛んでいたが、判定を覆すというよりも一塁まで全力疾走した桜井を休ませる時間を確保するためにリクエストをしたと敗戦処理。は推測した。怒鳴り散らす猛虎魂な人達はそうは考えないのかもしれないが…。


原監督の配慮が効いたのか、桜井は次の五回表は何とか抑えたが六回表に捕まる。先頭の近本にレフトの頭上を超える二塁打を打たれると、二つの四球で満塁としてしまい、さらに高山俊にも四球で押し出し。タイガースに勝ち越された。
Cdsc_9130
桜井はこのイニングで100球を超えた。中四日で投げていることを考えると、糸原健斗、高山と左打者が続く時点でサウスポーの田口投入があるかなとも想像したが、上述のように高木とデラロサがいないことを考えると、少しでも長いイニングを投げて欲しいのだろう。


さらに一死満塁。桜井が気落ちすれば一気に大量点という最悪の事態も考えられたが、北條史也、坂本誠志郎を打ち取って桜井は最少失点にとどめた。


その裏、ジャイアンツは二つの四球で一死一、二塁としてガルシアをKOし、二番手の島本浩也から田中俊の代打、陽が内野安打して一死満塁とするも、小林、桜井の代打、大城卓三が倒れ同点機を逃した。


陽を代打に起用した時点で右打ちの野手が捕手の炭谷だけしか残っていなかった。投手の打順では左対左でも亀井の登場かと思ったが大城だった。「何で?」と思ったが大城にそのままマスクをかぶせ、打線に残す狙いもあった様だ。


しかしそうであるならば、どのみち左対左という対戦になるのを避けられないのであれば控え選手が少ない内野手の田中俊に代打を出さずにそのまま打たせ、投手のところで陽でも良かったのでは無いか?7日の対スワローズ戦で田中俊が左投手から本塁打を放ったのを観たからそう思うのかもしれないが…。


この六回裏にはゲレーロに代走、重信を起用した。同点の走者だった。タイガースは終盤に出てくるリリーフ陣が盤石だからジャイアンツとしてはこの回に勝負をかけたのだろうが実らなかった。そして案の定、このままのスコアでジャイアンツは1対2で敗れた。
Cdsc_9411



1対2のまま迎えた九回表、ジャイアンツは三番手に澤村を起用した。澤村は一昨日の先発。3イニング、40球を投げていた。
Cdsc_9284
タイガースファンによる大歓声に送られて代打で登場した鳥谷敬に対して制球が定まらず四球。送りバントと大山悠輔を三振に仕留めて二死まで辿り着いたが左打者が三人続くということもあってか中川皓太にスイッチ。


Cdsc_9338
デラロサや高木には配慮してベンチから外すのに、まだ大竹寛鍵谷陽平がいるにもかかわらず澤村をつぎ込むこのギャップは何なんだろうか、遠巻きに澤村の後ろ姿を見て感じた。


冒頭に“優勝目前のタイガースを相手にひとつも負けられないジャイアンツによる執念の戦い”と書いたが、内野手の控えがいないのに内野手に代打を送り、最後には投手を代走で送った。坂本勇の容態が気になるので明日(17)は報知を買う予定だが、報知には“執念の采配”という記事が載るのだろうか?後先考えずに野球をやっているだけにしか思えない。


優勝マジックが出ているチームが何でこんな野球をしているのだろうか?捨て試合を作れとは言わないが、もう少し上手い試合運び、選手(投手)起用を出来ないものなのだろうか?

 

菅野に関しても同様。投げてまた登録抹消になる様な状態で何故マウンドに上げたのか?誰の責任でこうなったのか?本人が「行きます」と言ったから等というのは指導者の責任回避に過ぎない…。


もっとも、後先考えずに突っ走ったからこそ、今日の成績があるのも事実なのだろうが…。


九回表が終わった時点で高橋大輔スタジアムDJがベイスターズが敗れて優勝マジックが4になったことを告げたがさほどスタンドも盛り上がらず。目の前で戦っているチームにそういう状態である事を思わせないのだろう。個人的にも東京ドームでのジャイアンツ戦生観戦の連敗を止められなかった。最終戦のチケットを持っているが月末の平日でどうなることやら…。タイガースファンの元気さに圧倒されてばかりの生観戦になった。

« 恋の恩返し | トップページ | 原点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恋の恩返し | トップページ | 原点 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック