フォト
無料ブログはココログ

« 潮崎哲也ライオンズ二軍監督、試合中に試合そっちのけで降板した投手にお説教!? | トップページ | 亀井善行、9年ぶりの年間規定打席到達まであと5打席! »

2018年9月16日 (日)

2018年度巨人軍新人テスト

Adsc_3101
15
日の対ベイスターズ戦に敗れ、計算上今季のセ・リーグ優勝の可能性が消滅したジャイアンツ。それでもまだ諦めきれないのか、この期に及んで入団テストを行った…。


というのはもちろんジョークで、毎年恒例の新人テスト。当初は昨日15日に行われる予定であったが、その前日の14日からの天候不良で14日の時点で15日から今日16日への延期が決まった。


ジャイアンツの球団公式HPによると、85人が新人テストに参加し、内9人が合格したという。来月行われるドラフト会議で指名されればジャイアンツの一員になるチャンス。


(写真:全てのテストを終え、合否の説明を受ける受験者達)



ジャイアンツの入団テストは毎年だいたいこの時期にジャイアンツ球場で行われる。応募資格を満たし、事前に
mailで申し込めば誰でも参加できる。以前は男性に限定していたが、今回の応募資格を見ると男性に限定されていない。他の見物人によると投手の受験者に女性と見受けられる受験者がいたそうだが確認は出来なかった。スタンドからの見物もフリーで見た感じ100人程度の野次馬<!?>がジャイアンツ球場に集まった。


受験者は50m走と遠投でふるいにかけられる。ここまでは全員が参加できる。過去に観た時には5人が並んで同時に走る50m走では明らかにスピードが遅く“思い出つくり”で申し込んでいるような輩も見受けられたが、特に一目でそれとわかる受験者はいなかった。
Cdsc_2902_50m

Cdsc_2916
50
m走は5人一組での一回勝負。遠投はひとり二球。続けて二球では無く、2人一組で交互に投げていた。写真でお気付きかもしれないが50m走のスターターを務めたのは元投手の木佐貫洋スカウト。新人テストはコーチ陣では無く、スカウト部が主体となって行う。


因みにスカウト部の責任者は岡崎郁スカウト部長。
Ccsc_2969


そしてチーフスカウトが井上真二。井上チーフスカウトは以前に入団テストで観た時には髪が真っ白だったが染めたのだろうか?現役時代に水泳の長崎宏子や、松坂季実子に似ているといわれた面影は今も残る!?
Cdsc_3016


85
人いた受験者は50m走と遠投で42人に絞られた。ここから先は投手と野手に別れて実技テスト。投手はライト後方のブルペンでのテスト。見物人は至近距離から観ることが出来ないのが残念。
Cdsc_2972

もっとも、報道関係などでもこの位置でしか見ることが出来ない様だったが…。
Cdsc_2990


投手以外はシートノックと打撃テスト。以前はスカウト陣がノッカーや打撃投手を務めていたが、ノッカーは片岡治大二軍内野守備走塁コーチが務めた。
Cdsc_3007

ジャイアンツの二軍は今日、イースタン・リーグの試合が組まれていない。テスト終了後の午後にグラウンドで練習を行ったようだが片岡コーチが助っ人として協力。


片岡コーチは初球から失敗<>
Cdsc_3017

Cdsc_3018
大丈夫かと不安になったがその後は右に左に打ち分けていた。


Cdsc_3019
内野を守るのが5選手、外野には10人以上というアンバランスな受験者数だった。外野手に対しては難しいフライを打って守備範囲を観るのではなく、安打になる打球を打って返球(スローイング)のテストをしていた。
Cdsc_3035_2


内野手には浅めのゴロをバックホームするテストなどを施していたが、捕り損なったり送球ミスが目立った。
Cdsc_3049

自分の守備テストが終わった選手が各ポジションから戻ってくるのだが、昨年まで現役だった片岡にノックしてもらった嬉しさもあるのか近寄って感謝の意を示す受験者もいた。

守備テストが終わると打撃テスト。ここは本職の打撃投手ではなく、元投手のスカウトが務めた。吉武真太郎、青木高広、木佐貫洋の順で投げた。
Cdsc_3077

Cdsc_3083

Cdsc_3095
「あれ、吉武って巨人に在籍したっけ」と思う人もいるかもしれないが“吉武真太郎”で検索をかけないように…<冗>。

打撃テストが最終審査。ノック同様、本職の人に相手をさせるのが、ここまで通過している受験者に対する正確な審査に繋がるとともに、礼儀ではないかと敗戦処理。は思うのだが…。スカウト陣の片岡コーチに対する気の遣い用が凄く、ノックを終えてベンチに戻る時には岡崎部長すら頭を下げていた。同じ組織でも部署が異なるといろいろと難しいところもあるのだろうか…。

打撃テストが最終審査ということもあってか、打撃ケージの真後ろには岡崎スカウト部長、井上チーフスカウトに加え、柏田貴史東日本統括のスカウト部スリートップが勢揃い。

Cdsc_3076

一方、今年の3月にスカウトに就任したばかりの新人スカウト古城茂幸は失礼ながら雑用全般という感じだった。他には昨年限りで現役を引退した堂上剛裕スカウトの姿も。
Cdsc_3006

打撃テストはひとり5スイング。何人かの受験者は打撃終了後にスリートップから直接声をかけられていた。

Cdsc_3078

Cdsc_3080


これで全てのテストが終了。 

その後、三塁ベンチに集められて冒頭の写真の様に合否が告げられた模様。

テレビのオーディション番組では無いのでスタンドに合格者発表こそ無かったが、この辺が合格者か!?

Cdsc_3113

Cdsc_3130

Cdsc_3152

中には場内アナウンスで名前を呼び出されて慌ててグラウンドに戻ってきた受験者もいた。そして最後にもう一人呼び出されたが、三塁ベンチにグラブを置き忘れたそそっかしい受験者だった。


冒頭にも書いたように85人の中から9人が合格したという。内訳は投手5人、捕手1人、内野手1人、外野手2人。手続き上、入団するには来月行われるドラフト会議での指名が必要。これまでの例からすると、入団テストの合格者は育成選手として指名されている。岡崎スカウト部長を「野球観が変わった!」と唸らせる金の卵はいたのだろうか…!?


【参考エントリー】
2006917日付出るか明日の巨人の星!巨人軍新人入団テスト見物記

2007916日付今年もジャイアンツの新人入団テストを観てきました。~9/16入団テストの受験者が育成選手ドラフトで指名受ける~

2011911日付巨人軍新人テストを見物した。

2012922日付ジャイアンツの入団テストを見てきた

 

 

 

« 潮崎哲也ライオンズ二軍監督、試合中に試合そっちのけで降板した投手にお説教!? | トップページ | 亀井善行、9年ぶりの年間規定打席到達まであと5打席! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/67175973

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年度巨人軍新人テスト:

« 潮崎哲也ライオンズ二軍監督、試合中に試合そっちのけで降板した投手にお説教!? | トップページ | 亀井善行、9年ぶりの年間規定打席到達まであと5打席! »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック