フォト
無料ブログはココログ

« “ジャイアンツ、上原浩治を自由契約へ。”から感じること。 | トップページ | 日本シリーズ第5戦先発:大瀨良大地×千賀滉大 »

2018年10月30日 (火)

“木田優夫、投手チーフコーチに就任”の不安!?

Apict0033
29
日、ファイターズが来季の一軍のコーチングスタッフを発表。吉井理人投手コーチを解任した後任にはゼネラルマネージャー特別補佐を務める木田優夫が就任した。木田は現役を引退後、指導者になるのは初めて。


玄人はだしのイラストを描くことから画伯と呼ばれ、交流のある明石家さんまのクリスマスの番組には毎年トナカイ役で出演。ドラフト会議の抽選役に抜擢されると7倍の高倍率をものともせず清宮幸太郎の交渉権を獲得と八面六臂の活躍をしてきた愛されるGM補佐の木田が名投手コーチと言われた吉井コーチの後任となり、しかもチーフコーチ。早くも話題になっているが、指導者になるのは初めて。


しかし、個人的には補佐とはいえフロント業務の中枢にいた人物のコーチ就任に一抹の不安を覚える。


(写真:投手チーフコーチ就任が決まった木田優夫の現役時代。元々はジャイアンツのドラフト1位指名選手だった。 1992年4月撮影

 



現役を引退してすぐにファイターズで一軍投手コーチに就任して実績を残したものの、栗山英樹監督が就任すると一年目に対立して球団を飛び出て、その後同一リーグのホークスでコーチを務めた吉井理人前投手コーチ。そのホークスも自分から退団し、何を思ったか栗山監督がいるのに再びファイターズからお呼びがかかった。
Cdsc_1035
二度あることは三度ある。こういう人物はいつかまたトラブル的に退団するだろうと勝手に想像していたが、何と解任された。今季のファイターズは投手陣が崩壊したわけではない。チーム防御率はパ・リーグでバファローズに次ぐリーグ2位。順位で上をいくライオンズやホークスより良かったのだから、普通に考えて担当コーチとして高評価されても不思議ではない。何かまた事情があったのだろうが、シーズン後、今のところコーチングスタッフでただ一人解任された。マリーンズから声がかかっているそうだ。


その吉井前コーチを解任してまで迎える新しいコーチは誰かと思ったら指導者経験なしの、引退後はフロント業務一筋の木田優夫GM特別補佐。率直に言って驚いた。
Cdscn3473


もっとも、吉井前コーチもマリーンズで現役を引退するや否やすぐにファイターズは一軍投手コーチとして招いた。現役時代にファイターズに縁もゆかりもなかった投手を、コーチの適性があると見抜いて招聘し、それが成功した例があるのだから、身内である木田新コーチに目算はあるのだろう。吉井前コーチも木田新コーチもパ・セ両リーグで投手経験がある他、大リーグの経験もある。また現役時代に先発と抑え、双方で重要な役割をこなしてきたという共通点はある。


敗戦処理。が一抹の不安を覚えるのは実はその適性云々ではない。長期的視野に立ってチームの運営を見据えるフロント業務と異なり、現場のコーチは短期間で成果を求められる。木田新コーチが球団とどういう契約を結ぶのか定かではないが、結果次第では吉井前コーチのように解任されることもあり得る。その時、再び球団に残ってフロント業務に携わるのであればよいが、退団するとなると、中島聡前バッテリーコーチのようにそれまでに培ったノウハウがライバル球団に流出する恐れがあるということだ。


Cdsc_0225
中嶋前コーチもバッテリーコーチに就任する前にはGM特別補佐という木田と職種がダブるかと思われるような肩書だった。一方でコーチ留学(フロント実務の留学ではない!?)をするなど、今一つ何を期待しているのかわかりづらかった。敗戦処理。の知人は「将来的にコーチにするために、フロントに籍を置いてコーチの修行をしているのでは?」と推理していたが、よく考えたら現役時代の晩年にはコーチを兼任していた(というか選手を兼任するコーチだった)。


その中嶋前コーチが現役時代の古巣、バファローズで二軍監督に就任した。こちらも現場なので短期間で成果を求められることに変わりはないかもしれないが将来的にファイターズのノウハウがバファローズに流れることも考えられる。このチームにはファイターズで優勝を経験した福良淳一さんが監督退任後もフロントに残っている。
Cdsc_4341


ファイターズでは島崎毅育成コーチのようにフロントと現場を行き来している人間も少なくないが、失礼ながらプロスカウト、アマスカウトとGM補佐とでは球団の中枢への関わり度合いが異なると思えるのだ。それだけに木田GM補佐の現場への配置転換に一抹の不安を覚えるのだ。


そもそもファイターズは北海道移転が決まったあたりからチーム改革の必要性を感じ、大リーグ型のチーム運営、即ちGM制の確立を考え始めたのだが、面白いことに最初にGMを決めてチームの再建を託すのではなく(適任者が決まらなかったというのもあったらしいが)、GM制への意向を見据えて、後からGM制に切り替わっても対応できる監督ということで外国人監督であるトレイ・ヒルマンに白羽の矢が立ったという。確かにヒルマン監督が先で、その後に高田繁GMがやってくる。


高田GMは東京ファイターズ時代に監督を務めている。大沢啓二監督の下、リーグ優勝を果たし、今も破れぬチーム記録である六年連続Aクラス入りを果たした優勝メンバーが年齢的に衰え始め、再び下位に低迷してもおかしくないチームを、半ば強引に世代交代を進めてAクラス入りを果たした。ちょうど本拠地が後楽園から東京ドームに代わる時期でAクラス入りして開幕カードの権利を確保したい球団の意向を実現した。ファイターズ退団後には古巣のジャイアンツで二軍監督も経験し、その実績と人脈が買われてのファイターズでのGM就任だった。北海道に移転して最初の二回の優勝(2006年、2007)には高田GMが大きく寄与していると言われたが、2007年に自ら退団を申し入れ、球団から慰留されて一度は残留に気持ちが傾くもスワローズからの監督就任要請を受けて退団した。


この時点でファイターズのノウハウが流出するわけだが、一説によるとスワローズもかつての根本陸夫氏のようにチームを把握するために監督を務め、後にフロント入りするという目論見だったと見られているが、監督就任二年目にAクラス入りを果たすも、三年目に下位に低迷するとシーズン途中での退陣を余儀なくされ、フロントに残らずそのまま退団となった。身売りによってDeNAの傘下になったベイスターズからGMとして招かれて手腕を発揮したのは記憶に新しい。


余談だがベイスターズのGM職を高田が今季限りで辞めるという報道に接したとき、ひょっとしたら古巣のジャイアンツがかなりの要職で迎え入れるのではないかと想像したがそうではなく、DeNA本体に籍を置くという。先日のドラフト会議が事実上、最後のお務めだそうだ。


そうやって考えてみれば、ノウハウの流出は時代の常とも言えよう。ファイターズが北海道移転後に成功している秘密の一つに選手の適性査定を可能にするBOS(ベースボール・オペレーション・システム)の導入が挙げられるが、最初に吉村浩現GMがこのBOSを日本で売り込んだのはファイターズではなく、タイガースだったらしい。タイガースも導入に前向きだったが偉い人の決済が降りず、ファイターズに話を持ちかけたそうだ。


清武英利氏がジャイアンツの球団代表を辞めた(辞めさせられた)後にトークショーで語ったところによるとジャイアンツもファイターズに頭を下げてBOSを教わって導入したという。清武氏の話ではホークスも追従したそうだ。(※ その後、ベイスターズも導入したそうだ。)ファイターズ発のシステムが各球団に拡散する。そういう時代になったことをファンとして秘かに誇ることにしよう。


思えば、今十二球団どの球団もが当たり前のように行っている送りバントに備えるバントシフトは半世紀以上前にジャイアンツがアメリカ大リーグから仕入れてきたものが各球団に拡散したものである。良いものは球界共有の財産として広まっていくべきなのであろう。


木田優夫投手コーチが退団する時、ファイターズのノウハウの一部が他球団に流出する。その時こそ、今のやり方では駄目だと遅まきながら気付いた古巣ジャイアンツが木田をGMとして招くかもしれない。

« “ジャイアンツ、上原浩治を自由契約へ。”から感じること。 | トップページ | 日本シリーズ第5戦先発:大瀨良大地×千賀滉大 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “木田優夫、投手チーフコーチに就任”の不安!?:

« “ジャイアンツ、上原浩治を自由契約へ。”から感じること。 | トップページ | 日本シリーズ第5戦先発:大瀨良大地×千賀滉大 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック