フォト
無料ブログはココログ

« ジャイアンツが東京ドームでの入場者数最多記録(実数発表以降)を更新。 | トップページ | あのライオンズ打線相手に二日連続完封勝利! »

2018年5月15日 (火)

8点あっても勝てないが2点でも勝てた。

Adsc_7082
今日(15)は今年二回目のファイターズ休暇を取得して東京ドームで対ライオンズ戦を生観戦してきた。一時の破壊力と比べるとやや下降気味にも思えるが、何と言っても前回の対戦では8点のリードを八回と九回の2イニングでひっくり返されただけに、今日はどうすれば勝てるのかと思案しながらの球場入りだった。


だが、先発のニック・マルティネスが毎回走者を出しながらも粘り強く0行進を続け、打線がワンチャンスで2点を挙げて逃げ切った。


清宮幸太郎の安打を生で観るのも初めてだったし、良い観戦となった。


(写真:七回裏に先制本塁打を放ち、好例の寿司ポーズを見せながら三塁を回るブランドン・レアード)



なんせ、ライオンズに、特にライオンズ打線に勢いを付けたのは開幕カードで当たったファイターズだ。いきなり三連敗を喫し、逆にライオンズの開幕ダッシュが始まった。二回目の対戦で連勝し、三連敗から二連勝と挽回するはずだったのに、二戦目に80とリードした八回裏に、点差が開いていたからか普段の勝ちパターンとは違う投手を送り込んでライオンズ打線を生き返らせてしまい、慌てて勝ちパターンの投手をつぎ込むも逆転サヨナラ負けをしてしまった。今さら言っても仕方ないが、二勝三敗と一勝四敗では感覚として大きな違いがある。


今日(15日)はファンクラブ会員にはユニフォームのプレゼントがあったようだが、あまりの長蛇の列に諦め、席に一直線。今日はいつものように試合前に国歌の演奏ではなく、独唱が行われた。普段は国歌の時には撮影なども自重するが、今日は歌い始める前に撮影。
Cdsc_6802
独唱したのはシンガーソングライターの三浦祐太朗。そう、百恵さんの息子さんだ。どうせならお母さんに、いや、それは叶わぬ夢…。


Cdsc_6837
先発のニック・マルティネスは前回、奥さんの出産に立ち会うために戦列を離れてからの復帰登板でらしくない打たれっぷりが気になったが、今日はいつものマルティネスに近かった。だがさすがはライオンズ打線。三人で終わる回がない。二死からでも安打が出る。


Cdsc_6877
一方のライオンズの先発、ファビオ・カスティーヨもファイターズ打線をほんろう。両投手ともテンポが良く、午後7時の時点で四回裏を終えていた。


毎回のようにチャンスを作るライオンズに対してファイターズが初めてチャンスを作ったのは六回裏。
Cdsc_7012
二死から西川遥輝が放った右中間の大飛球がフェンスの最上段に当たる三塁打。フェンスに当たったのか、フェンスを越えてスタンドに入って跳ね返って出てきたのかの確認を審判団がリプレイ検証したが三塁打のままだった。
Cdsc_7020
オーロラビジョンに流された映像もどちらともいえず、何よりライトスタンドのファイターズファンがおとなしかったから、たぶんスタンドには入っていないのだろう。


この試合では三度のリプレイ検証がなされたが、敗戦処理。の聞き間違いでなければこの時だけは「リクエストにより…」と言わなかった。辻発彦監督、栗山英樹監督ともに一回ずつリクエストをしたが、どちらもオーロラビジョンで再現された映像の感じでは判定が覆るかなという感じだったが、どちらも覆らなかった。調整したのだろうか<>


二死三塁から大田泰示、近藤健介が連続四球。近藤にはストレートの四球で、勝負を避けるのなら申告敬遠でも良かったと思うが、そうしなかったということは3-0になっても諦めていなかったのだろうか。


二死満塁となって四番の中田翔。初球を狙い撃ちした打球はセンター方向に良い角度で飛んで行ったかと思ったが、秋山翔吾の足がすぐに止まり、中飛。いつもの打った瞬間にスタンドからため息が出る(往年の原辰徳を彷彿とさせるような)内やフライではなかったが、チャンスを活かせなかった。


チャンスの後にピンチあり。というか毎回ピンチに近いのだが、直後の七回表にライオンズが二死から源田壮亮に安打が出て二盗に成功すると、栗山監督は浅村栄斗を申告敬遠で歩かせ、四番の山川穂高で勝負。一塁前のファウルの小飛球に中田がダイビングキャッチを試みて捕球し、またもピンチを守り切った。東京ドームでは中田の一塁守備を近くで観るが、本当に動きが良い。
Cdsc_7077
このプレーは試合後のヒーローインタビューでもナインに火をつけたとか言われていたが,四番打者でもあるのだからその前のチャンスに打っていれば…。


そして七回裏。先頭のブランドン・レアードが左中間に先制弾。
Cdsc_7079
冒頭の写真のようにいつもの通り寿司ポーズを見せてくれた。レアードは最近変えたのか、打席に入るときの登場曲はGReeeeの『キセキ』が流れていた。今日は隣の席にジャイアンツファンのグループがいたが「♪レ・ア・-・ド、ホームラン、ホームラン」と盛り上がっていた。


一死後、清宮幸太郎が右翼線に痛烈な一打を放ち、一気に二塁まで進んで二塁打となった。
Cdsc_7086
デビューから7試合連続安打の後、一転して無安打の試合が続いていたが久しぶりの安打。個人的にも初めて生で清宮の安打を観た。二塁に進んだ清宮に代走として杉谷拳士が送られた。外野守備はまだお世辞にもうまいとは言えないレベルだから守備固めでというのはわかるが、守備固めはともかく代走を送られるというのは如何なものだろうか?


などと考えていたら続く鶴岡慎也が左中間を真っ二つの二塁打を放ち2点目。これでカスティーヨは降板。二番手に武隈祥太が出てきた。ファイターズは武隈を攻めて一死満塁として平井克典を引っ張り出した。援護点は何点あっても安心できない感じ。ましてや一塁ベンチ前でマルティネスがキャッチボールをしていない。一気に大量点をと期待したが大田が二ゴロ併殺打で2点止まり。


八回に石川直也、最終回にマイケル・トンキンという勝利の方程式でと思いきや、八回表のライオンズの攻撃が森友哉、外崎修汰、栗山巧という並びだったからかサウスポーの宮西尚生を投入。
Cdsc_7134
二死を取った後に栗山に左前に運ばれて右の大砲、エルネスト・メヒアを迎えると石川直にスイッチする手堅い継投で“鬼門”の八回を凌いだ。


2点差のままで迎えた最終回のマウンドには鶴岡慎也…
Cdsc_7210
な訳はなく、トンキン。トンキンまでもが二死から四球で走者を許し、浅村に一発が出れば同点という展開だったが凌いで2対0で勝った。
Cdsc_7215


ライオンズもさすがに開幕からの怒濤の勢いが一段落。ファイターズファンのエッセイスト、えのきどいちろうさんですら“山賊打線”のフレーズを多用するほど上から下まで三割打者が続く打線もやや下降期なのだろうか。もちろん、マルティネスと鶴岡のバッテリーが細心の注意を払って立ち向かったからこそ、毎回のようにピンチを迎えながら抑えることが出来たのだろう。


だが、喜ぶのは明日も勝ってから。ライオンズを開幕から走らせた張本人として、もう一つ勝ってパ・リーグを混戦にしよう。


ところで
清宮は近藤が復帰するまでと思っていたらオズワルド・アルシアの故障もあって、栗山監督もまだ使っていくだろう。レフトの守備はまだ危なっかしい。本当はファームでみっちり経験を積んでからにしたかったのだろうが、体調不良で試合数そのものが少なく、一軍で学びながらということなのだろう。いずれそれが仇になるケースも出てくるだろうが、経験があるからといって中田に外野を守らせるのは反対だ。中田もまだ二十歳代だし、一塁しか守れないのではなく外野も守って欲しいと思っているが、清宮の都合で外野に回されるのは筋が違うと思う。


清宮はまた打撃が上向きになるのではないかという今日の二打席目、三打席目だったが上述した様に代走を出されたのは残念だ。もっとも攻撃中に交代させられたからか、次の回の守備の時、早くもキャッチボール要員として登場した。
Cdsc_0384
ベンチで一番若いからすぐに役が回ってくるのだろう。


最後に今日515日は25年前に初めてJリーグの公式戦が行われた日だ。25年前の1993年にも515日には敗戦処理。は東京ドームでファイターズの試合を観ていた。

日本初のプロサッカーリーグ-Jリーグ開幕の日、敗戦処理。がいたのは国立競技場ではなく…【回想】敗戦処理。生観戦録-第20回 1993年(平成5年)編



サヨナラ打を放った白井一幸がヒーローインタビューで「今日からサッカーも始まりましたけど、野球も頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします!」と熱く語ったことを今も覚えている。

« ジャイアンツが東京ドームでの入場者数最多記録(実数発表以降)を更新。 | トップページ | あのライオンズ打線相手に二日連続完封勝利! »

コメント

まあ、ライオンズは勝率、打率とも今までが異常なペースでしたし、ここらへんで少しクールダウンさせた方がいいでしょうね。

ファイターズファンなら覚えていると思いますが、1996年、1998年とも前半独走していながら、後半失速しましたし。

特に、1996年にブルーウェーブがファイターズの目の前で優勝を決めたということで、1989年に続き、上田監督が仰木監督に負けたというのが印象に残っています。

xyz様、コメントをありがとうございます。

> まあ、ライオンズは勝率、打率とも今までが異常なペースでしたし、ここらへんで少しクールダウンさせた方がいいでしょうね。

たまたま全体的に小休止という時期で、良いタイミングでファイターズはライオンズに当たったのかもしれませんね。

> ファイターズファンなら覚えていると思いますが、1996年、1998年とも前半独走していながら、後半失速しましたし。

ライオンズはファイターズに連敗したと言っても二試合で3失点しかしていません。投手力がしっかりしていれば大崩れはしないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/66724247

この記事へのトラックバック一覧です: 8点あっても勝てないが2点でも勝てた。:

« ジャイアンツが東京ドームでの入場者数最多記録(実数発表以降)を更新。 | トップページ | あのライオンズ打線相手に二日連続完封勝利! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック