フォト
無料ブログはココログ

« オープン戦らしくルーキー四人が同時にラインアップに!-でもルーキーを使えばミスが出るもの。 | トップページ | 「HEAD NORTH」-荒木大輔ファーム監督にファイターズのファームの投手を鍛えなおして欲しい。 »

2018年3月 4日 (日)

上原浩治、ジャイアンツに復帰か?

Adsc_0053
シカゴ・カブスからフリーエージェントになっていて今季の所属が決まっていない上原浩治が古巣ジャイアンツに復帰する可能性が浮上している。


上原は今季の所属が決まっていないが1月の時点で、今季メジャーの球団と契約すれば節目となるメジャー十年となり、今季限りで現役引退する決意を固めていると語っており、今季の契約先に関して日本球界への復帰は「考えてないし、お誘いもない」と語っていた。


それが一転、希望するメジャー球団との交渉が進展しないからか「日本の球団で『上原がほしい』と言ってくれる球団があるなら、そこで野球がしたいと思っています」と態度を豹変したことで古巣のジャイアンツが獲得に名乗りを挙げるのではないかという見方が出ている。


(写真:ジャイアンツ時代の上原浩治。20087月撮影)

 

◆ 上原今季限り引退示唆 日本球界復帰「考えてない」
2018121日、日刊スポーツ

◆ 上原浩治が激白「燃え尽きたい」日本復帰を示唆
2018228日、日刊スポーツ

日刊スポーツの独り相撲という気も無きにしも非ずだが、上原浩治の今季の所属先が決まっていないのは事実。あのイチローですら所属が決まらないのだから推して知るべしという感じもするが、あくまでメジャーで引退、マイナー契約なら引退とも公言していた上原がここに来て日本球界復帰を選択肢に含めたところ古巣のジャイアンツが食いついたようだ。

◆ 【巨人】石井球団社長、上原の古巣復帰へ“ラブコール”「春っぽい明るい話」
2018年3月3日、スポーツ報知

ジャイアンツは昨年、クローザーのアルキメデス・カミネロとその前の八回を投げるスコット・マシソンは機能していたが、その二人に繋ぐまでのリリーフ投手が不安で接戦をものに出来ないことが多かった。今日(4日)のスワローズとのオープン戦で澤村拓一が約一年ぶりに一軍のマウンドに上がったものの中継ぎの不安に関しては補強大好きな球団にもかかわらず、今オフに手を付けていない。上原が復帰すればその穴を埋めることが出来ると期待しているとしても無理がない。


しかし、上原は高橋由伸監督と同じ生年月日で今春、43歳になる。いつ契約が決まっても大丈夫なように自主トレを続けているというが、いわゆる春季キャンプ的な鍛え方とは異なるだろう。“上原浩治”という名前だけで通じるものでもないだろう。同じNPB古巣球団復帰でも春季キャンプを経験した青木宣親とは同じとは考えられないと敗戦処理。は思う。


また、個人的に敗戦処理。は上原に対する心証が良くない。ジャイアンツの投手として入団一年目から20勝を挙げるなど十年間のエースとしての活躍には感謝しているが、2008年のシーズン中にFA権を獲得するや否や、シーズン中であるにもかかわらずメジャー行きを公言。多くの選手がFAの資格をシーズン中に取得してもその時点では「今はシーズンに集中したい」という趣旨のコメントを残すが上原はチームメイトへの影響などを考えずに自分の権利だからと進路を明言した。

参考エントリー拙blog20084月9日付上原浩治が今オフの大リーグ行きを明言

また、オフシーズンを目前に控えて球団と手続き上の打ち合わせをしたのが、チームが出場している日本シリーズの第7戦の当日だったということも重ねて心証を悪くしている。チームが日本一をかけて戦っているその集大成の日に自分は登板予定がないからだったのだろうが、進路の打ち合わせをしていたというのだ。


この年のライオンズとの日本シリーズに上原は第
1戦と第5戦に先発していて、第7戦には登板予定がなかったのだが、この第7戦を制したライオンズは先発の西口文也以下、二番手に第3戦に先発した石井一久、三番手に上原と同じく第1戦と第5戦に先発した涌井秀章をつぎ込む総力戦でジャイアンツに辛勝したのだ。またライオンズは二勝三敗と王手をかけられた第6戦で第4戦に完封勝利を挙げた岸孝之を中二日でロングリリーフに起用して勝利していた。ライオンズとジャイアンツでローテーション事情が同一でないにせよ、これらの行為を考えると、こと自分の進路に関してはチームのことより自分を優先させる考え方なのだろうなと敗戦処理。は勘ぐったのである。


上原はジャイアンツへの入団時にいわゆる“直メジャー”も視野に入れていた程で、当時の逆指名制度でジャイアンツ入りを表明したがその頃から将来的なポスティングシステムでのメジャー移籍を容認されているという密約の存在が噂されていた。ジャイアンツはポスティング移籍を認めない球団であり、これまでその例外はない。ただ上原には密約があり、それが何らかの理由で反故にされ、FA件取得を待つしかなくなったため、当てつけのようにシーズン中であっても権利を取得するや否や行使を表明したという見方もあるが…。

◆ 上原は巨人復帰濃厚「日本でやろうと」中旬にも決定
201833日、日刊スポーツ

何を今さらという気がしないでもない<苦笑>


もちろん、同じジャイアンツでも十年前とは体制が変わっている。仮に確執があったにせよ、その当時の主要人物がほとんど去っていて上原にとっては不満が無いということなのかもしれない。冒頭の写真には尾花高夫投手総合コーチ(当時)も映っているが、尾花コーチも2009年のシーズン終盤にベイスターズから翌年の監督就任要請交渉を受けていたことがわかり、日本シリーズに備えての自軍投手のモーションでの癖をチェックする打ち合わせでは参加を拒否された。報道陣シャットアウトの練習で伊原春樹ヘッドコーチが叱責するシーンもあったという。日本シリーズ本番でも尾花コーチでなく原辰徳監督が自らマウンドに行くケースが見られた。

Cdsc_0107
そんな経緯があっての退団であったが、ベイスターズの監督を退任後、しれっとジャイアンツに復帰している。敗戦処理。のように十年も前のことを根に持つ人間は球団にはいないのだろう
<苦笑>


ジャイアンツとしては手薄な中継ぎ陣に上原が加わることによって厚みを増すという考えが一番であろうが、“五人目の外国人”で一軍登録枠から外れそうな新外国人のテイラー・ヤングマンを一軍で先発投手として使う場合に、誰か外国人選手の登録を抹消しなければならず、投手ならマシソンかカミネロのどちらかの登録を抹消しなければならない。昨年、あまりの貧打ぶりに“外圧”がかかってルイス・クルーズを一軍に登録した際にカミネロを抹消したらただでさえ不安定な救援陣がさらに弱体化して連敗に拍車がかかったことがトラウマになっていて、さらなる中継ぎ投手の拡充を考えているのではないか?メジャーから獲得といっても上原なら日本人登録だし、交換トレードと異なりジャイアンツとしては“お金”以外の流出がない。


選手出身として初めてのゼネラルマネージャーに鹿取義隆が就任して初めてのオフシーズンだったが、まだこの時期に至ってなお、元所属選手とはいえ年齢的に不安要素の多い投手に食指を動かさなければならないとなると、このチームは何も変わっていないのではと不安になる。


上原にせよイチローにせよ、大リーグで現役生活を全うして引退して欲しいと敗戦処理。は願っているが、ジャイアンツの上原浩治が誕生するのだろうか?


人間が小さいと言われるかもしれないが、敗戦処理。はかつてのエースの復帰を素直に歓迎できない。

« オープン戦らしくルーキー四人が同時にラインアップに!-でもルーキーを使えばミスが出るもの。 | トップページ | 「HEAD NORTH」-荒木大輔ファーム監督にファイターズのファームの投手を鍛えなおして欲しい。 »

コメント

敗戦処理。様、こんにちは。のんきです。

黒田投手が広島に復帰したときには、黒田投手に好感をもてましたが、
上原投手が仮に巨人に復帰したら、素直に喜べないです。

巨人ファンである私がなぜそう思うのか、自分でもわかりませんが。

がんばれ巨人軍
のんき

のんき様、コメントをありがとうございます。

> 上原投手が仮に巨人に復帰したら、素直に喜べないです。

意外に、そう考えている巨人ファンは少なくないのではと想像します。

黒田投手は、私の記憶では一度は移籍を踏みとどまりました。

これがけっこうファンの心を動かしたと思います。

一年後に、どうしてもメジャーに挑戦したい気持ちを抑えられなかった。

カープのファンの人も素直に送り出そうという気になった。だから、まさかと思っていた復帰が実現して喜んだのでしょう。

私は本文に書いたような理由で疑問視していますが、他にも人それぞれな感想がルと思います。

ホイホイと飛び付くジャイアンツもどうかと思いますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上原浩治、ジャイアンツに復帰か?:

« オープン戦らしくルーキー四人が同時にラインアップに!-でもルーキーを使えばミスが出るもの。 | トップページ | 「HEAD NORTH」-荒木大輔ファーム監督にファイターズのファームの投手を鍛えなおして欲しい。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック