フォト
無料ブログはココログ

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

中原さんが表彰された。

Adsc_1658
27
日に行われたNPBの表彰式、『NPB AWARDS 2018』でファイターズの我らがDJチャス。こと中原信広さんが表彰された。


最初、ツイッターで鎌ヶ谷の観戦仲間がツイートしていたのでジョークかと思っていたが本当だった<>


中原さんが表彰されたのは球団功労賞。各球団より、かげながら球界の発展に貢献してきた人たちに贈られる賞(スポーツ報知より)だそうだ。“かげながら”というところが引っかかるが、おめでとうございます。

続きを読む "中原さんが表彰された。" »

2018年11月27日 (火)

炭谷銀仁朗獲得と阿部慎之助復帰で巨人の捕手体制はどう変わる!?

Adsc_3991
ライオンズからフリーエージェント権を行使していた炭谷銀仁朗がジャイアンツへの移籍を決意。26日には原辰徳監督同席のもと、入団会見が行われた。


今季こそ森友哉に正捕手の座を奪われた感があるものの、長くライオンズの司令塔を務めた炭谷はジャイアンツでは小林誠司の刺激剤にとどまらず、正捕手の座も狙える。また、近年は一塁守備についていた阿部慎之助も現役生活の集大成として来季は捕手に再チャレンジする旨を明言し、原監督からも受け入れられている。


にわかに捕手王国の様相を呈してきた感のあるジャイアンツだが、そううまくいくのだろうか?


(写真:炭谷銀仁朗の加入で正捕手の座が危うくなる小林誠司。レギュラーでないとオイシイ場面も少なくなる!? 右は始球式を務めた菜々緒。 20183月撮影)

続きを読む "炭谷銀仁朗獲得と阿部慎之助復帰で巨人の捕手体制はどう変わる!?" »

2018年11月24日 (土)

名球会ベースボールフェスティバル2018-名球会は何処へ行く!?

Adsc_5671
日本プロ野球名球会は23日に総会を開き、今季、日米合わせても史上二人目となる100勝、100セーブ、100ホールドを達成した上原浩治に名球会会員としての資格を与えるか議論したが、結論は出なかった。名球会は当初、昭和生まれの日本のプロ野球選手で通算200勝または通算2000本安打を達成した選手を会員としていたが、これに通算250セーブ以上という基準を加え、さらに日本プロ野球をスタートとして日米合算でも各基準を満たせばOKとした。


そんな日本プロ野球名球会が結成40周年を記念して24日、東京ドームで名球会ベースボールフェスティバル2018を行った。野球教室などの後に行われたパ・リーグ出身選手とセ・リーグ出身選手に分けての対抗戦を敗戦処理。は見物した。ミスタープロ野球の姿がなかったのが残念だが、選手たちが名球会のユニフォームでなく、最初に入団した球団のユニフォームで、かつ最初の背番号でプレーをしてくれ、観ていて楽しかった。


(写真:ジャイアンツのユニフォームを着て左打席で一本足打法を披露する王貞治。これが観たいから三塁側に陣取った。)

続きを読む "名球会ベースボールフェスティバル2018-名球会は何処へ行く!?" »

2018年11月22日 (木)

ライオンズの高木渉、来季から支配下登録に!

Adsc_2414
ライオンズの育成選手、高木渉外野手が支配下選手登録されることになった。秋季キャンプ期間中に行われた契約更改の席で通達され、発表された。


このところ支配下の選手が育成選手契約になるというニュースばかり聞いていたので、ライオンズファンでもないのにほんわかするニュースだ。また、ドラゴンズの育成選手、渡辺勝外野手も支配下選手登録を勝ち取った。


(写真:来季から支配下登録されるライオンズの高木渉。背番号は今季の123から73に。 2018年9月撮影)

 

続きを読む "ライオンズの高木渉、来季から支配下登録に!" »

2018年11月19日 (月)

もしも丸佳浩をマリーンズが獲得したら

Adsc_5135
カープのセ・リーグ三連覇の原動力となった丸佳浩が取得したフリーエージェントの権利を行使し、ジャイアンツとマリーンズが獲得に名乗りを上げた。FA宣言後の残留を認めたカープを加え、三球団による丸の争奪戦が始まる。


ジャイアンツはいつものこととして、マリーンズが並々ならぬ決意で丸獲得に本腰を入れていることに意外な印象を受けているファンも少なくないかもしれない。


丸は千葉県勝浦市の出身。報道によると単に高額の条件提示だけでなく、将来的に監督就任の確約までするという。セ・リーグで二年連続の最優秀選手獲得が濃厚と言われる丸を獲得することによる戦力アップだけをマリーンズが狙っているのではない!?

続きを読む "もしも丸佳浩をマリーンズが獲得したら" »

2018年11月17日 (土)

『□□(次の元号)の根本陸夫』になるのは誰だ!?

Adscn0233
昨日16
日に集英社文庫版『根本陸夫伝』出版記念イベント“20世紀に消えた大陸根本陸夫の地図”というトークイベントが行われた。ライオンズやホークスで、今でいうGM(ゼネラルマネージャー)に相当する役割を務めていた根本陸夫氏を振り返るトークイベントで著者の高橋安幸氏らが出演した。敗戦処理。もチケットを購入していたが、残念ながら仕事が引っかかって参加できなかった。

続きを読む "『□□(次の元号)の根本陸夫』になるのは誰だ!?" »

2018年11月 8日 (木)

ファイターズ、“北海道ボールパーク”のその先に。

Adsc_2234
5日、ファイターズは記者会見を行い、2023年開業予定の新本拠地、北海道ボールパークの構想、新球場建設を正式に発表した。イメージ映像を見たが、そのスケールに圧倒された。本当にこんな立派な空間でファイターズが野球を行うのか?入場料高そうだな、創ったはいいけど採算が合うのか、などと小市民な敗戦処理。はすぐに心配してしまうが、今から2023年が楽しみだ。


そして新しい本拠地で戦うファイターズで何が楽しみだと言って…

 

続きを読む "ファイターズ、“北海道ボールパーク”のその先に。" »

2018年11月 4日 (日)

日本シリーズ第5戦先発:大瀨良大地×千賀滉大

Adsc_0173
日本シリーズが終わってから書くのもナンだが、今年の日本シリーズ第
5戦のこの両先発投手に関して感じたことを書いてみる。


ホークスが211引き分けで迎えた日本シリーズ第5戦。発表された両先発はともに第1戦に先発した大瀨良大地千賀滉大の両投手だった。第1戦に先発したから中四日での間隔になる。

 

 

続きを読む "日本シリーズ第5戦先発:大瀨良大地×千賀滉大" »

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック