フォト
無料ブログはココログ

« ジャイアンツの坂本工宜、支配下登録される。-3月の公示より | トップページ | ♪クッククック~苦ッ苦苦ッ苦~青息吐息~ »

2019年3月 7日 (木)

清宮幸太郎、また故障… 

Cdsc_8787
日の対ベイスターズ戦でファウルを打った際に右手首を痛め、打席途中で退いたファイターズの清宮幸太郎が都内の病院で右手有鉤骨の骨折と診断された。今週末に控える侍ジャパンの強化試合はもちろん、公式戦開幕にも間に合わない見込みと5日の日刊スポーツで報じている。


有鉤骨”の骨折というと現役時代の原辰徳津田恒実投手の速球をファウルした際に骨折したシーンが思い浮かぶ。強打者ならではの症状だという見方もあるようだ。しかし、そんなことより敗戦処理。には「またか」という印象が強い。一年目の昨春のキャンプから大小合わせると何回目の故障なのだろうか…!?


(写真:右肘炎症に苦しみ簡易的な練習に終始した昨年7月の清宮幸太郎)



有鉤骨の骨折というと、上述の原辰徳の他、石井浩郎、中村紀洋ら強打者がなることが多い。現役では先輩の中田翔にホークスの松田宣浩も経験者だ。それ故に今回の清宮幸太郎の故障も強打者故の宿命と達観したような報道も散見される。だが、有鉤骨を骨折する選手に強打者が多いという事実があるとしても、強打者が皆、有鉤骨の骨折を経験している訳では無い。そこをはき違えてはいけないと敗戦処理。は思う。


清宮の場合、今回の負傷箇所は昨秋のキャンプで痛めた場所であり、オフはギリギリまでスイングを我慢していたという。兆候があったのなら対策があったのでは無いか?入団二年目の今季に大きな飛躍を期待される清宮だが、入団二年目ということはまだまだ本人の自覚だけでなく、周囲がペースを管理しなければならない面もあろう。個人的には昨年、一年目の春季キャンプから大小様々な故障に悩まされているイメージがある。高いバッティングセンスを持っているとしてもまずは身体作りが先なのでは無いかと素人考えながら心配だ。


 清宮幸太郎のアクシデント

20181月 新人合同自主トレ中、ダンベルトレーニングで右手親指付け根を骨挫傷。

2018222日 2次キャンプの沖縄で腹部の不調を訴える急性胃腸炎、翌23日に点滴治療。

2018年3月12日 遠征先の広島から帰郷し、入院して点滴治療
(限局性腹膜炎)

20187月上旬から右肘炎症で約1カ月実戦を離れ、811日に復帰後も指名打者や代打起用が続いた。

201811月の秋季キャンプ中、右手首の違和感で、12月上旬から約1カ月間打撃練習を回避。
(3月5日付け日刊スポーツより)


これだけあるのだ。早い話がまだプロ野球選手として長いシーズンを戦い抜ける身体が出来ていないのでは無いか?医学的なことに関してど素人な敗戦処理。だが素朴にそう感じる。


ファイターズは野手のレギュラーのほとんどが高校卒でファイターズに入団した選手。一年目からファームの試合にどんどん出場させ、場数を踏ませている。だが清宮の場合、その類い稀なる素質が故にすぐに一軍に抜擢された。それは素晴らしいことだが、必要条件を満たしていても充分条件を満たしていないように思える。
Cdsc_8805
鎌ケ谷で流した汗と涙の量が足りないのだろう。もっとも足りすぎて困った先輩もいたが…。


故障には大別すると、防ぎようのあるものと防ぎようのないものがあるだろう。清宮のこれまでの故障は本当に防ぎようのないものなのだろうか?ましてや今回の有鉤骨の骨折を強打者の勲章などと取り上げることはやめて欲しい。


野手より投手に多いが、以前はいくつかの球団で高校卒入団の一年目はとにかく身体作りを優先させ、野球の実技を後回しにする球団があった。それで大成した選手はよく「一年目は陸上部でした」等とのジョークを口にしたものだ。清宮もこの故障を機に身体作りからやり直した方が良いのではないか?再発防止は当然のこととして、頻繁に故障しない選手にすることを球団として考えて欲しい。仮にそのために開幕絶望どころか今季を棒に振ることになったとしても、新しい清宮幸太郎が誕生するのであればその方がチームはもちろん清宮にとっても良いと思う。


拙blog1月27日付こんなオーダーが観たい!-2019年パ・リーグ篇 でファイターズの願望オーダーとして三塁手清宮と書いた。今のところ全く実現性は無さそうだが外野手として一本立ちしている大田泰示や近藤健介にやらせるくらいなら時間がかかっても清宮にトライさせるのも良いと思っている。もちろん身体作りが前提だが。


今では“超人”とも例えられる糸井嘉男もファイターズでレギュラーポジションを獲得する前にはよくケガをし、ネットでは“多村二世”とネタにされたものだ。月並みだが“無事是名馬”であって欲しい。

 

 

 

 

 

« ジャイアンツの坂本工宜、支配下登録される。-3月の公示より | トップページ | ♪クッククック~苦ッ苦苦ッ苦~青息吐息~ »

コメント

大島元監督も、清宮選手にはしっかり体を作ってほしいと言っています。

https://ameblo.jp/ohshima-yasunori/entry-12444772819.html

大卒や社会人だと、即戦力の色合いが強くなるので悠長なことを言っていられないということもありますが、清宮選手はまだ高卒2年目なので、今年1年は体作りだけやっても決して遅くないと思います。

xyz様、コメントをありがとうございます。

> 大卒や社会人だと、即戦力の色合いが強くなるので悠長なことを言っていられないということもありますが、清宮選手はまだ高卒2年目なので、今年1年は体作りだけやっても決して遅くないと思います。

“急がば回れ”ですよね。大きく育って欲しい選手なので今年中途半端に出るくらいなら、いっそのこと一年かけてでもきちんと治して鍛えて欲しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清宮幸太郎、また故障… :

« ジャイアンツの坂本工宜、支配下登録される。-3月の公示より | トップページ | ♪クッククック~苦ッ苦苦ッ苦~青息吐息~ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック