フォト
無料ブログはココログ

« 8点あっても勝てないが2点でも勝てた。 | トップページ | 元祖“勝利の方程式”がジャイアンツ球場に帰ってきた! »

2018年5月16日 (水)

あのライオンズ打線相手に二日連続完封勝利!

Acsc_7451
最後まで勝てると確信を持てなかった。ライオンズを相手に二日連続で完封勝ち出来る訳ないだろう。もっと点を取れよ。そんな不満と不安を抱きながら終盤の攻防を祈るような思いで今日(16)も現地で生観戦していたが、何とか凌ぎきった。上沢直之、渾身の133球完封勝利。八回から継投か。投球数が100球を超えたから九回はマイケル・トンキンかといろいろな可能性を頭の中で妄想していたが、ファイターズベンチは最後まで上沢に託した。


10でファイターズがライオンズを下した。


(写真:九回二死一、三塁。あと一人となったところで入念な打ち合わせをする上沢直之と清水優心)



昨日(15)はファイターズ休暇を取得して試合開始から生観戦したが、さすがに二日連続とはいかない。しかも二日分とは言わないまでも仕事量が多い。今日は出遅れたなという感じで、着いたら五回裏。オリオンズ時代の
落合博満の登場曲の出だしに似たあの曲が流れていた。石井一成の打席ということで、次は清宮幸太郎。いつもなら飲食物を買い込んで席に着くのに、今日は一直線。

Cdsc_7230
結局清宮は三振で、その後、二死二、三塁と攻め立てるがこの回も無得点。中島卓也の三ゴロで一塁に送球した外崎修汰の送球が大きく逸れ、ワンバウンドで一塁側のエキサイトシートに入ってきたのには驚いた。矢のような送球が横を通過して、エキサイトシートの最後列まで転がっていった。怪我人が出なくて何よりだった。

Cdsc_7245
注意喚起のステッカーが掲出されているが、さすがに“送球に注意”とは書いていない。


昨日と同じく0対0が続く試合。そして均衡が破れたのも昨日と同じ七回裏。


Cdsc_7322

Cdsc_7324
清宮がフルスイングした打球は右中間の最深部へ。秋山翔吾が落下点に入ったと思いきや木村文紀と交錯するような形で落球。安打にこそならなかったが無死三塁のチャンス。昨日同様、代走に杉谷拳士。昨日とは違い、勝ち越しの走者なのだから、この回で勝負を賭けるというならここでの代走は肯ける。だが続く清水優心は浅い右飛。木村がスライディングキャッチで捕球したので惜しい一打に見えるが、そもそも犠牲フライを打ちたい場面で外野手が前進して捕るフライを打っている時点で清水はこの場面での仕事をしていないと言えよう。今月3日の対ゴールデンイーグルス戦で決勝打となる逆転満塁本塁打を打ってのヒーローインタビューの時に「もっと確実に打てるようにならないと…」というような趣旨のことを言っていたと記憶しているが、まさに今日のような場面で犠牲フライを打てないと…ということだろう。


一死三塁となって中島卓也、西川遥輝と左打者が二人続く場面で辻発彦監督は好投の十亀剣からサウスポーの武隈祥太にスイッチ。清宮を下げているファイターズはここでも勝負手。中島に代打、鶴岡慎也


鶴岡は初球にズドンと死球。
Cdsc_7334

Cdsc_7335

Cdsc_7336
さすがに怒った表情を見せたが、敗戦処理。や周囲のお客さんは「ラッキー!」と盛り上がっていた。


実は現状のファイターズは、一軍登録されている捕手が鶴岡と清水だけ。その状況で鶴岡を代打で使うということは控え捕手がいなくなるということだ。まぁいざとなればDHで出ている近藤健介にマスクをかぶらせるのだろうが…。しかしそんなことは栗山英樹監督も承知の上で代打に鶴岡を起用しているのだろう。岡大海、横尾俊建は何をやっているのかと言いたい。


一死一、三塁となって西川がセンターに文句なしの犠飛。
Cdsc_7342

Cdsc_7344
杉谷が頭から飛び込んでいったがタイミング的には余裕でホームインという感じだった。


昨日の先発、ニック・マルティネスはここで交代だったが、今日の上沢は被安打が2本ということもあってか続投。八回表も三人で片付けた。この回で投球数が100球を超えたので最終回はマイケル・トンキンの出番かなと思ったが九回表も続投。前日に宮西尚生、石川直也、トンキンと勝ちパターンの投手をつぎ込んでいるとはいえ明日は休み。継投もばっちりだと思ったが続投。なんせ東京ドームである。疲れている中、打ち取ったつもりの打球がスタンドまで届くこともある。一振りで同点になるのだ。それでも上沢は続投。


ライオンズも粘る。源田壮亮、浅村栄斗が連続安打で無死一、二塁。
Cdsc_7433
正直、打球が上がらなくて良かったと思った。二日続けてライオンズ打線が0点で終わる訳はない。敗戦処理。の頭の中もだんだんとネガティブになっていく。こうなると逆に投手を代えにくい。山川穂高を何とか三振に仕留めて一死。左打者の森友哉を迎えて宮西投入かなと思ったが続投。森を二ゴロ、併殺は取れずに二死一、三塁。ここで清水がまた上沢に声をかける(冒頭の写真)。外崎修汰も怖い打者だ。でも何とか投ゴロに仕留め、二試合連続で完封勝利。特に今日は10という最も痺れる完封劇を上沢の独り舞台で成し遂げた。


Cdsc_7469
東京ドームで対ライオンズ戦が組まれること自体珍しいが、東京ドームでライオンズを相手に二日連続で完封勝ちするなんていつ以来だろうか?記憶にあるのは、1995年に西崎幸広が東京ドームでライオンズを相手にノーヒットノーランを達成した時に、前日にもキップ・グロス1安打完封勝利を挙げていて二日連続完封勝利をした時だが、その後あるのだろうか?


最近のセイバーメトリクス的発想ではフライでアウトを取る投手よりゴロでアウトを取る投手の方が安全だといわれる。特に東京ドームのように狭い球場ではなおさらだ。確かに、かつての糸数敬作が東京ドームで登板する時などは観ていて生きた心地がしなかった。


今日の上沢が奪った27のアウトの内訳は9奪三振を別にすればゴロアウトが8でフライアウトが10と、ゴロアウトとフライアウトが拮抗しているが、敗戦処理。が到着した六回以降に限るとゴロアウト6、フライアウト3と逆転している。結果的に1対0の試合だったからどのイニングも失点が許されない状況だったが、より一発を警戒しなければならない中場以降にゴロアウトが多くなってきたから最後まで続投させたのだろうか…。


昨日のマルティネスはもっと傾向が顕著で、降板する七回までに“奪った21のアウトの内、12がゴロアウトによるものだった(併殺はアウト数を2で計算)。


Adsc_7306
ただ、133級を投じての完封勝利。次回登板までのケアはより慎重にしていただきたい。ファイターズベンチにはファイターズなりの考えがあっての完投、完封勝利なのだろうが最近の一般的な考え方では投げさせ過ぎといえる投球数である。ましてや上沢は今まで年間を通して一軍で投げ続けた実績がない投手だ。今日の一勝も大切だが、上沢という投手に一年間を乗り切らせることも大切なはずだ。


以前
にも書いたが、現在のファイターズの投手で、年間の規定投球回数に足した経験があるのは有原航平ただ一人。他に年間を通して投げたことがある先発投手は規定投球回数にこそ到達しなかったものの2016年の優勝に貢献した高梨裕稔加藤貴之くらいだ。今季は今のところチームとして好成績。結果を求めるのも大事だが、年間を通して投げられる投手の養成が必要だろう。


100球まで投げました。後はリリーフの皆さんよろしくお願いします。の連続では年間の規定投球回数に届かない。いや、それ以上にリリーフ投手が潰れてしまう。だから敢えて,一般的なリミットの投球数を超えてなお上沢にマウンドを託したのか?単に今日はリリーフに託すより上沢を続投させた方が行けるだろう。ではなく、何らかの意図があったと信じたい。

« 8点あっても勝てないが2点でも勝てた。 | トップページ | 元祖“勝利の方程式”がジャイアンツ球場に帰ってきた! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/66727746

この記事へのトラックバック一覧です: あのライオンズ打線相手に二日連続完封勝利!:

« 8点あっても勝てないが2点でも勝てた。 | トップページ | 元祖“勝利の方程式”がジャイアンツ球場に帰ってきた! »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック