フォト
無料ブログはココログ

« “清宮効果”か!?ファイターズスタジアム、5年ぶりに入場者数が増加。 | トップページ | “ジャイアンツ、上原浩治を自由契約へ。”から感じること。 »

2018年10月24日 (水)

ジャイアンツはいったい何処に向かおうとしているのか?

Adsc_1274
23
日、ジャイアンツが初めて正式に来季の監督に原辰徳球団特別顧問が就任することを発表。高橋由伸前監督同席のもと、記者会見を行った。一足先に発表されたコーチングスタッフの顔ぶれに驚いたファンも少なくないだろう。原監督の前回の監督時代からのコーチを含めほとんどのコーチが退団したことにも驚いたが、それにも増しての驚きの顔ぶれだ。


ジャイアンツとしては球団ワーストタイとなる四年連続優勝無し、五年連続日本シリーズ不出場という不名誉記録の真っ最中なだけに来季、最も確実に勝てそうな監督を選び、その監督の意向に沿ったコーチ人事となったのだろう。


と、一応現状を理解したようなことを書いたが、タイトルに書いたように“ジャイアンツはいったい何処に向かおうとしているのか?”というのが今の偽らざる心境である。



おそらくファンの多くが驚いたのは、元木大介、宮本和知といったコーチ経験がないばかりか、野球解説者というよりタレント活動の印象が強い人物のコーチ抜擢だろう。
Cdsc_0052
だが、元木は侍ジャパンU-12の監督を務めているし、宮本もヴィーナスリーグの取材活動など野球と離れている訳でなく、それらの活動が買われたのだと思われる。また、一部報道にもあるように原監督のスポンサーともいえるファンケル化粧品の野球イベントに共演している顔ぶれらしい。力量は不明で現時点では何とも言えないが。


以前にも書いたが、V9時代より後のジャイアンツOBがジャイアンツからコーチとして招かれることはあっても、ジャイアンツ以外の球団から指導者として招かれることが極端に少ないのだ。特にジャイアンツで現役を引退した選手で、他球団で監督、コーチをした人間となると、中畑清、大久保博元ら限られる。現在では緒方耕一くらいか…。


これは見方を変えればV9以後のジャイアンツの野球が他球団から必要とされていないことを示す。ライオンズ黄金時代のメンバーや、名将と言われる野村克也の影響を受けた人物の方がコーチとして招かれているのが実態だ。


原監督自体、ジャイアンツ一筋の人間。監督を退任してからの三年間で見聞を広めたと想像するも、招いたコーチ陣の顔ぶれを見ると、井の中の蛙とまでは言わないまでも、いささか残念な発想と言わざるを得ない。


また、原監督の復帰に伴ってGM制度が廃止された。鹿取義隆が球団初の選手出身GMとして期待されていたが、あっさりと解任され、後任は置かない。原監督と同じ東海大学出身のスタッフが編成部門のトップに立つが、事実上、原監督が編成部門を含めた全権監督になるという。


原監督が前回、2015年を最後に監督を退いた時には2006年の再就任からの十年間での実績もあって原監督に権力が集中しすぎたことに読売サイドが危惧して、フロントを現場から独立させ、その流れは高橋由伸監督になっても続いていたのだが鹿取GM体制が高橋監督を支える形で機能しなかったこともあり、原監督が三度目の就任の条件として自分に権限が集中する形を要求したのだろうと思われる。そうだとしたらある意味、原監督は球団に対してリベンジを果たしたことになる。球団として、時代に逆行する全権監督という体制を飲まざるを得なかったのか、本当に球団としてそれで良いのかという疑問が個人的には残る。


それだけではない。球団が育成システムの強化として立ち上げた三軍制を廃止こそしないものの、二軍と三軍を監督こそ分けたもののコーチはファームコーチとして今季までのように役割を分けないのだ。これは選手達に混乱を来すのではないか?


GM制と三軍制。この二つに共通するものを考えると、どちらもあの清武英利元球団代表が球団内で立ち上げたものだ。
Cdsc_0065


清武元代表はあの一場靖弘への“栄養費問題”で当時の球団幹部が責任を取らされた後任として球団代表として着任すると、他球団と協働して育成選手制度を立ち上げ、ジャイアンツにおいてもそれまでの補強一辺倒での強化方法を見直し、自前の育成システムを構築するために“第二の二軍”を作成した。そして単なる管理職としての代表職にとどまらず、より編成面にも自分の色を出すべく、球団初のゼネラルマネージャーに就任した。


清武元代表自身は例の“清武の乱”で失脚して球団を追われるが退団後に書いた著書『巨魁』を読むと、直接の敵と思えた渡邊恒雄氏よりむしろ原監督を敵対視しているように思える。原監督との確執は想像に難くなく、原監督が再就任になたって今なお残る清武氏の幻影を潰したとも取れる。


いささか妄想に走りすぎかもしれないが、少なくとも自分がチームを離れていた三年間を全否定しているかのような形での再就任と思わざるを得ない。


しかもGM制だけならまだしも川相昌弘、江藤智といった二軍、三軍の監督をも斬った。
Cdsc_6598
それでいながら、原監督の就任会見には高橋前監督が同席した。前監督は原監督の退任時と同じく“球団特別顧問”という肩書きで球団に籍を置く様だが…。ジャイアンツはいったい何処に向かおうとしているのか?


コーチ陣の粛正の次に起きるのは、これはあくまで想像だが今の流れからすると、上原浩治、阿部慎之助といった峠を過ぎたベテランへの引退勧告ではないか?そのくらい原監督のやろうとしていることに対して疑心暗鬼になってしまっている。これで明日25日の新人選択会議で自らの手で大阪桐蔭の根尾昂の交渉権でも獲得してくれれば少しは見方も変わろうが<笑>。


悪いことばかりを考え始めたらきりがないが、全権監督で上手くいかなかったら間違いなく責任を取らされるのは監督だ。山口寿一オーナーは将来的な高橋監督の再登板もある様なことを言っていたが、個人的には社交辞令だと見ている。読売サイドから見たら高橋前監督は失敗した人物なのだろう。長嶋茂雄、藤田元司、そして原監督のような返り咲きを果たした監督とは事情が違う。表向きは辞任だが球団としてはお引き取り願ったのだろう。むしろ、今回解雇されたコーチ陣の方に原監督の次としての目があるかもしれない。そうであって欲しい。
Cdsc_8861


高橋前監督の監督としての資質にいささかの疑問を抱いていた敗戦処理。にとって実績充分の監督の返り咲きは本来なら歓迎すべき事態なのだろうが、これまで書いてきたような観点から現段階では疑問の方が大きい。何度も同じ事を書いて申し訳ないが、ジャイアンツはいったい何処に向かおうとしているのか?

« “清宮効果”か!?ファイターズスタジアム、5年ぶりに入場者数が増加。 | トップページ | “ジャイアンツ、上原浩治を自由契約へ。”から感じること。 »

コメント

敗戦処理。様、こんにちは。のんきです。

>明日25日の新人選択会議で自らの手で大阪桐蔭の根尾昂の交渉権でも獲得してくれれば少しは見方も変わろうが。

見事に外しましたね。外れ外れ1位の投手を獲得することとなりました。

いくつかのサイトで、ドラフト選手のランキングがありますが、高橋投手は、大体30位台ですので、良くて2位、通常なら3位で指名されるレベルの選手だと思います。昨年の鍬原、何年か前の桜井レベルだと予測します。2軍では活躍するレベルの選手の可能性が高いと思います。

あとは、ドラフトで高校生ばかり獲得して、このままですと、バリバリ働ける20~30歳くらいの選手が少なくなってしまいます。

そこは、FAや外国人で補強するのだと予測します。

FAでは、丸が宣言したら獲得に動くのはよいと思います。ただ、広島は育成が上手ですので、下手に若手をプロテクトから外すと、第2の一岡のようなことが起こらないとも言い切れないと思います。他のFA選手獲得は一切不要だと思います。

外国人は、ゲレーロは不要だと思います。マギーは残って欲しいです。

結局、巨人がどこへ向かうのかということに関しては、若手育成よりも、他球団や外国から選手を補強するという従来の形に戻ってしまうような気がします。なんかもったいないと個人的には思っています。

岡本の成長は、びっくりしました。吉川、田中と着々と若手が育っていますが、まだ発展途上だと思います。来年は他球団ももっと研究してくるでしょうし、それにまさる練習が必要かと思います。

そんな彼ら若手を指導するコーチが元木とは、びっくりしました。サードを守っていた時に、外国人が打席に立つと、打球が怖くて、守備位置を後ろに下がったそうです。(ショートの二岡に怒られたとか)

そんな人物が、まだまだ、人間的にも、技術的にも、未熟な今年活躍した若手選手を育てられるのか、個人的には非常に疑問です。

今年は、リーグ成績は負け越しですが、テレビで見ていて、おもしろいチームになったなあと思っていました。それが、元に戻ってしまう可能性が高いのは、なんかもったいないと思います。

それでも、来年も応援し続けます。
気づくと、巨人応援歴は40年をとっくに過ぎています。

のんき

巨人は来年Bクラスなりそう

原氏がまた監督を引き受けるのは、ほかに人材がいないのか
あるいは原氏がよほど監督をやりたいのか?

コーチ陣も、NPBでは巨人にしか在籍したことのないOBを登用して
由伸政権よりは退化した印象を受けます。

ドラフトの指名を見ても、どういうチームを目指すのか
もうひとつ、いや全然わかりにくいです。


のんき様、コメントをありがとうございます。

> 見事に外しましたね。外れ外れ1位の投手を獲得することとなりました。

原監督自身、ジャイアンツが危機的状況にあった時のドラフトで当時の藤田元司監督が四倍の競争率をものともせず交渉権を引き当てての入団でしたし、長嶋監督も再登板の時には同じく四倍の競争率をものともせず松井秀喜を当てました。

原監督にも、偶然にも同じ四倍になったので期待したのですがダメでしたね<苦笑>。

> いくつかのサイトで、ドラフト選手のランキングがありますが、高橋投手は、大体30位台ですので、良くて2位、通常なら3位で指名されるレベルの選手だと思います。昨年の鍬原、何年か前の桜井レベルだと予測します。2軍では活躍するレベルの選手の可能性が高いと思います。

正直、アマチュア野球に疎いのでどのくらいの選手かわからないのですが、名前を挙げた桜井を始め、昨年の畠、今年の鍬原と三年連続でドラフト上位の即戦力候補だった投手がいきなり故障しているので、故障しない(させない?)で欲しいです。

> 外国人は、ゲレーロは不要だと思います。マギーは残って欲しいです。

ゲレーロは二年契約なので残留すると思います。上原と並ぶ二大期待外れでしたが、一年前の同じセ・リーグの本塁打王が何故活躍できないのか?すべて本人の原因なのか?それをはっきりさせないと、この先誰を獲得しても同じ失敗の繰り返しになりかねないでしょう。

> そんな彼ら若手を指導するコーチが元木とは、びっくりしました。サードを守っていた時に、外国人が打席に立つと、打球が怖くて、守備位置を後ろに下がったそうです。(ショートの二岡に怒られたとか)

侍ジャパンのU-12の監督に抜擢されている位なので、言われているほど酷くはないと信じたいですが、全体的に未知数な人が多くてわからないです。

ノエル様、コメントをありがとうございます。

> 巨人は来年Bクラスなりそう

今年も3位だったとはいえ勝率で負け越していましたし、感覚的には二年連続Bクラスでした。

来年はBクラスに落ちる心配などしないで済むような成績であって欲しいです。

長緯様、コメントをありがとうございます。

> 原氏がまた監督を引き受けるのは、ほかに人材がいないのか
あるいは原氏がよほど監督をやりたいのか?

チームの危機的状況ということで大胆な抜擢をする勇気が無かったのかもしれませんね。

本命といえば本命なのでしょうが…。

> コーチ陣も、NPBでは巨人にしか在籍したことのないOBを登用して
由伸政権よりは退化した印象を受けます。

他球団でコーチをしている人で、退団してもすぐに他の球団から声がかかるコーチ職人のような人がいますが、
そういう人がいないのですね。田代コーチを解雇しましたし…。

> ドラフトの指名を見ても、どういうチームを目指すのか
もうひとつ、いや全然わかりにくいです。

高校生が多くても別に構いませんが、その割にはファームのコーチが二軍と三軍をごっちゃにしたような役割分担なのが不気味に思えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンツはいったい何処に向かおうとしているのか?:

« “清宮効果”か!?ファイターズスタジアム、5年ぶりに入場者数が増加。 | トップページ | “ジャイアンツ、上原浩治を自由契約へ。”から感じること。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック