フォト
無料ブログはココログ

« 巨人軍は非情か | トップページ | ジャイアンツ球場に行ってきた! »

2019年1月13日 (日)

今年もファイターズの新入団選手歓迎式典・交流会に行ってきた。

Adsc_6286
今年もファイターズの新入団選手歓迎式典・交流会に行ってきた。
昨年の12月にファイターズの球団公式サイトで発売したところ10分間で完売したというだけあって、今日(13)当日も1430分開始の歓迎式典のために早朝からファンが鎌ケ谷のファイターズスタジアムに集まったようだ。


残念ながらもう若くない敗戦処理。には年々“苦行”になってくる<苦笑>が、毎年観ている一月の風物の様なものなので今年も行ってきたが、撮影に困難を極める場所しか確保できなかった。

◆ 日本ハム吉田輝星ら新人歓迎式典 鎌ケ谷ファン多数
日刊スポーツ2019年1月13日



(写真:今年の決意を漢字一文字で現したファイターズの新入団選手。左二人目からドラフト指名順に吉田輝星『気』、野村佑希『学』、生田目翼『戦』、万波中正『一』、柿木蓮『真』、田宮裕涼『明』、福田俊『志』、海老原一佳『真』。左端は交流会MCのがんばれ!ぶそんくん、右端はDJチャス。とC☆B。)



歓迎式典の冒頭に挨拶された市議会議員の方が話されていたが、この式典はファイターズに入団して、ファイターズスタジアムに隣接する勇翔寮でプロ野球選手としての第一歩を歩み、鎌ケ谷市民になる新入団選手達が“転入届”を提出する儀式。以前は選手達が市役所に出向いていた。それが2005年にダルビッシュ有が入団したときに多数のファンが市役所に詰めかける大騒ぎになったのでその三年後の2008年に中田翔入団を機に市長さんをはじめとするお歴々がファイターズスタジアムに来て転入届提出を含む儀式を行うようになった。


ファイターズには何年かおきにアマチュア時代から知名度が高い新人が入団する。斎藤佑樹の時には室内練習場に入りきれないくらいファンが殺到することが明らかなので最初からグラウンドでの開催となったが他にも上述の中田や大谷翔平、清宮幸太郎の入団年にはファンだけで無くマスコミの注目も高まりより仰々しくなった。


今年も昨夏の甲子園大会で注目を集めた金足農業の吉田輝星がいる。その吉田と決勝戦で投げ合った大阪桐蔭の柿木蓮ら甲子園を沸かせた選手が多く入団していて注目度が高いのは理解できるが、たった10分で完売とは信じられなかった。清宮がいた昨年でも完売までに二日かかった。


そんな異常な過熱ぶりなので当日である今日も少しでも早く球場に入ろうと思ってはいたが出遅れ、球場に着いた1130分(←遅いよ!)には新人合同自主トレは既に切り上げていたようでグラウンドには無人。
Cdsc_6024
レフト後方の室内練習場の前からセンター後方のいつもなら駐車場にしているスペースまで伸びている入場列に並んだ。


Cdsc_6032
出店が並んでいるのはありがたい。また、事前の気象情報ほどには寒くなく、“苦行”ではあったが何とか耐えることも出来た<>


列の前方を見ると既に発売されている吉田のレプリカユニフォームを着たファンの姿が目立つ。
Cdsc_6042
今回はマスコミも北海道のHTBやHBCだけでなく、秋田放送や秋田テレビの取材クルーの姿が確認できた。
Cdsc_6044


ようやく入場。何せ入場列が長い。スタンドに入ったファンやグラウンドから寮までの通りにいるファンを列に並ばせ、順に入場させたが予想以上に時間を要したのか、開始が遅れた。


歓迎式典は例年通り。


8人の新入団選手がひとりずつ清水聖士市長に“転入届”を提出し、市長から鎌ケ谷市の名産である“梨”を記念にもらう。場所が悪かったのか撮影できない。
Cdsc_6073
こういう人もいるし<苦笑>


鵜久森淳志の穴を埋めてくれると期待の万波中正も…。
Cdsc_6079


その後清水市長を始めお歴々の挨拶があって、これまた恒例となった手形取り。ここでも同じ人が…。吉田輝が完全に見えない…<苦笑>
Cdsc_6120
自分もイベントや試合で撮影をする。気をつけているつもりだが、あらためて、人のふり見て我がふり直せと肝に銘じた。


この手形は3月頃から東武野田線(東武アーバンパークライン)新鎌ケ谷駅の改札前の通りに掲示される。因みに現在は清宮ら昨年の新入団選手の手形が掲出されている。
Cdsc_0238


この後は地元の野球少年少女による花束贈呈、選手ひとりずつの挨拶と続き、竹田憲宗球団社長が挨拶。ここまでが新入団選手歓迎式典。
Cdsc_6141
現地にいた方は気付かれたと思うが、ここまでは“歓迎式典”というくらいだから、主催は球団と言うより鎌ケ谷市。進行を司る女性はファイターズで試合のウグイス嬢を務めていた女性だったが市の幹部などには敬称を付けず、逆にファイターズの竹田社長には“社長様”と敬称を付けていた。


選手達はいったん退場。準備を兼ねた休憩を挟み、いよいよ交流会。


これだけの人数だと“交流”会の体を為すのは困難。かつては来場者を少人数のグループに分けて新入団選手とのチームにして、チーム対抗のクイズ大会を行って選手と一緒に答えを考えたりした。「昨年の夏の甲子園大会の優勝校は?」という出題に対し、甲子園に出てもいないのに自分の母校を書こうとした松山傑を皆でたしなめたこともあった。、別の年にはゲームの合間に「いやぁ鎌ケ谷のファンの人は熱いって聞いていましたけど本当に熱いっすね。鎌ケ谷最高ですね」と感心していた増井浩俊に「鎌ヶ谷は良いところだけど、長居しないですぐ一軍に行ってください」と言って笑った。文字通りの交流会だったが、もはや無理だろう。事前に募った質問を各選手にぶつけるコーナーと、事前に抽選券を買った人を対象の抽選会を行った。


抽選会では他では手に入りにくい新入団選手グッズが続々。新入団選手本人が抽選をし、サイン入り色紙、サインボール、全員でサインを書いたバット、全員でサインを書いたレプリカユニフォームなどがプレゼントされた。最後には8人の新人選手全員との記念撮影という超記念品に5人が選ばれた。新入団選手はドラフト指名順に並んでいたが、お目当ての吉田輝を勝手に隣に呼び寄せる女性の当選者がいて会場が笑いに包まれた。本来なら隣になる万波は早くもプロの厳しさを感じたことだろう<>


因みに空くじなしだったそうで、閉会後にスタジアムの正面で外れた人の引き替えを行っていた。


その後が冒頭の写真の様に新入団選手が今年の目標を漢字一文字で表した。ドラフト1位の吉田輝は「新人なので気合いで負けない様にしたい」から『気』だそうだ。その吉田輝と昨夏の甲子園大会で投げ合った柿木は『真』。投手だけに真っ直ぐを磨きたいという意味で、決して真ん中に投げ込むという意味では無いらしい。


最後にこれまた恒例の新入団選手全員参加による“人文字”作成。8人なので8文字の言葉…お約束の“FIGHTERS”だった。写せなかったが…<苦笑>。鎌ケ谷の責任者、新井首都圏事業部長の挨拶で締めた。


率直に言って、清宮がいた昨年を上回る過熱には驚いた。今から来年が恐ろしくなってくる。今秋のドラフト会議では新人を獲得しないか、社会人の選手だけにして欲しい<>


そして不覚にも今回は新人合同自主トレを観ることが出来なかった。新人合同自主トレはまだ続くが、行けるだろうか…?
Cesc_6028
そもそも今年も新人選手達はゼッケンを付けていず誰が誰だかわかりにくいのだが…。


練習姿を観られず、長い入場待ちに耐えての式典・交流会見物だったが今年初めて野球場に足を踏み入れたと言うことで一野球ファンとして何となく一つ前に進んだような一日だった。


【参考エントリー】新入団選手歓迎式典&交流会関連エントリー一覧

2008
114日付 中田翔大胆発言「彼女います」!!
2009118日付 今年もファイターズの新入団選手交流会に行ってきました。
2010118日付 【衝撃告白】ダルビッシュとひとつのベッドで寝た
2011116日付 鎌ヶ谷の一番長い日
2012115日付 2012年北海道日本ハムファイターズ新入団選手歓迎式典
2013119日付 大谷翔平、鎌ヶ谷のファンに「背番号11」を初披露
2014119日付 2014年ファイターズ新入団選手歓迎式典&交流会
2015118日付 8年目を迎えたファイターズの新入団選手歓迎式典・交流会
2016117日付 【恒例】ファイターズ新入団選手歓迎式典・交流会
2017115日付 変貌!ファイターズスタジアム~2017年度新入団選手歓迎式典
2018
114日付 北海道日本ハムファイターズ 2018新入団選手歓迎式典&交流会 

※ 昨年まではそこそこ良い場所を確保出来てた<笑>。

 

« 巨人軍は非情か | トップページ | ジャイアンツ球場に行ってきた! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 巨人軍は非情か | トップページ | ジャイアンツ球場に行ってきた! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック