フォト
無料ブログはココログ

« ついに2位から陥落…。-8/23東京ドーム主催試合最終戦生観戦記 | トップページ | 月間最多登板記録達成のヘロニモ・フランスアと山田修義は“稲尾に並んだ”のか!? »

2018年8月25日 (土)

熱中症には注意しましょう!

Adsc_1928
一軍のホークス戦連敗生観戦から中一日。今日(25)はファイターズスタジアムに、個人的に思い入れのある両球団の対戦を観に行ってきた。おそらく、今年最後の炎天下での野球生観戦。


この夏の異常な気象の影響で甲子園大会の高校球児やスタンドで応援する生徒たちを含めて健康問題がいろいろと議論されたが、今日の鎌ヶ谷も半端なく暑かった。今月の14日にこの鎌ヶ谷で生観戦したばかりなので、クソ暑くても何とかなるだろうと甘く見ていたが、その時以上の暑さに加え、試合内容の酷さも加わり、生まれて初めて、野球観戦で熱中症にかかるのではないかと、マジで不安になった。


(写真:観客に熱中症対策を注意喚起するメッセージを流す鎌スタビジョン。メッセージだけでなく得点表示にも注目。トホホ…。この後、さらに得点が入り、余計に…。)



Cdscn0195
鎌ヶ谷のファイターズスタジアムではこの週末の三日間を『鎌スタ☆祭り』とうたって様々なイベントを絡めている。二日目の今日(25)は『鎌ヶ谷デー』。先着1,000人の入場者に鎌ケ谷市の名産品、梨が配られるなどのプレゼントがあり、鎌ヶ谷市のマスコット“かまたん”が来場し、恒例の清水聖士市長も来場。
Cdsc_1652
清水市長は先日まで行われた高校野球大会を引き合いに出して金足農業の吉田輝星投手の実家が梨農家だからぜひファイターズに来て欲しいと言っていた。「本人は巨人に行きたい様ですが」とも言って笑いも取っていた。


今年は鎌ヶ谷市長選が行われる年なので公職選挙法との兼ね合いでこうした場にも姿を見せないのではと思っていたが、7月に市長選が行われてめでたく当選したとのこと。以前には市長選の当日に清水市長の当選確実との一報がテレビで報じられると、ツイッターでは\はむほー!/とファイターズが試合に勝った時の合言葉が流れてどんどんリツイートされた。他にもあるのかもしれないが、敗戦処理。の知る限りではファイターズの試合以外で\はむほー!/が次々と連なったのは清水市長が再選された時と、ドラフト会議で菅野智之の交渉権を獲得した時くらい…。


清水市長は5期目に突入。栗山英樹監督とどちらが長く務めるだろうか!?因みにwikipediaによると、公約に“市長の任期は3期まで”とある。あれ!?


今日はそのジャイアンツとの対戦。個人的には坂本勇人が調整で出場するタイミングと見て前売り券を購入しておいたのだが、坂本勇は一昨日のジャイアンツ球場と昨日のファイターズスタジアムでファームを卒業。今日は一軍のナイトゲームで行われる対タイガース戦に「一番・遊撃」で復帰しているという。


先発はファイターズが吉田侑樹で、ジャイアンツが大江竜聖
Cdsc_1644
ここまでのイースタン・リーグでの成績はご覧の通り。“どっちもどっち”と言うなかれ。どちらもまだ成長過程なのだろう。


因みに今日の公示で坂本勇以外に上原浩治中井大介が登録されているが、抹消されたのは投手の田原誠次と内野手の若林晃弘だった。若林は早速イースタンの方で「二番・遊撃」で出場。


一回表、その若林が左前安打で出ると、二死から四番を打つ和田恋がセンターオーバーの先制2ラン。
Cdsc_1697
これで18号となり、清宮幸太郎を抜いてイースタン・リーグでの本塁打王争いで単独トップとなった。もっとも、清宮より二軍にいる期間が長く、しかも五年目の選手。素直に喜んで良いものか…。


ャイアンツは四回表にもファイターズを攻める。脇谷亮太の安打、送りバント、岸田行倫四球の一死一、二塁から増田大輝の打席で吉田の投球がワンバウンドになると捕手の郡拓也がはじいて二塁走者の脇谷が三塁へ。一死一、三塁から増田が一塁前にセーフティスクイズ。ホームのタイミングは微妙だったが一塁手の今井順之助が打球を捕り損ねてオールセーフ。記録は今井のエラーで0対3。なおも一市一、二塁から立岡宗一郎の二塁ゴロ。強い打球だったが正面の打球を二塁手の難波侑平が大きく弾いて二塁から岸田が生還で0対4。この時、外野からの返球に備えて本塁のバックアップに向かう吉田が思わず天を仰いだ。「やってられない」という気持ちになったのかもしれないが、そういう気持ちを態度に表してはいけないと思う。


以前、一軍の試合で武田久が抑えを務めていた試合で1点差の最終回、二死三塁からの遊ゴロを中島卓也が一塁にワンバウンドの送球。難しいバウンドではないと思ったが一塁手の稲葉篤紀が取り損ねて、試合終了どころか同点になったシーンを東京ドームで観たことがある。その時の武田久は全く無表情で中島や稲葉から「すまない」と声をかけられてもうなずくだけで後続を断ってその後のサヨナラ勝ちにつなげた。「これで終わった。勝った」と思った直後のミスに何事もなかったように対処し、割り切ってその後の打者を打ち取る。武田久という投手は抑えの達人だなと感じたものだ。


吉田にとっては不運な失点だったが、この四回限りで吉田は降板した。先ほど、両先発の吉田と大江をまだ成長過程と書いたが、高校(二松学舎大付)からプロに進んで二年目の大江と大学(東海大学)からプロ入りして三年目の吉田とでは立場が違うだろう。
Cdsc_1682
前述の菅野への強硬指名でこじれたファイターズと東海大学との関係を修復しようとした第一弾がジャイアンツで二軍でも出場機会に恵まれない市川友也の獲得で第二弾が吉田のドラフト指名だと一部で勘ぐられているが、実力で結果を出したいところだろう。


一方の大江とは敗戦処理。は相性が良い<!?> 今季のジャイアンツの二軍でのイースタン・リーグ開幕投手。今季だけで先発登板を生観戦するのは三回目。
Cdsc_1722
ジャイアンツ球場には大江のユニフォームを着たファンも結構いる人気選手。一軍入りこそ、同期で川相昌弘二軍監督が敢えてライバル意識を持たせようとしている高田萌生に先を越されたが、虎視眈々とリベンジを目指しているといったところだろうか。


約一か月前の同じカード(ジャイアンツ球場)でも大江vsファイターズ打線を観たが、ファイターズは大江のようにぐいぐい攻め込んでくる左投手に対し、右打者も左打者もてこずる印象がある。前日にも一軍レベルの投手とはいえ田口麗斗に五回途中まで1安打だった。この日も三回裏まで力で抑え込まれていた印象だが、四回裏に死球の横尾俊建と安打の森山恵佑を一、二塁に置いて、最初の一巡目で最もタイミングが合っていた感じの郡が二死から左翼線にはじき返し、二者を迎え入れて2対6と反撃。
Cdsc_1819


だが、この後しばらくまた大江に抑えられる。


五回表は相手にリードされている時には高投する田中豊樹が三人で抑えたが、2対6で迎えた六回表に登板した中村勝が大変なことに…。


Cdsc_1870
中村は昨年、右肘内側側副靱帯を痛め、4月16日のフューチャーズとの試合での登板を最後に治療に専念。816日の対マリーンズ戦で一年ぶりの復帰登板を果たして1イニングを無失点に抑えた。この日はそれ以来の登板。二死まではすんなり奪ったが、立岡に左前安打、若林に四球を与えて一、二塁となり、アレックス・ゲレーロの代打、松原聖弥を遊ゴロに打ち取ったと思ったが平沼翔太のエラーで二死満塁とすると、和田恋に押し出しの四球。これで気持ちが切れたのか、石川慎吾に満塁本塁打を浴びて5失点。
Cdsc_1881


さらに脇谷に四球、北村拓己安打で再び二死一、二塁とピンチを迎え、岸田にも本塁打を浴びる。1イニングに満塁本塁打とスリーランを浴びる惨状で押し出しと合わせて8失点。1イニングもたずに降板となった。二死後にエラーが出ているので8失点した中村の自責点は0。この時点で2対14…。


普通はこの辺でジャイアンツも打ち疲れると思うのだが、ジャイアンツは攻撃の手を緩めない。七回表には左中間二塁打の立岡を二塁に置いて和田恋のタイムリーで白村明弘から1点。八回表には二安打と四球の一死満塁から立岡の左犠飛で立田将太から1点。九回表には四球の和田恋を一塁に置いて代打の高山竜太朗の左中間二塁打でまず1点。さらにこの高山を二塁に置いて北村の左前打でもう1点と、西村天裕から2点。このクソ暑い中18得点を挙げた。


写真を撮ったりスコアを付けたりしながら出来るだけ目の前の試合に集中しようと思ったが、気分が悪くなりかけた。あまりの暑さに、事前に“氷水で足ひんやりOKシート”を購入していたことをすっかり忘れていた…。
Cdsc_1929
広い内野席全体を一人でビールを売り歩く売り子のまりんさんからビールを買って飲んだり、持ち込んだ2リットルのびわ茶を飲んだりして何とか凌いだが、マジで一歩手前、は大げさだとしても二歩か三歩手前だった。


一方の大江は超大量点を背景に八回まで111球。四回裏の2失点だけに抑えた。


九回裏には山口鉄也が登板。しかしこの山口鉄が残念ながら見るに堪えなかった。Cdsc_1980
途中出場の大累進、代打の森本龍弥の短長打、谷口雄也の死球であっという間に無死満塁。今井が二遊間を破り2点を返す。2対18が4対18になっただけだが、最後まで観戦しているファイターズファンから大声援が起こる。


「つなげ、つなげ。振り回しているだけじゃ一軍に上がれないぞ」

「名前負けするな」

1点ずつでも返せ」

もちろんジャイアンツファンからは

「ぐっさん頑張れ」

「東京ドームで待ってるぞ」

等の声援が飛ぶ。


最近、有名ブロガーなどが高校野球の応援スタイルに一言もの申していたが、個人的には選手の背中を押したり、相手にプレッシャーをかけたりするのが“応援”であって、応援と称してはいても単に自分たちが盛り上がるだけの行為を“パフォーマンス”と二分して似て非なるものだと区別しているが、今日のこの回の人数は減ったがファイターズファンの応援は間違いなく“応援”だったと思う。もちろん選手は応援の質、有無にかかわりなくベストな結果を出す義務があるのだろう。三塁側のファンの声が届いた訳ではなく、山口鉄がいまだに本調子には程遠いだけなのかもしれない。ダウン寸前だった自分も勇気をもらった。今日のスタンドには頭が下がる思いだった。


そして難波にも適時打が出て3点目。結局5対18で試合終了。


山口鉄が16点のリードを背負いながらファイターズの若手に痛打され、3失点して1イニングを終わらせるのに38球を費やしたのは、ホームゲームゆえにどちらかというとファイターズ寄りに観戦していた敗戦処理。にとっても寂しい結末だった。

25日・ファイターズスタジアム】
G 200 408 112 =18
F 000 200 003 =5
G)○大江、山口鉄-岸田
F)●吉田、田中豊、中村、白村、立田、西村-郡
本塁打)和田恋18号2ラン(吉田・一回)、石川11号満塁(中村・六回)、岸田2号3ラン(中村・六回)


今年の夏はクソ暑い。試合に集中し、適度に水分補給すれば熱中症対策も何とかなると思っていたが、予想以上の暑さだった。それに加えてファイターズ守備陣のお粗末さと投手陣の無様さ。暑さに拍車がかかった。実際、試合中にスタンドの外でけたたましいサイレンが聞こえた。誰か熱中症で倒れて救急車でも出動したのかと思ったが、不確かな情報によると警察車両だったらしい。ゲレーロかオズワルド・アルシアあたりが月給泥棒で告発されたのだろうか…!?


一軍はドーム球場くらいしかこの時期にデーゲームを行わないが、ファームの試合は一部を除きデーゲームが当たり前。これから球場で観戦される方は自身の体力を過信しないようにしていただきたい。


ところで、入場時に配布された鎌ヶ谷の梨は無事なのだろうか?試合中は座席の下に隠したカバンの中に入れておいたが…。

« ついに2位から陥落…。-8/23東京ドーム主催試合最終戦生観戦記 | トップページ | 月間最多登板記録達成のヘロニモ・フランスアと山田修義は“稲尾に並んだ”のか!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/67095768

この記事へのトラックバック一覧です: 熱中症には注意しましょう!:

« ついに2位から陥落…。-8/23東京ドーム主催試合最終戦生観戦記 | トップページ | 月間最多登板記録達成のヘロニモ・フランスアと山田修義は“稲尾に並んだ”のか!? »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック