フォト
無料ブログはココログ

« こんなオーダーが観たい!-2019年セ・リーグ篇 | トップページ | 第3回川崎球場今昔物語 君は川崎球場を知っているか? »

2019年1月27日 (日)

こんなオーダーが観たい!-2019年パ・リーグ篇

Acsc_6778
前エントリーこんなオーダーが観たい!-
2019年セ・リーグ篇 に続いて、今回はパ・リーグ篇。こちらも予想ではなく願望、または妄想である。



ゴールデンイーグルス
()
茂木栄五郎
()
田中和基
()
浅村栄斗
()
ウィーラー
()
ブラッシュ
()
島内宏明
()
銀次
()
嶋基宏
()
辰己涼介

※ 青文字は左打者緑文字はスイッチヒッター。以下同じ。

昨年苦肉の策、もとい新たに売り出した“タナモギアイランド”は個人的にはそれほど評価していない。出遅れは必至ながら、茂木栄五郎が試合に出られる状況であれば一番を打って欲しいし、昨年の新人王、田中和基を二番に回した方がそれぞれの個性が光る様に思う。もちろん将来的には三番を打たせたいが。新加入の浅村栄斗は何番を打っても役割を果たしそうだが、慣れた三番で。ゼラス・ウィーラーと新外国人のジャバリ・ブラシュで四、五番を固め、昨年頭角を現した島内宏明と実力者の銀次と続けば、切れ目のない打線になると思う。岡島豪郎が捕手に復帰するそうなので「九番・右翼」にはジャイアンツから移籍の橋本到で、と言いたいところだがドラフト1位ルーキー、辰己涼介を観たい!


マリーンズ
()
荻野貴司
()
角中勝也
()
中村奬吾
()
井上晴哉
()
バルガス
()
レアード
()
平沢大河
()
田村龍弘
()
藤岡裕大

ブランドン・レアードの獲得に驚いた。昨年、チーム本塁打数が十二球団最少だった長打力不足の解消のために本拠地球場を狭くしただけでは物足りず、ファイターズでの四年間に131本塁打を記録したレアードに白羽の矢を立てたということなのだろう。


だが、レアードが守る三塁にはチームの中核を担う鈴木大地がいる。まだ二十歳代なのに遊撃⇒二塁⇒三塁と年々コンバートされ、たらい回しとまでは言わないまでもチーム事情に翻弄されているところに、今度はチーム課題の解消のためとはいえ同じポジションに実績のある外国人選手をぶつけてくる。率直に言ってマリーンズがやっていることはジャイアンツの補強を連想させる。一説によるとレアードは日本でプレーする前に若干とはいえ外野守備の経験があるという。外野手といえば丸佳浩獲得に名乗りを挙げたもののジャイアンツに敗れ、資金とポジションが余っているとでも考えたのだろうか?敗戦処理。の“願望”オーダーでは三塁手をレアードにしたが、もしこれが元ファイターズ(あるいは元ジャイアンツ)でない外国人選手の獲得だったら鈴木の名を書いただろう。


丸獲得のためにキープした資金を使わずにシーズンに入るようだと、本当に丸を獲得するための資金が存在したのか、それこそM資金だったのではないか!?と勘ぐられかねないからポジションがダブっても日本で実績のある外国人選手獲得にその一部を回したのだろうか?それより菓子の値上げを撤回して欲しいが<笑>。


バファローズ
()
宗佑磨
()
福田周平
()
ロメロ
(右)
吉田正尚
(左)
T-岡田
()
メネセス
()
安達了一
()
頓宮裕真
()
若月健矢

フリーエージェント権を行使したライオンズの浅村獲得に名乗りを挙げるも、まさかの面談拒否。中島宏之の戦力外、小谷野栄一の引退もあってチームを変えようという姿勢はわかるものの、その割には外国人選手としては物足りない感じもするステフフェン・ロメロ(119試合、25本塁打、63打点、打率.237OPS.764)クリス・マレーロ(68試合、11本塁打、26打点、打率.201OPS.698)と再契約。ロメロに関しては2017年シーズン中に2018年から2020年までの三年契約を結んでしまったので仕方ないにしても、マレーロは…!?


バファローズは以前、日本の他球団での実績がある外国人選手ばかりを集める手法が“安全策”などとファンや評論家から批判されていたからか、一転して自前で新外国人選手を探してくるようにはなった。だが成績的にさらに良い選手を探すとは考えないようでやたらと複数年契約を結んでいるように思える。投手のブランドン・ディクソンとは2018年から2020年までの三年契約、アンドリュー・アルバースには2019年から2020年までの二年契約を結んでいるようだ。その結果、昨シーズン限りで契約を更新されなかった外国人選手は昨年7月に途中入団したドン・ローチのみだった。


そんな状況だが、新外国人として投手のタイラー・エップラー、内野手のジョーイ・メネセスを獲得。西勇輝金子千尋(金子弌大)が抜けたので外国人枠を投手3+野手1にする可能性もあるが、野手の層も決して厚くない。お気付きだろうが三塁には亜細亜大学からドラフト2位指名で入団したルーキーの頓宮裕真を抜擢した。昨年、バファローズで三塁手として最も多くの試合に出場したのは64試合の大城滉二だが、その大城は二塁手としても63試合に出場しているユーティリティープレーヤー。遊撃手の安達了一ともども計算の出来る選手だがチームの活性化というか、頓宮を抜擢したい。ただ、プレーを生で観たことがない。ごめんなさい。


これまで推してきた、小田裕也、西野真弘のコンビの名が無いのも辛いが…。


ファイターズ
()
西川遥輝
()
大田泰示
()
近藤健介
()
中田翔
()
王柏融
()
清宮幸太郎
()
渡辺諒
()
清水優心
()
中島卓也

ライオンズと並ぶ流出王国といわれたファイターズだが、二年連続でFAによる流出を防げた。2017年オフ、2018年オフと二年連続でFA流出がなかったが、これはチームでは2008年オフ、2009年オフに二年続いた時以来。急に羽振りが良くなったという訳でもあるまい。“夢の新球場”でプレーしたいと言うことか。

このオフは逆に台湾球界から移籍を希望していた王柏融の交渉権を獲得。入団にこぎ着けた。台湾球界の事情に疎いが、台湾プロ野球が後発であることを考えると、イチローがポスティングシステムを利用して海を渡った時に相当するのではないか?その割には王に対して“台湾のイチロー”的な評価がされないが、それは過去の通称“台湾のイチロー”が日本で活躍出来なかったのと、打率四割ばかりがクローズアップされがちだが長距離砲のイメージがあるからかもしれない。


その王が一塁を守るようなら「四番・ファースト王」となる楽しみがあるが、外野が本職で守備は鉄壁と言うほどではないらしい。ファイターズの外野陣は打つだけでなく守れる西川遥輝、大田泰示、近藤健介がいる。王には当面DHで出てもらう。


そうなると昨年DHとして27試合に出場した二年目の清宮幸太郎の出る幕がなくなる。ここで清宮にはレアードが守っていた三塁にチャレンジして欲しいと思っている。だが、近藤や大田、さらには淺間大基にまで三塁転向の報道がある中、清宮を三塁にという話は出てこない。そもそも故障が相次いで練習そのものが不足している懸念もある。仮に実現するとしても、開幕どころかシーズン後半がいいところだろう。だが“鉄は熱いうちに打て”ではないが、やるなら今ではないか。入団二年目の有望選手が一塁かDHでしか試合に出られない。外野もやってやれないことはないが、三拍子揃った選手が三人いる。今季の大半(あるいは全部)を棒に振ってでも三塁挑戦にかける意義はあると思う。


それまでの三塁には昨年終盤のレアード不在時に三塁を守った横尾俊建と、既に今季限りでの現役引退を表明している田中賢介のコンバートで競わせて欲しい。近藤には三塁転向以外にも、腰椎椎間板ヘルニア及び嚢腫の手術を受けて開幕に間に合わない事が確実な清水優心不在の間は捕手でという声が挙がりそうだが、、もはや便利屋扱いするレベルの選手でないと言うことに球団には気付いて欲しい。


二塁には昨年進境著しいところを見せた渡邉諒と、外野から内野一本に専念で松本剛を中心に競わせたい。


ークス
()
明石健志
()
内川聖一
()
中村晃
()
柳田悠岐
()
グラシアル
()
上林誠知
()
松田宣浩
()
甲斐拓也
()
今宮健太

このオフ、十二球団で唯一、ドラフト会議以外での補強をしなかったのがホークス。それでも昨年は機能しなかったデニス・サファテが復帰しそうなのである意味新戦力と言えるかも。


そのサファテが復帰する前提で考えると、一軍の外国人枠は投手3+野手1になるのではないか?サファテの他に、先発投手としてのリック・バンデンハーク、アリエル・ミランダ、リリーバーとしてリバン・モイネロロベルト・スアレスがいる。この中から同時には最大三人しか一軍登録できない。ましてや二人にはなおさら絞れない。個人的にはバンデンハーク、モイネロ、サファテの三人を基本線にすると思っているが、競争が厳しいのは野手も同じ。投手を三人登録したらアルフレド・デスパイネ・ロドリゲスジュリスベル・グラシアルのどちらかを二軍に落とさなければならない。推定年俸4億円のデスパイネを二軍に落とすのはもったいない限りだが、グラシアルは上の打順でこそDHに入れたものの一、三塁と外野を守れる。契約上の制約がなければグラシアルを優先したいのだ。


内川聖一を二番に入れたのは功労者である内川を六番や七番には置きたくなかったからである。近年では二番打者に求める役割も変わっている。面白いと思うが。


ライオンズ
()
秋山翔吾
()
源田壮亮
()
外崎修汰
()
山川穂高
()
森友哉
()
中村剛也
()
メヒア
()
呉念庭
()
金子侑司

昨年はパ・リーグで優勝したものの、クライマックスシリーズではホークスに敗れ、FAで炭谷銀仁朗と浅村が、ポスティング移籍を希望した菊池雄星が流出し、ファンとしては心配なオフになった。ドラフト以外での補強は炭谷の人的補償でジャイアンツから内海哲也を獲得したのと、新外国人として先発要員と期待するザック・ニールを補強したくらい。浅村が抜けた打線は…考えてみた。


浅村の指定席だった三番には外崎修汰を抜擢し、打順を大幅にいじることを避けたい。外崎は外野の他に二塁を守れるが、他に二塁で使いたい選手がいるので外野のままで三番を打ってもらう。二塁に入れるのはドラフト3位ルーキーの山野辺翔ではなく、呉念庭(うー・ねんてぃん)。もちろん、守りは良くても打てないから打-・てんねんと言いたいから抜擢したわけではない。呉は入団して三年間、ファームでも一年目は遊撃手メイン、二年目と三年目は三塁手メインでの出場だが二塁手としても一年目から22試合、19試合、31試合と経験を積んでいる。源田壮亮と山野辺で一、二番を組み、新三番に秋山翔吾という打順も考えたが…。


昨年のような“山賊打線”スタイルを今年も続けられるとは限らない。ライオンズに希有なタイプとして呉の頭角を期待したいのだ。


・リーグ同様、好き勝手なことを書いた。優勝したライオンズから戦力の流出が目立ったことを考えると、昨年、リーグ優勝を逃したもののCSと日本シリーズを勝ち上がって日本一になったホークスが引き続き強さを見せそうだ。これまで、CSで足を掬われることがあってもその逆はなかったホークスが昨年はいわゆる“下克上”も果たした。ろくに野球も見ずに“ソフトバンクは短期決戦に弱い”とネタにしていた輩には残念な結果になったが、この状況はファイターズが北海道に移転して初めて優勝を果たした時期に似ている。ホークスとライオンズという二強の隙間をぬって勝ち上がってこその優勝なのだ。この両チームとの力の差はあまりにも大きいが、ファイターズに限らず四球団で向かっていけば面白いペナントレースになると思う。

« こんなオーダーが観たい!-2019年セ・リーグ篇 | トップページ | 第3回川崎球場今昔物語 君は川崎球場を知っているか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなオーダーが観たい!-2019年パ・リーグ篇:

« こんなオーダーが観たい!-2019年セ・リーグ篇 | トップページ | 第3回川崎球場今昔物語 君は川崎球場を知っているか? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック