フォト
無料ブログはココログ

« ZOZOTOWNの前澤友作氏「プロ野球球団を持ちたい」ツイートで騒然。エクスパンションか球団買収か!? | トップページ | 【悲報】岡大海、マリーンズでの背番号は39に。これでまた“背番号18”の野手が消える。 »

2018年7月23日 (月)

あと九日間、あと三人。ジャイアンツで支配下選手登録目指す松原聖弥が猛アピール!

Adsc_9254
約二ヶ月ぶりに生観戦に行ってきた。ジャイアンツファンとしては一軍の現実逃避を兼ねて
<苦笑>、ファイターズファンとしては首位浮上の可能性のある試合を放り出して二軍の熱戦を選んだ。


ジャイアンツはイースタン・リーグで首位を快走中だが、首位快走はもとより、あと九日間、731日が期限となる今季中の支配下選手登録を目指してアピールする選手のプレーもこの時期は見所。ジャイアンツは現在支配下選手の人数が67人で、上限の70人まであと3人の余裕がある。


日付が変わってしまったが、今日(22)のファイターズ戦では育成選手二年目の松原聖弥が猛アピールした。


(写真:ヒーローインタビューでマイクを向けられるジャイアンツの育成選手、松原聖弥。)



何と生観戦が約二ヶ月ぶりになってしまった。別に体調が悪かった訳でもないし、大嶺翔太、もとい柿澤貴裕のように極度に金に困っていた訳でも無い。しかし事情があって5月
26日のジャイアンツ対ゴールデンイーグルス戦生観戦を最後に球場から足が遠ざかっていた。ただ、生観戦再開はこの試合と決めていた。ジャイアンツ球場で相手がファイターズ。贔屓の両球団を同時に楽しめる。一粒で二度オイシイカードなのだ。ただし、昨日(21)の様な高校野球の予選だったら途中でコールドゲームになるようなのは勘弁して欲しいが…。


久しぶりにジャイアンツ球場の門をくぐった。今日もうだるような暑さだったが入口で団扇を配ってくれていた。ありがたい。
Cdsc_8832
絵柄を見ると秋のフェニックス・リーグのPR用の団扇だ。もうそういう時期になったのだ…。しかし今日の暑さに団扇一枚では焼け石に水。ファイターズスタジアムのスコールタイムが懐かしい<>
Cdsc_8756
一応一塁側と三塁側に一台ずつ大型扇風機があるのだが、これもせいぜいい至近距離でしか効果が無い。以前はグラウンドに大田泰示という大型扇風機がいて前の方の席に座ると涼しい気分になったのだが…。


各地の球場で行われている西日本豪雨災害への義援金を募る活動をジャイアンツ球場でも行っていた。
Cdsc_8773
広島県出身の西村健太朗、畠世周と昨日の勝利投手、高田萌生の三人が参加していた。


今日は『GⅡ浴衣デー』だったようで浴衣着用で来場した女性ファンには様々な特典があった様だ。実際スタンドも華やかだった。試合前練習でその浴衣姿の女性ファンから声援を受けていたのがファイターズの清宮幸太郎
Cdsc_8787
右肘痛が発覚してフレッシュオールスター以降の試合に出場していないが、出来ることをやろうということなのか、打撃練習の時間にフリー打撃の打球のタイミングで走塁の練習をしたり、一塁の守備位置でノックを受けていたりしていたが、グラウンドに出てくるだけでジャイアンツファンからも歓声が上がっていた。
Cdsc_8805
試合に出られないからか、吉岡雄二打撃コーチからはリアル野球
BANの攻略法を伝授されていた<>


あくまで個人的な印象だが、ジャイアンツ球場で一塁側のスタンドの前の方に座るファンは相手球団の選手にほとんど関心を示さない。せいぜい元ジャイアンツの選手が出てきた時に反応するレベルで、相手球団の一軍級レベルの選手が出てきても特に反応しない。にもかかわらず清宮にはこの反応。意外に感じたが、よくよく考えれば清宮は地元東京の早稲田実業で昨年まで高校野球のスターだった選手。ジャイアンツファンに人気があって当たり前だ。


試合に入ろう。清宮は今日も不出場だったが、ジャイアンツの先発が大江竜聖、ファイターズが高良一輝と二年目同士の対戦。ありがたいことに試合が始まる頃から涼しい風が吹くようになってきた。
Cdsc_8880

Cdsc_8897
両投手が良かったのか、打線が低調だったのか、0対
0のまま試合が進む。


三回表、ファイターズは二死から淺間大基、大累進の連打で一、二塁とし、三番の森本龍弥に対し、大江はスリーボールナッシングとストライクが入らず大ピンチ。しかしここで二塁走者の淺間が、大江が投げる前に三塁に走り出してしまい、三塁に送球されて二塁に戻れずアウト。チャンスを逃した。
Cdsc_8973


ファイターズは五回表にも四球が二つでの二死一、二塁から淺間が三遊間を破るが、レフトの松原聖弥からの好返球で二塁走者の大嶋匠がホームでタッチアウト。

何故かスライディングすらしなかった。
Cdsc_9017

Cdsc_9018


冒頭の写真で松原が今日のヒーローと先にネタバレしてしまったが、この好スローイングの直後に、結果的に今日の試合を決める一打を放つ。その裏のジャイアンツは二死から一番の立岡宗一郎が右中間を破る三塁打で二死三塁とすると、松原も右中間を破る先制二塁打。
Cdsc_9027
ファイターズの先発、高良はここで降板。投球数をカウントしていなかったが五回裏に先制点献上で降板とは早いような…。


二番手は四年目の立田将太
Cdsc_9044
チーム
80試合目にして33試合目の登板。もちろんチーム最多登板。ここは1点で止めておきたい場面だが、ホルヘ・マルティネス和田恋に連続四球で二死満塁とピンチをさらに拡げるも、五番のアレックス・ゲレーロを遊ゴロに打ち取って何とかピンチを切り抜けた。
Cdsc_9062
ゲレーロはこの打席はまだよかった方で、中飛、投ゴロ、遊ゴロ、空振り三振と4打数0安打。これでイースタンでの成績は45打数8安打0本塁打1打点で、打率.178。素人目に見てもタイミングの取り方がヘタで打てそうな気配が無い。外国人選手は突然打ち出すことがあるが…打たなかった。一軍の高橋由伸監督との面談を拒否したとの報道を見たが、面談の必要は無いだろう。


そしてこの1点が決勝点となった。


大江は六回まで投げて散発四被安打の無失点。七回には敗戦処理。が“勝利の方程式に”と期待したもののそれどころか二軍落ちしてしまった谷岡竜平
Cdsc_9101
一死から四球を与えたが、無難に
1イニングを無失点に切り抜けた。今のジャイアンツの投手構成なら、再び谷岡が必要になると思う。その時に向けてしっかり再調整してもらいたい。


八回には森福允彦、最終回はサムエル・アダメスと、これまた一軍復帰を目指すリリーバーがしっかりと自分の仕事をし、1対0でファイターズに逃げ切った。


22日・ジャイアンツ球場】
F 000 000 000 =0
G 000 010 00× =1
F)●高良、立田、白村、鍵谷-大嶋、黒羽根
G)○大江、谷岡、森福、Sアダメス-岸田
塁打)両軍とも無し。


勝利投手になった大江を、イースタンの開幕戦で観た。その試合では勝利投手になれなかったが、今日で二勝目とは意外。直前まで三軍に落ちていたらしい。ここにも競争がある。


ファイターズでは二日前の20日まで一軍にいた鍵谷陽平が八回裏に四番手で登板。Cdsc_9207
谷岡以上に残念な二軍落ちだが
1イニングを二者三振、三者凡退で抑えた。鍵谷は7月に入って一軍では三試合に登板していずれも1イニングを自責点0に抑えてきた。登録抹消と聞いて故障かと思ったがこうしてマウンドで元気な姿を見ることが出来た。


この日一軍では井口和朋がプロ入り初勝利を挙げたが、鍵谷が一軍にいれば鍵谷がマウンドに上がってもおかしくない局面だった。こちらはジャイアンツと違ってリリーバーには困っていないらしい…。


この時期、育成選手を採用しないファイターズ以外の球団では支配下登録を狙う育成選手による最後のアピールが熱くなる。


ジャイアンツは支配下登録の選手が現在67人。上限の70人まで3人の空きがある。今季は外国人選手のアダメスとクリストファー・メルセデスが既に育成選手から支配下選手登録を果たしているが、柿澤の自由契約により枠が空いたこともあり、まだあと3人の余裕がある。


今日のヒーロー、松原は決勝打を含め3打数3安打に盗塁あり。守備でも上述の通り、正確なスローイングでファイターズの先制点を阻んだ。育成契約二年目。今春のキャンプで一軍入りを果たして注目を集めたが、フレッシュオールスターにも選ばれて出場。270打数85安打で打率.315。支配下に最も近い育成選手といって過言でないだろう。


もう一人はマルティネス。スリムな体型のスイッチヒッターながらパンチ力も魅力で14本塁打は清宮の15本塁打に次ぐリーグ2位。まだやや安定感に欠けるが二塁と三塁の守備もだいぶマシになってきた。支配下登録されても外国人枠の関係で一軍入りにはさらに厚い壁が立ちはだかるが、アダメスと同じ2016年途中入団。2017年入団のメルセデスと合わせてライバル意識を煽る意味で支配下登録があるかも。


あと一人が難しい。イースタンでの出場歴で選べば二年目の坂本工宜か、元支配下の巽大介のどちらか…。


ただ、ジャイアンツでは昨年も期限ぎりぎりに増田大輝、青山誠、田中貴也の三選手を育成契約から支配下選手登録したが、三選手ともいまだに一軍経験が無い。支配下選手登録を勝ち取らなければ一軍の公式戦には出られないが、支配下選手登録されたからといって一軍の公式戦に出られるとは限らない。


川相昌弘監督が試合後に日テレG+の中継にゲスト出演したが、松原の支配下選手登録に関して「まだそういう話は来ていない」といっていた。


あと九日間、あと三人。どうなるか。


久々の生観戦で、感慨に浸りながら観戦記をまとめていたらこんな時間になってしまった。暑さは別として、やっぱり生観戦は楽しい。もうシーズンは半分を追えたが、これから機会を増やしたいものだ。

« ZOZOTOWNの前澤友作氏「プロ野球球団を持ちたい」ツイートで騒然。エクスパンションか球団買収か!? | トップページ | 【悲報】岡大海、マリーンズでの背番号は39に。これでまた“背番号18”の野手が消える。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/66976367

この記事へのトラックバック一覧です: あと九日間、あと三人。ジャイアンツで支配下選手登録目指す松原聖弥が猛アピール!:

« ZOZOTOWNの前澤友作氏「プロ野球球団を持ちたい」ツイートで騒然。エクスパンションか球団買収か!? | トップページ | 【悲報】岡大海、マリーンズでの背番号は39に。これでまた“背番号18”の野手が消える。 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック