フォト
無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月25日 (土)

ジャイアンツ、65人目の支配下登録選手は誰に!?

Adsc_5401
今日25日の日刊スポーツにこんな記事があった。

今季巨人に加入したドミニカ共和国出身の育成選手、イスラエル・モタ外野手(23)がパワフルな打撃で支配下登録へ猛アピールした。24日、山下航汰外野手(18)、山川和大投手(24)と東京ドームでの1軍練習に参加し、バックスクリーン直撃や左中間の看板直撃など特大アーチを量産した。上原が引退した巨人の支配下選手は現在64人で、育成選手を保有するためには65人以上にする必要がある。原監督は「それぞれ能力のある選手」と言い、大塚球団副代表は「7月末までには1人は上げないといけない」と人選を進めていく。

日本プロ野球育成選手に関する規約 第3条 (育成選手の保有)
育成選手を 保有できる球団は、当面現に「支配下選手」を65 名以上( 7月末日現在)保有する球団とする。


支配下登録選手が65人だったジャイアンツでは現役引退を表明した上原浩治を任意引退選手として公示したため、支配下登録の選手が64人になった。7月31日までに少なくともあと1人支配下登録選手を増やさなければならない。そこで育成選手の中から支配下登録に近いと思われる選手を東京ドームに呼び出してテストしたのだろう。


別にこの記事を読んだからという訳ではなく、今日は以前から予定していたジャイアンツ球場にゴールデンイーグルス戦を観に行った。


(写真:打席に向かうジャイアンツの育成選手、イスラエル・モタ。)

 

続きを読む "ジャイアンツ、65人目の支配下登録選手は誰に!?" »

2019年5月20日 (月)

上原浩治、任意引退に。

Adsc_4369
20日、ジャイアンツの上原浩治が現役引退を申し入れ、球団に了承された。今季いっぱいでの現役引退という訳ではなく、即日、任意引退選手の手続きがなされ、公示された。


今季の上原は一軍に上がることなくイースタン・リーグで登板を重ねていたが、任意引退選手として公示されたため、二軍の試合でももう投げることは出来ない。


(写真:個人的に最後の“生上原”となった令和元年5月1日の上原浩治。1イニングを三者凡退に抑え、ベンチに戻る。捕手は岸田行倫。)

 

 

続きを読む "上原浩治、任意引退に。" »

2019年5月19日 (日)

原辰徳監督公言、二試合連続好救援の澤村拓一の抑え起用は…「流動的にいく」 

Adsc_4339
ジャイアンツの原辰徳監督は17日に一軍に再登録した澤村拓一を二日続けてリードした試合の九回裏に起用。澤村も起用に応えてともに無失点に抑えた。17日の登板では981日ぶりとなるセーブも記録した。


昨年はチーム最多となる49試合に登板した澤村だったが、今季は原監督の意向もあって先発投手として再チャレンジしていたがここに来てリリーフに再々チャレンジ。


そんな澤村を原監督は「まだ、本当の意味でのクローザーではなく、流動的にいく。左打者、右打者、その中で責任の一端を担ってくれるようなスタートを沢村もしてくれている。ありがたいですね」とコメントしたそうだ。ネットのニュースでこれを読んだ敗戦処理。は苦笑いするしかなかった。


(写真:リリーフ要員として一軍に復帰を果たした澤村拓一。 2018年3月撮影)

続きを読む "原辰徳監督公言、二試合連続好救援の澤村拓一の抑え起用は…「流動的にいく」 " »

2019年5月17日 (金)

ディフェンシブ・シフト~令和のファイターズと昭和の“王シフト”

Adscn0813_2
今季のファイターズの二大特徴と言えば、ショートスターターと言われるような、先発投手を従来の概念にとらわれずに短いイニングで降板させて継投に走る手法と、相手打者にプルヒッター等の打球方向に偏りがある場合に極端な守備位置で臨む方策が挙げられよう。


個人的には前者に関しては半信半疑、というか半分以上懐疑的だが、後者の極端な守備位置を敷くことに関して書いてみたい。


(写真:左打者の筒香嘉智に対して三塁手を一、二塁間深めに守らせるファイターズ。 2019年3月撮影)

 

続きを読む "ディフェンシブ・シフト~令和のファイターズと昭和の“王シフト”" »

2019年5月12日 (日)

岸孝之が鎌ケ谷で実戦復帰を果たすも、試合はその岸が投げる前に…。

Adsc_4612
今日(12日)は鎌ケ谷に行ってきた。地元の鎌ケ谷総合病院が“健康祭”を開催し、“DJチャス。デー”も繰り広げられる中、ゴールデンイーグルスは開幕戦で左太股違和感を訴えて故障離脱した岸孝之が実戦復帰登板。これは事前に告知されていなかったのか、試合前の先発バッテリー発表で岸の名前が告げられるとゴールデンイーグルスファンが多い一塁側スタンドからも驚きの声が挙がっていた感じだった。


岸の復調ぶりを確認したいゴールデンイーグルスファンの気持ちとは裏腹に、なかなかその姿をマウンドで…


(写真:両チームの先発投手を紹介する鎌スタビジョン)

 

続きを読む "岸孝之が鎌ケ谷で実戦復帰を果たすも、試合はその岸が投げる前に…。" »

2019年5月 2日 (木)

敗戦処理。的平成ベストナイン-マイセレクトベストナインVol.14

Adsc_3418
かつて拙blogで偶数月2日に各球団の、敗戦処理。が初めてプロ野球の試合を生観戦した1974年(昭和49年)以降、即ちリアルタイムに見た時代のベストナイン、ベスト一軍メンバー28人を自分なりに選んでいた。現在の十二球団と近鉄バファローズを一通り終えたので終了していたが、おとといで平成が終了したので、平成元年から先月平成31年4月30日まで、平成の全球団を通じてのベストナインおよび一軍メンバー29人、そして監督も決めてみた。


マイセレクトリアルタイムベストナインVol.14-平成編

 

続きを読む "敗戦処理。的平成ベストナイン-マイセレクトベストナインVol.14" »

2019年5月 1日 (水)

令和最初の日のジャイアンツ球場生観戦は、平成最後に観たイースタンの試合の如く…

Adsc_4526
昨日の“平成最後の日”を野球観戦で締めくくった敗戦処理。は今日(1日)、令和最初の日にも野球観戦。といっても昨日に続く東京ドームではなく、ジャイアンツ球場へ。


新しい元号になる初日に気分新たに観る試合は、前の元号で最後にとの思いで観た同じイースタンの試合と似た展開になった。悪天候も含めて。


(写真:0対0のまま延長戦突入を示すスコアボード。つい最近観た様な展開…)

 

続きを読む "令和最初の日のジャイアンツ球場生観戦は、平成最後に観たイースタンの試合の如く…" »

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック