フォト
無料ブログはココログ

« ゴールデンウイークとは思えぬ寒さと雨の鎌スタで3時間半以上も野球を楽しんだ平成最後の連休初日。 | トップページ | 令和最初の日のジャイアンツ球場生観戦は、平成最後に観たイースタンの試合の如く… »

2019年4月30日 (火)

平成最後の日、平成第1号を放った原辰徳監督率いるジャイアンツ敗れる…。

Adsc_3840
今日(30日)は平成最後の日。平成元年の開幕で“平成第1号本塁打”を放った原辰徳が監督を務めるジャイアンツの平成最終戦を観に行ったが、ジャイアンツの選手に“平成最後の本塁打”が出るでも無く、ジャイアンツはドラゴンズに敗れてしまった。


(写真:最終回、ジャイアンツファンの期待を背負って代打で阿部慎之助が登場。“平成最後の日”に節目の通算400号が出るかとの期待も虚しく投ゴロ…)

 



拙blogでは直近一週間で多くの方に見ていただいたエントリーを左端に紹介しているが、今このエントリーを書いている時点でのトップは平成元年のプロ野球開幕戦を生観戦した時を振り返った平成第1号の本塁打を放ったのはこの人-【回想】敗戦処理。生観戦録-第16回 1989年(平成元年)編。平成から令和に、もうすぐ元号が変わろうというタイミングで野球ファンが感心を寄せている話題なのだろう。


1月に今季の公式戦日程が試合開始時間まで発表になった時点で、平成最後の日になる4月30日のカードには注目していた。ジャイアンツはドラゴンズと東京ドームで対戦する。連休中ではあるが火曜日なのでカードの初日。元号が改まる5月1日も同じくドラゴンズと対戦する。試合の開始時刻がこの日に限って14:00では無く13:00になっていた。ジャイアンツでは2009年からここ十年、東京ドームでデーゲームを行うときは14:00試合開始に統一している。球団によっては前日にナイトゲームを行った時にはデーゲームの試合開始時刻を遅くし、そうで無い日と試合開始時刻を変える球団もあるが、ジャイアンツは14:00試合開始に統一している。そのジャイアンツが平成最後の日に試合開始時刻を通常のデーゲームより一時間早く設定した。因みに相手のドラゴンズは前日29日、本拠地のナゴヤドームで14:00開始のデーゲームを行ってからの移動。ドラゴンズに配慮するのなら試合開始時刻の前倒しはしないはず。にもかかわらず一時間早く試合を開始するのだから、これは試合後に、平成が終わることに関連したセレモニーでも行うのだろうと想像し、チケット発売開始早々にチケットを入手しておいた。


だが、結論から言うと、試合後に特にそれらしいセレモニーはなかった。試合後のグラウンドでは他の日にも行っていると思われる特定の来場者のためのグラウンド開放を行っていたが、オーロラビジョンでは特に平成の締めくくりを意識させるメッセージもなく、淡々と翌日の試合の告知を行っていた。明日、令和元年初日に当たる5月1日は同じ対戦カードで試合開始時刻も14:00に戻る。


平成最後の日らしいセレモニーを行ったのは試合開始前。1994年、というか平成6年、当時の長嶋茂雄監督が“国民的行事”と謳った、ドラゴンズとの、勝った方が優勝という10月8日のシーズン最終戦に登板した槙原寬己、斎藤雅樹、桑田真澄の三本柱がマウンドに順に上がって始球式を行った。今日の対戦相手がその『10.8決戦』と同じドラゴンズ戦だったが打席には誰も立たず、捕手はその試合でもマスクをかぶった当時の正捕手、村田真一が務めた。
Cdsc_3404

Cdsc_3411

Cdsc_3427

Cdsc_3444


オーロラビジョンでは槙原が完全試合を達成した時の最後の打者、カープの御船英之を打ち取ったシーンや、『10.8決戦』の対ドラゴンズ戦のダイジェスト映像が流れたが、完全試合の最後の打者となった一塁ファイルフライを捕球するシーンや、『10.8決戦』での先制本塁打、決勝タイムリーのシーンが省かれていた。落合博満の肖像権料が高いのか、それともドラゴンズのOBでもあるからか…!?


直後のフォトセッションには四人の他にジャイアンツで『10.8決戦』に出場した原辰徳監督、元木大介打撃兼内野守備走塁コーチらも加わった。


感慨無量だ。今、ジャイアンツにこの三本柱の様な投手がいたら、危なっかしい中継ぎ投手を何人もつぎ込まなくても勝てるだろう…<哀>。


ジャイアンツは平成元年にリーグ優勝、日本一を達成しているがこの年の優勝を皮切りに平成の30年間に12回のリーグ優勝、6回の日本一を達成している。平成31年も今日の結果を待たずにセ・リーグの勝率は一番だ<笑>。その平成を振り返る最後の日で、相手がドラゴンズとなればやはりセレモニーには槙原、斎藤、桑田の三本柱そろい踏みに尽きるだろう。
Cdsc_3462
桑田とユーミンの共演も平成の最後を締めくくるのにふさわしかったが、桑田、斎藤、槙原と揃うのも“平成最後の日”にふさわしい。



一方でジャイアンツにとって平成の時代には不祥事も存在した。平成の良き思い出だけを演出するのではなく、試合では平成最大の不祥事と言っても過言でない出来事の当事者の一人も起用して良いことも悪いことも振り返る形にした。
Bdsc_3702


なお今日のジャイアンツはこの試合前のセレモニーに時間を確保するためなのか、試合開始前のシートノックを行わなかった。ドラゴンズのシートノックが終了すると、グラウンド整備にいつもより時間をかけ、数人の選手がライトの守備位置近くでキャッチボールをする程度だった。
Cdsn0996
別に鈴木奈々が登場した訳ではない。試合開始は1分遅れたが…。


ジャイアンツの先発はドラフト1位のルーキー、高橋優貴
Bdsc_3653
何度か書いているが過去三年間、ジャイアンツがドラフト上位で指名した大学生の即戦力候補はことごとく故障に泣かされている。2015年に行われたドラフトで1位の桜井俊貴(立命館大)、2016年1位の吉川尚輝(中京学院大)、同2位畠世周(近畿大)、2017年1位の鍬原拓也(中央大)。他の選手を指名して抽選で外しての再指名の選手もいるがことごとく故障に泣かされている。畠は故障を知りながら指名したと言われているが。


高橋にはとにかく故障をしないで一年目のシーズンを乗り越えて欲しい。


高橋は立ち上がり、この日初めて公式戦に出場する、スターティングメンバーに名を連ねた二年目の伊藤康祐と、京田陽太に連打されて無死一、二塁のピンチを招くが大島洋平、ダヤン・ビシエドを内野ゴロに仕留め、ビシエドからは併殺打で何とか無失点に凌いだ。


ドラゴンズの先発は大野雄大。一回裏、丸佳浩、クリスチャン・ビヤヌエバ、岡本和真の三連打でジャイアンツがまず先制。
Cdsc_3556


ジャイアンツは五番に左投手対策なのか石川慎吾を入れている。石川を五番で使わなければならないのが苦しいところだが打球はレフト後方への大飛球。レフトの伊藤康がフェンスにぶつかりながら好捕したように見えたが、村山太朗三塁塁審は両手を拡げた。ダイレクトキャッチに見えたがフェンスに当たってグラブに入ったと見做した様だ。
Cdsc_3566
二塁走者のビヤヌエバは三塁に進んだが、一塁走者の岡本は一塁に戻ろうとしてしまい、二塁でフォースアウト。三塁側内野席で観ていた敗戦処理。には伊藤康がダイレクトで捕球したのかフェンスに当たってから捕球したのかはわからなかったが、村山塁審の両手が拡がったのはわかった。一塁走者の岡本は村山塁審のジェスチャーに気付かなかったのだろう。もったいないアウトだった。


Cdsc_3573
審判団は原監督に抗議された訳では無く協議。責任審判の西本欣司二塁塁審がマイクを持って場内に説明。村山塁審の判定通り、岡本がアウト、二死一、三塁で試合再開。


西本塁審の説明があったものの、スタンドからはわかりにくいプレーで、ファンの視線が内野で協議している審判団に集中していた(“リクエスト”ではないのでオーロラ美Jんでシーンが再現されなかった。)間、外野ではフェンスに激突した伊藤康を心配してかけつけるコーチの姿が。
Bcsc_3569

Bcsc_3571
昨年まで現役だった工藤隆人外野守備・走塁コーチだ。さすが、現役時代は俊足を売りにしていた工藤コーチ。トレーナーが追いつかない速さで伊藤康の元に駆け寄った。幸いにも伊藤康は無事でプレー続行。


大野雄はこの後、陽岱鋼に四球を与えて二死満塁とするが、このところ好調の山本泰寛を空振り三振に仕留め1点にとどめた。
Cdsc_3585


両先発投手ともにこの後何点取られるのか…という不安な立ち上がりだったが、高橋は立ち上がりだけの問題では無かった。二回表、先頭の平田良介と、阿部寿樹に連続四球。そして続く福田永将に1-0からストライクを取りに行ったところをレフトスタンドに運ばれた。
Cdsc_3592
1対3と逆転された。結果的には一回裏のジャイアンツ、二回表のドラゴンズ。この2イニングしか得点が入らなかった。


大野雄は徐々に調子を上げていき、高橋も安定してきた。高橋は7イニングを投げて失点、自責点はこの3点だけ。いわゆるクオリティスタート。そして“7イニング・3点以内”という一部で言われるハイクオリティ・スタートの条件を満たしたことになる。新人投手としては上出来だが、同じ“7イニング・3点以内”でも二回表に3点を取られてチームを2点ビハインドにしてしまったのだ。その後を抑えたことは評価されるべきだが、一概に3失点といってもどこで3失点したかで攻撃面の制約に差がある。クオリティスタートに関してはそもそも中四日で投げる大リーグの先発投手と中六日の日本の先発投手とで同じ基準にして良いのかという疑問があるが、それとは別に一概に何イニングで何失点という括りにして良いのかと常々思っている。


七回裏、初回の満塁のチャンスで三振に倒れた山本がライト頭上に二塁打を放ち一死二塁。炭谷銀仁朗、高橋と続く打順で右の代打攻勢かと思ったら炭谷はそのまま打席に入って遊ゴロ。二死三塁から高橋の代打、中島宏之は四球で出るも坂本勇人は右飛に倒れ無得点。


う~ん、勝負をかけて炭谷にも代打で良かったのでは無いか?中島の他にアレックス・ゲレーロも残っていた。そして四球で出塁した中島に代走を送らなかったのも疑問。中島は同点の走者。重信慎之介を起用してドラゴンズ側にプレッシャーをかけるべきだったのでは無いか…。


八回表のジャイアンツは高木京介をマウンドに上げて左打者の京田と大島を打ち取って右打者のビシエドを迎えたところでサイドスローの田原誠次にスイッチ。2点ビハインドの九回表は桜井が抑えた。


ジャイアンツは今日30日付で森福允彦の登録を抹消して畠を登録した。
Cdsc_3401
畠は開幕第三戦に先発したのを皮切りに日曜日ごとに三回先発したが内容が今ひとつで登録を抹消されていた。今回の再登録は先発投手が早めに降板した際のロングリリーフ要因だった様だが、こういう展開で試運転させても良かったと思う。ただ、個人的には畠に関しては昨年のシーズン終盤に実績のあるセットアッパーに期待している。ライアン・クックが復帰までにどのくらいの期間を要するかにもよるが、中川皓太が壁にぶち当たる前に、備えが必要だと思うから。


大野雄は七回で降板。7イニングで失点、自責点は初回の1点だけと文句のない投球だったが打撃では空振り三振、犠打、投ゴロと3打席、2打数ノーヒット。現ホークスの工藤公康監督がジャイアンツ時代に記録した84打席連続無安打の記録に近づいている連続打席無安打記録を71打席とした。
Cdsn1009
ドラゴンズでは開幕投手も務めた笠原祥太郎が27日尾予告先発を回避。不整脈の疑いがあるということで野球をどうのこうのという状況では無い。そんな中、実績のある大野雄が本来の投球を出来ればドラゴンズにとっては大きい。


八回は同じサウスポーのジョエリー・ロドリゲスで抑えた。1対3のまま最終回へ。ジャイアンツとしては昨日(29日)のベイスターズ戦を見れば明らかな様にリリーフ陣が不安。途中で逆転してもそれを守り切れる投手がいない。だからという訳では無いだろうが、九回裏に勝負をかけた。


九回裏のドラゴンズのマウンドは田島…ではなく鈴木博志。石川の代打、亀井善行が粘りに粘って四球で出塁すると怒濤の代打攻勢。ベンチに温存されていた左の代打が続々と。陽に代えて大城卓三、山本に代えて阿部慎之助


現役だった原監督の本塁打で始まった平成のジャイアンツ。平成の最後に阿部の通算400号が出たら最高なのだが、逆に阿部の併殺打で平成が終わる…等と縁起でも無い結末も頭をよぎった。阿部の打球は力ない投ゴロ。走者が進んだだけで二死二塁(冒頭の写真)。炭谷の代打にはゲレーロが起用された。


総力戦という感じのジャイアンツだがゲレーロが出ても同点の走者。次打者は投手の桜井。ネクストバッターズサークルには重信が待機していた。
Cdsc_3845
昨季、一時は二番打者として出続けていたが最後に代打要員もネタ切れ感がと感じたがその前にゲレーロが空振り三振。1対3のままドラゴンズに逃げ切られた。


Cdsn1013

結果としてジャイアンツの野手で不出場だったのは捕手の小林誠司と、内野手の増田大輝と、重信。この三人だったら最後の代打は重信になるだろう<苦笑>。足に不安のある阿部が出塁していたら代走に増田大が起用され、延長戦になったらそのまま二塁を守っていただろう。不測の事態に備え小林をベンチに残しておき、大城にマスクをかぶらせていただろう。
Cdsc_3401_1


ドラゴンズは大野雄からロドリゲスを挟んで守護神の鈴木博へと計算通りの継投が出来たのでは無いか。
Bdsc_3635

Cdsc_3755

Cdsc_3807
継投策は先発投手と、守護神の間をどうするかが鍵なのだろうが、ジャイアンツが嫌がる継投という意味では八回の丸からの打順には鈴木博をぶつけ、最終回にロドリゲスを持ってきても良かったかもしれない。最後にサウスポーをぶつけられたら代打で有効なのはゲレーロだけ。阿部も亀井も封じられたかもしれない。もちろん現実にはその都度守護神を代えていたら守護神は育たないのだろうが…。


そのロドリゲスが投げていた八回裏、敵失で一塁に出た丸が続くビヤヌエバの右翼フェンス際の大飛球でハーフウエイから帰塁できず併殺になってしまった。
Cdsc_3766

Cdsc_3767
この時点で2点差。丸は一か八か走る場面でもないし、慌てて走る必要も無い。反撃ムードに水を挿す凡ミスで、スタンドのジャイアンツファンからも落胆の声が挙がった。推測だが丸としてはここまでなら戻れるという位置まで達していて最後に捕れないと判断して進もうとして慌てて戻ったのだろう。自信が過信になったのかもしれない。初回の岡本に続く痛い痛い走塁ミスだった。


1対3で終わった。試合後に何か“平成最後の日”に因んだセレモニーがあるのか待ったが何もなかった。特定の入場者のためのグラウンド開放があってオーロラビジョンではいつも通りに次回の予定、明日の告知のみ。
Cdsn1015
今日で終わる平成31年のペナントレースはジャイアンツが最高勝率で優勝したのでその表彰式でもやるのかと期待したがやらなかった<冗>。


名古屋から移動日無しで上京するドラゴンズのことを考えない試合開始時刻の前倒しは何だったのだろうか?最後まで謎であった。明日はいつも通り14:00試合開始である。因みにジャイアンツのファームは今日の試合をいつもより30分開始時刻を遅らせて13:30に設定していた。もっともファームは昨日、宮城県利府町で試合を行っていたからかもしれないが(今日のジャイアンツ球場は雨天により試合中止)。


ジャイアンツは昨日に続き連敗。昨日はリリーフ陣が不安なのに五回の攻撃で先発の山口俊に代打を出して勝負をかけ、その回に一気に逆転したがリリーフ陣の不安を露呈した。今日は七回の反撃機に代打を出し惜しみしたにもかかわらず最後には代打が一枚足りなくなった。これが三回目の監督就任となっている原監督の監督としての錆びでないと信じたい。143試合の中の黒星の二試合に過ぎないということであって欲しい。全権監督が舵取りを誤ったら…。


こんな不安は平成とともに終わらせて明日からまたファンを喜ばせてくれると信じたい。平成31年に続き、令和元年も優勝を目指して。


※ 令和元年5月1日、画像追加。一部加筆あり。

 

« ゴールデンウイークとは思えぬ寒さと雨の鎌スタで3時間半以上も野球を楽しんだ平成最後の連休初日。 | トップページ | 令和最初の日のジャイアンツ球場生観戦は、平成最後に観たイースタンの試合の如く… »

コメント

敗戦処理。様、こんにちは。のんきです。

観戦お疲れ様です。
私は暦通りの10連休でしたので、家でテレビで見ていました。

>名古屋から移動日無しで上京するドラゴンズのことを考えない試合開始時刻の前倒しは何だったのだろうか?

私も、試合開始前まで、そう思っていました。
ただ、試合が終わって、別のチャンネルに変えると、天皇のご退位の儀式の準備中でした。

17時頃に、儀式をテレビで見ることができました。そこらへん(テレビで試合を見ている人)を配慮しての13時試合開始だったのでは?と予測しました。(考えすぎか?)

>五回の攻撃で先発の山口俊に代打を出して

この件に関して、テレビ中継で話題になっていました。

どうやら、宮本コーチが、中6日なら120球、中5日なら100球、中4日なら80球(球数はうるおぼえです) など、登板間隔によって球数制限をしているようです。

ただ、これは、勝ちパターンのリリーフ陣が整備されていることが大前提だと思います。それができていないのは、宮本コーチではなく、全権監督である原監督の責任が大きいと思います。

これから、どのようにリリーフ陣を整備していくのか、想像が難しいですが、例えば、澤村をリリーフに復帰させるとか、ゲレーロを落としてアダメスを試すくらいしか思いつかないです。(マシソン待ちで)

シーズン前にあれだけの補強をしながら、リリーフ陣が手薄になるとは全く予想もしませんでした。

昨日の試合(2019/04/30)の2つのミスも、リリーフ陣が手薄なので、なんとか、点をとってあげなければという焦りが原因かもしれないと思っています。(考えすぎかもしれませんが^^;;)

今日(2019/05/01)は中5日で菅野ですが、大丈夫なのか心配です。リリーフが不安なので、少ない投球(省エネ投球)で完投しなければと思うあまりに下位打線に痛い目に合うといった、かつてたまにあった江川投手のようにならなければよいのですが。

頑張れ巨人軍
のんき

のんき様、コメントをありがとうございます。

“令和”初コメント、ありがとうございます。


> 私も、試合開始前まで、そう思っていました。
ただ、試合が終わって、別のチャンネルに変えると、天皇のご退位の儀式の準備中でした。

> 17時頃に、儀式をテレビで見ることができました。そこらへん(テレビで試合を見ている人)を配慮しての13時試合開始だったのでは?と予測しました。(考えすぎか?)


それですね!

それこそ“国民的行事”が行われているのですから、報道機関を親会社にしている球団(同士)として考慮したのかもしれませんね。


> どうやら、宮本コーチが、中6日なら120球、中5日なら100球、中4日なら80球(球数はうるおぼえです) など、登板間隔によって球数制限をしているようです。

> ただ、これは、勝ちパターンのリリーフ陣が整備されていることが大前提だと思います。それができていないのは、宮本コーチではなく、全権監督である原監督の責任が大きいと思います。


なるほど。球数制限ですか。それならリリーフ陣が整備されていようといまいと、山口への負荷軽減という考え方も理解出来なくもありません。


> シーズン前にあれだけの補強をしながら、リリーフ陣が手薄になるとは全く予想もしませんでした。


昨年の終盤に(緊急措置とはいえ)奏功したセットアッパー畠、クローザー山口の二人を揃って先発に戻した割にはその代案を考えていない感じでしたね。

令和元年を制するためにはリリーフ陣の再編、役割分担の再構築が急務だと思います。

平成最後のジャイアンツ戦、観戦おつかれさまでした。ジャイアンツにとっては惜しい試合でしたね。
試合の分岐点となった1回の石川の「レフトゴロ」についてですが、自分は一瞬、『岡本は一旦二塁ベースに到達しているので、塁を離れたことによりタッチプレーが必要になるのでは?(アウトになったのは走塁放棄?)そして記録は安打になるのでは?・・・』などと思ったのですが、野球規則を読み返してみると、
野球規則「7.08eフォースアウト」に、
「・・・進塁の義務を生じた走者が次塁に触れた後、どのような理由にせよ、その塁を捨ててもとの塁の方へ離れた場合は、再びフォースの状態におかれるから、野手にその身体または進塁すべき塁にタッチされれば、その走者はアウトになる。(このアウトはフォースアウトである)」
ときっちり記されていました。
平成時代、その前の昭和後期からずっと野球を見ていたのに、まだまだ勉強不足だな~っと恥ずかしながらも認識不足をしました。
そんな次第で、令和時代も老骨に鞭打って、いろいろ新たな発見をしに球場に足を運びたいなと感じております。
令和もよろしくお願いします。

長緯様、コメントをありがとうございます。


> 試合の分岐点となった1回の石川の「レフトゴロ」についてですが、自分は一瞬、『岡本は一旦二塁ベースに到達しているので、塁を離れたことによりタッチプレーが必要になるのでは?(アウトになったのは走塁放棄?)そして記録は安打になるのでは?・・・』などと思ったのですが、野球規則を読み返してみると、


まさにその通りで、次の塁を一度踏んでいても、元の塁に向けて戻ろうとしてしまった場合にはあらためてフォースプレーになるので伊藤康からの返球を二塁手が二塁ベースを踏んで捕球した時点で岡本はフォースアウトです。

スタンドで観ていて、三塁塁審が両手を拡げてダイレクトキャッチでは無いと判定していたのには気付きました。その判定に従えば岡本はフォースアウトですが、一塁手のビシエドも混乱していた様で一、二塁間に立ちすくんでいた岡本にタッチしようとしていましたね。


> 平成時代、その前の昭和後期からずっと野球を見ていたのに、まだまだ勉強不足だな~っと恥ずかしながらも認識不足をしました。


長緯さんが疑問を持つのは当然で、録画していた日テレG+の中継、夜の『プロ野球ニュース』どちらでも説明していませんでしたね。


> そんな次第で、令和時代も老骨に鞭打って、いろいろ新たな発見をしに球場に足を運びたいなと感じております。
令和もよろしくお願いします。


私も同じです。令和最初の日も野球観戦に出向き、今その観戦記を書いている途中です。

これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴールデンウイークとは思えぬ寒さと雨の鎌スタで3時間半以上も野球を楽しんだ平成最後の連休初日。 | トップページ | 令和最初の日のジャイアンツ球場生観戦は、平成最後に観たイースタンの試合の如く… »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック