フォト
無料ブログはココログ

« 北海道日本ハムファイターズ 2018新入団選手歓迎式典&交流会 | トップページ | 東京スポーツが報じたドラゴンズ岩瀬仁紀の人的補償移籍拒否は本当なのか? »

2018年1月15日 (月)

“人の噂も七十五日”!?原辰徳氏らが野球殿堂入り

Adsc_1274
15
日、野球殿堂博物館にて平成30年度の野球殿堂入りの通知式が行われ、競技者表彰で松井秀喜氏、タイガースの金本知憲監督、ジャイアンツの特別顧問を務める原辰徳氏の三氏、特別表彰ではアマチュア野球で多くの指導者を育てた瀧正男氏が野球殿堂入りしたことが発表された。


原巨人軍前監督に関しては、敗戦処理。としては2012年に正力松太郎賞を受賞した際に拙blog20121115日付で正力松太郎賞が原辰徳監督で本当にいいの? で書いたように“あの件”をうやむやに終わらせたことで、野球界の晴れがましい表彰にはそぐわないのではないかと思う。だが、“人の噂も七十五日”の諺もある。あの騒動から五年半。他にも過去にいろいろあった野球人が殿堂入りした例はある。野球殿堂入りすべき人物と認められたというだろうか。


(写真:競技者表彰、エキスパート部門で野球殿堂入りが決まった原辰徳前ジャイアンツ監督)



blogでは1月1日付で他山の石-日本相撲協会の騒動を対岸の火事と思ってはいけない。 というエントリーを立てた。昨年の日本相撲協会における貴ノ岩が横綱日馬富士から受けた暴行事件の不可解な対応を野球界は他山の石とせよという論旨だ。昨年、ジャイアンツの山口俊がプライベートで暴行事件を起こしたが、まだその対応の方がよかったからだ。


しかし、五年半前に発覚したことではあるが、この論法からいくと原辰徳前ジャイアンツ監督の対応は最悪だ。日本相撲協会の理事会や危機管理委員会は貴乃花親方が暴行の件を協会に報告せずに先に警察に届け出たことを批判していたが、原前監督は球団にも警察にも内緒で相手(謎の第三者!?) 1億円を払ってしまったのだから。当時、原前監督はこの相手を反社会的勢力とは認識しなかったということで球団も不問とし、NPBも特に処分を科さなかったのだが、そういう対応でしらばっくれたその年にチームが日本一に輝いたからといって正力松太郎賞というのはどうなの?と考えたのである。その考え方は野球殿堂入りに関しても同じだ


今回、金本知憲タイガース監督と松井秀喜氏は候補者の資格を得た初年度での殿堂入りであるが、原前監督に関してはプレーヤー表彰でかつて候補者になったものの資格を喪失し、何年か遠回りしている。



金本監督と松井氏に関してはまだ早いという見方が出てくるかもしれないが、文句なしの実績を誇る元選手には資格元年でもどんどん選ばれて欲しい。因みに過去に資格一年目に殿堂入りを果たしたのはヴィクトル・スタルヒン、王貞治、野茂英雄、工藤公康(一部敬称略、以後同じ)の四人だそうだ。この二人以外の得票上位者は立浪和義、高津臣吾、佐藤義則、川相昌弘ら。原前監督が選ばれたエキスパート部門での得票上位者は権藤博、ランディ・バース、田淵幸一、柴田勲ら。


なおエキスパート部門での投票者には既に野球殿堂入りした人が含まれていて、昨年殿堂入りを果たした星野仙一氏も投票したという。


野球殿堂入り通知式の見所はもちろん誰が選ばれるかということだが、祝福のスピーチ(来賓の祝辞)を誰が来るかも見もの。昨年は平松政次氏には土井淳氏、星野氏には杉下茂氏、伊東勤監督には村田兆治氏がスピーチした。


そもそも敗戦処理。が開始20分前くらいに会場の野球殿堂ホールに入ったときにはホール前方に顕彰者四人の写真が飾られていて、誰が選ばれたかわかってしまうのだ<笑>。


今回松井は欠席し、父の昌雄氏が代理で出席。また特別表彰の瀧正男氏はなくなられているので長男の克己氏が出席した。


Cdsc_1207
野球殿堂博物館の理事長(NPBコミッショナー)斉藤惇理事長の挨拶から始まって四人への殿堂入り通知書の授与。そして顕彰者の挨拶が始まった。


松井の代わりには父の松井昌雄氏が挨拶。
Cdsc_1246
かつて香西かおりとデュエットしてCDを出した渋い声で松井からのメッセージを読み上げ、また自らも関係各位に感謝の意を示した。殿堂入りの投票を開票したのが一週間前の8日だったから、松井も都合が付かなかったのだろう。なお、松井のメッセージには通常オールスターゲームで行われる表彰式には出席の意向を示していた。また、敗戦処理。も松井からのメッセージの文章をもらったが、恩師であるミスターを“長嶋茂雄巨人軍名誉監督”と書いてある。
Cdsc_1277
司会の元ニッポン放送の胡口和雄氏によれば松井が書き間違えたものをそのまま載せたとのことなので、マスコミ関係者には記事にするときは“終身”を付けて欲しいとお願いしていた。



松井昌雄氏に続いてスピーチした金本監督はさかんに自分が選ばれて良いのかと言うことを口にしていた。
Cdsc_1263
まだ若い、現役の監督であることを理由にしていたが、いうまでもなく連続フルイニング出場記録などの金字塔を立てているのだから、文句のないところだろう。



原前監督は自分の野球人生を振り返っている感じのスピーチだった。相変わらず可もなく不可もなくというか…。


余談だがホントは“原監督”と書きたいのだが、今や原監督といったら完全に別の人を連想してしまう。


競技者表彰部門の三人の挨拶が終わったところで来賓の祝辞。松井といえば長嶋茂雄終身名誉監督。こちらも本人は姿を見せず、スピーチを胡口氏が代読した。ミスターは金本監督と原前監督にもメッセージを送っており、最後に胡口氏が代読していた。


金本監督への祝辞は2008年に野球殿堂入りしている山本浩二氏。
Cdsc_1280
金本監督がカープに入団したときのカープの監督という縁で、二度目のカープ監督時に金本がFA移籍を決意した。その移籍先が山本氏と縁の深い星野仙一氏だったことから、星野氏を偲ぶ感じの話にいささか横道に逸れた感もあった。



原前監督への祝辞にはミスターがいないとなると誰?という感じだったが、何とジャイアンツの大先輩、金田正一氏だった。
Cdsc_1298

同じジャイアンツの先輩であることは確かだが、同時にユニフォームを着たことはない。基本的に殿堂入りした先輩を呼ぶ慣例なのかもしれないが、他にいなかったのだろうか?比較的新しく殿堂入りした先輩では堀内恒夫がいるが…。


かねやんは現在84歳。着席していた座席からほんの1~2m先のスピーチ台まで原前監督が付き添おうかというそぶりを見せたが「だいじょうぶだよ」と一人で歩いた。いきなり「長嶋です」と訳のわからないボケをかましたかと思うと、この年齢になるとスーツを着るのも一苦労だなと自分の話を始め、その後「たっちゃん」と呼んで原前監督の功績を称えていた。声の大きさは相変わらず。昨年のこの席では当時90歳だった杉下茂さんがお元気にスピーチしていたがかねやんもいつまでも元気でいて欲しいものだ。あの張本勲がおとなしくなる『サンデーモーニング』の御意見番の助っ人としてもまだまだ活躍して欲しい。


ここで一度マスコミ向けの写真撮影をして、特別表彰の殿堂入りにうつる。特別表彰委員会の選考経過を語ったのは同委員会の池田哲雄議長。
Cdsc_1331

こちらも、もうほとんどの人は忘れているだろうが斎藤佑樹に高級車をプレゼントしたベースボール・マガジン社の社長さんだ。これも“人の噂も七十五日”か…。



瀧正男
氏のことは不勉強で全く知らなかった。中京商業時代には夏春の甲子園大会で優勝。その後、いくつかの学校で指導者として中京大学監督として
11シーズン連続を含む28回のリーグ優勝を果たしたほか、山内一弘氏や栽弘義監督など多くの指導者を育ててアマチュア球界の発展に貢献したという。挨拶は長男の克己氏が、祝辞は中京大中京前監督の大藤敏行氏が行った。


因みに瀧氏が選ばれた特別表彰部門では水島新司氏に3票入っていた。


前日のファイターズ新入団選手歓迎式典&交流会に続き、座った席が今ひとつで写真撮影には不自由した。だが、一野球ファンとしてこうした栄誉ある瞬間に立ち会えるだけでも感謝しなければなるまい。最後になったが、今回野球殿堂入りを果たした四名およびその関係者の皆様、本当におめでとうございました。

« 北海道日本ハムファイターズ 2018新入団選手歓迎式典&交流会 | トップページ | 東京スポーツが報じたドラゴンズ岩瀬仁紀の人的補償移籍拒否は本当なのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “人の噂も七十五日”!?原辰徳氏らが野球殿堂入り:

« 北海道日本ハムファイターズ 2018新入団選手歓迎式典&交流会 | トップページ | 東京スポーツが報じたドラゴンズ岩瀬仁紀の人的補償移籍拒否は本当なのか? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック