フォト
無料ブログはココログ

« 『□□(次の元号)の根本陸夫』になるのは誰だ!? | トップページ | ライオンズの高木渉、来季から支配下登録に! »

2018年11月19日 (月)

もしも丸佳浩をマリーンズが獲得したら

Adsc_5135
カープのセ・リーグ三連覇の原動力となった丸佳浩が取得したフリーエージェントの権利を行使し、ジャイアンツとマリーンズが獲得に名乗りを上げた。FA宣言後の残留を認めたカープを加え、三球団による丸の争奪戦が始まる。


ジャイアンツはいつものこととして、マリーンズが並々ならぬ決意で丸獲得に本腰を入れていることに意外な印象を受けているファンも少なくないかもしれない。


丸は千葉県勝浦市の出身。報道によると単に高額の条件提示だけでなく、将来的に監督就任の確約までするという。セ・リーグで二年連続の最優秀選手獲得が濃厚と言われる丸を獲得することによる戦力アップだけをマリーンズが狙っているのではない!?



丸佳浩
を獲得できればマリーンズの戦力アップにつながることは確実だろう。


()荻野貴司
(
)角中勝也
(
)丸佳浩
(
)井上晴哉
(
)バルガス
(
)中村奨吾
(
)鈴木大地
(
)田村龍弘
(
)藤岡裕大
※ 青文字は左打者緑文字はスイッチヒッター

ざっと考えてこんなオーダーが思いつく。荻野貴司には岡大海がポジション争いのライバルになるだろうし、外野守備が向上すれば平沢大河も有力なレギュラー候補だろう。また、内野では鈴木大地でさえも安田尚憲の成長を脅威に感じるかもしれない。最下位に沈んだ昨年の戦いぶりにあるOBが「角中と鈴木大地以外はプロじゃない」と嘆いていたが、中村奨吾、井上晴哉の一本立ちもあって着実に層が厚くなっている。ドラフト1位の藤原恭大も来季いきなり戦力になるかどうかは現時点では未知数だが、早晩マリーンズの顔になるだろう。


今季セ・リーグで39本塁打、97打点、打率.306を記録した丸と、巨漢の新外国人ケニス・バルガスが加入する打線の厚みを考えれば、懸案の本塁打数の少なさ、今季十二球団最少の78本塁打も克服される期待が高まる。機動力に関しては井口資仁監督の方針もあってチーム盗塁数が昨年の78個から今季は124個と急増している。そうなると本拠地ZOZOマリンスタジアムにグラウンドにせり出す形のホームランラグーンを新設してグラウンドを狭くすることが得策なのか半信半疑になってくる。

だが、それもこれも丸の獲得が実現してこそのこと。破格の好条件で欲しい選手を逃さず獲得するジャイアンツを相手にして、マリーンズは丸を獲得できるのだろうか?マリーンズは今季、ようやく単年で黒字となったと言われているがそれだけが資金源ではあるまい。親会社ロッテが奮発すると言われているが、今、ロッテ本体が子会社のために例年以上の援護をするかどうか楽観視できまい。


マリーンズの、丸獲得のための資金だけに“M資金”と同じで実在しない資金ではないかというのは悪い冗談だが、実際に丸との交渉の席についてみないと何とも言えないかもしれない。


林信平球団本部長は「2009年に井口選手が加わってチームに筋が通り、10年の日本一につながった。引退するまでずっと模範だった。丸選手にも成績とともにそういうリーダーシップを期待している」 と語っている。井口監督をメジャー帰りの時に獲得した際には将来の監督就任を確約する監督手形を切ったと囁かれたが、現役引退即監督就任という流れが当時の確約に信ぴょう性を持たせた。また、井口監督のマリーンズでの現役時代には本人の意に反して二軍に落とせないという契約もしていたと一部で囁かれている。そもそも青山学院大学からの逆指名でのホークス入団、ホークス時代の、FAでもポスティングシステムでもないメジャー移籍など、実際に謎の多い人物である。知人のマリーンズファンも「現役を辞めてすぐに監督になる人物に過剰な期待はしないが、独特の政治力があるから、あっと驚く補強などでチームを変えてくれるかもしれない」と言っていた。知人の指摘通りなら丸獲得こそ井口マジックの真骨頂だろう。そして、丸獲得によって新しいマリーンズが見えてくるのである。


ここまで付き合ってくださった方の中には、何でジャイアンツファンが丸のマリーンズ入りを期待しているような文章を書いているのか?と疑問に思っている方が少なくないと思う。前エントリー『□□(次の元号)の根本陸夫』になるのは誰だ!? で書いたような仮説でもジャイアンツに丸は必要だ。


だが、豊富な資金力にものを言わせて有力選手を獲得するというジャイアンツのやり方で、本当に再びジャイアンツが強くなるのか疑問だという思いが個人的にあるのだ。毎度毎度、何年かおきに大型補強の繰り返しで、一時的にチームが強化されたような気になっているが、それらが決して長続きしていない。小笠原道大や、その翌年のアレックス・ラミレスらの獲得で連覇できたし、杉内俊哉村田修一の獲得に成功した時にもリーグ三連覇を達成した。だから丸と炭谷銀仁朗らを獲得すれば再び…というのはちょっと違う感覚なのである。ならばいっそのこと、マリーンズに獲得してもらって、ジャイアンツにはもはや金でもどうにもならないという実態を自覚してもらって、そこから本当にチーム再建を考え直してもらいたいというのが心のどこかに思いがあるのだ。丸にカープ残留をされたのではチーム力に影響はない。丸の流出でカープに弱くなってもらうことを考えると、ジャイアンツ以外ではマリーンズになるのである<苦笑>


一方で敗戦処理。はパ・リーグではファイターズを応援している。マリーンズが強くなることを歓迎しているのか?と思われるかもしれないが、そこは微妙なのである。一応誤解のないように断っておくが、敗戦処理。はいわゆるパ・リーガーではない。


ファイターズにとってマリーンズはライバルの一つである。だがライバルでありながら、何か個人的に親近感を覚えるチームなのである。ともにバックには業界屈指の大企業がありながら、その存在に過度におんぶにだっこという訳にはいかず、自前でのチーム強化に比重を置かざるを得ない共通点や、後楽園球場時代の昭和56(1981)に当時の前後期制のプレーオフで日本シリーズを争った相手が当時のロッテオリオンズだったことに端を発し、不思議とこの両チームは順位が隣接することが多く感じる。また、身売りがセ・リーグに比べて多いパ・リーグにおいて最も長く親会社が変わっていない球団とその次という類似点もある。だからなのだろうか、ファイターズファンでありながらマリーンズに親近感を覚えるのだ。


近年の急速なデータ革命において、ファイターズは比較的にはメジャー方式を取り入れている方だと言われるが、マリーンズはその逆でトラックマンを導入していない等その点では遅れているとも言われている。IT企業を親会社に持つ球団のファンの中に露骨にマリーンズを軽視するファンが一部にはいるが、その球団は、将来はともかく現状ではマリーンズより上の順位にはなかなかならないのだが…。そこにマリーンズに不思議な魅力を感じる。だから、チームが変わろうとしている(のが本気であればという但し書きはつくが)のなら、丸獲得を頑張って欲しいのだ。

FA宣言をした選手の争奪戦としては異色の展開になるかもしれない丸の争奪戦。果たしてどうなるか…!?

« 『□□(次の元号)の根本陸夫』になるのは誰だ!? | トップページ | ライオンズの高木渉、来季から支配下登録に! »

コメント

敗戦処理。様、こんにちは。のんきです。

私は巨人を応援していますが、破格な条件を出してまで、巨人が丸を獲得する必要はないと思っています。

もちろん、丸が低迷している巨人を救いたいという気持ちがあって、移籍するならファンとしては歓迎しますが。

>豊富な資金力にものを言わせて有力選手を獲得するというジャイアンツのやり方で、本当に再びジャイアンツが強くなるのか疑問だという思いが個人的にあるのだ。

広島からは、川口選手、江藤選手、大竹選手の巨人へのFA移籍が思い当たりますが、最初の1年くらいは活躍しても、それが長続きしない印象があります。

記憶に新しいのは、大竹の人的補償で、もっていかれた一岡の方がもはや大竹よりも年俸も実績も上となっています。

丸選手を巨人が獲得したとしても、同じようなことが考えられます。

それなら、パリーグのロッテに行ってもらって、現状ではセリーグでダントツに強い、広島の戦力を削るほうが、来年のセリーグが、広島1強ではなく、もっと面白くなると思います。

本当に巨人に入って、活躍したい選手に巨人に来てもらいたいです。

今までなら、「丸にぜひ巨人に来てほしい!」と強く思ったのでしょうが、なぜか、今回は、あまりそのようには思わないです。

現有戦力では、優勝は難しいかもしれませんが、巨人は面白いチームになりつつあるような気がしています。

のんき

のんき様、コメントをありがとうございます。

> 私は巨人を応援していますが、破格な条件を出してまで、巨人が丸を獲得する必要はないと思っています。

気持ちはわかりますが、あれほどの選手ですから、相応の条件を提示しないと獲得は出来ないと思います。

> もちろん、丸が低迷している巨人を救いたいという気持ちがあって、移籍するならファンとしては歓迎しますが。

プロ野球選手にとって野球は仕事ですから、なかなかそういう理由で球団を選ぶ選手はいないと思います。残留する理由ならまだしも。

> それなら、パリーグのロッテに行ってもらって、現状ではセリーグでダントツに強い、広島の戦力を削るほうが、来年のセリーグが、広島1強ではなく、もっと面白くなると思います。

私も本音を言えばそこが落としどころかと考えています。

チームのビジョンがあって、その実現のために丸選手が必要という理由で、それなりの金額を払ってそれで丸が来てくれるというならまだわかりますが、報道を見ている限りでは金銭面の条件だけを誠意としているようにしか思えないのが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もしも丸佳浩をマリーンズが獲得したら:

« 『□□(次の元号)の根本陸夫』になるのは誰だ!? | トップページ | ライオンズの高木渉、来季から支配下登録に! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック