フォト
無料ブログはココログ

« 斎藤佑樹、5点のリードをもらうも被安打0ながら8与四死球の怪投で四回途中降板。今年も変わらないのか…!? | トップページ | 上原浩治「便利屋でやります。どこでもやります」 »

2018年4月 8日 (日)

敗因ははっきりしている。

Adsc_5977
このタイトルですべてわかると思う。今日(8)も東京ドームでファイターズ対マリーンズ戦を生観戦してきた。


先発の加藤貴之2失点したとはいえ粘り強く投げ、リリーフ陣もよくピンチを凌いでいたが、打線に決め手がない。特に、打線の中心、四番の中田翔が今日の試合ではことごとく期待を裏切った。


(写真:十回浦無死一塁からこの試合二本目の併殺打に終わった中田翔)



延長十一回まで粘った試合ではあったが、そこまで負けなかったのはファイターズの投手達の踏ん張りがあったからで、その前で負けていても不思議でない試合だった。昨日までの5連勝が本物だなどとは思っていなかったが、本物でない連勝にしてはよく続いたと思う。



ファイターズの先発は加藤貴之で、マリーンズが酒居知史


Cdsc_5587
加藤は立ち上がりを狙われる。一回表、一番の荻野貴司に左前安打。バウンドを合わせ損なってオズワルド・アルシアが弾く間に二塁まで進まれていきなりピンチ。二番の藤岡裕大を遊ゴロに打ち取るが、俊足の荻野貴が判断良く三塁に進んで一死三塁。ここで三番の中村奨吾に左飛を打たれ、さほど深い当たりとは思えなかったが、俊足の荻野貴の生還を許し、1点を先制された。
Cdsc_5599

荻野貴ひとりにやられたような、あっという間の先制点だった。


ファイターズもその裏、一死から西川遥輝が右翼線に二塁打を放つと、続く近藤健介も中前に運び、一、三塁として四番の中田翔ここで中田は外野フライどころかどん詰まりの遊ゴロ。フルカウントで一塁走者の近藤がスタートを切っていたのでマリーンズは打者走者の中田しかアウトに出来ず、その間に西川が生還して1対1の同点。今にして思えば、この打球が併殺打にならなかったのが不思議なくらいだが、この時点では一回の表裏を終えて11という普通の展開だった。


四回表には加藤が中村と、四番の井上晴哉に連続二塁打を打たれて再び12と勝ち越される。なおも無死二塁とピンチが続き、その後一死三塁と変わるが加藤が踏ん張って1点止まり。加藤は打たれながらも粘って余計な追加点までは奪われない。見方を変えればマリーンズ打線も決め手を欠く。


Cdsc_5607

ファイターズはマリーンズ先発の酒居を打ちあぐんでいた。というか三番の近藤以外の打率は悲惨な数字ばかり。まだ始まったばかりとはいえお寒い限り。


六回裏、西川が四球、近藤が中前安打で無死一、二塁として再び四番の中田。酒居は投球数が100球近くになってスタミナが不安なのか、はっきりとしたボール球が増えているように思えたが、このチャンスに中田が三ゴロ併殺打。
Cdsc_5728



続くブランドン・レアードはほとんど勝負してもらえず四球で二死一、三塁。この三連戦、マリーンズは要所となると近藤、レアードとの勝負を避ける傾向にあるが、ここで六番のアルシアは豪快に引っ張って右前安打。
Cdsc_5733
西川が生還し、2対2の同点。



球数が100球を終えた酒居はここで降板。昨日リリーフで2イニング、20球を投げた田中靖洋が登板。


アルシアはよほど嬉しかったのだろう。川名慎一一塁コーチとかなり強めのハイタッチをしていたし、二塁に達していたレアードが投手交代の間に祝福に一塁ベースまで駆けつけたほどだった。
Cdsc_5739

アルシアに関しては早くも攻略法が各球団に知れ渡っているなどと言われているが、ここ二試合はタイミング良く捉えているように思える。この後、十回裏の打席でも右翼線にフェンスまで達する安打を放っていた。ただ本人は以前、好不調のバロメーターは逆方向に強い打球が飛ぶかと言っていたような…。


同点に追いついたファイターズは七回裏、この回から登板のマリーンズ三番手、南昌輝を攻めて(というか相手の一人相撲で)振り逃げ、四球、四球で一死満塁と勝ち越しの絶好のチャンスをつくり、しかも打席には近藤。ここでマリーンズは南をスパッと諦めて左対左となる松永昂大にスイッチ。
Cdsc_5785
ファイターズファンのかなり多数が、近藤で決めないとこの回も無得点とここが最大の山と期待しただろうが、近藤は松永の前に三振。



右打者の中田の打席でサイドスローの益田直也投入かと思いきや、井口資仁監督自らマウンドに向かって松永に檄を飛ばす。
Cdsc_5792
中田はここでも期待に応えられず遊ゴロで三者残塁に終わる。



「中田、またかよ」というファイターズファンのため息がドームを包む。普通、一死満塁のチャンスを逃すと犠牲フライさえ打てなかった最初の打者が槍玉に挙がることが多いが、不満の矛先は中田に向かう。


ファイターズは八回表、先発の加藤に代えて二番手にマイケル・トンキンを送る。同点ではあるがファイターズも継投策へ。
Cdsc_5814

一番からの好打順であったがトンキンはマリーンズの攻撃を三人で片付けた。


八回裏、マリーンズは五番手のタナー・シェッパーズを投入。
Cdsc_5831
どうでもよいが一昨日の先発、マイク・ボルシンガーの背番号86とこのシェッパーズの背番号87は安直な背番号の選び方に思えるが…。



先頭のレアードが左中間に安打。荻野貴が上手く回り込んだが、レアードは迷わず二塁へ。
Cdsc_5845

Cdsc_5846

Cdsc_5847
間一髪セーフで無死二塁。



ようやく期待を持てそうになってきたアルシアの打球はいい当たりだったが荻野の真正面。レアードも二塁に釘付け。続く横尾俊建の中飛でレアードが三塁に進んで二死三塁になると、清水優心に代打、鶴岡慎也
Cdsc_5854

正直に言って、他に誰かいないのかと肩の力が抜けた。打率.429は魅力的だが、それはスタメンでマスクをかぶる時の下位打線で相手のマークが甘い打順での成績。勝負を決する局面でこの打率通りの期待が出来るとは思えない。


それに、今日付けで斎藤佑樹に代わって捕手の大嶋匠が登録されて捕手三人体制になったとはいえ、今季の大嶋は昨日までのイースタン・リーグ公式戦で一度もマスクをかぶっていない。守備に付いたのは一塁だけだ。となれば実質的に鶴岡は最後の捕手。打席でアクシデントがあったらどうするのか?近藤にしても、オープン戦の起用を見ても捕手で使うのは不測の事態の時くらいだと思える。鶴岡には申し訳ないが、何故ここで田中賢介の名前が挙がらないのだろうか?結果は右飛でこの海も勝ち越しを逃す。


九回表、トンキンに代わってマウンドには石川直也。開幕カードのライオンズ戦では芳しくない結果が二度続いたが、それでも首脳陣は次のゴールデンイーグルス戦ではリードした場面でのクローザーとして起用された。
Cdsc_5861

こういう起用法は一貫性があって良いが、その後三日間登板なし。何でと思ったら同点の九回に登板。一死から鈴木大地に二塁打を打たれてピンチを招くが菅野剛士李杜軒を連続奪三振。ピンチを凌いだ。


マリーンズは同点の九回裏にクローザーの内竜也を投入。
Cdsc_5894

リードして迎える最後のイニングの三つのアウトを取るのが最も難しい。だからクローザーという専門職が必要になる。という考え方からすると、ビジターのチームが同点の九回裏にクローザーを投入するのは必ずしも賢明とは限らない。何故なら勝つためにはこの回を抑えるだけではダメで、この回を抑えた上で、次の攻撃で味方が勝ち越したら抑え役になるが、味方が勝ち越さなかったらまた投げなければならず、何イニング投げなければならないか、投げてみなければわからないからだ。


だが、マリーンズはとにかく最も良い投手を出してサヨナラ負けを防ぐことを第一としたのだろう。ファイターズは中島卓也からの打順が三人で片付けられた。



逆にホームチームのファイターズは九回以降、リードしたらサヨナラ勝ちなので、リードを守り切るという形にはならない。そこで同点の九回以降、クローザーを始め、良い投手から順に投げさせるというのが一般的。既にトンキンと石川直を使っているので宮西尚生を投入。理にかなった起用法だがここに思わぬ落とし穴が。


宮西は清田育宏田村龍弘に連続で四球。この時点でおかしいと思ったが、一番の荻野貴に初球を投げた後、トレーナーをマウンドに呼び、マウンドを降りた。
Cdsc_5942
背中の張りを感じたからとのことで、明日(9日)受診する予定の検査結果によっては登録抹消の可能性もあるという。



どのみち延長十二回までを考えれば宮西の後に二人のリリーフが要る展開であったが、まさかの宮西緊急降板。この時点でファイターズのベンチに残っているのは西村天裕、上原健太、井口和朋、田中豊樹。大役を任されたのは昨日リリーフ登板してプロ入り初勝利を挙げた西村だった。


昨日
プロ入り初勝利を挙げているといってもリリーフで登板して最初の打者に本塁打を打たれている。ルーキーには荷が重いだろう。同じ打たれるにしても、昨日斎藤佑樹が残した走者を背負って登板して無失点に切り抜けた井口だろうと思ったがファイターズはルーキーに託した。
Cdsc_5949

マリーンズは西村に対して荻野貴が送りバントで一死二、三塁に。緊急登板で準備不足が懸念される西村に取りあえずバントでアウトを一つくれたのはラッキーに思えた。それでも一死二、三塁の大ピンチ。ここでマリーンズは藤岡裕に代えて、スターティングメンバーから外れていた福浦和也を代打に起用。レフトスタンドが最高に盛り上がったが、個人的には藤岡裕に代打を出してくれて助かったと思った。西村は福浦を二ゴロに打ち取って三塁走者を三本間で刺すと、続く中村も中飛に打ち取った。


大したルーキーだ。


これでこの裏にファイターズがサヨナラ勝ちすれば西村に二日連続で勝利が付くのだが、またも中田がチャンスをつぶす。


十回裏、マリーンズは内を1イニングで降板させて益田を投入。先頭の近藤が左前安打で出るが、中田が無死一塁から三ゴロ併殺打(冒頭の写真)。この後、二死走者無しからレアードが歩かされ、アルシアが右翼線に安打を放って一、三塁とチャンスを作るも横尾俊建が凡退。


十一回表、ファイターズのマウンドには西村ではなく井口。いきなり井上に四球。十回表のピンチに西村が指名された理由がわかった。この後も送りバントと四球。重盗があって二、三塁に。二死になって八番の清田育宏。次の田村龍弘と天秤にかければ申告敬遠で満塁策かなと思ったが、勝負にいった結果、カウントを3-1と悪くして結局申告敬遠。二死満塁となって田村に中前に運ばれて決勝打となった。
Cdsc_6036
西村>井口という考えも納得したが、この田村のタイムリーで二者生還の後、田村を一、二塁間で挟んだまでは良かったが、三塁に達していた一塁走者の生還まで許したのはあまりにお粗末だった。



今のファイターズに二カード連続で三タテをするほどの力がなかったということだろうが、五球団と一通り対戦するまではいろいろと見極めの時期でもあるのだろう。昨年のように二勝二敗から六連敗してしまうとどうしようもなくなるが、幸いにも今季はそこまでは悪くない。試行錯誤は続くのだろう。


なまじ5連勝もしたから今日も、という期待をしたが、今季は今日打たれた井口や田中豊など、若手の底上げをしなければならないシーズンと個人的には覚悟しているので、今日の様な負けかたも受け入れるしかあるまい。


ただ、次のカードはビジターでホークスと三連戦。ヘタをするとホークスの目を覚めさせる三連戦になってしまう予感がする。開幕でライオンズを走らせ、続いてホークスを起こしてしまっては他球団に申し訳ない…。


タイトルに“敗因ははっきりしている”と書いたが今日に関しては中田だ。四番が打っていれば延長になる前にファイターズが勝っていただろう。近いうちに倍にして返して欲しい。継投の順番や、清水への代打が田中賢でなく鶴岡だったことなど、現時点でのチーム内の序列というか、優先順位がよくわかる試合だった。ただ、宮西が心配だ。


三日間東京ドームに足を運び、トータルで考えれば二勝一敗だから良しとしなければならないのだろうが、二勝一敗の一敗が最後に来たのがいささか引っかかる。敗戦処理。が観戦する一塁側エキサイトシートはレフトスタンドのマリーンズ応援団の真正面。負けたショックに加え、あの応援歌の数々が明日月曜日の仕事中に脳内に甦る苦痛を味わうことになるからだ…。


.S.
【今日のオマケ】
時間を超える試合で、6時を回っていたので終わったらとっとと帰ろうと思っていたが、ストレス発散のために試合後のグランドウォークに参加した。


マウンドは近くから見るだけだったが、各ベースには踏んだり触ったり出来るのですぐに人垣が出来た。
Cdsc_0354

Cdsc_0357
中田が併殺打ばかり打っていたのでファイターズナインが進めなかった二塁ベース。


Cdsc_0353
クストバッターズサークル。簡単にめくれるので、めくってみたがしたにジャイアンツのロゴは無かった<>。

« 斎藤佑樹、5点のリードをもらうも被安打0ながら8与四死球の怪投で四回途中降板。今年も変わらないのか…!? | トップページ | 上原浩治「便利屋でやります。どこでもやります」 »

コメント

>マリーンズは同点の九回裏にクローザーの内竜也を投入。
この同点9回ビジター側の継投策については僕も井口監督のように抑え投手を起用するという考えのほうが合理的で正しいものと考えます。ビジター側から見た場合、少なくともこの時点で抑えなければならないイニングは9回裏、10回裏となりますですがその重要度は大きく異なります。9回裏は絶対に無失点で抑えなければなりませんが、10回裏(またそれ以降のイニング)は表の攻撃いかんで絶対に無失点でなければならない場合からn点以内に抑えればいいというケースまでありうるからです。(実際この試合の11回裏がそうでした)

また抑えの内の立場に立って見た場合でも抑え投手の延長勝ち越し時の登板(流動的な登板)はいいものとは言えません。内が9回表ロッテが勝ち越した時の抑えとして投げるためには9回表が始まる頃にはブルペンで肩を作っている必要がありますが、9回表終了時つまり丁度肩が出来たタイミングでやっぱり10回裏に投げてくれ、いややっぱり11回裏に投げてくれと再度肩を作り直させられるということになれば当然内への無用な負担を生み最高のパフォーマンスを発揮するという目的も損ねてしまうものです。

もし「たとえ延長になっても抑え投手が投げるのはセーブの付く最終イニング」みたいな拘りを持った監督がいたとしたら、その監督はその試合に勝つための戦略眼を持っていないだけでなく、抑え投手が肩を作り直させられることの無用な負担を理解していない監督と言えるでしょう。

一昔前までは「9回同点の場合、ビジターは勝ち越すまで抑えは残すのがセオリー」みたいな風潮がありましたが、近年はこの日の井口監督のような継投をする監督が増えてきておりとてもいい傾向にあると思います。

サフラン様、コメントをありがとうございます。

> 抑えの内の立場に立って見た場合でも抑え投手の延長勝ち越し時の登板(流動的な登板)はいいものとは言えません。


難しい問題ではありますよね。


もちろんチームは九回表に勝ち越すための采配をしている訳で、それに合わせてクローザーは調整している訳です。


ただ、年間にビジターゲームでどれだけ延長戦があるか、ですよね。その負荷を考えても、勝ち越すまで待つという考え方も必ずしも誤りだとは思いません。


この試合でも、同点でも内を九回裏に出した時点で、十回表に勝ち越したら内に2イニング投げさせる予定だったのか。内が降板後に勝ち越したらその次に安定している益田ということなのでしょうが、、益田も短いイニングとはいえ三日間連投になりますからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敗因ははっきりしている。:

« 斎藤佑樹、5点のリードをもらうも被安打0ながら8与四死球の怪投で四回途中降板。今年も変わらないのか…!? | トップページ | 上原浩治「便利屋でやります。どこでもやります」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック